20140618 名古屋支部前期昇級審査

  • author: scn123
  • 2014年06月20日

審査会という事で、6名の方が青帯にチヤレンジしてくれました。
人数が多くなり会場は狭くなりましたが、皆さん真剣に取り組んで下さるのがわかり、私も熱くなりました。
今回は交代制で行った筋トレがハードでした。

夜はそのまま、N藤さん最後の独身飲み会を急遽開催しました。
家庭を省みない人が10名も参加してくれました。

皆さんお疲れ様でした。

 https://plus.google.com/photos/115395125236691415743/albums/6026413564051494465?authkey=CL_BuYGvqamcIA

静岡中央支部 活動休止

  • author: scn123
  • 2013年07月31日

先日、静岡中央支部の方から、今後は新たな流派として活動していくという趣旨のお電話を頂きました。

平成18年8月から活動を初めて、7年、この7月末をもって活動を休止する事になりました。

私が4年指導をさせて頂いて、その後ハイヤーさんが指導を続けて下さっていたのでここまで継続する事が出来ました。

当初は人数も少なくて、水曜日に北部体育館しか借りられずに交通手段のないOさんやN村さんを送り迎えして稽古人数を維持していまいた。
 

最初は場所も転々としていましたが、S田さんの紹介で東中学を借りる事が出来た事で水曜日の活動が安定しました。


みんなで昇級審査に行ったり試合にでたり飲み会をしたりと楽しい思い出ばかりです。


沢山の良い思い出を頂いて私は幸せだったなあと、改めて思い、静岡中央支部でしていただいた私の送別会の写真をずっと眺めていました。 


この先私が静岡に赴任する事になったら、またかならず再興します。

 

本部昇級審査 N藤、T田さんが昇段しました!

  • author: scn123
  • 2013年07月01日

今日は本部の空手の昇級審査に参加させていただきました。

名古屋支部からはN藤さん、T田さん、O村さんが審査にのぞみました。

審査の最後に行ったN藤とT田さんの10人組手は本当に苦しいところで最後まで諦めずにやり抜く意志が前面に出ていて素晴らしかったです。

その模様が本部HPにアップされましたので共有いたします。

http://sports.geocities.jp/cpwjc393/130630-yuwa.html

本部の先生方、今回も審査会をご準備して頂き、どうもありがとうございました。 

友和会 名古屋支部 10周年

  • author: scn123
  • 2013年05月11日

友和会名古屋支部がこの5月で誕生からちょうど10年となりました。

来て下さる会員さんがいるお陰で、いまも継続できています。
どうもありがとうございます。

平成15年5月14日の初稽古は私と兄の2名ではじめたのですが、
ネットと口コミで5月にはS田さん、6月にはT一さんの義兄のT中さん・W辺先生、
8月にはT村先生、T一 先生が入会して下さりました。

稽古場所も当初は緑スポーツセンター、三好総合体育館だったのですが、
人数が少なく資金力も今以上になかった為、団体予約できず個人利用で稽古していました。
稽古場所が当日団体予約が入って個人利用出来なくて帰った事もありました。

その後、セラフィアをT村さんに紹介していただき、三好より近い東郷体育館を確保出来るようになって
今に至ります。

私もサラリーマンですので、平成18年4月から4年間静岡に転勤になった際にはW辺先生、T一先生が
中心となって指導を継続してくださり、支部活動を維持してもらいました。
転勤当初は茶帯・緑帯で支部を運営してもらっていた状況だったと思います。

静岡に転勤になって、知り合いのいない土地で空手仲間がいない辛さを
味わいまして、来て下さる会員さんと稽古できる事の有り難味を心から感じる事ができました。

それ以来、会員さんの安全や楽しさが第一であり、会員さん全員にそれが行き渡る会でありたいと
思うようになりました。

・安全、健康第一
・老若男女が空手を楽しむ事が出来る気風
・礼節を重んじる
・仕事、家庭第一


10年で自分が感じた事を道場の理念として、これからも皆さんと稽古していければと願っています。

よろしくお願いいたします。




茶柱立ちました!

  • author: scn123
  • 2013年05月04日

岩国に来ています。
朝食で茶柱立ちました!
景気よくなってきましたよ〜!

20130504_080459

フルコンタクトKARATE6月号にC條さんの入賞結果が掲載されました

  • author: scn123
  • 2013年05月02日

今日は旅行で呉の大和ミュージアム、広島の平和記念資料館に行きました。
被爆国として平和発信をしていく機運と教育と戦略が日本にもっとあっても良いと思いました。

さて、2月に行われた全中部空手道選手権大会 に出場したC條さんの3位入賞の結果が フルコンタクトKARATE6月号に掲載されました。
ご覧になられた方は是非チェックしてみてくださいね!

来月はY野さんの優勝したあすなろ杯も掲載されるかな〜?

剛の組手・柔の組手

  • author: scn123
  • 2013年04月25日

今日はCさんと空手の稽古の帰りの車の中で柔の組手、剛の組手の話をしました。
先の先、対の先、後の先、相手の動きによって3つが自在にできる剛柔あわせもった理想の組手です。
それが日々の自分の心のあり方、物事への対処、理念にも反映できれば空手が生活に活きるのですが、道は長いですね。

高校の同級生の結婚パーティーでバット折り!

  • author: scn123
  • 2013年04月19日

先月、高校の同級生の結婚パーティーで演武をさせてもらいました。

新郎新婦は音楽に造詣のある二人という事で、ライブハウスが会場だったのですが、私のバット折りにあわせてジャズの即興を入れてくれました!

映像のプロの方が編集を入れてくれまして、バット折りが未だかつてない良い仕上がり映像になりました。
これでもか!という位に何度も蹴る瞬間をリピートしてくれます。

高校の同級生の中にはうん十年ぶりに会えた人もいたのですが、みんな、かわりませんね〜!
学生時代の甘酸っぱい気持ちがこみ上げて、私にとっては一生の思い出となる会となりました。高校時代の仲間や思い出はお金では買えない唯一無二のものなんだなあとしみじみ思っちゃいました。奇跡的に会えたそのご縁に感謝!

 
パーティーではかなりの数のバンドが演奏していたのですが、皆さん場慣れしていて100名くらいの人がいる会場でも、緊張というより、自分の演奏に酔いしれている位のレベルの方ばかりでした。 

今週の日曜日にT一さんとM平さんが川崎にて東都空手道選手権大会に出場されます。
二人ともバンドの方たちのように緊張ではなく、自分の組手に陶酔する位で試合を出来ると良いですね。 

Y野さん極真あすなろ杯優勝!

  • author: scn123
  • 2013年03月31日

今日は四日市市にY野さんの空手の試合の応援に行ってきました。
今回Y野さんが出場した試合は極真三重橋本道場さん主催のあすなろ杯です。

四日市は父の実家があるところなのですが、試合前に鵜森神社へ行ってきました。 
IMG_20130331_101947












十六間四方白星兜鉢 


Y野さんはご家族だけでなく、義理のご両親も応援にいらっしゃって、
本人もプレッシャーのようでした。

一回戦
相手は選手宣誓をした競合選手でしたが本戦優勢勝ち

準決勝
紡道場の選手に勝ちあがってきたパンチの連打と圧力のある気迫満点の選手を
事前想定どおりの左の蹴りをあわせてロー、ミドルで技ありをとり、あわせ一本勝ち
試合後に対戦相手の方にご挨拶をしたのですが、元気があってとても爽やかな方でした。


決勝
突き蹴りの威力がある相手に本戦で判定勝ち。
紡道場のM野先生と奥様が試合をみて
「Y野さんは全く疲れた表情なく冷静に淡々と試合する人ですね」と
驚かれてました。
お嬢さん達の「パパ頑張れ」コールがとても良かったです。

優勝決定直後に、今回同行した私の両親とY野さんと一緒に撮らせて頂きました。
IMG_20130331_150957












何故私の両親と写真を撮られているのか状況がわかっていないY野さん

両親は初めて空手の試合を生で観ました。
何故痛い思いをするのに、緊張もするのに、決して楽しみでもないのに、
休日の時間をつかって、お金を払ってまで試合に出るのか、その意義について
夕飯で話題になり盛り上がりました。



さて本来表彰式までご一緒しなければならないところですが、暗くなる前に失礼しまして、
私は先祖供養という事で約8年ぶりに(ばちあたりですね〜!)お墓参りをしました。 

IMG_20130331_161453












Y野さんの優勝と私の体たらくぶりの近況報告、家内安全祈願中・・・(既に手遅れ?)

 という事でY野家の皆様、お疲れ様でした!

小学校のクラス会

  • author: scn123
  • 2013年02月27日

土曜日は卒業以来はじめての小学校時代のクラス会でした。
集まったのが担任の先生とクラスの3分の1位でしたが、丁度いい人数でした。

みんながよく覚えていた事は、
・雪が降った時に先生が授業を中止して雪合戦した事
・先生の指示で自然観察という名目で裏山に繰り出した事
・先生の旅のお土産のうなぎパイを教室で食べた事
・先生に棒でよく叩かれたのは誰か
等々勉強とは関係なく、今なら問題になりそうな内容ばかり。

叩かれても、体罰というより罰ゲーム的な感覚で、学校行くのも楽しかった。

今ふりかえると、小学校生活が自分の性格に大きく寄与している事も多いと感じます。

先生とクラスメートに恵まれていたので、楽しい時間を過ごせました。
また企画したいと思います。

ページトップに戻る▲