叱らないなんて無理! 
叱って育てるのが当たり前!
 
そんな
【大阪近郊に住んでるおかあさん】
ちょっと寄ってって!!(^^)b
 
「怒鳴らずに、子どもに言うことを聞いてもらう秘策」教えるよ!


怒鳴らなければ、
ママの魅力がさらにアップ!
…そんなのあたりまえですよね。

でも…
外出先で遭遇する子供を
怒鳴っているおかあさん…
どう見えますか?

イライラだって同じです。

怖い顔で無言のまま、
子供をひきずるように
歩いてるおかあさん…
街でみかけませんか?

どうみえますか?

ママなんだから仕方がない?

ママなんだから…

ママなんだから…

でもちょっとまってください。

ほんとうにそうなんでしょうか?

だって、ママになった時って
実は、女性としても一番輝ける時期
でもあるんですよ。

もったいないと思いませんか?

いや、どう考えても
もったいないでしょ!!

「イライラは心身のどちらに対してもよくない」

そんなのはだれもが知っている
当たり前のことなのに
ついつい普段の生活では
忘れてしまいがちです。

しかし、
事は思ったより深刻です。

だって、この事は
ママはもちろんのこと、
子どもの未来にも直結
することですからね。

そして、
こういう問題提起があったとしても
多くの場合語られない
裏側があります。

それは、「科学的視点」です。

イライラやストレス
と言った言葉が出てくると、
なぜか直感的に「心理学的」、
と言ったイメージが
先行しがちに思うんです。

いかがですか?

しかし「心理学」という学問は
確かにあるのですが、もうすこし
「科学」という面から
見てみたいのです。

それは「生物学」や「脳科学」、
さらにはそれを包摂した
「認知科学」という視点です。

なんだか、難しい話になってきた
感じがしますか?

大丈夫です。
なにを言いたいかというと、
「ホルモン」の話なんです。

思った以上に、私たちは
「単なる生物」だったりします。

そして、その生物的な機能を
支えているのは、
「単なる化学反応」
だったりします。

さらにその化学反応を起こしている
のが「ホルモン」というわけです。

このあたりの知識を
少し獲得すると、ことの深刻さが
明確になってくると思っています。

しかし、悲しいかな私たちは
子供のためになると思って、

「もうやめて!!」
 
「早くしなさい!!」
 
「ダメって言ってるでしょ!!」
 
「もう知らないからね!!」
 
「鬼が来るよ!!」
 
「お父さんに怒ってもらうからね!!」

「ぶつよ!」
 
という、
伝統的といってもいいような
常套句を使って
子育てを行っているわけです。

ママ自身も、子供の未来も
危険にさらしながら…

この伝統的な子育てをわたしは、
「習わし的な子育て」
と呼んでいます。

もちろんわたしだって、
こういった「常套句」の元に
子育ては行われるものだと
思っていました。

それが普通だと思っていました。

いや…
今だから言えるのは、
これって「思わされていた」って
ことなんじゃないかな?と…


「え? でも、それってちょっと大げさじゃないですか?ほとんどの人が、そうやって育ってきただろうし、それでも、こうやって普通に生活できてますけど…」


なんて声が聞こえてきそうですね。
いやまさにそう思われるのは
無理のないことだと思います。

でも、ちょっと待ってください。

だったら、
なぜこんな世の中なのでしょうか?

自殺者が年間3万人も
いるのでしょうか?
統計の裏をみると実は10万人以上
という説もあるんですよ。
(未遂等も含む場合)


なぜ、耳を疑いたくなる様な、
いじめの報道がなくならない
のでしょうか?

「しつけのためにやった」と言う、
心を痛める事件が
なぜ報道されるのでしょうか?


わたくしは、大人のための
「人生のコーチ」や、
よりよい人生のための講座等も
実施していますが、
多くの方が現状になんらかの不満や
モヤモヤをいだいていたり、
前に進めなくなってしまったり
という悩みを抱えています。


更には、平成になってから
少年少女が起こした殺人等の
重大な犯罪の裏には

「必ず母親の厳しいしつけ」

があったということを
実際に事件に関わった
臨床心理師も語っているのです。

その母親たちにあったのは、
とても強い
「いい子に育って欲しい」
という願いでした。

「習わし的な子育て」という
同じレールを走っているのです。

ちょっとバランスを崩した先に待っているものは?


以前は、この習わし的子育てにも
多少のクッションがありました。
大家族と近所のコミュニティです。

今、それさえも失われつつあります。

もちろん、大家族が全てにおいて
よいと言っているわけでは
ありませんよ。

しかし、コミュニティという
意味では機能を果たしていた面も
否定出来ないのです。

子育てが今、
大きな変革を求められているのです。

青少年が重大な犯罪を起こすと、
両親が世間の目の標的に
なりますよね。

もちろん、
親としての責任はあります。

しかし、
もっと注目しなければならないのは

「習わし的な子育て」

の方だと思うんです。

これが続く限り、
他人事ではないんです。

とはいえ、おかあさんにはもっと
日常的な悩みもあります。

それは…

「もっと言うことを聞いて欲しい」

というものです。

これがあるから、鬼の形相で
叱ってしまうということが
おきてしまったりするんですよね。

そのための秘策もお伝えします。

「叱らずに、子どもに言うことを聞いてもらう究極の子育て術」

です!

大阪では初めての開催になります。
この機会をぜひご利用ください。


お子様も一緒に参加できます。

怒らない子育てセミナー チラシ 修正

【怒鳴らない子育てが、ママの魅力をmaxに導く】
日時:2017年9月17日(日)
   10:00〜12:30
場所:総合生涯学習センター 第4研修室
   (大阪市北区梅田1-2-2-500 大阪駅前第2ビル5階) 

対象者:就学前のお子さんをお持ちのお父さん・お母さんおじいちゃん・おばあちゃん

参加費:4000円(お子様お二人までは同伴OK!)
    ※ご夫婦でのご参加の場合、お二人で6000円
   ★3名様限定で、セミナー終了後の個別のご相談も同時募集! (詳しくは下記お申し込みフォームをご覧ください)


ご案内のチラシPDF版は以下から
ダウンロードできます。
https://goo.gl/L4R6AN

また、お申込みは下記のフォームより
お願いします。

↓↓↓↓↓お申込みはこちら↓↓↓↓↓↓↓
https://goo.gl/LrhYsa


上記のURLをクリックして、
「究極の子育て」をゲットしてください!!


【 今なら無料でプレゼント! 実施中!】
メルマガ登録2





おすすめ 
『ママにこ メールマガジン登録 』
「ママにこブログ」の更新情報や、子育て関係の情報をお届けします。
もちろんメルマガだけの追加情報もありますよ。(^^)b


*メールアドレス   
*お名前(姓)  


登録ボタンのクリックで「ママにこメルマガ」の配信登録完了となります。
※すぐに自動返信メールが送信されます。 迷惑メールフォルダにはいっていないかご確認ください。


_________________
。*・。.☆。・*・。.★.。*。 。.★.。*。*。.☆。.☆。・*・

「ママにこにこコーチング」のWebサイトは こちらから…
 。.★.。*。*。.☆。.☆。・*・。*・。.☆。・*・。.★.。*。
_______________________