「わかりやすく説明する」なんて気はさらさらなかったんです(^^;

なんて言うと、ちょっと聞こえが悪いですね。
なので、もうすこし噛み砕いていきますよ。
 
なにをしたかったかというと、

「既知の概念」

の確認と、その概念同士がどうつながるかの確認でした。

対象となる概念(キーワード)が出てくるような質問をします。
たとえば…

「二重スリットの実験が表す、光の二つの性質ってなんでしたっけ?」

みたいな感じです。


当然対象となる概念はいくつかあるわけで、それをホワイトボードに書いていきます。

そして、その概念同士がどんなネットワークなのか、少し矢印を足して…

そこに、問題となっている事に対する解答がないか?
なにか気づくことはないかをまた質問していくわけです。

ただそれだけなんです。

その作業をやっている途中に聞こえてきたのが、

「わかいやすぅい!」

と言う言葉でした。

 腰を抜かしたとまでは言いませんが、驚きました。
-まったく表情には出さずにすすめましたが(笑)-

繰り返しますが、わかりやすく説明しようとしていたわけではないので、
この反応に驚いたんです。

「そうか! やっぱりこの方法ってわかりやすいんだ。」

と、改めてその事を指摘されたことで、再度わたくし自身が
ファシリテーションのその威力を確認できたんですね。

先日行われた【TPIE ファシリテータートレーニング】での一コマでした。

この日は、前日の実習の時にあがって、保留になっていた
疑問点をディスカッションによって解決していくことを、
当初のスケジュールの間を縫って行いました。

そのため、なんと、お昼休みもお弁当を食べながら、
ディスカッションをするという素敵な時間になったのでした。

結局、ディスカッション&ファシリテーションで、
ほとんどの保留項目が解決されました。

今回、マスターファシリテーターとしてわたくしが一番意識したのが、
このファシリテータートレーニングの内容自体を、
徹底的なファシリテーションによって構成するという事でした。

もちろん、レクチャーするところはあります。
しかし、ほかの所はまさに体験することで、学んでいただこうと思ったわけです。

それによって生まれるシナジー、気づき、楽しさ…
ファシリテーションにはそんな魅力があるんです。

来月には、ファシリテータートレーニングの5日目、6日目が控えています。
参加者のみなさんのファシリテーターとしての成長ぶりが楽しみです。

[真剣に話し合う参加者の皆さん]
BlogPaint

---------------------------

TPIEの事なら「スコトマ・バスターズ」にお任せください。
「スコトマ・バスターズ」Webサイトへ <= クリック

---------------------------