競馬を多角的に予想する

騎手、適性、展開、能力、調子…様々な予想ファクターがありますが、面倒くさいからすべて取り込んでしまえ!!という思いから指数を作っています。 予想対象レースは1000万下クラス以上のレースです。

大阪杯は去年も軽い馬場だったし、今年もそんな感じで状態の良い馬場、要は時計の掛かる馬場ではなさそう。

 そして、阪神内回りでディープを取捨するのに大事なのは母父のダート感。
 あとは、去年の2,3着馬がマイル重賞を勝っていたこと。

 そうすると去年の皐月賞に戻ることになる(笑)。

 ◎アルアイン

 母父はボールドルーラー系のダート感。勝鞍は1600~2000m。2000mを超えたセントライトとダービー、京都記念で負け。
 あとは、鞍上が川田。阪神2000mではデムルメを上回る成績。

 ○ペルシアンナイト

 ハービンジャーなので内回り2000mが良いというのが一般論。
 なのにマイルCSとアーリントンを勝っている。
 ここまで見ると本命なんだけど、阪神2000mはやはり前目にいたい。皐月賞はデムーロが押し上げていって、4角では5番手だった。
 今回は福永なのでそこら辺がどうかなというところ。脚は使うけど、2,3着というイメージが湧く。


 ▲ダンビュライト

 色々難しい。ルーラーシップは一般的には、2000mが大得意・多頭数だと割引、という特徴がある。

 近2走の勝利は、10頭と11頭の少頭数。3着だった皐月賞はフルゲート。今回は16頭だから、アタマはないかな。

 △トリオンフ

 確勝とみた小倉大賞典を無事勝利。能力的にかなり強い。父タートルボウルは純粋にノーザンダンサー系。産駒を見ると、京都外回り・東京で負けて、内回りで巻き返すのが多い。
 京都2000m、小倉1800mで勝って、京都1800mで負けてるのはその辺。
 宝塚記念でもいいけど、ここでも面白い。


 あとはサトノダイヤモンド、内枠から先行して残ってしまいそうな気もするミッキースワロー。ハーツクライのシュヴァルグランとスワーヴリチャードはアタマはない。
 ハーツクライは右回りG1をまだ勝ってない。シュヴァルグランだって、去年を除けば有馬と宝塚で毎年大敗してる。
 阪神と中山の坂で置いて行かれる。そう考えると、スワーヴリチャードの有馬は凄かったんだけど。でも結果として、東京と中京でしか勝ってない(未勝利で阪神2000勝ってるけど)。
このエントリーをはてなブックマークに追加


・阪神10R 天神橋S

2 ブリラーレ 89.04 1
6 テラノヴァ 80.08 2
7 ストロベリーキング 79.2 3
3 ホノルア 77.28 4
9 キラービューティ 77.2 5
12 アドマイヤスカイ 74.84 6
5 エメラルスター 73.2 7
8 ティーエスクライ 66.2 8
4 タガノカムイ 55.88 9
1 リリーヴィクトリー 54.92 10
10 ブライトボイス 50.76 11
11 タガノアシュラ 46.88 12



・中山10R 春風S

 
12 タイセイプレシャス 104.68 1
7 ビックリシタナモー 104.2 2
4 タガノヴィッター 103.84 3
15 ワンダーサジェス 88.8 4
5 リンガスウーノ 83 5
6 ブラインドサイド 80.6 6
8 マイネルエスパス 77.8 7
10 ワンダーヴィーヴァ 72.64 8
16 ゲマインシャフト 72.52 9
1 インディーズゲーム 67.32 10
11 スズカグラーテ 67.12 11
13 グラスエトワール 62.16 12
3 ヨンカー 60.52 13
2 プレシャスエース 53.68 14
9 ヒカリマサムネ 51.8 15
14 クワドループル 49.92 16


・中京11R 名古屋城S

2 レッドオルバース 88.6 1
10 ティーポイズン 83.44 2
1 バイタルフォース 77.68 3
4 ディープオーパス 77.68 3
6 ウインユニファイド 75.2 5
13 メイプルレインボー 74.52 6
12 ニットウビクトリー 74.04 7
15 スマートボムシェル 73.92 8
5 ノーブルサターン 68.12 9
11 ショートストーリー 67.36 10
8 オルナ 61.64 11
14 タガノグルナ 60.32 12
9 ワンダーピルエット 60.28 13
7 アポロテキサス 53.96 14
3 カルムパシオン 43.36 15


・中山11R 日経賞

7 トーセンバジル 95.16 1
14 キセキ 94.56 2
2 ショウナンバッハ 89.2 3
9 ゼーヴィント 83.24 4
5 ナスノセイカン 76.08 5
15 ソールインパクト 71.12 6
3 チェスナットコート 68.24 7
11 サクラアンプルール 67.6 8
4 ロードヴァンドール 65.48 9
6 ノーブルマーズ 60.64 10
10 ピンポン 58.2 11
12 ガンコ 55.96 12
13 アクションスター 52 13
1 アルター 47.84 14
8 サイモントルナーレ 17.2 15

トーセンバジルがキセキより上に来るのは、騎手の点数がルメール<Mデムーロだからです。
このエントリーをはてなブックマークに追加


 過去の記事も見ていただけると、予想方法に多々脱線が見られるかと思いますが、基本はブログの説明に書いてあるとおり、様々な予想ファクターを全部取り込んでしまえば楽じゃないか、という思いでオリジナル指数を作っています。

 競馬を見始めたのは物心ついた時から。予想し始めたのは小学校高学年くらいから。それから色々な予想法を試してきました。

 血統予想から始まり、能力指数(いわゆるタイム指数)、上がり3F、ラップ、コース適性、ローテーション理論、データによる消去法、枠順、オッズ分析、馬柱、騎手…映像が見られなかった調教以外はほぼすべての予想法を網羅し、失敗してきました(笑)。

 もちろん、これらを使いこなすプロ予想家のことも参考にしてきましたし、様々な関連書籍も買いました。それでも、結局のところ、「血統」や「能力指数」は競馬の予想ファクターの一つでしかありません。
 また、稼いでいる(食っていけている)予想家の方もメインとなる柱はあれど、それだけで予想しているわけでもないのです。

 著名な血統の予想家として亀谷敬正氏と水上学氏がいます。亀谷敬正さんは「血統ビーム」というものを柱としていますが、すべての事柄を血統とつなげて予想している、という趣旨のことを語っています。さらに、「シュボババ」などでおなじみの水上さんもご自身で能力指数を毎レース作っているそうです。

 
 競馬の予想ファクターは、大別すれば能力・適性・騎手(厩舎など)・その他補正要素の4つに分けられると思っています。

 しかし、各々それ1本ではハマった時の爆発力はあれど、ずっと競馬を楽しんでいけるほどの安定性みたいなものはありません。えぇ、色々やって失敗してきたから分かるのです。

 例えば、ダイワメジャー産駒が抜群に強いコースがあって、何頭か産駒が出走していたとします。血統予想的にはもちろん全力プッシュです。
 それがハマるときもあります。単勝何十倍を獲れることもあります。そして高らかに「あれはダイワメジャーだから買えたんだよ」と周囲に自慢するのです(笑)。

 でも、多くの場合、ダイワメジャー産駒が合っているコースだからといって、毎度毎度1~3着を独占するわけでもなければ、1頭も来ないことも多々あります。
 字面上の、血統上の適性が合わないコースでも能力等で打破されることが往々にしてあります。

 そんな経験を積み重ねるうち、あれもこれもと予想に取り入れるようになるのです。でもその上げ下げや調整が難しいのです。
 人気薄だけど、ダイワメジャー産駒だから押さえるか…とか、このコース苦手な騎手が乗るから、圧倒的人気馬だけど評価下げるかとか。それを主観的にうまくやれる人は、きっと競馬がうまい人です。言ってしまえば、センスみたいなものを持っているか、経験値がえげつない人。


 でも、私スコットは一般人ですから、その辺の上げ下げや消しのセンスがなくて、パンクするのです(笑)。
 かといって、様々な予想ファクターで仕事をしている予想家がいるのだから、各要素とも予想において重要であることもまた更なりなのです。


 長くなりましたが、その結果、「全部数値化して取り込んだら良いじゃないか!!」と思ったのが3~4年前です。
 そこから、色々取り込んだ指数を作りながら、その間にも色々なファクターの予想法や予想本を試しました。

 そして、やっと、自分の中である程度納得のいくファクターを取りこんだ指数を作ることができました。


 取り込んだファクターや、それぞれの取扱については追々順番に書いていければと思います。


 ちなみに、今入れているファクターは、騎手、能力指数、調教、コース適性、馬場、前走内容、ローテーション理論が主です。


 「どの予想法も大事なんだろうけど、どれを選んだら良いかわからない!!」

とか

 「血統で上げてラップで下げた馬を買ったら、ラップで上げて血統で下げた馬がきた!!」

とか

 私のように、「色々試したけどしっくりいくものがない!!」

みたいな人はよかったら参考にしてみてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ