競馬を多角的に予想する

 様々な要素が入り混じる知的推理ゲーム競馬。血統!や調教!といった一点突破の予想ではなく、なるべく多角的に、客観的に競馬を予想していくブログです。  予想するレースは基本的にJRAの1000万下以上のレースです。


・中山8R 3歳以上1000万下 ダート1200m


◎レレマーマ
○アスタースウィング
▲プリンセスロック
△バンケットスクエア、ララパルーザ
注ブランオラージュ

◎レレマーマ
○アスタースウィング

メンバー的にスローというか遅くはならなそうだなというところ。
とはいえ、外枠気味の枠を引いたこの2頭の能力は上。鞍上も適性も問題ないとみる。

▲プリンセスロック
 そんな中で差してくる馬がいるかという中でこれをチョイス。
今回は人気落ちだが、中山1200mでは確実に差してこれる。鞍上も2戦目。

△バンケットスクエア

大外枠で田辺だもの、それだけで買えば良いとも思う(笑)。
前走は中盤があまり緩まない中で先行したもの。江田→田辺は乗り上がりに間違いない。


・中山10R 仲冬S ダート1800m

◎エポック
○カフェブリッツ
▲パルトネルラーフ
△ロードフォワード、エネスク
注クロフネビームス、エキマエ

◎エポック

今回は13頭とあまり多くない中でかつ、強い先行馬があまりいない構成。
ならば、枠も8枠引いたしこの馬でいい。すごく速いわけではないが、確実に前に取り付ける程度の脚は持っている。

○カフェブリッツ

1800m以上ばかり使われているこの馬。今回は個人的には難しくて、川田的にはダート内枠は得意なんだけど、マンカフェ的には内枠よりは断然外枠のほうが良い。
この馬の戦績を見ると、2桁馬番で成績が良い。前走のブリリアントは3番枠から死亡した。
今回も勝つまではないとみる。

▲パルトネルラーフ
△ロードフォワード

一方差し候補の2頭。パルトネルラーフは前走除外だが、その分調教は詰めている。能力も足りると思うし、鞍上屈指の得意コース。

ロードフォワードは前走詰まり気味。鞍上は2戦目。位置取りもあるが、この頭数ならそんなに詰まらず回ってこれるはず。


・阪神10R 赤穂特別 ダート1800m

◎シンゼンドリーム
○ダノンロッソ
▲クレマンダルザス
△ビスカリア、プレシャスルージュ
注ランドハイパワー

このコースは個人的に難しい。急坂のくせに先行馬が上位上がりで勝ち切ったりしてくる。まぁ、上がり一辺倒ではつらいコースというイメージ。
ゼンノロブロイが強いコースというのはそういうことなんだと思う。あとはヴァーミリアンも成績が良い。

◎シンゼンドリーム

前走は差してきたけど、元々は好位からそれなりの脚で勝つタイプ。初ダートもここで500万を勝ったし、福島1700mで好走したりタフなダート向き。

○ダノンロッソ

連勝を目指した前走は2着。それでもシンゼンドリームといい勝負かなと思う。北海道や京都で見せてきた脚は優秀だが、一回崩れた阪神でどうかなというところ。

▲クレマンダルザス

面白味ではこれが一番かもしれない。近3走は500万とはいえ、4角5番手以内から上がり3位以内。能力では上2頭に少し劣るが、展開一つで逆転可能。

△ビスカリア

まぁ、上がり一辺倒はだめって書いたんだけど、3着に突っ込む候補ならこれは入れておきたい。ダート中距離での脚は確実。


・中山11R ターコイズS G3 芝1600m

◎フロンテアクイーン
○ラビットラン
▲リエノテソーロ
△アスカビレン、ワンブレスアウェイ
注オートクレール、エテルナミノル、ペイシャフェリス


非常に難しいレース。冬の中山マイル牝馬限定ハンデ戦と荒れる要素満載(笑)。
一応傾向を見てみると、去年みたいに上がり上位馬が差してきたり、おととしみたいに前が残ったり…その年によって変わってくる。

◎フロンテアクイーン

いい意味で中途半端なところから。ヴィクトリアマイルを除けば、中断から上位上がりで差してこれる。降級してから勝てずにいるが、イマイチなこのメンバーなら十分通用すると思う。というか上のほうとみている。
中山自体も良績だし、鞍上も戻って2戦目。北村宏司といえば継続騎乗さしてこそ。

○ラビットラン

芝で3戦。2勝とG1で4着と素晴らしい成績。しかし、和田はこれもデムーロ兄弟に取られるんだね、悲しい。
京都2000mで追い込んできたけども中山マイルが合うかというと未知数なところが多い。個人的には阪神・京都の1800mがベストコースだと思うので、気持ち短いかな…とも。

▲リエノテソーロ

最近は不調気味だが、芝G1での激走から1か月でまた混合重賞、しかもダート。休んで今度は地方交流重賞、さらにまた1か月で今度は新潟の芝。
完全に使う側の問題だと思う。頭おかしいもん。

今回は調教も上向き。2か月空けて、地元美浦での牝馬限定戦。いくらか楽なはず。前行って止まらない競馬もできるので期待したい。

△アスカビレン
△ワンブレスアウェイ

重賞を全然勝てない戸崎wwとはいえ、今回は内枠で前から足の使えるワンブレスアウェイ。コース適性も距離適性も良く。
アスカビレンはなめられすぎ。京成杯AHはダノンリバティから0.4差。中京記念だって4着。大外枠だけど全然やれる。


・阪神11R タンザナイトS 芝1200m

◎アペルトゥーラ
○アットザシーサイド
▲アクティブミノル
△アドマイヤゴッド、フルールシチー
注ラインスピリット


◎アペルトゥーラ

1000m3連勝でここへ。血統・鞍上・能力的に通用するとみる。今年に入ってからは上がり上位も連発しているし、前も大丈夫。

○アットザシーサイド

個人的に大好きな馬。京阪杯は後ろすぎて沈没。札幌・阪神では危なげない競馬を見せていたし、キンカメだから1200mでも使えば使うほど順応するはず。
鞍上も内枠得意だし。

▲アクティブミノル

セントウルSのあの逃げ切り以来の阪神1200m。今年はCBC賞でも好走して、坂の1200mでの強さを見せてくれた。
そもそも血統的に、ぶっ飛ばしてバテながら坂を粘り切るここが合う。期待。


△アドマイヤゴッド
△フルールシチー

アドマイヤゴッドはそんなに人気するほど強いとは思わないんだけど、セントウルSで4着だからそこは評価しなくちゃいけない。
フルールシチーはほぼないと思うが、間違って届いてしまうならこれ。



 競馬をやっていると、「スローペースだから前が残った」とか 「ハイペースになって後ろが届いた」とかいうことをよく耳にします。

 まぁなんとなく、あぁ遅かったんだなとか速かったんだなといった感じで理解することは出来るかと思います。

 では、

 ①具体的にはどんなペースだと各ペースに分類されるのか
 ②スローもしくはハイペースだとどんな馬が来やすいのか。

 の2点について書いていきます。


 だいたい、競馬のラップというのは1F(一ハロン)=200mを最初単位として計算・分析されます。

 そして、競馬の馬、つまりサラブレッドの平均スピードを計測すると、1Fが約12秒になります。

 そうすると、5F(1000m)=60秒、3F(800m)=48秒 がそれぞれ平均タイムということになります。


 ここまでを基本として、①の疑問に迫りたいと思います。

 この分類はあくまで私の私見ですが、


 スローペース:(前半)が(後半) より1秒以上遅いレース
 ミドルペース:前後半の差がプラスマイナス1秒以内のレース
  ハイペース:(前半)が(後半)より1秒以上速いレース 

 まぁ予想家さんによって詳しい分類は異なるかもしれませんが、ラップ予想の入り口もしくは端的にレース内容を把握するのであればこんな感じで良いと思います。

 
 たとえば、2015年の天皇賞(秋) 東京2000m を見てみましょう。

 前半1000m:60.6秒
 後半1000m:57.8秒

 これはスローペースということになりますね。

 ではこれに絡めて②に。

 一般的にはスローペースだと前の方に行った馬にも余力が十分残っているので、そのまま踏ん張ることができます。
 一方で、序盤が遅いと後半にヨーイドン!!という二段階スタートみたいなレースになりますので、後半の差し脚、いわゆる切れ味が鋭い馬も十分前に届きます。

 ちなみにこの天皇賞を勝ったのは、4番手と前の方にいたラブリーデイ。

 2着には 、最後の3Fで33.4と上がり1位の脚を使ったステファノス。

 さらには17番人気のクラレントが2番手から6着に粘る結果となりました。

 
 逆にハイペースでは、先頭集団が競り合って速いペースで走るので、前の馬たちがバテて、後ろの差し馬たちが順位を上げてこれる、という結果になります。

 裏を返せばハイペースのレースで逃げたり前の方にいて勝った馬は強いと見て良いかもしれません。


   しかし、スローペースで差し馬が来ることもあれば、ハイペースで逃げ馬が来ることもあります。

 これらのケースについては今後触れられればと思いますが、特殊だと思います。レースの特性や馬の特性によるところもあるので。

 それでも、競馬の基本は「スローで前有利、ハイペースで後ろ有利」だと思っていただければいいかと思います。



 いかがでしたでしょうか。

 ラップに関しては私も勉強中というかまだまだ至らない点が多々あります。


・中山10R 美浦S 芝1800m

◎プロフェット
○ハナズレジェンド
▲エアアンセム
△スモークフリー、カレンリスベット、テオドール

◎プロフェット

条件戦を勝ちあぐねているけど、京成杯、札幌2歳、白富士で好走している。ハービンジャーらしさを感じる好走歴。
中山で負けたレインボーSはドスロー。ある程度行く馬もいるし、1800mも持久力が問われるのは同じ。合う舞台と思う。

○ハナズレジェンド

さっさと重賞で走れよと思う馬(笑)。今年1年1600万で戦うことになってしまった。秋は春の不調からも抜け出しつつの好走中。中山1800mは2戦2勝のコースだし、こっちが勝っても。

▲エアアンセム

調教が全体時計、ラスト1ハロンともに基準タイムを上回っており、1位評価。中山中距離は元来からの得意コースで、この調子ならば。

△スモークフリー

差し脚確実な馬。不良の甲斐路は大敗したが、それ以外は上がり3位以内で走っている。中山でも差してこれる馬だし、少頭数だし。


・阪神10R 堺S ダート1800m

◎クリノリトミシュル
○カラクプア
▲ザイディックメア
△スマートボムシェル、レインボーソング、アドマイヤランディ

◎クリノリトミシュル

特段言うこともない馬だ(笑)。関西の1800mでは普通に走ってくる。能力的にも1位だし、調教も今回は通常通り。勝ち味に遅い馬ではあるけど、連もしくは複軸にはね。

○カラクプア

そこそこの馬というかワンパンチ足りない馬。行き脚も差し脚もそれなり。1600万なら勝てる能力はあるけど、それ以上でやれる能力ではない。
今回は調教は良かったし、鞍上は2走目。少頭数だしここならこれるか。

▲ザイディックメア

阪神中距離ダートとなればゼンノロブロイを評価しないわけにはいかない。
5番手以内が取れれば、良い脚は持ってるので来れる。少頭数だし、めちゃくちゃ速い馬がいるわけでもないので位置取りは楽かなと。

△アドマイヤランディ

何でこんなに人気があるんだろうか。クリスチャンが乗るからかな?
正直頭打ちの馬。1600万を突破できそうな気はしない(笑)。厩舎のコメントも「もう一段階スピードが上がれば」なんて言っている。
それでもこのメンバーだと4番目に来てしまう。アタマを取れそうなのはあくまで上3頭と思う。


・中山11R カペラS G3 ダート1200m

◎ブルミラコロ
○サイタスリーレッド
▲キタサンサジン
△ディオスコリダー、ノボバカラ、ニットウスバル、コーリンベリー

◎ブルミラコロ

中山コースは初だけど、キンシャサノキセキは外枠を引けば、このコースはかなり強い。キンシャサノキセキはフジキセキの子供だけあってよくわからない感じ(笑)。ダートでは中距離馬も出してくる。
この馬自身は、良くも悪くも相手なりにきちんと走れる馬。正直、荒れそうな気もするレースだが、ゆえにその安定性を信頼したい。

○サイタスリーレッド

1200m強いからね。4戦3勝。前走は敗因は馬場だと思う。今回は良だし外も引いたし、しっかり脚の使える条件はそろった。

▲キタサンサジン

ノボバカラとコーリンベリーのほうが速いんだけど、枠を考えると昨日みたいに内枠のこの馬が残ってる可能性は十二分にあると踏む。

△ディオスコリダー

前走は芝みたいな脚だった。カペラSは追い込みも来やすいレースだし。というかクラスが上がるほど中山1200mは追い込みも決まってしまう。それで昨日のアクアラインは外したわけだ(笑)。
鞍上も個人的には良いんじゃないかと思っている。芝スタートの大外は良いと思う。




・阪神11R 阪神ジュベナイルフィリーズ G1 芝1600m

◎ロックディスタウン
○ラッキーライラック
▲コーディエライト
△リリーノーブル、ソシアルクラブ、サヤカチャン


◎ロックディスタウン
○ラッキーライラック

オルフェーブル産駒2頭の激突ムード。ステイゴールド産駒が何度も来ているように、オルフェーブルも基本は合うと思う。実際、札幌1800mで牡馬に勝つし、超瞬発レースのアルテミスも勝つんだから種牡馬としても上々。

阪神JFも基本は差し脚のレース。そこを短距離志向の馬が1頭混じって荒れたりする。

とはいえ、少し阪神JFもとい阪神1600mはパワー志向の感じになってきている。コースで見ればハービンジャーがトップ10に入ってくる。マイルだとここと中京だけ。

そうすると、ゼンノロブロイなんかを一族に持つロックディスタウンに一日の長かなと思う。ラッキーライラックはトーセンラーとかミッキーアイルとかスピルバーグ。

能力比較だと何とも言えない。けど、今回で見ればロックディスタウンを上に見たい。


▲コーディエライト

今年の短距離枠はこれだと思う。ダイワメジャーらしく2,3着を量産している。脚質からして鞍上も魅力的。

△リリーノーブル、ソシアルクラブ

あとは上がりの速そうなこの2頭を挙げておけばいいかな。
リリーノーブルは調教がすこぶる良かった。馬なりでラスト11.8は文句なし。ラップタイムも全部基準タイム以上。ソシアルクラブはキンカメ×ブエナビスタ。姉は行き詰っているけど、こちらはどうか。

↑このページのトップヘ