まどろみちゃんが行く。 / namo
 アスキー・メディアワークス『電撃萌王』(2013年4月号ー連載中)
 現1巻刊行

001 (2)

【レビュー】
人外?同居もの・子育て?もの / 日常ほっこりコメディ

あけましておめでとうございます。存分に寝正月を堪能した諸兄に、
もっとゆるぐだ寝続けたくなるような漫画をご紹介致します。

え?僕?年越しの瞬間は仕事してました。帰って寝て、1月1日は午後から仕事してました。シアワセ!

「まどろみちゃんが行く。」
甘いものと寝ることが大好きなまどろみちゃんと、保護者のタイチの二人ぐらし。

006
007


 特に事件も起きず、のんびりゆるゆると流れる日常もの。基本的にまどろみちゃんが
かわいいだけなので、いわゆる「萌え系日常漫画」の王道作品。
角が生えてても気にしない。タイチとの関係もよくわからない。
そもそもまどろみちゃんって何者?
正直ぜんぶどうでもいい。

とりあえず甘いものを食べてぐっすり寝ればまどろみちゃんは幸せ。

004



たまに宿敵・松田と戦いを繰り広げたり和解したり、近所の明石姉妹と遊んだり。

001

003

松田のことはとことん嫌いで、松田の話題になるだけで気が滅入るまどろみちゃんですが、
でも、だいたい楽しく幸せに自由気ままに暮らしています。

002

真理に辿り着いたまどろみちゃん。

とりあえず漫画の中身もレビューもスッカスカだけど、
まどろみちゃんの設定もまったく語られず前後関係不明もいいとこだけど、
癒されるし細かいことはいいんじゃね?
ってなる良い作品です。
コミックウォーカーで1話と最新話が読めます。 


下記の作品と同じタイプというか、ここらへん好きならまず外さないなって作品が多数。
『干物妹!うまるちゃん』(サンカクヘッド / 集英社)
『よつばと』(あずまきよひこ / アスキー・メディアワークス)
『百花のしるし』(カネコマサル / アスキー・メディアワークス)
『ふら・ふろ』(カネコマサル / 芳文社)
『うにうにうにうに』(青田めい / 芳文社)
『ばらかもん』(ヨシノサツキ / スクエアエニックス)
『ハヤチネ』(福盛田藍子 / スクエアエニックス)
『みなみけ』(桜場コハル / 講談社)
『少女終末旅行』(つくみず / 新潮社)
『ふらいんぐうぃっち』(石塚千尋 / 講談社)
『ゆゆ式』(三上小又 / 芳文社)
『めいどぐらし』(ゴヤスクニ / 白泉社)

要はこういう系です。 

005

ちょっとまどろみちゃんと微睡んできます。おやすみなさい。