少女終末旅行 / つくみず
  新潮社Webコミックサイト・『くらげバンチ』(2/21 連載開始・月一回更新予定?)

key


【レビュー】
ファンタジー・ゆるゆる世紀末紀行

未刊行どころか単行本化するかもわからない、一週間前にくらげバンチにて
Webコミックとして連載が始まったばかりの、新人作者・つくみずのデビュー作品。
第一話を読んで筆者はもうすっかり虜になってしまいました。

現時点で判明しているのは黒髪の少女の名が「ちぃ」で金髪少女が「ユーリ」という名であること、
二人のいる世界は何らかの理由で「終末」を迎え、残された廃墟のなかふたりぼっちで
愛車・ケッテンクラートに乗りあてどなく旅をしていること。食料も燃料も心もとない、他に
生きている人がいるのかどうかもわからない。

14


設定だけ見ると絶望的な世界観と悲壮感溢れる状況に思えますが、作品を読んでみると
ふたりの旅路はどこか楽観的で楽しげです。
16
こののんびりとした少女ふたり旅がこれからどう展開していくのか実に楽しみです。
新キャラが増えて賑やかになるのか、どこまでもふたりっきりで彷徨うのか。
世界が終末に至った経緯は描かれるのか、それとも“そういうもの”として一貫するのか。

無料で特にアプリ等も必要なく読めるので、ぜひ気軽にくらげバンチへ飛んでこの作品を読んでみて下さい。

系統としては、
『ヨコハマ買い出し紀行』 (芦奈野ひとし / 講談社)
『カブのイサキ』(同上)
『キノの旅』(ライトノベル・ 時雨沢恵一 / 電撃文庫)
『ハクメイとミコチ』(樫木拓人 / エンターブレイン)
『平成生まれ』(ハトポポコ / 芳文社)
『ふら・ふろ』(カネコマサル / 芳文社)
などが好きな人向けかなーと感じました。
が、どうせ無料なんだし駄目元で全員一度読んでみて下さい。