甘々と稲妻 / 雨隠ギド
 講談社『good!アフタヌーン』 (2013年8月号―連載中)
  現2巻刊行

img076


【レビュー】
ハートフル・家族・ご飯もの

 高校教員・犬塚公平は、半年前に妻を亡くし男手一つで娘・つぐみを育てて
いるものの、どうにも料理が上手くできない。

img077

そんな折、ふとしたきっかけで教え子・飯田小鳥の母の料亭に足を運ぶが、
成り行きで『小鳥とつぐみと3人でご飯を作って食べる』ことに・・・。


豚汁、ハンバーグ、唐揚げ、茶碗蒸し・・・なんてことないメニューも、3人で
作って食べれば“特別”になる。
あったか美味しい日々を描く、ハートフルストーリー。

 img078


つぐみが可愛い(娘的な意味で)
小鳥が可愛い(女子高生的な意味で)
公平も不器用ながらにちゃんと「お父さん」をやってて、
すごくバランスの良い3人です。

また、ご飯を食べる3人の幸せそうなことといったら。思わずこっちの顔もほころんじゃいます。
家族の暖かみ、ご飯の温かさ、とにかくほっこりぬくぬくする作品です。

個人的に「このマンガがすごい!」というランキングがあまり好きでなく、それを根拠に
漫画を評価するのは最も忌み嫌うところではありますが、まあなんだかんだ一般受け
するという事は間違いないです。
だってこんなに素敵な作品なんですから。 


系統としては、
『高杉さんちのおべんとう』(柳原望 / メディアファクトリー)
『幸腹グラフィティ』(川井マコト / 芳文社)
『よつばと』(あずまきよひこ / アスキー・メディアワークス)
『ゆずべんとう』(葵梅太郎 / スクエアエニックス)
『今日、カレー!』(縞野やえ / マッグガーデン) 
『ごはん、しよ!』(高野聖 / メディアファクトリー) 
あたりが好きな人向けかなーと感じました。上記の作品が好きな方は特に是非。