騎士サーの姫 / 犬飼ビーノ  イヌカイ-
イースト・プレスWeb『マトグロッソ』(2015年4月-)
既刊1巻

001


【レビュー】 
コミカルファンタジー / 日常もの

タイトルが既にオチているのでどうなることかと思いましたが、
中身もしっかり面白いコミカルファンタジーでした。

タイトルと表紙を見ると”オタサーの姫”よろしく姫をめぐって騎士たちがあれやこれや・・・
という内容が想起されますが、実際の内容はどちらかというとへっぽこ騎士たちの日常コメディという感じ。 

002
 
作品の世界は、人とエルフの勇者が魔王を封じ、二人が結ばれめでたくハッピーエンド・・・・のその続きから。
人の勇者とエルフの勇者は王と王妃となり、娘をもうけ、世界は平和になりました。

そんでもって、魔物がいなくなった後も有事に備え鍛錬する”職業騎士”たちが今作の主人公となります。
スポットが当たるのは、雑用や門番、パシリ、掃除に駆り出されるへっぽこ騎士たち。
003

選び抜かれたエリートの正騎士団に負けじと、凡騎士の彼らは一念発起して「騎士サークル」を結成します。
そこに例の勇者二人の娘(=この国の姫)が参加することになり・・・・

ファンタジー世界の凡騎士という、王道ファンタジーにおけるモブキャラっぽい立ち位置の彼らですが、
ちゃんと人生があって個性・性格があって日々いろんなことを考え行動して生きている・・・というのが
当たり前だけどどこかほっこりさせられます。

004

 

魔王がいなくなったあと、しょぼっちいスライムを討伐してはした金を貰うクエストを受注してみたり
休日にお菓子を作ってみたり、たまには鍛錬してみたり・・・

ナンバリングタイトルではなく、1巻の最後もいい感じに完結っぽい終わり方ですが、
作者あとがきから推察するに、売れれば2巻が出る可能性もあるようです。
そんでもって読んだ僕からすると、これは売れるべきだし2巻も出るべき良作です。 

大判サイズでちょびっとお高いですが全編フルカラーで10話収録、
内容もハズレ話がなく面白いので十二分に元は取れます。

とりあえずWebサイト『マトグロッソ』で1~3話が無料試読できるので、まずは試し読みをオススメします。
※4~10話は単行本書き下ろし、

余談ですが、鎧キャラっていいですよね。 
IT'S MY LIFEのアストラさんとかツボなんですけど、この作品も各キャラ最後まで鎧を脱がないあたり
作者様の強い強いこだわりを感じて勝手に共感してました。

系統としては、
IT'S MY LIFE』(成田芋虫 / 小学館) 
『ダンジョン飯』(九井諒子 / エンターブレイン)
の2作品が好きな人に特にドンピシャだと思います。
ほか
『アフリカのサラリーマン』(ガム / メディアファクトリー) 
『放課後!ダンジョン高校』 (山西正則 / 徳間書店) 
あたり好きな人とも合うかも。