スペシャル / 平方イコルスン ヒラカタ-
リイド社『トーチWeb』(2014年8月1日ー連載中)


 EPSON001

【レビュー】

学生 / 非日常的日常 /  シュール
 
EPSON002

とある田舎の高校に引っ越してきた葉野さんは、常にヘルメットを被っている不可思議な高校生を見かける。
彼女の名前は、伊賀こもろ。
EPSON003
 彼女はとても力が強い。



2011年、『楽園』にて衝撃のデビューを果たした鬼才・平方イコルスンの
普通に異常な非日常的日常漫画。

名称未設定-4


平方イコルスンのデビュー作、多くの読者に衝撃と混乱と謎の感動をもたらした『成程』(白泉社)、
勢いそのまま以上に自由に書き連ねられた次作『駄目な石』(白泉社)に比べて
今作はある程度読者に歩み寄って比較的理解しやすいキャラクター・ストーリーラインで
怪力少女・伊賀を取り巻く普通に異常な人々を若干シュールに描きます。

前作、前々作との相違として、写植を使用することで文字が絵から独立し、
芸術性は少々薄れた代わりに読みやすく頭に入ってきやすくなった印象。
ただし独特の言語センス、”平方イコルスン節”は健在。
EPSON004
 なんというか、絶妙なくどさ(褒め言葉)
大凡日常生活で使用されないであろう単語をごくごく自然に絡めてくることで
生じる謎の違和感が、なんともいえない非日常感を醸し出すような。

EPSON005
個人的にものっそい好きなやりとり
読めば読むほどなんとなくクセになる、スルメな面白さを持っていると思います。

日常の中の非日常ではなく、非日常の中の日常を描く、
一見すると異常な世界観だけど、その世界の住人たちにとっては、
いつもの出来事って感じがするのす

ラーメンズのお笑いが好きな人はハマると思います。

Webページ「トーチWeb」で1~3話と最新5話が読めます。
一話完結なので今からハマっても無問題。
お気に召したらぜひ前作・前々作と併せてどうぞ

系統としては、

『成程』(平方イコルスン / 白泉社)
『駄目な石』(平方イコルスン / 白泉社)
『あの子の家』(クマザワキミコ / 徳間書店) 
『蟹に誘われて』 (panpanya / 白泉社)
『枕魚』(panpanya / 白泉社)
『乙女ループ』(鬼龍駿河 / 白泉社) 

あたり近いかなーと。今のとこ、2016年観刊行開始漫画で一番の当たりです