2月

ニュクスの角灯 / 高浜寛
EPSON004

時は1878年(明治11年)、ところは長崎。

異国の文化が流れ込み和洋混沌の様相を成す町の一角に、

西洋から仕入れた舶来品を売る、「蛮」という輸入道具屋があった。

 

このお店に奉公することになった少女・美世は、モノの未来と過去の持ち主を

透視できる不可思議な神通力を持っていて・・・
EPSON001

ドレスを着た藩士の娘がダンスパーティに行き、

遊女あがりがミシンで洋服を縫う、そんなちぐはぐな時代ならではの面白さと、

そこに懸命に生きる人々の姿を描いたレトロで情緒あふれる物語。

「異国迷路のクロワーゼ」「ちろり」「大正四葉セレナーデ」「大正乙女カルテ」

「大正処女御伽噺」「百貨店ワルツ」「明治ハナアリ同盟」

あたりが好きな人にオススメ。

☆☆☆☆☆

 

 

流れ星に願うほど僕らは素直じゃない / 佐藤ミト

003

いつだって一緒に過ごしていた幼馴染6人組、だがあるとき

そのうちの一人が事故に遭い目を覚まさなくなってしまう。

それをきっかけにバラバラになってしまった彼らだが、

五年後、事故を悔やむ少年・北斗の前に、目を覚まさなくなったはずの

少女・すばる(の生霊?)が現れる・・・。

言っていいのかわからないけど、タイトルの感じも設定もストーリーも

某大人気アニメとすごく似通っている。

というかタイトルをグーグルに打ち込むとサジェストでその作品名が出てくる。

比べるのは失礼かもしれないけど、あのアニメを縮めて恋愛要素を強くして

サクッとダイジェストで終わらせた感じ。

のめりこんだり余韻を感じるような作品ではないけど、あのアニメを「重い」と

感じた人にはこのくらいが丁度良いのだと思う。

おまけして☆

 


牧場OL /  丸井まお

001
食品メーカーに就職した新人OL・野花南。

都心のオフィスでオシャレに勤務・・・と思いきや、配属先は北海道の牧場。

牧場経営の苦労と向き合いつつ牛とともに成長していく物語。

絵柄は丸っこい萌え絵感がありますが、きちんと内容もあるちゃんとしたお仕事ものです。

社会人版「銀の匙」といったところ。「水族館ガール」「サンタクロースの候補生」

「テラモリ」「ハナハダハナヤ」「ケモノみち」「ローカル女子の遠吠え」

「まつりごよみ」「パト☆ラッシュ!」あたり好きな人向け。

☆☆

 


ひとみしりの私が恋をした /  倉田ちよ
002

某SNS発、作者の実体験を基に描かれた恋愛エッセイ漫画。

コミュ障がコミュ障に恋をした、という内容なので恋愛強者には

もどかしいというかモヤモヤするであろう。

SNSでよく見るような1ページ日記漫画を「くっせぇ!」「創作乙」

と思ってしまう人間にはつらいかもしれない。

逆に言えばそういうのが好きな人には強くオススメできる。

「シャッツキステにようこそ」「ひみつのおねえちゃん」などのノンフィクション風漫画や

「ヲタクに恋は難しい」などのSNSのノリ全開の漫画が好きな人向け。

 


 ニヴァウアと斎藤 / ながべ

004

地下深くの水辺に住まうアーフィカ族。その子供が、人間世界を体験しにやってきた。

なんか流れで彼を預かることになってしまった人間・サイトウと、

やんちゃで好奇心旺盛で(人間基準では)非常識なアーフィカ族のニヴァウァ。

デコボコでズレまくりな二人の、ペットとも友情とも違うよくわかんない

同棲生活を描いたファンタジー系日常もの。

「ばけもの町のヒトビト」「九十九の満月」などの妖怪人外系や、

「うにうにうにうに」「2KZ」などの異文化?コミュニケーション系漫画好き向け。

☆☆

 


 左門くんはサモナー / 沼駿

005

週刊少年ジャンプの召喚士系男子と仏系女子のドタバタコメディ。

説明は不要かと存じます。わりとすき。

☆☆☆



 たべものけもの /榎本あかまる
006
お母さんがいつも仕事で家にいない母子家庭の女の子。

子供たちに上手く接する事ができず、厳しいと思われている学校の先生。

逃げ癖のついてしまっているフリーター。

そんな彼らの家の冷蔵庫から、たべものなのかどうぶつなのか

よくわからないへんないきものが現れた!

007

へんてこな「たべものけもの」たちと触れ合って、いろんな人たちが

元気をもらって一歩を踏み出すような、やさしい物語。

「ゆずべんとう」「おかいこぐるみ」「ラッキー」「今日、カレー!」など

ごはんものとペットものの良いところを掛け合わせたような作品。

☆☆☆



金平糖の花嫁 / おかもとこと乃
 008

有能だが協調性の無さゆえに会社を退職することになった星野金助(30歳)。

ふと手にした求人に興味を持ち、金平糖工場に赴いたところ、

話の流れで住み込みで働くことに。

しかし本採用の条件は社長の孫娘・天使の婿候補として認められる事で――

砂糖の塊に過ぎないと思っていた金平糖に無尽の愛情を注ぐ天使に

興味を持った金助。

不器用な男のさわやかで甘やかなラブストーリー。

2巻を楽しみにしていたのだが、1巻完結だと最近知った。終わり方は少し中途半端な印象。

「であいもん」「わさんぼん」「はるはなのみの」あたり好きな人にオススメ。



バテリバイス 人間電池と砂の巨像 / 赤岸K

009
自らの身体に電気を溜め、それを利用して生きる”人間電池”の暮らす世界。

地上に生活し、天空の”貴族”たちに電気を搾取されていた平民たちが、

叛乱の狼煙を上げる――。近未来SFアクションもの。

絵も設定も良いのだが、先日発売した2巻目でなにひとつ進展解決しないまま

「第一部 完」となっていた。

第二部の情報なしで巻末に未公開設定を連ねる仕様から、打ち切りとみられる。うまく広がれば「トライガン」好きには堪らない作品になったことだろう。

ストーリーは☆ゼロ(論外)、絵はまあよかったので☆ひとつ。