こんにちは~

土日はいいお天気でしたね~
金曜日の作業で私はすっかり筋肉痛になってしまいました~。
週末は旦那さんに手伝ってもらっていい感じに作業進んでおります☆
といってもの歩みですのでまとめたらUPしますね~

さてさて、わが家の改修計画の3つ目
窓ガラスの直射日光対策についてもようやく施工内容が決まりましたのでご報告~☆
朝日が燦々と降り注ぐリビングにある大切な大切なチェスターフィールドのソファー。
目の覚めるようなきれいなブルーだったのですが、徐々に黄味がかってきました
03
使いまわし写真~。

なるべく朝日があたらないようカバーをかけて守っていたのですが、私が長期間家をあけていたとき旦那さんはカバーをせずにいたようで、カバーがズレ落ちてそのままになっていました・・・・。 
帰ってきたらますます日焼けして、色がすごく薄くなってしまった上に、酷いところは黄ばんでしまいました。
ものすごくショックです
その姿はたった2年くらいしか使ってないのにアンティークかよってレベルの酷さです。

日焼けってこんなに恐ろしいものなんですねぇ・・・
ひと夏で激変しますので、皆様もくれぐれもお気をつけくださいませ・・・


これ以上日焼けを進行させないための対策をせねばなのです
候補は以下の3パターン。

① ロールスクリーンなどで遮光する
② ガラスにUVフィルムを貼る
③ ガラスにUVコーティングを塗る


この候補でそれぞれ施工金額がどのくらいになるかと、細かい性能について問い合わせました。
※あくまで私が問い合わせた会社の内容なのでもっと安価でよいものがあるかもしれません。

①ロールスクリーン
 概算見積:1㎡あたり\9,800(大型なのでお高め)
        1㎡あたり\16,000(電動ロールスクリーンの場合)

 →メリット :太陽光を完全に遮断することができるので日焼け対策効果は一番高い。
   デメリット:午前中は空のみえない家になる、開け閉めが面倒
         (電動なら問題ないがお値段が高い)

②UVカットフィルム

 概算見積:1㎡あたり\9,600(割引含む)。 →検討したお店

 メリット :可視光を遮断しないので空のみえる家のまま。
       紫外線99.5%カット
 デメリット:8~10年で張りなおしが必要。
       施工後の経年劣化で紫外線カット効果は弱くなっていく。
       フィルムの大きさより大きな窓だと継ぎ目ができる
       再施工時は既存のフィルムを剥がす作業が発生(価格不明)

③UVカット&遮熱 ガラスコーティング →検討したお店
 概算見積:1㎡あたり\12,000(割引含む)。 

 メリット :可視光を遮断しないので空のみえる家のまま。
       赤外線90%と遮熱効果が高いので夏の室温上昇がかなりおさえられる
       紫外線99%以上カット
 デメリット:15年程度で塗りなおしが必要。
       施工後の経年劣化で紫外線カット効果は弱くなっていく。(15年で7%程度劣化)
       再施工時に専用の剥離剤で剥がす作業が発生(\3,500/㎡程度)


こんな感じになりました。
で、②は早々に候補から外れてしまいました。 

当初狙っていたフィルムは1㎡あたり\5,600。
価格面で優位性があるため問い合わせをしたところ、日焼け対策であれば日本性の商品(\9,600)がオススメとのご提案。 
そうなると価格面の優位性が崩れます。 
②フィルムは耐久年数が9年で1年あたり\1,067/1㎡。
③コーティングは耐久年数が15年で1年あたり\800/1㎡。


となると、①ロールスクリーンか、③UVガラスコーティングか。
これはかなり悩みました。

実はガラスコーティング会社の方に、日焼けや色あせを起こさせる原因別割合っていうのを説明してもらったんですけれど、、その内容に仰天してしまいました。。
● 紫外線40%  ←太陽光に含まれる、見えない、感じない光
● 赤外線25%   ←
太陽光に含まれる、熱として感じ取ることの出来る光
● 可視光線25%  ←
太陽光に含まれる、目が感じ取ることの出来る光
● その他10%
  ←照明器具の影響や素材そのものの劣化など

ええええええ、紫外線カットしても他の要因が60%もあるの~~~?!って。
もうね、全然知らなくてビックリ 
日焼けの原因=ほぼ紫外線っておもって生きておりました。
赤外線や可視光での色あせもあるとの注意書きをたまに目にしてたので多少はあるんだろうなと思ってましたが、1割程度かな~くらいに思ってたしぃぃぃ!!
ここまで大きなウエイトを占めているなならハッキリ示してくれなきゃワカンナイですよね・・・!!
私いままで紫外線しかカットできない商品に惑わされていたのね・・・・。こわいこわい。

ちゅうことは、③を選んだとしても、今までの劣化スピードが37.9%に軽減するってだけです。
● 紫外線40% → 99%カット → 0.4%
● 赤外線25%
 → 90%カット → 2.5%
● 可視光線25%
 → 0%カット → 25%
● その他10%
 → 0%カット →10%

つまりロールスクリーンを選べば、その他要因による10%くらいに軽減できるのだと思われます。
ソファーの日焼け防止王はロールスクリーンなどによる完全な遮光です。
ただ、上げる、下げるという手間が毎日かかりますし、午前中は外が見えないという大きなデメリットが。。
ソファーをこれ以上日焼けさせたくない、けど、そもそも空がみえないっていうのは違う気がする。。

そこで生活のシミュレーションをしてみました。
平日は午前中に家を出るので帰ってきたら外は真っ暗。 
手動で複数のスクリーンを毎日上げ下げなんて面倒すぎてやんないでしょうね
電動ならボタン操作のみなので問題ないんですが、寝る前におろし忘れそうなので結局そのままになりそう。

対してガラスコーティングは今までどおりの外がみえる生活ができます。
ただし可視光を遮断しないのでソファーの劣化はゆるやかに進行します・・・。

価格面に関しては
①手動ロールスクリーン<③UVガラスコーティング<①電動ロールスクリーン
電動ロールスクリーンはコスト的にかなり厳しい。


さて、どうする??


う~~~~ん。。


悩む~けど、、


悩むけど~~~~、、③で



朝起きて空を見ずに家を出るというのはこの家で暮らす楽しみをなくすようなもんだな~と。
設計してもらってるときの自分の気持ちを考えれば、ソファーのために暮らしを変えるというのは違うとおもったの。
ソファーの劣化は仕方なし><
10年くらいしたらボロボロになってるだろうけどそういうもんだと思ってソファーも家も楽しもうという結論に☆



ガラスコーティングの施工会社は、株式会社ECOP というところにお願いしました。
クリスタルボンド省エネ窓ガラスコーティングというものを施工します。

あまりガラスコーティングの情報がなくてよくわからなかったのですが、メールの応対がとてもスムーズで足場設置などの可否確認と採寸に来てくださったときの対応や説明がとても親切でテキパキされていたのでやり取りにおいて不満なところは一切ありませんでした。

サンプルキットをお借りしましたのでついでにレポしてみます。
このキットは、ガラスコーティングによって透過性がどの程度損なわれるのかというのと、遮熱性能を体験することができるというものです。
TOPページの右上の画像にあるキットです。

● ガラスの色変化について

色の変化は殆どないですよ~と言われましたがこんな感じです。
image
うちの家に白いところが殆どないので昨日買い物してきた袋で背景にw
左がコーティング済みのガラス、右が何も塗ってないガラスです。
う~~ん、色変化、無いといえば無いしあるといえばあるw
部屋でタバコ吸う家の窓くらいは黄ばんでないかな~??w
__
直に白いものの上におくとかなりハッキリ色変化がわかります。
私はこのくらいの差なら気にしないとわりきりま~す。

image(1)
こんな風に白熱球をガラスの前にもってきて、ガラスの後ろに手をかざします。
白熱球は赤外線をかなり放出するので熱くなりますよね。(太陽光も赤外線を放出するので熱くなります。)
白熱球の熱がガラスをどのくらい通過してくるかというのをコーティング有り無しのガラスで比較する実験です。
夏の日光での温度上昇を抑えられるんだよ~というのを実感することができます。

これの結果。 温度は写真では伝えられません~w
主観ではありますが無塗装と塗装済みでかな~り違いました。 
旦那さんと二人で「おぉ~w」ってw
あ~確かに遮熱してますな~って感じがわかってオモロかったです。
吹き抜け空間で夏と冬の光熱費がハンパないのでこの遮熱効果は助かりますね。

日焼け対策のついでに節約になってくれるのであれば実質施工コスト減♪
7,8,9月の3ヶ月、電気代2万/月超えだったかな・・・。
10~30%節約できるらしいので、月4千円安くなってくれれば15年で施工費の半分になります
(期待しすぎデショw)

肝心の紫外線カット効果については実験してなかったんで今から窓辺において数日チェックしてみま~す



施工は4月1日。増税前の駆け込みが多くて3月中には出来ませんでした
だけど特別に3月中と同じ価格で施工していただけるということで助かりました~
この辺の融通を利かせてくれるところも気持ちのよい会社だとおもいます。


これでやっと悩みがひとつ解決するのかな~
う~~ん、楽しみ!

それではまたね~


  にほんブログ村 一戸建 注文住宅(施主)人気ランキング ←やる気スイッチ