第三工房ブログ

2012年09月

ジ・オは大きさどうするかの
悩みが継続中なので
一息のさらに一息を入れてSM2号機を。
20120924_sm_01

















はい、こちらバリとる前です。
なごみますねえSMは。
でもSM2号機は
少しかっこいい系へと振ってみます。



20120924_sm_03

















通常だとかわいさを強調するため
地面と水平にスプレーガンを構えさせるんだけど、
かっこいい系に振るために
スプレーガンを下にたらして構えさせます。




20120924_sm_02

















ボディとランドセルを表面処理してます、
腕と足はまだ。
しっかりと筋彫り強化しなきゃ。
かっこよくせんとね♪

【メッサーラとジ・オ】
以前つくっていたメッサーラを進めるならば
ジュピトリス系なジ・オもいっしょにやりましょかと
手を動かしてるんだけど
悩み増幅させるところが出てきた。

大きさだ。

本来30〜35mmでSDをつくってるんだけど
どうせジュピトリス系にするのならば
大きさもできるだけ比率あわせようかなぁって。

【大きさ比較】
で参考画像をつくるべく、ネットから画像を漁って
ジュピトリス御三家+旧ジュピ系の計4機を
大きさ比較できるよう並べてみた。
20120919_theo_97













ジ・オが24.8mに対し、
メッサーラ 23.3m
パラス・アテネ 21.6m
ボリノーク・サマーン 19.9m。

印象が異なっていた。
ジ・オはメッサーラよりも1.5m大きいので
かなり大きくつくっていいのだなと
ふんでいたが、
画でもわかるとおりメッサーラのほうが
背が高く感じる。
体の密度が上にあるからか!?
あおりであるとかの問題もあるんだろうけどさ、
ねえ?

ジ・オの頭の先端までが24.8mなわけで
ジ・オの額部分で考えると
メッサーラとどっこいどっこいか。

さらにウチのSDは二頭身のため
頭基準でつくっちゃうとボディが
えらくちっさくなっちゃう。
頭をちっさくつくるとSD感がぐっと損なわれてしまうので
可能範囲で小さくしてみた。
20120919_theo_84


















ね?ボリノークより頭ちっちゃく感じるでしょ?
この迫力からすれば
『サラは許したということでボク、帰艦しちゃっていい?』
ぐらいの頼りなさであるよなないよな...

だがそれでも頭頂高はメッサーラと比べ見たら
ゆうに27mぐらいはあるんだよ (汗
どうしましょ?


...



...




ってことで再考し新たに基準を変えてみた。
27mぐらいあるように見えても
体こみで比較するとちっさく感じる。
ならば眉間位置とか肩中心位置基準で
つくってみたらばどうだろう?
20120919_theo_85jpg

















30m超えちゃってるけど
ボリノークサマーンに対して
『サラが許しても私が許さん!』って言えるような
ボディの大きさになったのではなかろうか。

でもちょっとデカすぎるか!?
今ざっくり測ってみたら38mくらいになっとるw
...
お蔵入りかw

【SDと違うスケールのものを...】
    ハイザック、仮組み終えて一息。
    144もののガレキを作る上でも
    HGUCをやっておきたいというのもあって
    ザクマリナーを購入。
20120913_mari_01

















【HGUCザクマリナーを組んでみて】
    時間も無いのでパチパチっと組み上げ。
    組み終えての感想としましては
    『バンダイ、マヂスゲエ!!!』
    可動範囲は広いのも驚嘆したんですが
    腰部の回転軸を前方へシフトさせ、
    かつ後方部分には腰の可動範囲を狭める工夫。

    そしてスタイリングのよさ。
    そりゃいじりたい部分もあるけど
    パッと組んで立たせておく、となると
    十二分でしょう。
    こんなのが小学生時代に出ていたなら
    今の自分はありえません。

【144、SDとは違うなぁ】
    で撮影してみて感じたこと。
    144だとうちの撮影機材では物足りない。
    光量、撮影技術、etc
    このあたりも改善いるなと。

【次回から】
    3つ同時進行でSDに戻ります。
    メッサーラとジ・オ、
    サクver.2012の塗装に入ります。
    ジ・オはメッサーラの大きさに準じて
    つくる予定です。
    今年からはキャラホビ2013のことを考え
    完成次第複製に入ります。

20120911_hizack_008























いいでっぷり感♪
ハイザックはやっぱいいなぁ☆







20120911_hizack_001























20120911_hizack_005

マシンガンです。

汚くてすみません、
ちょっと複製時の粘土がついてます。
スコープ(前方から)になります。
で後方のバイーンと伸びているプラ板が
不要な部分です。
20120911_hizack_21























これはマシンガンとスコープを取り付ける方向からの画像です。
先ほどの画面が前方ならこちらは右横です。
20120911_hizack_23



























不要部分を切り取ったら
マシンガンに取り付けましょう。
マシンガンの左側面にある筋彫り(コの字のもの)が
隠れないよう、若干後方気味に
取り付けます。
20120911_hizack_26



























右側からみた右腕とマシンガンです。
マシンガンの弾奏部分はチェストサポート?
脇に当たる部分の部品に軽く当たるぐらいに
取り付けるといいかも。
画像参照ください。
20120911_hizack_22



























後方(左画像)からみた右腕とマシンガンと左側からみた(右画像)ものです。
20120911_hizack_24

バックパックです。

まずバックパック右側面から見た
バーニア横のガードの設置です。
画像左がくっつける前、
右がくっつけた後です。
凹んだ部分にガードの突起物がくるように
してください。
20120911_hizack_02



























画像左がバックパック底(下)から見た時の
ガードの設置位置、
画像右がバックパック後ろから見た時の
ガードの設置位置です。
あくまでご参考までということで。
20120911_hizack_03


























バックパック上部のスラスターは
苦も無く取り付けられると思います。
注意点をあげるとすれば
前方に四角い穴がくること、
画像では左右それぞれのスラスター上部に
二本の横筋彫りが入ってる面が後ろにきています。
20120911_hizack_12


























それと、この画像ではしくじっていますが
マイナスモールド?が垂直になるようにすると
設定どおりかと。
画像ではちょっと前のめりになってるため
11時と12時の間の角度ぐらいになってますよね、
これ12時でOKです(´・ω・`)
20120911_hizack_11

さっそくですが前回の追加です。
サイドアーマーの取り付けについて。
取り付けの際の目安としては

●その1
サイドアーマーの上部にちょこっと突き出している部分が
ボディ取り付け位置のちょこっと凹んでいる部分
(下記画像中央のもののピンク色部分)にはめてください。

●その2
裏(ボディ下部)から見た場合
(下記画像の右画像)
のピンク色部分と青色部分がツライチになります。
その1の部分をあわせてもツライチにならなければ
若干削ってやってください。
削らなくてもそこまで不都合もありません。

20120911_hizack_01



















でサイドアーマーの左右でパーツが異なっております。
どちらでも合うようにはつくっていますが
気持ち違っているかとw
裏側から見るとすぐわかるのですが
下記画像のものが左用です。
最悪右用のものでも問題はありません。
20120911_hizack_25

いよいよ次回で 『ハイザックをつくりましょう。』 の組み立て編が
終了です。

今回またしても日数が空いてしまいました、
すみません。

本日は良いお言葉をいただきました。
『やり始めるとやる気が出る!』
実践してみたらまさにそのとおりでした。
勢いづいたので明日も『ハイザックをつくりましょう。』を
更新しますね♪

今日は足、腕、腰まわりを一気にやっちゃいます。
明日はバックパックとマシンガンです。

【足】
20120909_hizack_21

















まず、つまさき〜かかとパーツいきましょか♪
不要なランナー部分を削ったところです。
無論ピーンっと出てる突起物も不要なのですが
これ、実は原型作ってる時に胴体と接続してた
真鍮線の名残です。
だもんでこれを利用して接続されてもかまいません。
自分の場合、塗装見本もって移動とかも多いので
真鍮線に置換しています。


20120909_hizack_22

















これは突起物をそのまま利用した場合です。



20120909_hizack_80

















こちらはフロントアーマー裏です。
これも突起物をそのまま使ってもよし、
真鍮線に置換してもよしです。
私は全部真鍮線に置換しますヨ。



20120909_hizack_97

















んで今つくった足の上にボディをのっけたらこんな感じ☆




【左肩】
20120909_hizack_31

















左肩はプラ板が3枚ほどついていたので
どこまでが部品でどこまでがランナーか
わかりにくかったと思います、
不要物を削るとこのようになります。
左画像から
穴が見えてるところが前腕と接続するところ、
下から見ている状態です。
中央画像ですが
突起物がありますよね、その部分が
ボディと接続される、いわば肩の内側部分です。
最後に右画像、
これは左画像と中央画像を両方うつるところから
撮っています。
脇下から見ている、といった表現が具体的でしょうか。




20120909_hizack_41

















んで前腕と接続したらこのようになります。




【右肩】
20120909_hizack_51

















左画像は
盾がくっつく外側です。
中央画像、
腕を前方から見ている状態です、
右の真鍮線がボディにくっつき、
左の真鍮線が盾にくっつきます。
右画像は
ボディ側から見た腕です。
真鍮線一本にしてます、
盾側から半分ピンバイスで穴あけて、
ボディ側から半分ピンバイスで穴あけてつなげます。
そうすることで真鍮線出口それぞれで穴のがたつきが
防げるかと。


【最後に腕や足をボディにくっつけたとこ】
20120909_hizack_98


















20120909_hizack_99

















ちょっと前傾気味ですね(汗
もうちょっと後ろにのけぞってるほうが
SDっぽくていいと思います。
左腕ももうちっと外に広げたほうがいいかな。
表面処理、塗装していく段階で
調整していきます。

いよいよ次回はバックパックとマシンガンです。
そして表面処理ですか、ガンガン進めていきますよ〜☆

ハイザックにはまってます。
思い返せば高校生時に
Zガンダムを見て、
一番気に入ったMSが
地球連邦軍正規軍カラーのハイザックでした:-D

ボタン押してくださるととてもうれしいです♪
banner_23



2日もあいてしまいました、すみません m(_ _)m
キャラホビが終わってもう1週間すぎてるんですね(汗
手を進めなければ。

まずはハイザックです。
このハイザックの塗装は絶対に
地球連邦軍正規軍カラーの青にすると
堅く決意!

ハイザックをつくっていて目に付いたのが
ザクマリナー!!!
これもSDでつくりてえけど絶対売れねえや(-人-)
なのでamazonでポチってプラモ購入。
ハイザックが終わったら
ザクマリナー(プラ)、水中型ザク(ガレキ)、
ガンプ(ガレキ)をつくるんだと
息巻いてる。
できんのかとw

まあ置いておこう。
肝心のハイザック、
今日は頭部とボディ編。

まず頭部。
前回の頭部の不要な部分をとりました。
モノアイ下の縦線のバリもきれいに除去。
そして口ダクトをつけるための真鍮線を
打ってみました。
20120904_hizack_05

















頭上からも真鍮線を打つための穴を開けています。
これはできれば頭パーツの下から穴をあけると
やりやすいです。
そしてその場合だと貫通させる必要もありません。
なにより下からだとガイドの穴がありますし♪

すっかり忘れていて頭上から穴をあけてしまい
手間がかかるコースに...orz
20120904_hizack_09




















次はボディ編のフロントアーマーとボディの接続。
これも同様にガイドとして
ボディの股間部分(ピンク色のとこ)に
真鍮線痕があります。
これを利用して穴をあけます。
左が施行前、右が施行後(真鍮線がささってます)
20120904_hizack_03


















同様にフロントアーマー側(裏)にも痕がありますので
こちらにも穴を貫通しないようにあけて
ボディと固定できるようにします。
20120904_hizack_01
























するとこんな具合に☆
20120904_hizack_08


















で次回はボディ編第二部ということで
サイドアーマーのとりつけをします。
上記同様真鍮線痕を利用していきます。
下記画像参照(ピンク色部分)
20120904_hizack_04















20120904_hizack_10

















今日の作業結果はここまでです、
全体の仮組み終わったら表面処理に入ります。

色付け終わりました、
わかりやすければ良いのですが
どうでしょうか。
わからない部分あれば
ご質問ください。

ボタン押してくださるととてもうれしいです♪
banner_23




ランナー(要らない部分)を茶色で塗っています。
わかりやすさで第1〜3群にわけてます。
今回は画像を大きくしております。
それと0.7mm程度の突起物がついているものが
あります。
それはもともと各パーツ同士を接続していた
真鍮線のなごりです。
削ってもよし、
わざと残して軸打ちの時に
利用してもよしです。

では第1群(わかりやすいもの)から。


【第1群】
20120901_hizack_01


















左から右肩の盾、右腕、ボディ、ランドセルの左バーニア部です。
この4つはわかりやすいと思います。
特に目立ったランナーはついていないと思います。
ボディの下方前面に突起物がありますね、
これは上で説明した0.7mm真鍮線の名残です。
切るもよし、残すもよs(ry



【第2群】
茶色で塗っているランナーがついているものです。
茶色の部分をカットしましょう。
20120901_hizack_20


















左上からランドセルの右バーニア部分
(置き場所が左になってます、間違えました)
その右隣のちょっと大きめのパーツがランドセル、
左下がサイドアーマー左
その右がリアアーマー
次の右がサイドアーマー右
その上にあがりまして丸いのがマシンガンの弾奏部分
その右が頭部の口に該当するダクト
その右が左腕、
その下の段3つのパーツですが
左からフロントアーマー右、股間、フロントアーマー左です。
さらにその下の段2つが足になります。
左から右ふくらはぎ、左ふくらはぎです。
最下段2個、これがかかとより下の部分です。
左から右足、左足、
第2群は計15ヶです。


【第3群】
そしてわかりにくい第3群です。
第3群はわかりやすいよう部品ごとに
見ていきます。
第3群がなぜわかりにくいかというと
複製しやすいよう0.50.3mmプラ板がついているからです。
第3群は計7つ。

まずは左肩。
20120901_hizack_34

















左の画像が左肩を前方から見た状態、
右の画像は左肩を後方から見た状態です。
茶色の部分を削ってください。


頭部です。
20120901_hizack_35

















左のほうがモノアイ&動力パイプにあたるものです。
右上が頭部のてっぺん部分です。
特に左のモノアイ&動力パイプ部のパーツが
難しいかと思います。
要らない0.50.3mmプラ板が貼り付けてあると思って
切断してください。
きれいに切断できると口ダクトがピタリとはまるように
なります。



頭部てっぺん部分
20120901_hizack_36

















頭部てっぺん部分とモノアイスリット?になります。
複製の関係で茶色の部分を三角形0.50.3mmプラ板で
つくってあります。
茶色の部分を削り落としてください。


ランドセル下部の部品です。

表側
20120901_hizack_32


















要らないものは裏側にあります。
20120901_hizack_33

















茶色の部分を削ってください。




マシンガンです。
20120901_hizack_30


















左がマシンガン、
右の部品はマシンガンにくっつける
スコープ部分です。
20120901_hizack_31


















茶色の部分を削ってください。
このハイザックの製作の中で
一番わかりにくい部分がここです。
右画像のスコープ部分の後ろについているプラ板を
削ってください。

説明してまいりましたが
どうなれば正しいのか、今日2回目のブログアップも
予定しておりますのでぜひご参考にしていただければと
思います。

動画だともっとわかりやすいんだろうけど
どうあげたらよいのか...orz

も少し辛抱しておつきあいくださいませ。
次はハイザックをつくりましょう その3 と、
サクver.2012の説明を予定しております☆

このページのトップヘ