【プロローグ】
        今回はひたすら型埋めやってた。
        いつも失敗した原因と解決策をノートに書く
        が、後から探すのが大変。見つけやすいよう
        ブログに書き出し。


【シリコン型作成時に気をつけること】
        ・原型をメカサフヘビーを吹いておくとシリ
         コンのバリが見つけやすくなる。
         ※いつも透明シリコン使ってるため

        ・原型にフィニッシャーズのラッカーパテを
         使用したら必ず見えなくなるまでサフ。
         ちょっとでも見えてるとクレオス粘土の色
         とかぶって粘土か原型か見分けづらくなる。

        ・細かなところへ粘土を詰めるな、取りにく
         くなる。
         ※取りにくい=無駄な作業時間が増える。

        ・粘土埋めにMr.クレオス2使用時はシリコン
         が固まったらさっさとはがす。
         面倒くさがってしばらくたってからはがす
         とシリコンと接触してる粘土(表面)が固ま
         り取り除きにくくなる。



        備忘録、今後も続けていきたいなぁ。