おまたせしました☆

本日はゲッター1のつくりかたについて。
です。

部品数は全部で10。
20180831_getter_01


構成はこんな感じ。
20180901_ge_000
頭と耳?ツノ?をつなぐため8mm真鍮線を刺しています。
首と胴の接続には1.0mmのアルミ線を使用。
軸打ちはアルミ線でも真鍮線でもいいと思います。
1.0mmの真鍮線が出てこなかったので首と胴接続部分にアルミ線を使用しています。
あとで真鍮線見つけて交換予定ではあります(笑

ちなみに各箇所に穴があいてますが原型製作の際の接続穴を
そのまま残しております。
軸打ちの目安にも使えますよ(๑•̀ㅂ•́)و✨

1.0mmの穴は
首関係(首と胴、首とえり)
0.8mmの穴は
足と胴、頭とツノ
0.5mmの穴は
腕と胴
の接続に使いました。



【注意点が1箇所】
20180901_ge_21 胴体パーツを下からとった画像なんですが右パーツに注目ください。
ピンク色に塗ってる部分は湯道(ランナー)の一部です。
これが残っていると右足がはまりにくいです。
なのでこの部分を削ってください。



【組むコツ】
組むコツは腕の位置をまず決めて、それから足の位置を決めるのが
良いかもです。私は画像のとおりの順番で頭⇒胴⇒足、そして腕を
つけましたが足が邪魔して腕が取り付けにくかったです((+_+))
けっこうクリアランスカツカツでつくってるのでお許しくださいm(_ _)m


あとは本能のままに接続ください(笑
するとこんな感じです。
20180901_ge_05


20180901_ge_04

敢えて腕をはずしてるのはこのスタイルがとても気に入ってるからです。
かっこよく見えません?大好きなんです。


で完成するとこうなります。
20180901_ge_00


20180901_ge_03


20180901_ge_01


20180901_ge_02
個人的にはプリティなヒップが見えるマントなしのほうが気に入ってます。
脱着できるように真鍮線とかネオジム仕込むのもいいかも(๑•̀ㅂ•́)و✨

ゲッター1は塗装すると映えるように原型をつくりました。
なのでぜひ塗装にトライしてみてください☆

まずは私が完成させないと!ですね(笑



明日はトム&リック・トムのつくりかたについてです。
お楽しみに☆