第三工房ブログ

カテゴリ:【イベント】 > ---キャラホビ2015---

サクセット その4です。最終回です。やっとです。

20150920_sm_20
今回はSM ver.2015(最終仕様)です。
目玉はサクサク大作戦最終出番時にあった
ランドセルにビームサーベル付です。

部品数は7点。
※下記画像参照。
BlogPaint


・胴体
      このあとに続く画像もすべて向かって左が元、右がランナーとった後です。
20150920_sm_03

      黒い部分は面がひけててくぼんでいたので
      黒瞬間接着剤を盛って平らにしています。
20150920_sm_04

      足がささる底面です。
      右足が刺さるほう(向かって左側の穴)が穴の横に
      別の穴?長方形?みたいなものが見えますよね?
      これがのちのちに右足左足判別に役立ちます。
20150920_sm_05


・右腕
20150920_sm_07


・左腕
20150920_sm_06


・脚
20150920_sm_12


・右足の判別

      向かって左側が右足です。
20150920_sm_11


      こっちのほうがわかりやすいかも。
BlogPaint

      SM(サム)は量産型ゆえ足をきっちりハの字
      にすると
      かっこよくなっちゃってサムっぽさが減ってしまうので
      微妙〜な足の角度にしてます。難儀しました。

・カメラアイ

      いわゆる目です。
      塗装のときやミラージュフィルムなんか貼るときにめんどくさいので
      別パーツにしました。
      でも原作でくぼんでるときもあるので好みでいろいろ試してみてください。
20150920_sm_09


・ランドセル
20150920_sm_08


・完成!
正面
20150920_sm_20

左側
20150920_sm_22

背面
20150920_sm_23

右側
20150920_sm_25

      ラストシューティング!
      さまにならない(笑
      頭も角度つかないしね(。╹ω╹。)
20150920_sm_01


カンタムとSMそろい踏み!!!(笑
そろい踏み、て(笑
20150920_sm_00


SM(サム)をつくるうえで気をつけたことは
      ・ライフルが重たそう、腕に力あんまりないですよって見えるように
      下位置に配置
      ・量産型に見えるよう直方体
      ・かっこよく見えないように足をハの字にせずなんとなくガニマタに
です。
なのでカンタムと足をとりかえて仮止めしてみてもおもしろいかも。
違和感ありありです(笑

あと両腕の肩に位置する部分とかランドセル中央に穴があいてますが
これは胴体と接続する際に真鍮線を通したため穴があいてます。
モールドとかではないので気にしないでください。

あと2体となりました♪
サクセット その3です。

今回はカンタム(最終決戦仕様)です。
20150917_kan_10


部品数は7点。
※下記画像参照。
BlogPaint


・胴体
このあとに続く画像もすべて向かって左が元、右がランナーとった後です。
20150917_kan_02


・ツノ
20150917_kan_04


・ランドセル
20150917_kan_03


・左足
右足左足の判別はとりつけると完成画像のように足が 『ハ』 の字になります。
20150917_kan_05


・右足
20150917_kan_06


・左腕
なにも持ってないほうが左腕です。
20150917_kan_08


・右腕
ライフル持ってるほうが右腕です。
20150917_kan_09


・完成です!
正面から♪
20150917_kan_10


左側から。
20150917_kan_12


右側から。
20150917_kan_16


そして後ろ。
20150917_kan_14


最後に斜め左前から。
20150917_kan_11


さああとはSM(サム)だけです!
がんばります!!!

それが終わったらサクセットやベアッガイ掘
エルガイムmk2を完成まで仕上げる作業をしていきます〜♪

表面処理をする際の注意事項ですが、
カンタムは長方体でつくっておりません。
ヒーローっぽくするために頭から腰にいくにしたがい
若干しぼっております。
その点だけご注意ください。

なので次回のSM(サム)は直方体でつくってます。
量産型らしく魅せるためです。

やっと続きをつくりました、サクセット その2です。

今回はクフです。
部品数は4点。
※下記画像参照。
BlogPaint
20150914_kufu_00
まずはランナーがついたものです。
ここから部品ごとにランナーを取り除きます。


・ツノ
向かって左が元、右がランナーとった後です。
ボディと接続する際は0.5mm真鍮線がおすすめです。
20150914_kufu_01


・右手
向かって左が整面前、右が整面後
20150914_kufu_02


・左手
以下同文
20150914_kufu_03


・正面
20150914_kufu_04


・右側
右腕が刺さる部分に穴を開けています。
腕の穴は1.5mmで穴をあけるとちょうどいいです。
20150914_kufu_05



・左側
左腕が刺さる部分に穴を開けています。
腕の穴は1.5mmで穴をあけるとちょうどいいです。
20150914_kufu_06



・後ろ
おしりに穴(1.0mm)があいております。
台座に接続する際の穴をあけてます。
真下に穴をあけてもいいのですが、
なんかこう、おしりの穴からなにかが出てるようで
イヤなのでこの位置にあけました。
え゛っ!? もっとそれっぽく見える?
いやいやこちらのほうが遠近法で
違和感少な目だと思います。(個人的感想)
20150914_kufu_07


・ツノの穴をあける際にご活用ください。
左上のワイプみたいな画像は整面前の拡大画像です。
ピンクの部分に0.5mmの穴をあけました。
20150914_kufu_08


・腕の接続。
腕は両腕とも長めにつくってますので
そのままくっつけるとめちゃくちゃ長いです。
お好みのところで切っておつけください。
自分はこの長さで切断し、ピンク色のところまで
胴体に埋まるようにしています。
20150914_kufu_12
20150914_kufu_12のコピー



・全部差し込むと完成です。
20150914_kufu_前


20150914_kufu_左斜め前


20150914_kufu_左


20150914_kufu_後ろ


20150914_kufu_右

大変おまたせしました、サクセット その1です。

こたびはサクver.2015です。
部品数は5点。
※下記画像参照。
初期状態です。
足の下に腕をつけています。
3番と4番が腕です。
BlogPaint

部品番号ごとに切り離した状態です。
20150912_saku_04
ランナーをきれいにきりとります。


画像左がランナーから切り離した状態、画像右がかんたんに表面を整面した状態です。
20150912_saku_05
あんまり違いがわからない、かも(; ・`ω・´)

【組み立て方】
組み立てはかんたんです。
胴体と両腕、背中のランドセルをくっつければおわりです☆
マシンガン(部品番号1)はおまけです、
腕に持たせるもよし、つけずにそっと足元に置くのもよし、
です♪

■腕
      で腕の接続ですが、下記画像のように
      腕を差し込む穴がふさがってる場合があります。
      その場合ピンバイスなどで穴をあけてください。
      1.5mmのピンバイスで穴をあけると腕がぴったり入ります。
      きれいにねらったところへ穴をあけるなら
      05mm⇒0.8mm⇒1.0mm⇒1.5mmといった順で穴を
      あけるとかなり正確にできやすくなります。
      めんどくさいんでいきなり1.5mmで狙ったところへ穴をあけるのも
      ありだと思います。
20150912_saku_12
      キャラホビ2015が終わってからさらに40近く抜いた最後の複製品を使用してます。
      けっこうすじぼりがうまっちゃったりかけちゃったりしてるなあ(T_T)

■ランドセル
      ランドセルは一応上下があります。
      ランドセルのダボが山の形をしております。
      △←こんな感じで。
20150912_saku_08
      逆でもはまりますが胴体につけたときにランドセルが必要以上に
      上に配置されていかつくなり、ゆるさが売りのサクっぽくなくなります。

20150912_saku_09
      正しく接続できたらランドセルの上部が
      ちょうど首のすじぼりあたりにきます。

20150912_saku_10
      真後ろから。

      右腕は3番、左腕は4番です。
      下記画像のように横からみたらわかりやすいかもしれません。
20150912_saku_13
ゆるい「くの字」のほうが右腕です。

      もともと素立ちでつくっていたのですが、腕を回転させてたら
      腕をあげたり中間の位置にしたりするほうがおもしろかったので
      みなさんもいろいろやってみてください。

※※※注意点※※※
腕をさしこむ穴がきつかったりして腕をまわしすぎたりすると
直径1.5mmの腕が折れるおそれがあります。
慎重にとりあつかってください♪

そして完成!
トニーたけざきさんのサクっぽく万歳♡
20150912_saku_06


シャア総帥の「そして私は天へ召されるであろう」
20150912_saku_07


そして最後!
ロッキーバルボアが公園広場までかけあがってのおたけび。
20150912_saku_11


たいして腕の角度を変えたわけぢゃないけど
題をつけるとそれっぽく見えるでしょ?
楽しい〜☆☆☆

ベアッガイ靴料箸瀛その2です。

部品総数12点です、下記の画像参照ください。
BlogPaint



1.胴体と足を接続。
      胴体と足を接続します。
      部品番号5が右足、8が左足です。
      胴体側はこんな感じで。
20150906_bea_02


      足に真鍮線を打った状態ですが、
20150906_bea_01

      こちらのように水平に軸打ちしたほうが
      ダボをはめこむのに楽です。
20150906_bea_04



2.胴体と腕を接続。
      まず上段の画像がランナーのついた状態です。
      下段のようにランナーをとりのぞきます。
      上段左、上段右の画像のように指部分の横にこぶのようなものができている場合があります。
      下段左、下段右の画像のように取り除いてください。
20150906_bea_05

      足の接続と同様に画像右のように水平に軸打ちするほうが
      はめこみが楽です。(青で示してるほう)
      ピンク色の角度で軸打ちをするとあわせるのに
      手間取るかも。
20150906_bea_03


      腕を装着して後ろからの図です。
20150906_bea_08



3.リボンを製作。
      部品番号3、4、7です。
      左が4番、右が7番です。
      製作時、左右対称につくりましたがリボンぽく見えないので
      左右非対称にしています。
      左右くっつける際末広がりになるようにつくっていますので
      その点だけご注意ください。
20150906_bea_07


4.リボンを本体と接続して完成!
20150906_bea_06

      キャラホビ2015の際に展示したものと合わせて2体になりました♪
      双子ですね(笑
      ひとつしか塗装しませんよ?表面処理とかめんどくさいんです( ˘•ω•˘ )
20150906_bea_09
以上ベアッガイ靴寮什遒砲弔い討任靴拭

明日以降はオーラスのサクセットです、ご期待ください☆

20150904_bea_00



ベアッガイ靴料箸瀛です。
部品総数12点です、下記の画像参照ください。
BlogPaint



【組み立てについて】
特別なことはありません。
瞬間接着剤で接着してもいいです、
でもおすすめは真鍮線やアルミ線などによる軸打ち推奨です。
軸打ちですが私は
・0.5mm真鍮線(耳部分のみ)
・0.8mm真鍮線(その他の部分)
を使用してます。

0.ランナー(湯道)から切り離す。
部品番号6番です。
BlogPaint
      頭部に限らずですがランナーをニッパーなどでおおまかに
      切り取って、そのあとデザインナイフとかできれいに整形すると
      失敗が減るかと思います。
      ニッパーでいきなりぎりぎりのところを切ろうとすると
      切りすぎの失敗をすることがあります。
      4コマめにオチがついてますが、
      気泡が見つかってもあせらず落ち込まず、気泡の穴を大きくし、
      パテや瞬間接着剤を充填し整形しましょう。


1.軸打ちについて
BlogPaint
      元々打っていた軸打ちの跡を残していますので
      その穴の跡を探してしまえば割と楽に軸打ち作業ができると
      思います。


2.口部分について
部品番号11番です。
BlogPaint


3.頭部とボディの接続
BlogPaint

同様に頭部側にも1mmのアルミ線が入るよう穴をあけています。
0.8mmの真鍮線でもかまわないですが、アルミ線のほうが首をかしげたり
味付けが容易になります。


4.ボディ
部品番号9番です。
【バリ取り前】
BlogPaint


【バリ取り後】
BlogPaint

バリ取り後のほうが画像にしめるパーツが大きく写ってますね(汗


5.頭部と耳の接続
BlogPaint
      その円の中心は耳を接続するための0.5mm真鍮線を刺す穴にも利用できます。
      0.8mm真鍮線とかにすると耳側に0.8mm刺す余裕があまりないように思えます。
      よって0.5mm真鍮線が望ましいです。
      もちろん軸打ちされない方には問題ありません。


5.頭部と耳の接続 その2
BlogPaint
      耳側の軸打ちです。
      左下の画像ですが、向かって左が右耳、右が左耳になります。
      部品としては左右ともに似てますが、
      耳をつけたときに耳がたれてるように見えるのは
      左右逆につけてるおそれがありますのでご注意ください。

あとは手足と背中のリボンだけですが、次回へ続きます。
意外と説明文を考えながら組み立てるのは大変ですね。
頭がこんがらがってきました。

エルガイムmk2製作その2です。

1.頭部と胴体
      穴は1.5mmアルミ線でつくっています。
      1.5mmアルミ線を使うと楽に頭部と胴体をつなげられます。
20150902_mk2_04
20150902_mk2_05


2.胴体と腕、胴体と足
      胴体と腕は1.0mmアルミ線、
      胴体と足は1.5mmでつないでいます。20150902_mk2_06
20150902_mk2_07
20150902_mk2_08
20150902_mk2_09




3.腕とバスターランチャー
      腕とバスターランチャーの接続ですが0.5mm真鍮線を使いました。
      0.8mmでもいけそうなのですが、バスターランチャーのモールドに
      影響が出そうなのでおとなしく0.5mmを使用。
      前後左右から画像とってみました。
      右腕とバスターランチャーを組み合わせてもらうと
      バチピタッとしっくりくるところがあると思います。
      がんばってみてください。
20150902_mk2_18
20150902_mk2_19
20150902_mk2_10
20150902_mk2_11
20150902_mk2_21
20150902_mk2_22
20150902_mk2_13


4.胴体と腕との間のパーツ。
      腕に接続できる穴が中央にあいてますが、
      その右や左に小さい穴(0.5mm)があいてると思います。
      中央の穴だけではくるくるまわったりするので固定するために
      あけてました。
      股間パーツ同様うまく接続できたら穴(0.5mmのほうの穴)をうめてやってください。
20150902_mk2_12
20150902_mk2_16
20150902_mk2_25



5.本体とプローラーの接続。
      ここは1.0mmを使用しています。
20150902_mk2_15
20150902_mk2_14
20150902_mk2_23



6.本体と股間の接続。
      股間パーツの中央の穴(0.5mm)と本体股間部の穴(0.5mm)を
      接続してください。
20150902_mk2_01
20150902_mk2_24



盾の上下について
      盾を横から見るとわかりやすいかと思います。※1枚目参照
      下のほうにだけピンク色で示したスジ彫りがきます。
20150902_mk2_26

同様に盾の裏の接続部分でも確認できます。
上下が正しければピンク色部分のような面が見つかります。
20150902_mk2_27



完成でございます☆
20150902_mk2_999


これはなんとなく表情がやわらかに撮れたので気に入ってます♪
20150902_mk2_99


がんばってベアッガイ掘▲汽セットと続けてまいります♪

遅くなりました。
思いのほか大変でした。

エルガイムmk2の組み方です。
部品総数14点です、下記の画像参照ください。
20150902_mk2_00


アルミ線による接続穴を残す方式をとりました。
1.5mmアルミ線
1.0mmアルミ線
0.5mm真鍮線
を使用して組んでおります。
1.5mm真鍮線
1.0mm真鍮線
を使ってもらっても問題ありません。

先に難解なパーツの説明を致します。
      ・ひざパーツ。
            一応左右存在します。それぞれ内モモに穴が来るようにしています。
            左右間違っても同一パーツを使ってつくってますので問題なく組めます。
20150902_mk2_02


      ・股間パーツ。
            ピンク色の穴の部分は胴体と接続する際のガイドにしてください。
            0.5mm真鍮線の跡なので0.5真鍮線を使用してもらうといいと思います。
            ガイドの用が済めば穴は埋めてください。
            その下のピンク塗りつぶし部分は複製の際気泡がたまらないようにした湯道になります、
            切り落としてください。
20150902_mk2_01


続きます。


・サク
   ※サクセットのほうではありません。

【注意事項】
部品チェックした後仮組みしてみてください。
軽いので瞬間接着剤だけでも
保持するとは思うのですが
接続部分に真鍮線を入れると
ぐっと強度があがります♪
真鍮線が入ってると
ころげても折れませんよ☆

【部品数ならびに製作説明】
部品数および製作説明を紹介していきます。
※下記リンクをクリックしてもらえると関連ページが表示されます。
部品欠品あればrgz91festa@gmail.comまで
ご連絡ください。

部品数3
   ※下記リンクのページにはツノ、マシンガンが掲載されていますが本年はこの2つは入れておりません。
製作方法
塗装見本

わからないところあればご質問ください、
答えられる範囲内でお答えさせていただきます<(_ _)>

・エルガイムmk2 部品数14 8/29
・ベアッガイ3    部品数12 8/30
・サクセット     部品数23 8/31
に製品組み立て紹介を予定しております。
もうしばらくお時間いただきますがどうぞよろしくお願い致します。

今年もたくさんの方々に買っていただいたり見ていただいたり大変嬉しゅうございます☆

直接お会いできるというのはとても楽しくて嬉しくて
ひとりでも多くいろんな人としゃべりたい!
お客さんともしゃべりたいし、ディーラーさんともしゃべりたいし
とにかくしゃべりたい(笑
それがかなった一日でした♪

今年もいろんなトラブルが起こりながらも無事終わらせられたのは
キャラホビ事務局様や版元さま、他ディーラーの方々、そしてハリーさんに
サポートしていただいたこと、皆さんのサポートがあってのことだと心から
思っております。ありがとうございました。

そして来年のお題もいただき幸せ者です。
今年の反省をふまえ、原型完成⇒複製⇒塗装 をキャラホビ前にやるのではなく、
日々つくりだめをしておく。
サイズがサイズなので仮に申請が通らなくてもレジンやシリコン代はしれてるし、
そのほうがまわりに迷惑をかけないとの考えに至りました。

めざせ1ヶ月1種です ٩( 'ω' )و

28日に入ってレジンやシリコン作業の後片付けが済み、
やっと各製品の案内に入ります、大変おまたせしました。

ぜひ製品を手に取っていただき組み上げていただければと思います♪

かなりドタバタしてます、今から出発です。

【キャラホビ2015】
お品書き
・ベアッガイ掘500円
・エルガイムmk2 1,500円
・サク(単品) 500円
・サクセット(カンタム、SM,サク,クフ) 1,000円
・メッサーラ 2,000円 (再販) です。
その他のものは残念ながら間に合いませんでした。

カンタム、SMはこんな感じです。
20150822_sm_01



サク、クフの画像は間に合いませんでしたがセットで販売致します、当日会場にてお会いしましょう♪

#115_第三工房_2015ディーラーカット

のうち、現在複製完了し販売可能なものは

・ベアッガイ
20150814_bear_01



・メッサーラ(再販)
20140824_mes_01

20140824_mes_02


・エルガイムmk2
20150819_mk2_03

20150819_mk2_02

20150819_mk2_01


です。
ジュピトリスセットは販売なしです。

だいぶきつくなってきましたがもう少し追い込んでがんばります☆

甲子園のアナウンサー、
アナ:「○○さん〜、ピッチャーはこの場面、どんな球種をどこに投げたらいいですか?」
解説者「そうですね〜やはりここはヒダリバッターの膝元に落ちるカーブやスライダーが有効かと」
アナ「そうですね、そして待ちに待った絶好のコンディションでの今日の試合!」

どうもこんな感じの言葉のキャッチボールがされてない会話が大嫌いな俺ですこんにちは。

キャラホビ2015、HPでも発表があったようなので
我がディーラーカットのご紹介をば♪
#115_第三工房_2015ディーラーカット

サクを前面に推しだしてのカットですが、
気持ちのメインはベアッガイ掘△い筺144ジ・オか!?

なメンタルなんだけど、
現時点で販売できる準備ができたものといえば!
・サク
・ベアッガイ
・メッサーラ
です。

そしてはやくも間に合わないものを発表しなければならない季節が来ました。
・ジュピトリスセット(ジ・オ、パラス・アテネ、ボリノーク・サマーン)
です。

売る売るサギみたいになってすみません。




次いで!
エルガイムmk2なんですが、
現状ここです。
20150817_mk2_01

肩後ろ側を修正してます。
先日、重戦機エルガイム1、重戦機エルガイム2という角川書店から販売された設定が
のっている本があるんですけど、手に入れるという幸運が訪れました。
悲しいかな、背面の情報を知らずに製作を進めてたんですが
肩と肩と首の間にあるパーツ(名前なんでしょう?)の部分が違ってる!
で気になりやすいお年頃の自分は直し作業ですよ! >ヽ(`д´)ノ プンスカプン

んで修正するとサイズがサイズなんでフチが欠けてしまいました。
(画面中央のものが修正後、で下方の白いのが欠けの修正を強要されたところ)
ついでに画面右のもう一方の気になる気泡部分の埋め作業をしてみたり。
そんなことしてる余裕はないと思うんだけど気になります、気になります。
こんなことなら表面処理する際に超音波洗浄器がけを何回もするんじゃなかった。・゚・(ノД`)ヽ

で、悪いことばかりでもなく、複製のための粘土埋めもしてるんだけど
こんな現状、こんな状況。
20150817_mk2_02

フロントアーマーの裏側にダボをつくろうとしてパキッと折れてる図。
ものが小さいんでちょっとしたテンションでいとも簡単に折れちゃう。
なぜならいったん折れたものを瞬間接着剤でくっつけただけなので。
瞬間接着剤は横の力には弱いですもんね(汗

エルガイムmk2の部品半分はすでにシリコンダイブ。
はやくレジンに置換されたエルガイムmk2をアップしたい!

キャラホビ開催日までにあと何回かはブログアップしたいなぁ。
でも塗装までは無理っぽい( ˘•ω•˘ )

画像用意できてないんですが、
準備が整ったものから発表してまいりたいと思います。
できることなら塗装が完了してから画像をお見せしたいですね、
かなうのか!?

第三工房がキャラホビ2015で販売するアイテムは
・ベアッガイ (新作) 500円
・エルガイムmk1 (新作) 1,500円
・エルガイムmk2 (新作) 1,500円
・メッサーラ (再販) 2,000円
・カンタム (新作)
・SM ver.2015 (新作)
です。
他のも複製出来次第発表してまいりたいと思います。
お金ためて買いに来てもらえると嬉しいです。

このページのトップヘ