2005年09月21日

〜〜
日本で働きたい?中国で働きたい?

32fe260a.gifにいはお、にいはお。軟綿綿のsenhuixin改めウェイリンです。
ウェイリンは、主に皆様に役立つ中国情報を、
senhuixinはとっても個人的な日記を書いていくことに色分けしました。
はじめましての方も、引き続きお読み下さる方も、どうぞよろしく♥


さて、中国→カナダ→やっと日本に戻り、就職活動をしていましたが、
今日からついに日本で華のOLですよ。
今まで、中国で泥臭い仕事ばかりやっていましたが、
日本に帰って・・・・いや、やはりどろくさいOL になりそうです。

そんなわけで、今日は中国語を使って仕事をしたい人へ、
今回の私の就職活動と以前中国で働くようになった経緯を
数回に分けてお話します。

まず、大きな選択として、

『日本で働きたい?中国で働きたい?』

こういう問題があると思います。

|羚颪好きだから、中国で働く?
私は、そんな風に思ったことは一度もありません。私の場合、中国語が好きだから、と考えたことはありますが。中国旅行や、イメージだけで、“中国が好きだから”
中国で働くという考えでは良い仕事は見つけられないと思います。
私の留学時代の友人や、中国で現地採用された人は、それぞれ理由がありましたが、
“絶対中国で働く”“中国で働かなくちゃダメ”という強い気持ちがあって、
ようやく現地で就きたい職についていました。一方、留学して何となく、
“このまま中国で働けたらいいなあ”、と思っている人は、やっぱり断念して日本に帰っていきました。

私の場合は、当初中国留学中、1年間の語学留学ではあまりに
中国語や中国社会のことを知らなすぎると思い、現地で働くことを決めました。
だから、ターゲットは出来るだけローカルの企業。業種は何でも良かったんです。
生中国語が使えて、現地の人と一緒に仕事が出来れば目的達成できるんですから。

給料はどちらがいいか。
はっきり言って、起業しない限り、残念ながら
スタート時はどちらでも安すぎるという現状です。
現地採用の場合、採用時6000元〜12000元くらいが多いようです。
極端な例では、中国現地の方達と同じ給与レベルで、3000元という
日本人も数人いましたよ。ちなみに日系大手広告代理店で12000元〜スタートでした。

但し、その他条件等で変わってきますから、
面接時には条件についてよく聞くべきですね。
大きなポイントは、―撒錙´⊃事 J欷韻任后
その他何建てで給料を払うかなど確認ポイントは数点ありますが、
それは、おいおいね。

また、中国での生活費はまだ日本の五分の一から三分の一ですから、場合によっては、中国で働く方が貯金はたまるかも知れません。

F本採用? 現地採用?
それぞれ良い点はあると思いますが、
日本採用の場合、採用されてすぐに中国駐在ということはまずありえませんから、
数年日本で働いてから、ということになると思います。
ただ、住宅等各条件はこの方が格段にいいです。

現地採用の場合は、すぐに中国で働き、
本当に現地の人と一緒になって働けるという体験ができます。
どうしても日本採用で駐在の場合は、距離感が出てきてしまうような気がしますが、
現地採用はその点、割と中国ローカルの方と近く接することができるのでは。


っ羚颪覇いて得たこと。
これは、私が自分が働いて得た一番の収穫なんですが、
『生きていくパワー』ということだと思います。

今、私は27歳なんですが、この年の人たちって言うのは、
おしなべて、特に未来に希望を託すわけでもなく、
普通に学校にいって、普通に遊んでバイトして、
普通に生活を続けることができてきたんです。
だから、特に何の為に生きているのでもなく、
よく解らないけど、今生きているからとりあえず、
そのまま続けようか、みたいなところがあるんですね。

でも中国に行って、人の生き方やスタンスが全然違うことに気がつきました。
自分の幸せを掴み取るために、必死で働くし、必死で買い物するし、
よく、勉強をするんです。
言い方は悪いかもしれませんが、大変自己中心的ではあるけれど、
それがとても大きな原動力となって、
あの国は動いているような気がします。
この私利私欲を追求して国が発展していくという状況が
いつまで続くのかは解りませんが、
でもそこで得るものは多くありました。

  
Posted by sdiusr066 at 23:41コメント(3)トラックバック(1)