シスコンストで顧客管理もラクラク実現

2012年04月07日

顧客管理オプション作成

その後、顧客管理オプションを追加しました。

前回解説した内容は、物件に対する情報管理だったわけですが純然たる顧客情報の管理の必要性も必要だろうと判断した結果です。
実際に顧客管理ソフトウェアに対して期待される機能にはどんなことがあるのでしょうか?
業務ソフトメーカー各社のソフトや、建設業向け特にリフォーム向け顧客管理システムの内容を調査してみました。
すると、
1.顧客情報管理(住所・電話をはじめとして、家族内容・誕生日等)に関するもの
2.顧客との接触履歴(販促実施記録・年賀等)の記録
3.顧客の購買商品・サービス内容(取引)の記録
でした。それらの実績データに対して、条件抽出して該当するデータを表示するという機能に尽きると言えます。
それぞれの機能に対する情報項目名は、自由に作成できるというのが、業務ソフトメーカーのPRポイントです。
いろいろな業種に対応できる項目を設定したテンプレートがあらかじめ準備されているのですぐ使えるということが、売りになっているようです。
それはそれなりに顧客要望に対応する部分だと思いますが、実際に運用され続けることができるでしょうか?
導入時に入力したデータがきちんと、最新情報に保つには相当な努力が必要な気がします。
そのデータ更新がなされず、埃をかぶったままになってしまったという話は、枚挙にいとまがありません。
上手に自然に最新情報が更新される工夫が必要と感じられます。

今回のオプションでは、顧客折衝履歴を新規入力する際に、簡単に顧客情報を閲覧できるとともに、すぐその場で編集できるようにしました。


sdlab2010 at 22:39│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
シスコンストで顧客管理もラクラク実現