2007年04月19日

小倉智昭「番組私物化」に誰か歯止めをかけちくり

 またしても“番組の私物化”だ。

 先週12日(日本時間)のレッドソックス―マリナーズ戦。松坂大輔VSイチローが実現して日本中を沸かせたこの試合で一番はしゃいでいたのが朝のワイドショー「とくダネ!」(フジテレビ)のキャスター、小倉智昭(59)だ。

 小倉はボストン入りして現地リポートを行ったのだが、その姿はそこらのミーハー女顔負けの浮かれようだった。練習中の松坂を見て「大輔はレッドソックスのユニホームが似合ってるなぁ」「大輔が手を振ってくれたよ。目が合ったらいい顔でホント、ニコッとしてくれた」と大喜び。球場では最長の飛距離を記録した本塁打の落下点の座席を見つけて「あったあったあった!」と駆け出す。さらに球場を出るとレッドソックスのユニホームを着こんで「スタンドの下にゴキゲンなお店がいっぱいあって……」とまるで観光客。来月還暦を迎える男にはとても見えなかった。

 小倉は大イベントのたびに現地に飛んでいく“行きたがり屋”として有名だ。04年にはアテネ五輪の取材に出かけ、06年はサッカーW杯のためにドイツまで足を延ばした。テレビ関係者が言う。

「小倉は『とくダネ!』のキャスターなのだから、東京のスタジオにでんと構えて現地リポーターとの中継をさばくのが本来の仕事。なのにホイホイ出かけて行き、 “観光ガイド”をやってるのだから、番組の私物化と批判されてもしかたない。まあ、もともと“オレがオレが”の人ですからね。自分の行動のアホらしさにも気づいてないでしょう。もっとも、小倉が留守の間、番組を担当したサブの笠井信輔、佐々木恭子たちが妙に明るかったのには笑ったけど……」

「とくダネ!」は朝のワイドショーのトップランナー。それをいいことに小倉のやりたい放題はエスカレートするばかりだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/3126137/
ここにきて、「みの」「小倉」叩きが表面化してきたねぇ。
確かに最近はなんだか調子に乗ってるというか、「一体何様」的な印象は強いからねぇ。周りの人たちにだって限界はいつか来るんだから、あんまり調子ぶっこいてると、やっぱり足元をすくわれるってわけだね。
blogらんきんぐ  ブログランキング・にほんブログ村へ
★ ポチッといかがですか?ていうかお願いm(__)m ★
今日の人気blogはここから!!! 注目の芸能ニュースはここから!!!
ないものはない!お買い物なら楽天市場 【1,500円以上送料無料の楽天ブックス】
楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/afa8/楽天ブックスであなたの欲しい本を探そう!
さらに検索してみる!
sdutrtr at 13:19│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
BlogRanking
ついでにポチッとよろしくね

ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事