2009年05月12日

沖ノ島に行ってきました

どうも。nyaveです。

大学2年生の植物の実習に便乗して沖ノ島に行ってきました。
「出没!アド街ック天国」の館山編で18位「沖ノ島 無人島探検」としてランクインした、いま人気急上昇中のスポットです。
沖ノ島こんな感じの素敵な地形もあります。
まるでRPGの世界のようですね!

nyave がくせい
  E:磯がね
 E:ピンセット
 E:農婦の帽子
 E:胴長
 E:げんじのこて
と言ったところでしょうか。盾は持たずに二刀流です(`・ω・´)

本日の戦果はこんな感じ。
クモガタウミウシ(表)クモガタウミウシ

















クモガタウミウシ
軟体動物門腹足綱ウミウシ亜綱ウミウシ目ドーリス科 Platydoris speciosa
体長10cm弱。左が表で右が裏です。表はこんなに汚い割に裏側はとても綺麗。
裏地に気を使う江戸ッ子のようなウミウシですね。ここは千葉県だけど。

クラゲたち

左上:アカクラゲ
刺胞動物門鉢虫綱ミズクラゲ目オキクラゲ科 Dactylometra pacifica
傘の直径約10cm。本当はこの傘の下に長ーい触手が40本あるらしい。
そして触手には強い毒があるらしい。危ない危ない・・・
日本各地に生息しているから海水浴の時には気をつけたいですね。
右上:ミズクラゲ
刺胞動物門鉢虫綱ミズクラゲ目ミズクラゲ科 Aurelia aurita
やたらと見かけました。どれもみんなボロボロだったけどこの写真のはまだ生きてる。
東京の埠頭でもよく見るやつですね。
真ん中:カギノテクラゲ
刺胞動物門ヒドロ虫綱淡水クラゲ目ハナガサクラゲ科 Gonionema vertens
ちょっと見づらいですが真ん中あたりに小さめのがいます。
強い神経毒を持っていて、刺されると場合によっては喘息、頭痛、吐き気、痙攣etc...を引き起こすこともあるらしい。
やっぱクラゲは怖いみたいだ。
皆さんも素手で捕まえたりしないようにねー。

後、群体ボヤの写真があるんだけどこれは人によっては苦手なビジュアルだろうからリンクで貼っておきます。
先生にも「キモい」判定を下されてしまったしね・・・
大丈夫な人はどうぞ。たぶんこれもイタボヤかな。本当に色彩の変異が多いみたいだなー。
その1。 その2。  

他には小魚とエビを獲りましたがこれは後々「食べてみたシリーズ」として載せる予定です。
今回はサムネを大きめにしてみたおー。どうだろう。インパクトは強いかにゃ。。

sea_urchin_tateyama at 20:05│Comments(3)TrackBack(0)磯図鑑 | nyave

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by hoso   2009年05月12日 20:37
このブログ見てると寝っころがってても海の生き物の写真が手に入るから良いなぁ。
創作意欲湧いてきたよ。まだ寝っ転がってるけど。
ウミウシとクラゲは食べないの?実はそういうの凄く待ってる。

あ、そうだMOG研非公式BLOG作りました。
まだまだ貧弱だけど是非遊びに来てね。
2. Posted by なよ   2009年05月13日 01:14
ちょ、げんじのこて
いきなりけっこういい装備つかってんのなwww
3. Posted by nyave   2009年05月13日 09:33
>>hoso
リンク貼らせて頂きましたー(*´∀`*)
ウミウシとクラゲ・・・採ってはいるが踏ん切りがつかないというか・・・・
でもきっと近いうちに「食べてみたシリーズ」に上がると思うwww

>>なよ
お、わかってくれて嬉しいわ♪
どう見ても「がくせい」の装備ではないって言うwwwどこで手に入れたんだかwwww

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔