2012年05月07日

短い時合い


忙しかったGWを気合で乗り切り、5日と6日は
久しぶりに夕マズメからポイントに入ることができた。

5日

大潮の下げっぱな&微風とバチパターンの
シーバスを釣るには申し分のない好条件。

開始早々に57センチの居付きっぽいシーバスと
60センチのデブデブな回遊シーバスがヒット。
二本とも、コモスリ130の直立ドリフトで。

5/5

さあこれからという時に、遠くの方で雷が光り、ロッドが帯電。
キャストするたびにパチン!パチン!と不快な静電気が
手に走ってきたため終了。

6日

前日より、若干強めの北西風。
ポイントを少し移動して、風裏になるところに入る。

日が暮れると同時に、バイトが出始め58センチを頭に連発。
かなりの高活性で、港湾バチパターンシーバスも
今がピークのような気がする。

5/6

それにしても短い時合い。

日没後小一時間のタイムサービス
残業してたら間に合いませんぜ大将!って感じで。。。

イージーといわれるバチパターンも、考えようによっては
中々シビアなのかもしれませんね。笑



seabassparadise at 06:21|Permalinkシーバス 

2012年04月25日

いつか来た道


今月は、シーバスを始めてみたいという友人二人のアシストが中心の釣行。
一人は、過去バスアングラーだったIさん、もう一人は全くの初心者のTさん。

ちょうど、港湾部も本格的なバチシーズン入りとなり
シーバスを始めるには最高の季節。

共にシーバスゲットへの想いは熱く、特にIさんは
雨の日も、爆風の日もはるばる遠方から連日参戦!笑
さすが経験者だけあって、のみ込みも早く、要領を得てからは
コンスタントに釣果を上げるようになった。 
 
一方のTさん。 バイトはあってもフッキングに持ち込むことができず
なかなか最初の一匹に苦戦しているようだ。

奮闘する友人の姿に、シーバスを始めた頃の自分を重ねる。
キャストもままならず、ライントラブルで毎日ルアーをロスト。
それでもとにかく釣ってみたくて、通って考えて、また通って、、、

苦労の中、いつか釣り上げるであろう初シーバスを手にした時の
彼の笑顔が楽しみです。


プライベートな釣行では、先日の爆風の時に、
いい仕事をしてくれたマニック115が最近のお気に入り。

中層付近でのリフト&フォールで。

4/25

エリテンを流すとお決まりのように40〜45くらいのシーバスが
アタックしてくる中、ちょいとナイスなサイズをゲット。

4/25

少し、ガーリーなのがアレですが・・・・・。



seabassparadise at 23:48|Permalinkシーバス 

2012年03月31日

感謝!!


愛用のPETZLのヘッドランプをしばらく前に無くしてしまった。
思い当たる所をくまなく探してみても見つからず
自分の中では完全にあきらめモードが漂っていた。

ところが昨晩のこと。魚を釣っていると、たまにこのポイントで
見かける常連さんに初めて話しかけられる。
「ひょっとして、最近ヘッドランプを失くしませんでしたか?」
驚いた顔で、「はい。」と答えると、何日も前に駐車場で拾い
ずっと落とし主を探してくれていたとのこと。

感激した。 こんないい人がいるなんて
世の中も捨てた物じゃないなと。 本当に嬉しかった。

探し物といえば、この魚もそう。

3/30

シーバスに夢中になるあまり、しばらく遠ざかっていたが
久しぶりに狙ってみたら、中々釣ることができず苦戦しまくりだった。笑

おまけに早くもこんな魚まで。

3/30

ここ最近の気温上昇で、水の中も賑やかになってきたようだ。

残念ながらシーバスは不発で、惜しくも三目達成とはならなかったが
ヘッドランプの事もあり、清清しい気分でロッドオフとした。

3/30



seabassparadise at 12:32|Permalinkチヌ | マゴチ

2012年03月17日

当たり年?


異変を感じたのは昨年末のことだった。
ブログにはアップしてなかったが、
サーフで連日60upが釣れた時期があった。

ランカーシーバスが普段からバンバン上がる地域なら
驚くことも無いだろうが、アベレージ40〜50の地元サーフで
このクラスの連発は稀なことである。

年が明けてからもその状況は続き、いつしか仲間内では
ひょっとするとランカー狙えるかもねという会話が増えた。
その言葉を裏付けるかのように、先週は某所にて80upが・・・・

マジになった、狙うなら今だと。 サーフ、河川、港湾・・・・
可能性のありそうなところを連夜回り、答えを探す日々。

そしてようやく!

3/16 79

今期初の70up!!

3/16

79センチと惜しくも80には届かない毎度の泣きランカーではあったが
秋シーバスを彷彿とさせる堂々たるプロポーションに
しばし見入りながら、小さくおっしゃー!とガッツポーズ。笑

まさか春シーズンにこのサイズが釣れるなんて
思ってもいなかったので、本当に嬉しいサプライズとなった。

3/16 79

何が要因かわからないが、例年に比べアベレージが
大きく上がっているような気がする。 というより
デカい個体が入ってきているというべきか・・・

いずれにせよ、いつまで続くのかわからないこの状況を
もうしばらく楽しませてもらいたいものだ。



seabassparadise at 00:53|Permalinkシーバス