2008年10月

2008年10月28日

これだからやめられない!

PM9:00〜AM1:30

今日も熱い河川に。 現場に着くと皆さんお揃い。

先行されていたタカチャンさんとミラクルさんが帰られるとの事なので
代わりにポイントを譲っていただく。

下げ6分で、流れもそこそこあっていい感じなのに
あまりパッとしない状況が続く。タカチャンさんのお話によると
早い時間帯に活性が高かったとの事。

下の方ではチュウさんがやっているというので、挨拶がてら
Eさんと様子を伺いにいくと、やはり同じ状況らしい。
二日前までの高活性がウソのようだ。

しばらくお話していると、きれいな潮目が出てきたので
キャストするとコツン!とようやくヒット。

秒殺で上がってきたのは50センチのブリブリの個体。

10/28 50

ほどなくしてEさんもヒット。 続くかと思ったけど
再びパッタリとバイトが遠のく。

潮どまりを向かえ、皆さんが帰られるというので一人延長戦へ。

最近仕事が忙しく、大潮だというのに、明日以降来れるかどうかわからないので
もう一匹釣れるまで粘ろうと決める。

鏡のような水面、ベイトの気配すら感じられない。
黙々とキャストを繰り返すが、だんだんと釣れる気がしなくなってくる。

深夜1時を過ぎた頃、ようやく上げ潮が動き出して、
今まで静かだった水面がざわざわとする。

と、20メートルほど前方で、ピチャッと音が聞こえたので反射的にルアーを投げる。
デッドスローに音のした場所を通してくるとゴツッ!と何かがヒット! 重い引き!

エラ洗いこそないけど、この首を振るような感触はまさしくシーバス!でかいぞ!
こういうときに限って、前みたいにバラすので、慎重にやり取りする事数分。
水面から出た顔のでかさに驚く。

10/28 デカイ顔

ついにやりました!初の70UP!!

10/28 72


今年中になんとか60upをもう一匹が目標でしたが
まさかこのサイズが釣れるなんて思ってもいなかったので感激でした!!

顔をしばらく眺めていたら、なぜか家に持って帰る気にはなれなかったので
元気なままリリース。 感慨深い思いを胸にして、ロッドオフとしました。



seabassparadise at 01:05|Permalinkシーバス 

2008年10月26日

シーバス祭り開催中!

PM8:30〜PM10:30

今日も息子を連れて昨日の復習に。 昨日同様、活性は高く感じられました。

45〜55クラスを今日も大爆釣!、勢い付いた息子は、なんと60upをキャッチ!

徹也 62

「父ちゃんの記録1センチ抜いた!」と大喜び (汗)  良かったね^^ 

トラブルで呼ばれることも無く、特に手もかからないようになってきました。
もう世話をやく必要もなさそうです。


私も頑張らねば!



seabassparadise at 00:52|Permalinkシーバス 

2008年10月25日

百聞は一釣にしかず

PM8:30〜PM11:30

今日は息子と河川へ。
さすが週末だけあって、たくさんのアングラーで賑わっている。

息子はまだまっすぐにキャストできないので
迷惑にならないよう、あまり人がいないところで始めることに。

数投目で私にヒット。 

10/25 48

前日の雨が利いているのか活性は高いようだ。
ヒットしたシーバスを見て息子のテンションも上がる。

彼は頑張っているのだけど、まだ30センチ以上のシーバスを釣った事がない。
何とかして釣って欲しい。 一緒に行くたびにいつもそう思っていましたが
なかなかそう簡単にはいかなかった。

羨ましそうな息子のそばに行き、アドバイスする事に。
「あそこに投げるとルアーがこう泳ぐから・・・」  「・・・・??」
できるだけわかりやすく説明したつもりでも、なかなか理解してもらえない。

で、最後に言った言葉が「とにかく何でもええからキャストしまくれ!^^」
これが効いた!(笑)

突然「キタよ〜!!」周囲に聞こえるほどの息子の声。
見ると、バシャッとエラ洗い! 「うぉ〜、引くわ〜!竿折れそうや!」
買ったばかりのロッドが弓なりになっている。
慎重に寄せて上がってきたのは

徹也 50up

30upどころかいきなりの50up! ちょっと出来すぎとちゃいますか?(笑)

一匹釣って、要領を得たのか、その後も立て続けにバンバンヒット!
私も久しぶりの爆モード。全部は食べきれないので、50upだけキープする事に。

10/25 キープ

どう説明しても伝わらなかったけど、実際に釣る事が彼にとって
最良の授業になったようでした。 


さあ、いよいよ本番ですよ!



seabassparadise at 00:44|Permalinkシーバス 

2008年10月17日

ようやく・・・


10月15日 PM7:30〜PM11:30

雨上がりの爆釣を期待して河川へ繰り出すものの
今日一番の時合いのタイミングで、またしてもライントラブル。(泣)
気合を入れて新品のラインを巻いていったのが裏目にでる。

泣く泣くラインシステムを組み直す。
背後ではミラクルさんとタカチャンさんが連発モードの様相。 
急がねば!  焦りながらも何とか完了。

最後の仕上げに余り糸をカットしたつもりが、
メインラインをカット!! ガーン、、、、

短い時合いと共に、自分の気合いも終了。


10月16日 PM8:00〜PM11:00


当然出撃。(笑) 昨日と同じ失敗は繰り返したくないが
二度あることは三度あるということわざが頭から離れない。

到着早々、先行されていたEさんから2匹目ゲットのメールが入る。
今日も良さそうな感じだ。

Eさんと並んでキャスト、まだ潮位も高く流芯が遠いので、フルキャストが続く。

しばらくすると、潮位も下がり、かろうじてルアーが潮目に届きだした。
流れに乗せて、アップクロスで引いているとようやくヒット!

とりあえずボウズは逃れたので、ホッとする。
その後もヒットするものの、ポイントが遠いためフッキングが甘くなるのかバラシ連発。

そうこうしている内に、Eさんに大物ヒット!。
思いっきりロッドをしならせて上がってきたのは本日最大の67センチ!

Eさん 67!

やはりこの方、只者ではない。(笑) 

今日は、いいサイズの群れが入ってきているようなので、がぜん気合が入る。
対岸からもチュウさん達のにぎやかな声が聞こえてきて、今まさに時合い
と、ガツン! 突然何かが私のルアーにヒットする。 

さっき大きいシーバスを見たばかりなので、ひょっとして!と思ったけど
かかってきたのはエイ。 手前まで寄せたところでラインを切られる。(泣)

昨日の悪夢が蘇ってきたが、冷静にラインシステムを組み直し
気を取り直して、再度キャスト。 

すっかり潮位も低くなり、ダラダラとした流れになってきた。 
このまま今日も終わりかと思ったその時、ゴン! バシャバシャ!!

10/17 54

最後の最後に出てくれた、素直に嬉しい一尾。

7月以降50upを釣っていなかったので、正直弱気になっていたけど、
この一匹で何か吹っ切れたような気がして、満足して帰路につきました。



seabassparadise at 00:25|Permalinkシーバス 

2008年10月13日

ポイント選びは難しい

10月13日 PM8:30〜PM11:30

前日、リベンジに向かったいつもの河川でイナっ子の猛攻にあい
今日も同じ事になるんじゃないかと思ったので別河川へ

現場に着いて河川の状況を確認すると、流れはあるものの
非常に穏やかで、ベイトの気配は全く感じられない。

念の為、数箇所ランガンして探ってみるが、やはり反応無し、完全に失敗。
1時間で見切って、あとで合流したオデコさんとサーフへ。

こちらは、先ほどの河川の穏やかさが嘘のように荒れ模様。
とてもウェーディング出来るような状況ではなかったので数投で撤収。

で、結局いつもの河川へ。(笑)
アングラーの多さは予想していたけど、それよりも驚いたのは河川の状況。
前日、沸騰状態だったイナっ子がほとんどいない。
全くいない訳ではなく、たまに、波紋を水面に見せる程度で
ベイトの量としては理想的な感じ。 

しまった、やっぱりここだったか!と気付いても、時既に遅し。
潮どまり間際にキャスト開始。 10分もしないうちにヒット!

IMG_0642

さらに、もう一発ヒット! 残念ながらこれはバラシ。
立て続けにオデコさんも、良型ヒット!

後に続けとばかりに私も撃つものの、ライントラブルでキャスト不能に。(泣)
先ほどのサーフで、しっかりサミングが出来ていなかったのか
いつの間にか、糸コブが発生していました。

慌ただしい移動で、システム組み直す気力も無いほど疲れていたので
ここでお先にロッドオフとしました。

ポイント選びってホント難しいですね。



seabassparadise at 00:12|Permalinkシーバス 

2008年10月10日

サイズアップに苦戦中

PM9:00〜PM11:30

大潮を待ちきれず、久しぶりに浸かりたくなったので、いつもの川へ。

現場に着くと先行者の方が数名おみえになったので挨拶をしに行くと、
つーさん、kazuさんに加え、約半年ぶりの再会となったタカチャンさん
そして初めてお会いするEさんと、皆さんお揃い。
普段あまり人がいないので、久しぶりの賑やかさに嬉しくなる。

挨拶を済ませ、キャスト開始。
ちょうど潮止まりのタイミングのわりには、ボラの活性も高くまずまずの状況。
下流ゴロタ付近から入水。久しぶりのウェーディングはやはり気持ちがいい。

いつもこのポイントでは、ゴロタの上から河川中央部に向かっての
キャストが多かったけどせっかくのウェーディングなので、
普段は足元になる部分を中心に攻めてみることにした。

しばらく無反応、ひたすら食わせどころを探す。

潮が利き始めた上げっぱな、水面直下のtrip85に突然ヒット。

IMG_0650

またしても45あるなしのサイズ。(笑)

そろそろ本気で50upが釣りたい。そう思いながら投げていると
しばらくしてまたヒット! ジジジー! 結構引く! 今度こそいいサイズか?
水中で首を振る感触から、ボラではなくシーバスの可能性が高い。

慎重に寄せようと、足場の安定した後方に後ずさりをしていると
突然プツッ!とPE部分から痛恨のラインブレイク。(泣)

あとで確認に行くと、足元の見えないところに
牡蠣ガラがびっしりと付いた障害物を発見。 
5メートルくらい手前まで来ていただけに、非常に悔いの残るファイトでした。

すっかり集中力がなくなってしまったので、その後は皆さんと談笑、
大潮からの釣果に期待して、この日はロッドオフとしました。

 

次回こそは!



seabassparadise at 00:08|Permalinkシーバス