2011年04月

2011年04月08日

春風


四月に入り、南寄りの風が吹く日が多くなった。

冬の北西風にはめっぽう強い地元湾奥サーフも
桜の花が咲くこの季節になると、うねりが入り釣り辛くなる。
そんな状況の中、Eさんとポイントに入った。

心配していたほどのうねりではなかったものの
そこそこの波気はあったので、波動の強いルアーにするか迷ったが
とりあえず、いつものローテで様子を伺う。

その一投目、いきなりのヒット!

4/7 53

53センチ。 Eさんも30メートルほど隣で釣っているようだ。
久しぶりの初回ヒットに期待が膨らむ。 が、その後は続かず。 
潮止まりを向かえ、しばらく沈黙。

下げ始めの数投目、今度はコモスリ130。
キャスト後、ウエイトを戻さず直立姿勢のまま流すパターンで。

4/7 51

少しサイズダウンの51センチ。

波気のある時、とても有効なこのパターン。
コモスリ130は、シリーズの中で一番ウエイトが戻りにくいので
好んでこのような状況下で使ってます。

キャスト再開。 ・・・・・・・やっぱり続かず。笑

波しぶきで濡れ濡れになったところでロッドオフ。



seabassparadise at 09:01|Permalinkシーバス 

2011年04月02日

のるかそるか


Mリグほど、忍耐力のいるゲームは無いと思う。
だだっ広いポイントさまよいながら、ただひたすらゆっくりと巻くだけ。
一時間もバイトが無いと、正直めげそうになる。

それゆえに、反応があった時の喜びはひとしおだ。
その一瞬の高揚感を味わいたくて、性懲りもなく通ってしまう。

シーバスならバイトからヒットに至るまでは一瞬の出来事でも
チヌの場合はバイトがあってからが勝負の始まり。

合わせたい気持ちをぐっと抑えつつ、ゆっくり巻き続ける
あと20メートル、あと15メートル、、、ヤバイ!もうルアーが帰ってきそう。

焦りと緊張感が、リトリーブに出てしまわないよう、平常心を装うが
内心はドキドキしっぱなし。

食うか食わないかは神のみぞ知る。 頼むから食ってくれ!! 

ゴッ、ゴッ、ゴ、、ズン!
 
4/1 

おっしゃー!!




seabassparadise at 10:47|Permalinkチヌ