2011年10月

2011年10月28日

ランカーおらんか〜?


シーズン的には山場を迎えていると思われるのに
今週は月曜日に50クラスを一本釣ったのみで
ビッグサイズの気配がまるで感じられない状況が続いていた。

10/24 52

このまま今シーズンは終わってしまうのか?
そんな想いを抱きながらポイントへと向かう。 下げ5分からの入水。
前日は強い北西風で、速すぎる流れに苦戦したが
今夜は風も穏やかで、いい感じの流れ。

とりあえずのTKLMで、3投目にヒット。
場を荒らさないように、ゴリ巻きで寄せる。
が、ネットのカールコードがライフジャケットに絡んでしまい
もたもたしている内に痛恨のフックアウト。
60up確定のサイズだっただけにガックリ。

気を取り直して次を狙う。  その数分後、再びヒット!

エラ洗いのあと、体半分以上も出して
豪快にテイルウォークするシーバスは、先ほどバラした奴よりデカそう。

沖目の早い流れに乗せないよう強引に寄せてランディング。

10/27 74

今年もやっと出ました70up!

10/27 74

一昨日の木枯らし一号で、ぐっと水温も下がり
ようやくこのクラスが落ちに入ったようだ。

願わくばサイズアップと行きたいところだけど
はてさて、どうなるやら・・・。



seabassparadise at 07:06|Permalinkシーバス 

2011年10月17日

油断禁物


いいタイミングで雨が降る。
水色は程よい笹濁り。水温も幾分下がったようだ。 
 
雨による増水を考慮して、少し遅めにエントリー。
入れ替わるように先行のチュウさんが帰宅とのこと。
お互いの近況報告を話しながら3年物のボロK-TEN投入。
 
「結構手前でも食ってくることあるんですよね〜」と
なにげに10メートルほど先にキャスト。
 
8メートル、5メートル、、、異常なし。
回収モードに入った竿一本先。 いきなりガボッ!!  うっそ〜??
 
ファイトも何もあったもんじゃない、リール5回転でネットイン! 

10/16 66

10/16 66
 
釣った自分も驚いたけど、釣られた魚はもっと驚いたろうなぁ。笑

「ココハドコ?」みたいな。 


seabassparadise at 02:02|Permalinkシーバス 

2011年10月13日

シーバス宅配便 ベイトは何?


やはり確実に上向いているような気がする。
サイズはともあれ、坊主を食らうことがなくなってきた。
 
だが、やっかいなことに未だにベイトが何かわからない。
前回釣ったシーバスを捌いても、胃からは何も出てこなかった。
ベイトがわかればもっと釣り易くなるんだけどなぁ。
 
 
ケガでしばらくの間釣りに出られない友にメールを送る。
今からメーターアップのシーバスを届けるよと。
 
10/12 

二本合わせてね、、、、笑


seabassparadise at 00:30|Permalinkシーバス 

2011年10月11日

釣れないから熱くなる


いつになく厳しい今年の秋シーズン。
秋深まれど、一向に良くなる気配はなく
まるで、姫札無しの坊主めくりをしているよう。苦笑

しかし、悪いことばかりでもない。
例年なら、潮周りの悪い時に行っていた新規のポイント開拓は
ベストの潮周りにじっくりと回ってみて、本当の意味での開拓ができたし
何よりも、ここまで熱く魚を追いかけることができたのは久しぶりのような気がする。

向かったのは、二年前に開拓した通称ヌートリアポイント。
昨年の大雨で泥が堆積してしばらく入れない状態が続いていた。
ポイントに入ると早速のお出迎え。笑

ヌートリア

通い込んでたポイントだけに、ストラクチャーの位置は大体把握している。
パッケージから下ろし立てのストリームデーモンで付近を流すと
フッキングには至らないものの、ショートバイトはある。 魚はいるようだ。

ちょっと強気すぎたかな?と十八番のkomomoにチェンジしたとたんヒット!

シーバス 48

小さいながらも好調な出だしにテンションが上がる。

下げ8分、まだ流れもあり気配濃厚。 
カウンターで更に下のレンジを攻めてみる。
複数見える潮目の境を、流れに乗せてドリフト。 ゴン! ビンゴ!!

ヒットと同時に流れに乗って下流へ走る。
念のため追い合わせを数発入れてゆっくりとファイトを楽しむ。
闇夜に響き渡るドラグ音が妙に心地よい。
ロッドでいなしながら慎重に寄せ、そのままハンドランディング。

10/10 シーバス68

久しぶりの姫札。 素直に嬉しい。

10/10 シーバス68

ちょっと上向いてきたかな?
残りあと一ヶ月と少々、悔いのないよう全力で臨みたい。



seabassparadise at 08:05|Permalinkシーバス