シーバス

2012年04月25日

いつか来た道


今月は、シーバスを始めてみたいという友人二人のアシストが中心の釣行。
一人は、過去バスアングラーだったIさん、もう一人は全くの初心者のTさん。

ちょうど、港湾部も本格的なバチシーズン入りとなり
シーバスを始めるには最高の季節。

共にシーバスゲットへの想いは熱く、特にIさんは
雨の日も、爆風の日もはるばる遠方から連日参戦!笑
さすが経験者だけあって、のみ込みも早く、要領を得てからは
コンスタントに釣果を上げるようになった。 
 
一方のTさん。 バイトはあってもフッキングに持ち込むことができず
なかなか最初の一匹に苦戦しているようだ。

奮闘する友人の姿に、シーバスを始めた頃の自分を重ねる。
キャストもままならず、ライントラブルで毎日ルアーをロスト。
それでもとにかく釣ってみたくて、通って考えて、また通って、、、

苦労の中、いつか釣り上げるであろう初シーバスを手にした時の
彼の笑顔が楽しみです。


プライベートな釣行では、先日の爆風の時に、
いい仕事をしてくれたマニック115が最近のお気に入り。

中層付近でのリフト&フォールで。

4/25

エリテンを流すとお決まりのように40〜45くらいのシーバスが
アタックしてくる中、ちょいとナイスなサイズをゲット。

4/25

少し、ガーリーなのがアレですが・・・・・。



seabassparadise at 23:48|Permalink

2012年03月17日

当たり年?


異変を感じたのは昨年末のことだった。
ブログにはアップしてなかったが、
サーフで連日60upが釣れた時期があった。

ランカーシーバスが普段からバンバン上がる地域なら
驚くことも無いだろうが、アベレージ40〜50の地元サーフで
このクラスの連発は稀なことである。

年が明けてからもその状況は続き、いつしか仲間内では
ひょっとするとランカー狙えるかもねという会話が増えた。
その言葉を裏付けるかのように、先週は某所にて80upが・・・・

マジになった、狙うなら今だと。 サーフ、河川、港湾・・・・
可能性のありそうなところを連夜回り、答えを探す日々。

そしてようやく!

3/16 79

今期初の70up!!

3/16

79センチと惜しくも80には届かない毎度の泣きランカーではあったが
秋シーバスを彷彿とさせる堂々たるプロポーションに
しばし見入りながら、小さくおっしゃー!とガッツポーズ。笑

まさか春シーズンにこのサイズが釣れるなんて
思ってもいなかったので、本当に嬉しいサプライズとなった。

3/16 79

何が要因かわからないが、例年に比べアベレージが
大きく上がっているような気がする。 というより
デカい個体が入ってきているというべきか・・・

いずれにせよ、いつまで続くのかわからないこの状況を
もうしばらく楽しませてもらいたいものだ。



seabassparadise at 00:53|Permalink

2012年03月11日

河川偵察


しっとりと一日降リ続いた春の雨。

しばらく足を運んでいないサーフの様子も気になったけど
同じパターンの繰り返しに新鮮味を感じなくなってきてたので
久しぶりに河川へと向かってみた。

準備をして入水すると、ウェーダー越しに感じる水温は
思った以上に冷たく感じる。

とりあえず、表層から順に探ってみるが小一時間反応無し。
雨による増水で流れが速く、思うレンジにルアーが入っていかない。
潮止まりまで1時間を切り、流れが緩んだところでようやくヒット。

3/10

最初に飛び出してきたのは40くらいのセイゴ。
ミドルレンジのドリフト。

軽いリアクションに反応が良かったので、ひょっとして
ベイトを意識しているのかと思いミノー投入。

表層をバレットのスロージャークで。50半ば。

3/10

いい感じになってきたところで
流れもタルタルになり、再びバイトが遠のいた。
そろそろ帰ろうとした時、少し強くなった風で立ったさざ波が
それまで気付かなかった潮目をくっきりと浮かび上がらせる。

同じパターンで表層を攻めてみるが、反応はない。
再びマリブ78で中層狙いに切り替えてみる。

わずかな流れの中をチョンチョンと小刻みにアクションを入れながら
ゆっくり通してやると一発でヒット。

3/10

してやったり。 食わせると気持ちのいいパターンってありますね。

昼の陽気に比べると、夜はまだまだ寒い日々。
そろそろ黒ずんできた防寒着をクリーニングに出したいんだけどなぁ〜。

早く春本番にならないかなと切に願う今日この頃です。笑



seabassparadise at 12:56|Permalink

2012年02月15日

Valentine'sシーバス


雨上がりの無風と来れば、こりゃ行かねばなるまい。
晩飯もそこそこに、意気揚々と出撃。

ところがどうだ、風の割には、なぜかうねりの強いサーフ。
大波小波がザッパンザッパン!!

おまけに上げ潮では深く浸かるわけにもいかず
膝下くらいのシャローからフルキャストの釣り。

リトリーブしながらも視線は常に波頭に。
時おり襲い掛かるビッグウェーブをジャンプでかわせば
気分はさながらナガシマのジャンボ海水プール。笑

思うようにレンジが合わせられず、悪戦苦闘する中
ようやくヒットに至った春シーバス二本は、嫁、娘からさえも
チョコをもらえなかった哀れな僕に
海の女神さまからのプレゼント?

2/14 52
2/14 55



seabassparadise at 08:34|Permalink

2012年02月10日

バチパターン&ボケパターン


いろいろあって久しぶりの釣行。

年初にボラで撃沈したサーフへリベンジマッチ。
前日の爆風がウソのように静まり返った満潮からの下げ。

潮位が高いうちはオーソドックスなバチパターンで。

   2/9 45〜50

低くなってからは、昨年つかんだボケパターンで。

2/9 61〜65

同じポイントで同じルアーを投げても
レンジとアクション次第で獲れる魚がここまで違ってくるものかと
改めてシーバス釣りの奥深さを認識。

短時間ながらも非常に満足度の高い釣行となった。

2/9


さあ、また週末。 仕事頑張るか!



seabassparadise at 06:56|Permalink

2011年10月28日

ランカーおらんか〜?


シーズン的には山場を迎えていると思われるのに
今週は月曜日に50クラスを一本釣ったのみで
ビッグサイズの気配がまるで感じられない状況が続いていた。

10/24 52

このまま今シーズンは終わってしまうのか?
そんな想いを抱きながらポイントへと向かう。 下げ5分からの入水。
前日は強い北西風で、速すぎる流れに苦戦したが
今夜は風も穏やかで、いい感じの流れ。

とりあえずのTKLMで、3投目にヒット。
場を荒らさないように、ゴリ巻きで寄せる。
が、ネットのカールコードがライフジャケットに絡んでしまい
もたもたしている内に痛恨のフックアウト。
60up確定のサイズだっただけにガックリ。

気を取り直して次を狙う。  その数分後、再びヒット!

エラ洗いのあと、体半分以上も出して
豪快にテイルウォークするシーバスは、先ほどバラした奴よりデカそう。

沖目の早い流れに乗せないよう強引に寄せてランディング。

10/27 74

今年もやっと出ました70up!

10/27 74

一昨日の木枯らし一号で、ぐっと水温も下がり
ようやくこのクラスが落ちに入ったようだ。

願わくばサイズアップと行きたいところだけど
はてさて、どうなるやら・・・。



seabassparadise at 07:06|Permalink

2011年10月13日

シーバス宅配便 ベイトは何?


やはり確実に上向いているような気がする。
サイズはともあれ、坊主を食らうことがなくなってきた。
 
だが、やっかいなことに未だにベイトが何かわからない。
前回釣ったシーバスを捌いても、胃からは何も出てこなかった。
ベイトがわかればもっと釣り易くなるんだけどなぁ。
 
 
ケガでしばらくの間釣りに出られない友にメールを送る。
今からメーターアップのシーバスを届けるよと。
 
10/12 

二本合わせてね、、、、笑


seabassparadise at 00:30|Permalink

2011年10月11日

釣れないから熱くなる


いつになく厳しい今年の秋シーズン。
秋深まれど、一向に良くなる気配はなく
まるで、姫札無しの坊主めくりをしているよう。苦笑

しかし、悪いことばかりでもない。
例年なら、潮周りの悪い時に行っていた新規のポイント開拓は
ベストの潮周りにじっくりと回ってみて、本当の意味での開拓ができたし
何よりも、ここまで熱く魚を追いかけることができたのは久しぶりのような気がする。

向かったのは、二年前に開拓した通称ヌートリアポイント。
昨年の大雨で泥が堆積してしばらく入れない状態が続いていた。
ポイントに入ると早速のお出迎え。笑

ヌートリア

通い込んでたポイントだけに、ストラクチャーの位置は大体把握している。
パッケージから下ろし立てのストリームデーモンで付近を流すと
フッキングには至らないものの、ショートバイトはある。 魚はいるようだ。

ちょっと強気すぎたかな?と十八番のkomomoにチェンジしたとたんヒット!

シーバス 48

小さいながらも好調な出だしにテンションが上がる。

下げ8分、まだ流れもあり気配濃厚。 
カウンターで更に下のレンジを攻めてみる。
複数見える潮目の境を、流れに乗せてドリフト。 ゴン! ビンゴ!!

ヒットと同時に流れに乗って下流へ走る。
念のため追い合わせを数発入れてゆっくりとファイトを楽しむ。
闇夜に響き渡るドラグ音が妙に心地よい。
ロッドでいなしながら慎重に寄せ、そのままハンドランディング。

10/10 シーバス68

久しぶりの姫札。 素直に嬉しい。

10/10 シーバス68

ちょっと上向いてきたかな?
残りあと一ヶ月と少々、悔いのないよう全力で臨みたい。



seabassparadise at 08:05|Permalink

2011年09月19日

ようやく


今年の秋シーズンは早くからスタートしていたものの
ホゲっぱなしの毎日で、なかなか思うような結果を出せずにいた。

台風や大雨と色々悪条件は重なったが、個人的には
9月になっても、ずっと吹いていた南東の風に悩まされていた。

そんな中、珍しく苦手な南東風が吹き止む。
チャンス到来とばかりに、いつになくハイテンションな気分で出撃。笑

ところが、先行のチュウさん、サトさんに状況を伺うと
予想に反して、今日もあまり反応が良くないとのこと。

それでも不思議なもので、今日は釣れると思ったときには
あまり状況が芳しくなくても釣れたり、逆に、いまいちと感じたときには
周りがヒット連発でも自分だけノーバイト撃沈ってことはよくあるので
とりあえず最初に感じた予感を信じてみる。

さすが連休とあって、ポイントにはエサ師さんが多く、お気に入りの
場所には入れそうになかったので、いつもと違う方向にランガン。

無風、べた凪。 思いっきりのフラットウォーター。
こんな時には迷わずTKLM。

わずかな流れの中をソフトトゥイッチで表層スライドさせると
ポシュ!っと水柱が上がり、いかにもK-TENらしいパターンでヒット。


9/18

秋シーバスと呼ぶにはちょっと物足りないけど
体高もあって、十分満足なコンディション。

このまま状況が好転してくれるといいんだけどなぁ・・・。



seabassparadise at 07:11|Permalink

2011年05月26日

ベイト変わり


気温上昇と共に、サーフのナイトゲームもいよいよ厳しくなってくる。
代わって熱くなってくるのが港湾部のシーバス。

夕方強く吹いていた南風が嘘のように止んだ10時過ぎ
去年から通いだした港湾ポイントへと繰り出す。

数日前の赤潮も雨で解消され、水色は笹濁り。
ところどころでボイルも見られ活性は高いようだ。

サルディナ127Fで広く探ると、すぐにヒット。
その後も飽きない程度にヒットが続く。
 
  4/25 48

45くらいのサイズがメインながら、多くの固体がリアではなく
フロントフックに掛かってくることに気が付く。
  
こりゃベイトが変わったかな?と考えていると
案の定その中の一匹が、未消化のイワシを吐き出した。

しばらく楽しんだあと、少しスレを感じてきたので107Fにサイズチェンジ。

潮目の境をゆっくり通す。 ボフ!

4/25 55

50半ばの、ナイスコンディション。
久しぶりの高活性に熱くなり、気が付けば深夜一時過ぎ。汗

ネコ

釣りしている最中、ずっとギャラリーをしてもらってたネコ君に
魚を一匹プレゼントして、釣り場をあとにした。笑



seabassparadise at 15:30|Permalink