マゴチ

2012年03月31日

感謝!!


愛用のPETZLのヘッドランプをしばらく前に無くしてしまった。
思い当たる所をくまなく探してみても見つからず
自分の中では完全にあきらめモードが漂っていた。

ところが昨晩のこと。魚を釣っていると、たまにこのポイントで
見かける常連さんに初めて話しかけられる。
「ひょっとして、最近ヘッドランプを失くしませんでしたか?」
驚いた顔で、「はい。」と答えると、何日も前に駐車場で拾い
ずっと落とし主を探してくれていたとのこと。

感激した。 こんないい人がいるなんて
世の中も捨てた物じゃないなと。 本当に嬉しかった。

探し物といえば、この魚もそう。

3/30

シーバスに夢中になるあまり、しばらく遠ざかっていたが
久しぶりに狙ってみたら、中々釣ることができず苦戦しまくりだった。笑

おまけに早くもこんな魚まで。

3/30

ここ最近の気温上昇で、水の中も賑やかになってきたようだ。

残念ながらシーバスは不発で、惜しくも三目達成とはならなかったが
ヘッドランプの事もあり、清清しい気分でロッドオフとした。

3/30



seabassparadise at 12:32|Permalink

2011年07月04日

ゴールデンタイム


今日はハナからマゴチ狙い。

夕マズメのサーフに急いで車を走らせる。

家を出たのが7時前、サーフ到着は7時10分。

残された時間はあと20分といったところか。

刻々と黄昏れるロマンティックなサンセットサーフ。

が、景色を楽しんでいる場合ではない。笑

アルミテープを張って、フラッシングチューンを施した

ヨレヨレマゴチスペシャルに全てを託し

ボトムちょい上をゆっくりと泳がせる。 ゴゴッ!!

7/3 マゴチ56

間に合った〜!笑



seabassparadise at 01:26|Permalink

2011年07月01日

涼を求めて


あまりに暑くて、夕涼みがてら久しぶりに河川ウェーディング。

流れも効いてて、ベイトもたっぷり。 雰囲気は悪くない。

しかし、表層からの反応はいまいちな様子。

この暑さで魚もバテ気味かな?

マリブ78改で中層狙い。 小規模河川なのでハーフキャストで十分。

20メートル先の流芯を、すーっと流し込むとヒット!

6/30 初マゴチ

狙って釣ったわけではないものの、今シーズン第一号のマゴチ♪

サーフで連敗中だっただけに、外道ながらちょっぴり嬉しい初物となりました。



seabassparadise at 12:49|Permalink

2010年09月27日

猛暑のなごり


昨日は昼からマゴチ狙いに。

干潮からの上げ狙い。 開始からしばらくは無反応。
1時間後、潮が効き始めようやく一本キャッチ。

9/26 53

時合到来かと思ったら急に向かい風とうねりが強くなり、止む無く撤収。

マゴチって生まれた時は全てがオスで
40cmを超えたくらいから徐々にメスへと性転換するそうです。
そういえば初夏に釣れた大型個体はどれも腹パンのビッグママでした。

帰りがけ、近くを通りかかった漁師さんとしばしお話。
今年は秋になっても水温が高いせいで、漁が成り立たない程だと。
例年なら獲れるはずの魚が全く獲れなかったり。
いい収入になるはずのカニが異常にわいて、叩き売りだとか。

漁で生計を立てている漁師さんにとっても中々に深刻な
今年の夏だったようです。



seabassparadise at 08:11|Permalink

2010年09月24日

東へ西へ


火曜日、ぷらっと地元のサーフへ。下げ七分から干潮までの短時間勝負。
シーバス狙いのつもりが、なぜかヒットしてくるのはマゴチばかり。

9/21 45〜50

TKLMの表層スライドでこのサイズを3ゲット1バラシ。
異常にマゴチの活性が高い夜でした。

まだサーフシーバスは早そうなので昨夜は河川へ。約1年ぶりのポイント。
準備をしているとチュウさんの車が。チュウさんは2年ぶりらしい。
約束もしてないのに本当に不思議なものである。笑

二手に分かれて、それぞれ思い思いのポイントに入る。
ベイトっ気は感じられないものの、強めの北西風と大潮の下げが
いい感じの流れを出していた。

僕はどんどん下の方へランガンして数箇所目のポイント。
ふと気が付つけば、こんな所に?と思わぬ場所にシャローを発見。
別ポイントへの移動も考えてたが、ここで粘ることにする。

表層は全く反応無し。水温低下でベイトが沈んでるんじゃないかと
ヨレヨレ、ハニトラのローテで中層狙いに切り替えると、
ゴン!と突然ひったくるようなバイト。
ウェーダーを履いてなかったので、岸ズリ上げキャッチ。

9/23 新規
9/23 60

中層というより、ボトムに近かったかな?
ハニトラのフォール後のリフトアップで食ってきました。
こんなパターンは初めて。

魚が釣れたことも嬉しかったけど、新たな地形の発見もあり
色々と気付いた事が多い釣行でした。



seabassparadise at 07:12|Permalink

2010年07月18日

照りゴチ


いるのは分かってたけど、なかなか攻め切れなかったサーフ。

昨年はボトムに海藻が多くて釣りにならなかったのに、
何故か今年は殆どそれが無く、「これはいけますね〜。」
とEさんと話していたのが先月のこと。
数日後、早速釣れたぜメールが届く。笑

入ろうと思っていたポイントには、キス狙いの
エサ師さんが多かったので、移動して別のサーフへ。
ここもきっといけるだろうと思っていたポイント。
幸いなことにエサ師さんも少ない。

定番のジグヘッド&ワームで始めると、
数投ごとにフグにテールをかじられてイライラする。

エイ対策も兼ねたシングルアシスト仕様のシャロースライト。
移動しながら広範囲に探ると、ある地点で着水点から
15〜20巻きくらいのところに、かけ上がりを確認。
丁寧にリフト&フォールで通していくとゴツン!!

かなりの引き、首を振っているので本命であることには違いないが
それにしても重い。やっとの思いで寄せたところで顔を見て驚く!

7/18

オオサンショウウオ釣ったのかと思いました。笑

7/18 マゴチ67

67センチ。 足が生えてなくて良かったよ。

今年の湾奥は、数は出ないものの良型が多いようで
何本かの60upが上がってます。

それにしても暑い、めちゃくちゃ暑い!

調子に乗って釣り続けていると、干物になりそうだったので
この一本で撤収。



seabassparadise at 20:30|Permalink