2005年01月20日

選手は球団を超えられるか

 巨人上原、西武松坂、阪神井川などFA以前にメジャー挑戦を口にする選手が一気に増えてきた。いずれもポスティングを要求し「球団に貢献してから」とか「ポスティングは球団からのご褒美」という議論を巻き起こしている。


 日本からメジャーへ行った選手も藪選手までを含めて投手17人、野手5人で計22人になった。その22人のうち活躍したと誰もが名前を挙げるのは野茂、イチロー、松井、次に続くのが佐々木、長谷川、石井、田口、リトル松井、高津、大塚、伊良部、新庄、吉井。
 上原投手や松坂投手がメジャーへ行けば間違いなく活躍できるだろう。そのときに何が起こるのか。それは、選手が集団の個から純粋な個になるときが来ることだと思っている。
 現在、メジャーを代表するピッチャーといえば日米野球に来日したクレメンス、先日移籍したジョンソン、そしてマダックス、マルチネスだろうか。日本のエースとメジャーのエース。年齢的な違いもあるが、もっと大きな違いは個であるかどうかではないか。
 42歳で最多7回最高齢サイヤング賞受賞のクレメンス投手は日米野球ではアストロズのユニフォームで来日したがファンにはヤンキースのワールドシリーズ優勝時のユニフォームの印象が大きい。だが、そのヤンキースもクレメンス投手にとっては3球団目。アストロズで4球団目だ。
 またそのヤンキースへ移籍で話題の史上最高齢40歳8ヵ月で完全試合達成のランディ・ジョンソン投手もこれで5球団目になる。マダックス投手はあまり移籍していないが延べ3球団目(同じ球団に戻っているため所属は2球団)、マルチネス投手は4球団目だ。過去に遡ってもサイヤングは5球団、ノーラン・ライアン4球団など現在のメジャーリーグはより高い評価をと活躍できる場所を求めて移籍はあたりまえだ。
 日本で同じような行為を行なうとお金のためとか球団の問題児とか言われマイナスのイメージが大きく選手は球団の所属物のように扱われる。上原投手にも同様の批判が寄せられているが、そろそろ日本の選手も球団の所属物ではなく日本球界の宝としての地位を与えてあげてもいいのではないだろうか?
 メジャーへ移籍した選手はそれが可能になった。イチローはオリックスのイチローではなく日本人メジャーリーガーとして個のイチローとなった。松井も同じだ。野茂にいたってはどこの所属かなんて全く関係ない存在だ。
 選手が自分の力を最大限発揮できて、最高のプレーができる日本のプロ野球。そんな勝負こそ見てみたい勝負だ!清原選手や江藤選手が毎試合活躍できる姿を見られない日本のファンに対し、球団はどう答えるのだろう。ファンに最高の選手の最高の試合を見せることができるプロ野球の復活を期待したい!

参考記事:メジャーへの目標と球団の対応(上原投手の理論)(2005.1.18)、過ちは取り返せないのか(選手と契約)(2005.1.19)

seablog at 09:23
巨人 

トラックバック一覧

1. みんなで井川/上原の件について考える←リピーター企画!  [ よく考えるぎょるいのひとver.3.09 ]   2005年01月20日 10:54
阪神・井川慶,讀賣・上原浩治ができるだけ早くメジャーに行きたい発言。ここのところの動きは以下。 井川「キャンプ行く」今季メジャー封印 阪神井川慶投手(25)がポスティングシステム(入札制)による今季のメジャー移籍を断念、球団関係者やチームメイトに「2月1
2. ヤクルト稲葉はどうなる?  [ 関西ドラファンのひとりごと ]   2005年01月20日 13:07
しかし今年のメジャー戦線は日本人にとってお寒い! ざっと考えても正式に決まったのが藪くらい・・・。 野手が出てきてもやはりメジャーは投手がいいらしい。 やはり投手にはコントロールという強い武器があるからだろう。 現在思いつくところ下記の通り 阪神 藪(アスレ
3. ピッチャーのチャレンジと日米野球の意義  [ ♪ともともの独り言♪ ]   2005年01月20日 14:33
昨日から上原投手の激震発言でどんなニュースを書いてもかすんでしまいそうですよね(苦笑)。そんな中メジャーリーグではワシントン・ナショナルズ(旧モントリオール・エクスポス)と大家投手が年俸調停を回避して1年275万ドル(約2億8130万円)で契約したとニュースになっ
4. ピッチャーのチャレンジと日米野球の意義  [ ♪ともともの独り言♪ ]   2005年01月20日 14:48
昨日から上原投手の激震発言でどんなニュースを書いてもかすんでしまいそうですよね(苦笑)。そんな中メジャーリーグではワシントン・ナショナルズ(旧モントリオール・エクスポス)と大家投手が年俸調停を回避して1年275万ドル(約2億8130万円)で契約したとニュースになっ
5. イチローが中日入り!?久米宏との対談。  [ MLB:メチャ(M)ラブ(L)ベースボール(B) ]   2005年01月20日 16:24
みなさんご存知一流メジャーリーガー「イチロー」が、3月12日にBS5社で放送する対談番組の収録で久米宏と対談したようです。 イチロー、日本復帰なら中日!?(livedoorニュース) その中で、イチローが日本のプロ野球に復帰するようなら「オリックスが無くなった今、戻るとこ.
6. ファンのあり方を問われてるのか?  [ 無芸大食な日々。 ]   2005年01月20日 22:59
昨日書き込んだ「ポスティングについて考えてみた」。トラックバックしていただいた「よく考えるぎょるいのひとver3.09」さんと「SEABLOGスポーツ」さんを始め、いくつかのBLOGを覗いてみた。そこでむくむくと新たな思いが湧いてきた。 私はこれまで、「プロ野球界は変
7. メジャー志向はどこまで続く?  [ にわか日ハムファンのブログ ]   2005年01月21日 10:59
 以前から書きかけては消し、新たに書き始めては頓挫を繰り返しているテーマの1つとして、米大リーグ行きを志望する選手の問題があります。  特に今オフの場合、元ホークスの井口選手が不可解な自由契約化からメジャー移籍に動いたことに始まり、阪神井川投手や讀賣上原投
前にも予告したとおり、このブログ開始前の出来事でどうしても過去にさかのぼって書いておきたい記事を書こうという企画の第1回目は、もう20年も前の出来事ですが、 「虎!虎!虎!バックスクリーン3連発!」(1985/4/17) にしようと思います。 岡田監督は、この成功体.
9. メジャーに行きたい病に上原たちも感染&古田選手会長S女史に怒られる  [ 阪神優勝、巨人最下位 ]   2005年01月21日 16:56
今オフ、メジャー志望者のうち、今のところ決まったのは藪さんのみ。 仁志は将来の巨人の監督の座が捨てきれず?既にあきらめて讀賣に残り、ノリ、井口、デニー、稲葉らはまだ決まっていない。 彼らは正当な権利を得ている上での挑戦だからいいとして、
10. メジャー挑戦?  [ 落ちないナックル ]   2005年01月21日 17:12
ちょっと思ったんですが、「メジャー挑戦」 投手では野茂が、野手ではイチローが道を開拓し、その道を使って多くの選手がメジャーに渡っています
11. そろそろ周囲も上原の行動に疑問を持ち始めるのではないか  [ 裏ぶろぶろブログ?(半疑問) ]   2005年01月21日 20:50
上原ポスティング、巨人は拒否  巨人・上原浩治投手(29)がポスティング・システムで2006年からの米球界移籍を希望し、球団側はこれを拒否していることが18日、分かった。上原は自身の公式ホームページ上でも、メジャーへの強い移籍願望を示したが、清武英利球団.
12. 上原もポスティング?  [ 「オリックス・バファローズ」な日々 ]   2005年01月28日 01:55
自分の意見(上原浩二オフィシャルサイト) これを見ると、もう日本でプレイして欲しくないとまで思えてしまうが、もしかしてその時点で彼の術中にハマっているのかもしれないとすら思う。 例の「僕をいらないということ」発言にしても、本当に球団から「いらない」と言って

コメント一覧

1. Posted by    2005年01月20日 11:04
いつもありがとうございます!seablog さんのコメントを記事に引用させて頂きましたのでぜひ遊びにきてくださいね!今後ともよろしくお願いします!
(あと,ぜひ相互リンクお願いします!)
2. Posted by グーパパ   2005年01月20日 12:21
TBどうもです。
制度上の問題は確かにたくさん抱えていると思います。
ただ・・・日本の場合、逆指名っていうのは
「行きたい球団を指名する」と言うこと(松坂、井川は当てはまりませんが)、そしてそれが故に高い契約金(その他に裏金があるという話しもありますがねえ・・・)を貰っているわけです。
選手は球団の所有物ではないですが、球団とて慈善活動を
やっている訳ではないと思うのです。
去年のような事がないためにも、選手ももっと考えるべきでは?
と思う次第です。
3. Posted by 広場の天使   2005年01月20日 12:33
TB有り難うございます。Blogを読まさせていただきました。アメリカに在住し、MLBに親しむにつれて、もっと日本人に渡ってきて欲しいという気持ちはもちろんあります。しかし野球という特殊職業において、球団の選手保有権はやはり尊重すべき問題であると思います。そうでないと選手の偏りが出来てしまう事は明かです。ポスティングシステム自体に大きな問題を抱えたままで、選手がポスティングを要求し、それが当然の様な世論には違和感を覚えます。それに対して、球団側も真摯な対応をしてるとはとても思えません。FAの短縮化、サラリーキャップ導入など、選手会、機構、球団ともに真剣に、MLBを含めた選手の移籍問題に対し取り組む姿勢がない限り日本の球界の発展にはならないと思います。
4. Posted by 矢村隆之   2005年01月20日 13:27
TBありがとうございます。
う〜ん、難しい問題やねぇ・・・(苦笑)
ポスティング自体が完成された制度とは言えへんし、これから十分に議論する必要のある制度やしね。
でもやっぱり、選手には選手の言い分があるし、球団には球団の言い分があってごもっともやと思うんやけど、第一はファンであることは忘れんといてほしいですね。
選手が夢を追うのは当然やけど、そこはやっぱり「プロ」と名の付く職業やからね。ファンが心痛める様な出来事は出来るだけ起こさんといてほしいなぁと思います。
5. Posted by MLBスタッフ   2005年01月20日 16:26
はじめまして。
TBありがとうございました^^

いいブログですね。
これからちょくちょくよらしてもらいます。
6. Posted by sweet orange   2005年01月20日 18:40
TB、ありがとうございます。
「チームの枠を超える選手になる」というのは選手自体に魅力がないとなかなか、こういう、形にはなれないと思いますが…。
選手自体も自分を磨いて魅力的な選手を目指してほしいものですが、なかなか、そういう気持ちの選手って、昔も今もあまり、見かけませんねぇ…。
チームの枠を超えれば、マスコミやファンに、叩かれることも少なくなるとは思うんですがねぇ…。
(話は変わりますが、前回、コメントを書かせていただいたときにメールアドレスを間違えて書いていたみたいなんですよ。メールを使うことはまずないとは思いますが、報告まで。すみません)
7. Posted by ともとも   2005年01月20日 20:32
SEABLOGさん

こんばんは〜。トラバありがとうございました。
難しい問題ですよね。
日本というのはいい意味でも悪い意味でも集団というものに
重きを置きますが、チームプレーは得意ではないという
面白いところが有ると思います。

個々の選手に魅力とそして力があってこそ
チームプレーも成り立つところが有ると思います。

チームはもちろん選手を保有しようとしますが、
それを今は選手もまだ自覚し切れてないところがあり、
今中途半端な時でもあります。

今すぐにそれを解き放つだけの
ことができるのかどうかはわかりませんが
そういうことを考える時期にきているのは
確かかもしれませんよね。
8. Posted by 青葉和   2005年01月20日 23:05
TBありがとうございました。

諸国で成功している制度だからといって、日本で成功するとは限らないというのは、僕の個人的な意見です。
やはり、成功の陰には、その土地柄みたいなものがあると思うからです。

日本になじみうる制度かどうか、FA権・ドラフト・ポスティングなど、今一度みるべき時期なのでしょうね。
9. Posted by やま   2005年01月20日 23:12
初めまして。トラックバックありがとうございます。
改めて思うところも出て来たので、こちらからもトラックバックさせていただくと同時に、
一部文章を使わせていただきました。
「集団の個から純粋な個になる」…本当に分かりやすい表現だと思います。
正直「目から鱗」の思いでした。
また寄らせていただきたいと思います。
10. Posted by SEABLOG   2005年01月21日 11:25
こんにちは。たくさんのコメント・TBありがとうございました。選手がメジャーリーグへ行きたいという問題は考え方や立場によっていろいろな意見があって難しいですね。球団は球団として、選手は選手として、それに近い立場の人はその近い立場で意見があると思います。でもプロとして球団も選手も考えないといけないのはファンのことです。ファンもファンとしての立場として考えられることを球団や選手に伝えることが大切だと思っています。それが昨年のストライキのときにはある程度できたのではないか、ならばそういう流れを作っていけないのかということを考えたりしています。プロ野球の試合とメジャーリーグの試合を見てどちらがよりエキサイティングか。これも人によって違いがあると思いますが、かつてはメジャーを挙げる人は少数だったことからすれば、最近のメジャーの方が面白いという意見が上回っている現状は日本のプロ野球にとって危機のはずです。ではなぜメジャーの方が面白いのか。それはプレーヤーとそのプレーによることが大きいと思います。プレーヤーがそれぞれ個性を持ち、信念を持ち、輝いて生き生きプレーしている。その個性のぶつかり合いの試合がわくわくさせる展開を生む。組織の緻密な戦略を重視しスポーツにもそれを求めていたかつての日本人の感覚が変化してきたのかもしれません。日本のプロ野球にももっと個を大切にし、育てることがプロ野球をファンに楽しんで見てもらうためには必要なのではないかと考えています。上原投手や井川投手の主張をどう考えるのかの問題もありますが、それよりも日本の優秀な選手が流出しないために日本のプロ野球はどうやったらもっとエキサイティングになり、メジャーに匹敵する魅力を持つことができるのかと、そんなことを考えながら書いたものです。またよろしくお願いします。
11. Posted by JOJI   2005年01月22日 00:59
TBありがとうございました。いつの間にか22人も
メジャーに行っていたのですね。このままメジャーに行く
選手が増えたら日本の野球人気がますます落ちると
偉い人達は考えているのかも知れませんが、何かと
目先の事しか見ていないなと感じます。
最近では古田選手の監督発言にも圧力がかかっている
ようですし・・・ 上原選手達の行動はもちろん、楽天の
参入などもきっかけに、今までの堅苦しさが変わってくる
事を期待しています。
12. Posted by oyaji411   2005年01月22日 13:31
TBありがとうございました。
22人・・どうしても20人しか浮かばないんですよ。
それほど多くなったと言う気もするし、残念ながら結果を残さなかった選手もいるということでしょう。

おそらくは今後もこの傾向は止められるものではないでしょう。

個々の価値観、球団の姿勢・・種々考えなくてはならない問題も山積していますが、球場に足を運んだファンが喜んで帰れるようにするには・・という観点での試合・球団の運営をお願いするばかりです。

また来ますね!
13. Posted by pontanu   2005年01月22日 14:09
トラックバックありがとうございます。井川は今年行くのはあきらめたようですね。私はきちんとした結果を出して、日本の野球ファンの理解を得てチャレンジするのはいいと思っています。年俸の条件闘争のための道具として、メジャーをちらつかせるようにみえるようなやり方は、好きじゃないですけど。ま、井川と城島では実績もチームでの役割も違うし、城島はあわてなくても今年中にFAの権利がとれるからこだわらなかったのかもしれませんが。
14. Posted by SEABLOG   2005年01月22日 14:43
こんにちは。コメント・トラックバックありがとうございます。22人というのは藪選手まで含めてですが、ひとり村上雅則選手が入っていますので、野茂投手以降だと21人ですね。敬称抜きで順番に、村上雅則、野茂英雄、マック鈴木、長谷川滋利、伊良部秀輝、柏田貴史、吉井理人、木田優夫、大家友和、佐々木主浩、野村貴仁、小宮山悟、石井一久、大塚昌則、高津臣吾、多田野数人、藪恵壹(以上投手)、イチロー、新庄剛志、田口壮、松井秀喜、松井稼頭央(以上野手)です。
記事で「個」としてクレメンス投手も挙げていましたが、アストロズ残留が決まりました。その記事「いつまでも挑戦者魂を忘れない(クレメンス投手)」を書きました。またご意見・トラックバックいただけたらと思っています。古田選手の話にも関係してきますよね。またよろしくお願いします。
Link
Archives
Page