2015年12月15日

あなたの上司はどの監督タイプ?

こんばんは。SEABLOG潮風涼です。


あなたは今の上司に満足していますか?

今の上司は、

あなたの能力をきちんと評価していますか?



上司は自分では選べません。

では、ひどい上司にあたってしまった場合

どう対処すればいいのでしょうか?



前回、井川投手と上司である監督の話で、

井川投手に必要だった監督の話をしました。



井川投手に必要だったのは、

井川投手をマインドセットしてくれる監督

だったのです。



同じく上司と合わなかった野茂投手は、

任意引退してメジャーへ行きました。



また同じく合わなかったイチロー選手は

拒否を続け、その間に自分を磨いたのです。



あなたは、今、どの段階でしょうか?



井川投手?イチロー選手?野茂投手?

大企業なら3年待てば、イチロー投手のように

いい上司が現れるかもしれません。



でもその保証は全くないのです。

会社の体質を考えると、

次の上司も同じような上司かもしれません。



では、あなたはどうしたらいいのでしょう?



残った選択肢は、井川投手か野茂投手。

井川投手のパターンはその本人が結末を

教えてくれました。



そう、あなたが

今の上司で我慢して井川投手のようになる

というのが嫌だとしたら

あなたは野茂投手を目指すしかないのです。



それでは、

野茂投手のように生きることができるのか?

について、次回お話させていただきます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Link
Archives
Page