2004年10月12日

目が笑っていないと楽天社員

 楽天三木谷社長に関して、楽天の社員の評判は、「何を考えているかわからず、こわい」「顔が笑っているように見えても目が笑っていない」というものだそうだ。


 筆者は楽天三木谷社長と面識がないのでこの報道が真実なのかどうかはわからない。ただ、TVでの印象では確かに目が笑っていないようには見える。
 目が笑っていない人はサラリーマン社会ではよく目にする。必ず、うまく上司に取り入り、トントン拍子に出世する。同僚との付き合いも如才ない。ただ、いざというときには自分優先の行動をとる傾向があり、心の底では誰も信用していない。
 人間は馬鹿ではない。こういう行動をとる人間に対する人間も同じく心の底からは決して付き合わないものだ。部下は一刻も早くこういう上司がいなくなってくれることを望んでいる。決して表には出さないが。
 楽天三木谷社長は、銀行員の前歴から、納得できる話だ。
 今回の参入に関しても筆者は初期の段階から、楽天の参入に強く反対してきた
今からでも遅くない。楽天は今すぐこのレースから降りてほしい。そうすることが楽天の企業イメージをよくする最良の方法だ。

seablog at 18:51
楽天 
Link
Archives
Page