2004年11月14日

退却は改革ではない!

 オリックス宮内オーナーによると「現状は改革が頓挫した状態」であり、「経営赤字はファンが少なかった」からだそうだ。またプロ野球ビジネスとして考えると楽天やソフトバンクの参入は歓迎できないらしい。


 赤字球団が増えると赤字球団と対戦する球団の赤字が増えるという赤字スパイラルという理論こそが宮内オーナーの理論。そこには黒字球団だけのチームの存続によるプロ野球の存在こそがビジネスとして成り立つものという思想があるようだ。それが1リーグ8球団なのだろう。
 首都圏4チーム、近畿2チーム、東海・九州各1チームの合計8チーム。宮内オーナーには北海道も東北も中国四国も存在しない地域だろう。理由は、ファンが少ないと思っているから。
 現時点での考え方は、独自にファン開拓したが全く効果がなかったため、その理由を外部に求めてしまう末期の段階とも言える。
 その考え方では、ファンが少ないならば2球団分のファンを集めれば倍になるだろうという考えにしかならない。だが、それは見事に否定された。オリックスのファンは合併により2倍になったりはしていない。
 今後プロ野球発展のためには、アジアリーグのような国際展開と独立リーグのような裾野拡大だと言う。
 全て外部に責任を押し付け、外部に回答を求めようとしていることに気がつかないだろうか?その上、具体的な構想はなく、概念を言うだけ。評論家には経営はできない。
 日本ハムは北海道へ移転することによりファンを大幅に獲得した。自分のやってきたことが成功しなかったからといってそれを反省・自己否定せず、責任を外部要因に押し付けても結局同じことの繰り返しだ。宮内オーナーはオリックスと日本ハムの違いを考えることから始めるべきだろう。
 退却は改革とは言わない!現状は改革が頓挫した状況ではない!

トラックバック一覧

1. 《娑婆ッ気》楽天国「プロ野球を愛する」とは?  [ sunrain ]   2004年11月15日 00:40
 報道2001 2004年11月14日 07:30〜08:55 フジテレビ ▽怒りの楽天 プロ野球改革はこれだ!にミキタニ氏が出演。ボードを3?枚ぐらい使って、改革案を語る。なかには「愛されるプロ野球」の文字も・・・どうでもいいけど野球ファンのほとんどは07:30〜08:55に起きて
2. 宮内激白。「ファンが少なすぎるからこうなった」 球界撤退も示唆。  [ マリンブルーの風 ]   2004年11月15日 00:50
「論座」12月号に宮内オーナーのインタビューが掲載されました。インタビュー自体は10月15日に行われたもので、この時点ではどちらが参入するか決まっておりません。基本路線は以前東洋経済に掲載されたものと変わりませんが、だんだんエスカレートしているような気が
3. 宮内オーナーのシナリオ〜オリックスにとっての自球団と球界の再生〜  [ すごい勢いで〜灘雅輝工房 ]   2004年11月15日 00:52
 今日のNHKのインタビューで宮内オーナーがいまだに「球団数を減らすのが今後の球界を考えれば当然」との気持ちをストレートに表現されておりました。 宮内オーナーの基本的な考えは 1.ぶっちゃけ客入の悪いチームとの対戦が赤字の原因 2.不人気球団無くせば赤字カー
4. 今NHKで  [ Diary ]   2004年11月15日 01:52
球界再編問題に関しての宮内のインタビューが流れてた。「今後のオーナー会議において発言力が増すと思われる宮内オーナーの考えを聞く」のがその目的とか。面白そうなんで発言の要約を走り書きでちょっくらメモっ...
5. 本日のニュースあれこれ−「懲りない面々」  [ 野球大好き ]   2004年11月15日 08:43
オリックス・バファローズの練習風景 仲良く(TT)練習がスタートしたようです。・・・で、ユニフォームもこれでええんとちゃうん。お金を掛けたくなくってそのままにしたいんでしたら、これでええですやん。神戸グリーンスタジアム用ユニフォームと大阪ドーム用ユニフォーム
6. 新ユニホームは“オリックス色”…近鉄ナイン厳しい現実  [ blog-ru.com ]   2004年11月15日 09:30
新ユニホームは“オリックス色”…近鉄ナイン厳しい現実 統合新球団「オリックス・バファローズ」の結団式が10日、大阪市内のホテルで仰木彬監督(69)をはじめコーチスタッフ18人と近鉄・中村を除く選手66人が参加して、行われた。その後の発足パーティーで新ユニホ
7. 檻の中の失楽  [ sunrain ]   2004年11月15日 14:18
NHKサンデースポーツ宮内発言(なお発言の主旨を最大限にイカスために言葉遣い等は変換済み。更に脚色を加えさせていただいて檻ます。) ■プロ野球の構造赤字セ・は巨人と対戦できるからいいけど、パ・は全部そのマイナス面を抱えてんねん。企業広告や社名をだすことで耐え
8. 第51話 2004シーズンを振り返って〜オリックスブルーウェーブ編〜  [ サッカー小僧の野球日記 ]   2004年11月15日 17:37
奇しくも、51話でオリックス編。振り返る気にもなりませんが、一応振り返ります。 成績は133試合49勝82敗2分勝率.374 ホーム25勝39敗1分 ロード24勝43敗1分 弱かった〜、ホントに弱かった。 詳しい成績はこちら。 ...
9. バファローズはいつまで持つのかな?  [ てきとう日記 ]   2004年11月15日 19:31
[関連したBlog] オリックスって球団はどうも信用ならない・・・ なんか、バファローズの名を残すというのはその場しのぎな気がしてならない。 「伝統あるブレーブスの名は残す」と言いつつ、1年ちょっとで改名した実績があるからねえ。 球団買収時に「ブルーウェーブ」にし
10. バファローズはいつまで持つのかな?  [ てきとう日記 ]   2004年11月15日 19:34
オリックスって球団はどうも信用ならない・・・ なんか、バファローズの名を残すというのはその場しのぎな気がしてならない。 「伝統あるブレーブスの名は残す」と言いつつ、1年ちょっとで改名した実績があるからねえ。 球団買収時に「ブルーウェーブ」にしたのならここまで
11. オリックス・バファローズ〜ついに船出だが・・・  [ 悪鬼的 ]   2004年11月15日 22:01
闘志を燃やし結団式 オリックス・バファローズ=差替 (共同通信) - goo ニュース 同時に新ユニフォームも発表されたようですね 思いっきりブルーウェーブですが(苦笑) 袖口にはご丁寧に赤で近鉄と入るそうで・・・(^-^;;; まぁアコムと同レベルの扱いということですね ま
12. 一場と宮内と小泉  [ 「オリックスバファローズ」な日々 ]   2004年11月15日 22:19
一場“金銭授受同額”を寄付「もらったぐらいは、しなくちゃいけない」(スポーツ報知) ジャイアンツから200万円、ベイスターズから60万円、タイガースから25万円を受け取っていた一場。 1億円(さらに出来高5000万円)の契約金が確定した今では小さな額に思え
13. さようなら、オリックス  [ so-on ]   2004年11月15日 22:19
阪急時代からのファンということもあり、今まで私はオリックスを応援してきました。
14. 平成のギブミーチョコレート  [ よろずおしゃべり堂 ]   2004年11月15日 23:59
 最近、「海猫」という映画のコマーシャルが妙に 目につく。情熱的なキスシーンに、萎えきったような 声で「俺は嫌だよ」という台詞がかぶる、アレである。 映画の内容はよく知らない(失礼)のだが、なんと なく、あの雰囲気は今のプロ野球ファンの心境を代弁 してくれてい
15. 平成のギブミーチョコレート  [ よろずおしゃべり堂 ]   2004年11月16日 00:11
 最近、「海猫」という映画のコマーシャルが妙に 目につく。情熱的なキスシーンに、萎えきったような 声で「俺は嫌だよ」という台詞がかぶる、アレである。 映画の内容はよく知らない(失礼)のだが、なんと なく、あの雰囲気は今のプロ野球ファンの心境を代弁 してくれてい
16. 【野球】三木谷さんに初めて期待しちゃったりして!?  [ 日刊 みうらまこと ]   2004年11月16日 00:53
僕はこの「三木谷私案」にもろ手を挙げて賛成するわけです。最初に書いたように、彼がプロ野球界の現状を憂いているのは間違いなさそうですし、何より、現実的に、プロ野球界の内側から改革の必要性を訴えられるのは、今のところ彼しかいないんじゃないかと。
17. 殺意を呼ぶユニフォーム  [ Honeywarの野球日記 ]   2004年11月16日 01:53
 この期に及んで、1988年の「10.19」を題材にした歌を歌い始めたHoneywarは、元・近鉄ファンです。(第一弾「ユニフォームに着替えておけ」を公開中。第二弾は、来週末くらいに発表できるかな、と)  近鉄ファンをやめた理由は....まぁいずれ書くときもあるかもしれ
18. Buは清算しても赤字40億  [ MIYAKOのうだ放B改 ]   2004年11月16日 03:23
共同通信によると、大阪近鉄バファローズの消滅によって発生する近鉄の損失は40億円に上ることがわかった。
19. オナーなきオーナー  [ 周辺領域・別館 ]   2004年11月17日 00:33
オリックス・宮内オーナーのNHKのインタビュー、スゴかったねー。 あれくらいでな
20. 日々雑感  11/17 変節の改革者より  [ ガイチジャーナル ]   2004年11月18日 04:28
SEABLOGスポーツ:退却は改革ではない! オリックスの宮内義彦氏がプロ野球球団を買収表明をした日は、ロッテ対近鉄の世紀の一戦の朝だった。最高に空気の読めないタイミングで発表したわけだが、このスタートの段階でこの宮内氏と言う人へ野球に対する情熱と言う意味で少

コメント一覧

1. Posted by 薫友   2004年11月15日 00:53
TBありがとうございます。
NHK見ましたけど、全国放送であんな発言をしたらファンの反発がすさまじいものになると思うんですが、ファンを悪者扱いする宮内氏はそのあたりを考えていないんでしょう。楽天の黒字化と合併球団の早急な身売りを期待します。
2. Posted by 灘雅輝   2004年11月15日 01:02
トラックバックありがとうございました。
オリックスにとって自球団のファンという存在がつかみきれないままな事が宮内オーナーの言動にあらわれているように思えます。
阪急からの買収当時に「旧来の阪急ファンからの猛烈なバッシングでほとほと困り地元財界になきついて収めてもらった」と井箟球団代表が語っておりました。
このあたりからすでにオリックスはボタンの掛け違いをしていたのではないでしょうか。
3. Posted by SEABLOG   2004年11月15日 09:00
薫友さん、灘雅輝さん、コメントありがとうございました。宮内オーナーは自分ではいろいろやってきたつもりなのでしょう。でも赤字のままということで、赤字の原因が他のパリーグ球団のせいだと思うようになった。それを壊してしまって1リーグ関西2球団になることによってオリックスのファンも増えるに違いないと。どんどん考え方がマイナスへ向かい、ファンから離れ、他へ責任を押しうけるという、悪循環思考になってしまっていることに本人は気付いていないようですね。またよろしくお願いします。
4. Posted by うっでい   2004年11月15日 12:08
 TBありがとうございます。
 宮内オーナーの考え方は野球ファンへの冒とく以外何者でもないですよね。

 日ハムやダイエーの成功は現場のスタッフ・選手ががんばったのももちろんですが、フロント陣も新規の顧客を獲得するため地道に駆けずり回り、もともといたファンに加え潜在的な野球ファンがそのがんばりに共鳴して球場に足を運ぶようになった結果だと思っています。

 オリックスは・・・現場・フロント・オーナー、更にファンまでもが違う方向に向いているような気がします。こんなオーナーが果たしてスポーツビジネスに携わってよいのか、このごろ疑問に思えてきました。
5. Posted by くりたーれん   2004年11月15日 20:05
はじめまして。
トラックバックいただきありがとうございます。

「ブレーブス」の名を残すと言いつつ、あっさりと「ブルーウェーブ」にした時より、
オリックス(特に宮内オーナー)には不信感しかもっておりません。最近はその不信感がさらに増すような発言ばかり・・・
今度は「バファローズ」の名が数年で消えかねないということで、危惧しています。

当方、野球(スポーツ)以外の話題もごちゃごちゃに扱っているブログですが、
今後ともよろしくお願いいたします。
6. Posted by ten_ichi   2004年11月15日 22:26
はじめまして。
トラックバックありがとうございます。こちらも貼らせて頂きました。

宮内オーナーに今まで反感を持っているわけではなかったのですが、最近どうしちゃったのよ!といった感じです。自分でも言っている通り「ドラフト改革」「場内アナウンス」「ボールパーク構想」など理想論を唱えていた頃は好きだったんですが・・・。やっぱりイチローを擁して優勝、日本一になっても儲からないどころか、年俸が上がり逆に経費が上がってしまった頃から、やる気がなくなってしまったんでしょうか?
ただ、自分のブログにも書きましたが宮内さんには少なくとも昔は野球に対する愛情を感じたのですが、小泉さん(現球団社長)には感じられず、選手に対する敬意も感じられないので、小泉さんに対してより反感を感じているわけです。
7. Posted by さひおな   2004年11月15日 22:36
はじめまして、トラックバックありがとうございます。
宮内さんの発言は、数字から追っかけて現場を見ていない発言ばかり。あれでは不信感が募るばかりでしょう。 一度、福岡と札幌に行って、オリックス戦を観戦されたらどうでしょう?
私も夏に仕事で福岡に行き、ついでに夜オリックス戦を見に行ったのですが、あの盛りあがりは一朝一夕に出来たものではなく、福岡ダイエーの作り上げた”ビジネスモデル”です。確かに球団は赤字かもしれないが、経済効果は間違いなくオリックスが優勝するより、日本ハムかダイエーが優勝したほうが上だと思います。
8. Posted by ackie   2004年11月15日 22:57
トラックバックありがとうございます
いつも硬派な記事楽しく拝見しています
海牛がどんどんわけのわからない方向に行って
どんどんプロ野球人気を下げてるのが頭にきます
ファンを減らす方向はよくご存じのようです・・・
9. Posted by SEABLOG   2004年11月16日 08:53
うっでいさん、くりたーれんさん、ten_ichiさん、さひおなさん、ackieさん、コメントありがとうございました。宮内オーナー、小泉社長、最近は中村GMまで、間違った方向へ進んでいくオリックスに対し、ファンと選手が行動を起こすことが必要なのかもしれません。オリックスだけでなく、日本のプロ野球は、危機だと思います。リーグが一体となって盛り上げているMLBと各球団がプロ野球の発展の足をひっぱっているNPBとの差は、どんどん開いているのではないでしょうか。選手の実力が近づいているのに野球への取り組み方がどんどん離れれば選手にとってMLBが目標になるのは仕方ないこと。日本のプロ野球関係者が早くこの危機に気がついてプロ野球の発展へと頭を切り替えることができるように言い続ける必要があると思います。もう渡辺旧オーナーの私物のリーグではいけないと他のオーナーも気付く人がいてもいいはずなのですが。宮内オーナーのような発言をしていてはまだまだかなとも思います。またよろしくお願いします。
10. Posted by 非プロ野球ファン   2004年11月16日 08:58
 何となく「金貸しの発想」のように思える。金貸し業は「付加
価値」の要素が少ない。結局は「貸出金利を下げる」「預金金利
を上げる」しかない。わざわざ「金利の高い方から借りる」「金
利の低い方に預ける」という事は特殊な事情でも無い限り選択し
ないだろうから。となれば「コスト削減によって、預金金利を貸
出金利に近づける」しか無いであろう。一方プロスポーツは「付
加価値」に負うところが大きい(というか付加価値しかない?)
ビジネスである。そのあたりのミスマッチではないだろうか。
11. Posted by SEABLOG   2004年11月16日 09:34
非プロ野球ファンさん、コメントありがとうございました。
そうですね。「オリックス球団の間違い」のコメントのところにも書いたのですが、オリックスは金融の経営をそのまま持ってきた球団なのだと思います。物が売れないのは消費者が悪いという意味のことを言っていることに気がついていないのですね。金融はその商品はお金なので、お金という存在そのものの品質や差別化などの広告・販促をしなくていいビジネスです。その経営者がプロ野球経営をする危なさがまさしくオリックスの失敗だと思います。またよろしくお願いします。
12. Posted by ハムぞー   2004年11月17日 23:46
いつもご来所、有難う御座います。

商売は「顧客に聞け」です。
彼は「一所懸命努力したのに」と言ってますが、顧客に向いた理念がなかった。現場は一所懸命やってたが、幹部がそうでなかった。

三波先生も言ってました「お客様は神様です」。
宮内さん、顧客の望むものは何か、探しましたか?
13. Posted by 非プロ野球ファン   2004年11月18日 08:08
 SEABLOGさま、レスありがとうございます。またBLOG全体を
じっくり読まさせていただきます。SEABLOGさまに対して「釈迦
に説法」かも知れませんが、結局は

「プロスポーツ・リーグの経済学 近鉄合併問題の本質=マネジメントの欠如 RIETI 経済産業研究所」
http://www.rieti.go.jp/jp/columns/a01_0139.html

にあるように、「スポーツビジネスの特殊性(例えば読売新
聞は朝日新聞や毎日新聞を必要とはしないが、ジャイアンツ
はタイガースやドラゴンズを必要とする)を理解していない。
それどころか己の無知すら自覚していない」事が問題ではないの
かと思います。せめて「己の無知」を自覚していれば、経験者を
呼ぶなり教えを乞うなりするのでしょうが。

 かつて徳川吉宗は紀州藩主の頃米の増産でうまく行ったので、
将軍になっても同じ事をしましたが、結果は「(幕府や武士の経
済基盤である)米の価格の下落」でした。「需要が増えれば価格
は下落する」のは当然の事ですが(当時は鎖国していたので、輸
出という選択肢は無い)。ナベツネのやった事も「巨人どころか
日本プロ野球の価値を下落させた」事なのかなと思います。
14. Posted by SEABLOG   2004年11月18日 20:29
ハムぞーさん、非プロ野球ファンさん、いつもありがとうございます。非プロ野球ファンさん、RIETI経済産業研究所のコラム情報ありがとうございました。プロ野球経営に関しては日本のプロ野球の球団経営者は未だに全て素人ということですよね。プロ野球だけでなくスポーツビジネスに関しても素人ならば素人を自覚してプロに教えを請う気持ちが大切だと思います。そんな努力も日本のプロ野球はやってこなかった。福利厚生として予算を消化してきた企業スポーツの延長でしかなかったということなのでしょう。そんな経営が長く続くとやはり腐敗が進むということ。私物化や既得権化は発展と全く逆行するものです。ファン、選手会、新オーナー、メジャーのプレッシャーなどいろんな要素がありますが、とにかくプロ野球が健全なスポーツ経営になり発展できるような形になるように注目したいと思います。またよろしくお願いいたします。
Link
Archives
Page