こんにちは、KZです。

先週末は台風19号でお休みしたので、2週間ぶりの田子です。

金曜の夜に着いて、夜はかなりの雨が降りましたが、9時頃からは止んで、昼近くには日差しもありました。最高気温は23℃と東京から来るとかなり暖かい。

風は東寄りだったので、海は穏やか、早い時間にちょっとだけうねりがありました。

10193035


1本目は沖ノ島。

水温は、水中はどこも25℃あり、雨水の入った水面近くだけ23℃と冷たい感じ。透明度は水面近くだけモヤッとしてるだけで、中は15m以上は見えてました。

北側から入ってすぐに狙いのツバメウオを発見。というか、向こうから寄ってきます。

10193046


根沿いに南に。ゲストはベテランばかりで、各々写真を撮ったり、のんびり。

10193059


岩の割れ目からイサキの群れが流れてきます。

10193064


キンギョハナダイに混ざって、ゴマチョウチョウウオ。

10193068


ブイのある根との水路には、ホウライヒメジがぼーっと。

10193076


根の上、あちこちにセダカスズメダイの幼魚。

10193097


台風前にいたスジタテガミカエルウオを探しましたが、いたのは違う感じの子。ベニツケタテガミカエルウオかも…。

10193093


2本目は沖のフト根。

うねりは弱くなり、水面のモヤッとした所を過ぎると、すっきりくっきり。20m以上は見えてる感じで、根の下もはっきり見えます。

根の周りはオレンジの壁、キンギョハナダイの大群。

10193135


流れが無いせいか、イサキやタカベはその向こう、根からちょっと離れてます。

北側の根には、台風が運んできてくれた、かわいいサイズのミツボシクロスズメダイがたくさん。

10193113


アブラヤッコの幼魚やイボイソバナガニも。

10193115


10193126


イシガキスズメダイは健在、モンツキハギの幼魚も。

10193141


10193146