天気:くもり後晴れ
気温:28度
風:東・微風
海況:凪

こんにちは、先週台風の影響で土曜に潜れず、またまた2週間ぶりのKZです。

台風が去った後、気温が高い日が続き、今日も昼近くには晴れ間が広がりました。

10090380

海も穏やかで、水温はちょっと戻った感じで、水面近くは26度、水中はずっと25度ありました。

朝一、1本目は小平床です。前日翼チームが潜って、キビナゴにツンブリやスマガツオがアタックしてたとか。

エントリーすると、水面から水底までくっきり、透明度は15m以上、20mぐらいある。南側の深場ではずっと下、砂地の波紋がくっきり見えて、空を飛んでるような感じでした。

10101320

狙ってたキビナゴの群れは、少しだけで、見上げると水面近くをダツが泳いでます。

10101345

岩場の間を進むと、無防備な感じのホウライヒメジの群れが漂ってます。

10101292

イソギンチャクの周りには、小さなミツボシクロスズメダイがたくさん。少し大きくなったクロユリハゼも。

10101306

10101319

根をぐるっと一周。浅場のテーブルサンゴの周りには、ソラスズメダイに混ざってクログチニザやホシゴンベ。

10101351

10101370

2本目の前に、OW講習をやってる瀬浜が熱いというので、写真を撮りに。

ブイのところからエントリー、大きめのトゲチョウチョウウオがお出迎え。ここは海水浴場より東側、えびす石像の先で、キレイな砂地が広がってます。

10100385

優秀な講習生、ちゃんと中性浮力が取れてます。

10100388

砂地には、サツマカサゴやメガネハギの幼魚、イトマンクロユリハゼ、タイラギ(立ち貝)も立ってます。

10100395

10100397

10100402

10100405

岩場にはオヤビッチャが群れていて、テーブルサンゴの周りにはフタスジリュウキュウスズメダイがミツボシクロスズメダイより多くて、外海より大きな子もいる。

10100399

10100394

ちょっと深いところ、水深18mちょっとにナガハナダイもいました。フト根の深いところでしか見れないと思ってたのに。

10100400

浅い方に戻って、係礎の周りにヨスジフエダイも。ちょっと大きな子と小さな子が別々に。

10100407

10100410

午後になって2本目は、前日に見たあるモノを狙って沖ノ島。

ブイのある根と本根の間をじっくり、水路を出たところでクロホシフエダの群れやフエヤッコダイ、ヤギの隙間にオキゴンベの幼魚がいました。

10101411

本根の浅いところをぐるっと、ウミウシが不作の中、南国系のキカモヨウウミウシを発見。たぶん田子で見るのは初めてかも。

10101417

ブイのある根に戻って、ここでもアジアコショウダイの幼魚を発見。根の上にはあちこちにセダカスズメダイの幼魚やマツバギンポも。キンギョハナダイが群れてる南側の割れ目でタテキンの幼魚もいました。

10101460