2017年11月20日

外部評価委員会

日曜日は、加賀市の外部評価委員会が開催されました。

これは10人くらいの委員が、市政の内部評価を聞き、妥当かどうか外部から見て判断するというものです。
この委員のひとりに選ばれました。

委員会はまる1日開催。
1日いてもいいのですが、半日でもいいというので、午前のみの半日にしました
一般公開でしたが、一般傍聴者は多くはなかったと思います。


ワタシとしては、市政に意見できる貴重な機会
ただ「めんどくさい人」にならないためにも、意見はある程度のラインに留めます。

しかしどうしても一言いいたくて、実際言ってしまったことがあります。

それは「高齢者福祉」の分野です。

ご他聞に漏れず、少子高齢化の激しい加賀市。
高齢者福祉の厚遇は、もはや禁断の聖域ともいえます。

市当局も、委員の皆さんも、「もっともっと拡充」の意見でまとまっておりました。
「あれも不行き届き、これもやってくれ。」と。
ただひとり、ワタシを除いては・・・。


もちろんワタシも近い将来、老います。
それはおそらく、加賀市においてであり、そのお世話になることと思います。

しかしながら、
生産世代&子ども世代の激減している加賀市
つまり財源がどんどん減っていることを意味します

「財布の中身がさびしくなるにもかかわらず、当たり前のように拡充を追認するには、漠然と不安がある
と答申しました。

幸い委員長にはある程度聞き届けられたようです。

考えてみれば、今の市政・今の幸せも「砂上の楼閣」のようなバランスなのかもしれません。

こうして言わなくてもいいことをいってしまうのが、ワタシの悪いところです。
この性格は、一生治りませんね


seagull408 at 17:19コメント(0)│ 

2017年11月17日

ぬる燗と冷酒

市P連@教育講演会のあと、講師の先生を囲んで、役員で懇親会
先生に合わせて、ひさびさに日本酒を飲みました

先生によると、ぬる燗は翌日の体調がいいらしいです。
冷酒は、身体を冷やすので、おいしいけど体調を崩すらしいです。
なるほど〜。
日本酒なんて、ほとんど飲まないから勉強になりました

飲んだ翌日は、やっぱり身体をリセットしておきたい。
と言うわけで、けっこう走りました

最近現場に出ると、雨が冷たくなってきました。

冷酒もそうかもしれませんが、冷たい雨も体調を崩すので、体調管理を怠りなくしたいですね


seagull408 at 17:35コメント(0)│ 

2017年11月16日

お弁当の日

昨日は、加賀市PTA連合会主催で、教育講演会を催しました。

とはいえ、資金の乏しい加賀市PTA連合会
加賀市教育委員会さまやスーパーのマルエーさまにもご支援いただきましたw
ありがとうございます

講師の先生は、
竹下和男氏

香川県の元校長先生ですが、現在、講演活動で全国を忙しく飛び回っておられます
前日は香川。翌日は博多。その次は佐賀だそうです

先生の持論は、「お弁当を子どもに作らせる仕掛けが必要」というもの。

たしかに先生の指導した学校は、いきいきと自発的に子どもたちがお弁当をつくっています。
さらには親の食事まで。


多忙な先生に加賀に来ていただくには、いろいろ苦労も多く、紆余曲折もありましたが、終わってみれば、大盛況
我々、参加者、そして講師の先生も満足の「三方よし」で終えることができました

教育長もご挨拶いただいた後も最後までワタシの横で、聴講していただきました
ありがとうございます。

地元ケーブルテレビも、取材に来られていたので、先生の講演を垣間見たい、もしくはワタシの主催者挨拶の出来を見たい方は、加賀ケーブルテレビをご覧くださいませ

seagull408 at 17:07コメント(0)│ 

2017年11月13日

コンビニ人間

ロボレーブ国際大会の期間中。
隙間時間の有効活用のため、本を持ち込む。

隙間時間に中央公園内を走ろうか、とも思いましたが、そのままお風呂に行けるのならいいですが、汗かいたままスポセンでは、とても冷えそうなのでやめときました。

そこで読んだのが、こちら。

コンビニ人間
村田 沙耶香
文藝春秋
2016-07-27




斬新な印象を受けた本でした。
異端な女性主人公目線で進む物語。

しかし、世の中の常識ってなんなんだ?と感じさせられます。
ある人の常識はある人の非常識。
全てが全て、自分の物差しで測ることはできないんだな、と。

読んでいない人、特に独身の方にはおススメですね。
さらっと読める平たい文体ですし、展開が意外と読めなかったりして面白い。

しかし、コンビニの店員さんって、高いスキルが必要だなぁ〜と改めて感じましたw


seagull408 at 22:08コメント(0)│ 

2017年11月12日

加賀ロボレーブ国際大会 結果

日曜もロボレーブ。
ワタシは土日ですが、ジュニアは金土日の3日連続ですw

ジュニアのチームが取り組んでいるのは
line following challenge
のみ

10回の走行が許され、そのうち高得点である5回分がチームの得点となるシステム。

土曜に7回終え、調整して日曜に3回行い、上積みを目指すのが緑丘チームの戦略でした

土曜を終え、暫定4位
8位以上が予選突破なので、決勝進出がじゅうぶんあり得る位置でした

そして迎えた日曜。

が、昨日はできたことすら、今日は不具合でNG連発
点数も上積みはわずかに留まり、万事休す

結果11位となり、決勝進出は果たせませんでした

しかしながら、「竹槍」ともいえる加賀市小学生マシンのなかでは2位
小さな小学校としては「大健闘した」と言っていいでしょう


昨日の暫定4位からの降下が悔しいらしく、ジュニアもがっかり。

この悔しさをばねに、来年今回のトライ&エラーを生かし、さらなる上位進出を期待したいものです。



seagull408 at 13:55コメント(0)│ 

2017年11月11日

加賀ロボレーブ国際大会

IMG_0130


行ってまいりましたロボレーブ国際大会

早朝より調整が必要なため、ジュニアを送って行って、そのまま会場に残る。
国内外たくさんの参加者がすでに調整に余念がありません。

そして開会式。

IMG_0132


ワタシはえらそうにも実行委員?なので、前に座らされ、そこからの撮影です。
冒頭英語でのご挨拶はさすが市長です

ただし挨拶する人が日本人なら英語、アメリカ人なら日本語の通訳が追っかけでしゃべるので、挨拶時間が数倍長い(;´・ω・)

IMG_0134


アメリカロボレーブの偉い人のご挨拶。
ですが、なかなか大胆w
こども心をわしづかみです

その後、我が国の官僚の方のあいさつがたくさん続く
子どもたち、明らかにうんざりしていました・・・

IMG_0141


しかし、デモンストレーションなどもあり、熱気はじゅうぶん

IMG_0145


IMG_0144


そして、本番開始

ジュニア率いる緑丘チームは、複数ある種目の中からline following challengeのみの参加。


なぜか?というと、
そもそも国際大会に参加する加賀のこどもたち。

加賀市から与えられたマシン性能は、本気の国際勢や県外勢から大きく見劣りしている事実があります。
前時代的比喩で言いますと、竹槍と鉢巻でマシンガンに挑む旧日本兵です

マシン性能の差はいかんともしがたいですが、その不利が比較的少ない種目がline following challengeという読みです。


これはどういう種目か説明しますと、
マシンがラインの上をトレースして往復し、最後にタワーにピンポン玉をたくさん投下する、というものです。
いろんな内容がポイント化されていて、総ポイント数で得点を競います。


実際見ていて、外国勢にはとても勝てそうにないw
しかし、それはそれ。
がんばる彼らを応援するしかありません。

小学校@先生もたくさんつきっきりで来てくれて、また差し入れも子どもたちにしてくれる
小さな小学校ならではのきめ細やかな対応に、申し訳なくもありがたい思いです


そして
初日の結果がなんとline following challenge小学生@暫定4位
国際勢・県外勢には上位を奪われたものの、竹槍勢ではトップ
気をよくするジュニア

明日もこの調子で頑張ってほしいものです



seagull408 at 22:25コメント(0)│ 

還らぬおばさん

今日はロボレーブ大会当日。
参加するジュニアを引き連れ、ワタシもいちおう委員なのでスーツで行くことにします。

昨夜はジュニアと初対面を想定した英会話をシミュレーション。
役立つといいなぁ(笑)


全然話は変わりますが、
先日、ワタシの亡き祖母の妹さんが、80才超えた高齢運転者の車にひかれ、亡くなられました。

おばさんは90才を超えてなお元気で、畑仕事が好きな方でした。
我が家も農作物をよくいただいたりしてました。

しかしその畑仕事好きが逆に災いとなり、家と畑を隔てる道路を横断していたところ、事故に遭って還らぬ人となったようです。

事故は夕刻
年齢も年齢ですから、おそらく黒っぽい恰好をしていたと推察されますが、それでも見通しの悪い場所ではありません。
しかし、なにを悔やんでも、おばさんは還ってきません。

もうおばさんの精魂込めた野菜を食べることは二度と叶いません。

ご家族の今の心境を思うと、とても複雑な思いがします。


seagull408 at 08:02コメント(0)│ 

2017年11月10日

ロボレーブ国際大会

明日から開催のロボレーブ国際大会。

加賀に世界の強豪たちも集うロボ大会です。
ワタシもなぜか委員になっているので、開会式に出席します。

ちなみにジュニアもチームで参戦。
3人チームのリーダーらしい。

よくわかりませんが、ロボそのものの性能が、加賀っ子と世界の子ではレベルが違うらしいので、勝負にならない、という話も。


今日も大会参加者は、PMから授業免除で、大会準備するらしい。
とにかく参加して得るものはなにかあるはず。

得がたい経験をして、外国人の友達をつくり、ついでに英語もマスターしてくれるといいなぁ(笑)


seagull408 at 07:40コメント(0)│ 

2017年11月09日

IoT社会

お仕事と言うのは、時にしんどいものです。

現場単位でくくると、予算的にとても厳しい現場も散見されます。
これはワタシのお仕事に限ったものではなく、どのような業種でも「ドツボにはまってさぁタイヘン」なことはあるでしょう。

そんな現場からの事情を聴取すると、
「新鋭測量機がなかったら、もっとひどかった」
らしい。

決して社員の多くないわが社。
人手に頼らない「省力化」を見据え、以前やや高級な測量機を購入しました。

それが図らずも、出血を最小限に抑えてくれたようです。


投資と費用節減は紙一重。
節約一辺倒でもダメですし、過大投資もまたダメです。

IoT社会と共存できるバランス感覚は、頭の古いおっさんにはとても難儀なものです。

ちなみにその新鋭測量機、測量士であるワタシもまだ使ったことがありません

seagull408 at 17:48コメント(0)│ 

2017年11月07日

全員のゴール

先日、金沢マラソンの全員分のゴールシーンを放送!というのをやってたので録画してみる。
自分のゴール時間は分かるので、すぐに探し出せます。

ヘトヘトのグダグダでゴールした感じなのですが、実際見てみると、周りの人も一緒くらいグダグダでした(笑)

ただゴール後は、晴れやかな笑みをうかべるワタシ。
「やっと終わったー!」
が表情に出ています。

全部見るととても長いので自分しか見てませんが、いずれお友達のゴールシーンも探し出したいと思いますw


seagull408 at 18:04コメント(0)│ 

2017年11月06日

英検と粟津児童センター

連休いかがお過ごしでしたか。

昨日は、娘の英検の二次試験。
小松短大が会場と言うことで、家族でランチした後送っていく。
もちろんお迎えが必要だが、試験が何時に終わるか明記してない。

よって、ちかくの児童センターでずっと待ってることにする。
ヒマをもてあます覚悟をして、本も持参。

しかしその間、なぜかジュニアが竹馬に夢中になる。
当初ほとんど乗れなかったのですが、二次試験終わるまでにほぼ乗れるようになってました。

児童センター、極端なハイテクはありませんが、それでも秋晴れの時間を過ごすのにはじゅうぶんなアミューズメントでした。

英検、面接官はガイジンだったそうです(笑)
受かってるかな〜?


seagull408 at 07:42コメント(0)│ 

2017年11月04日

中学生の合唱に思う

木曜日、市役所でロボレーブの会議後、中学校@文化祭に行く。

全学年全クラスの合唱を聞くのに間に合いました。
なかなか来る機会ないですもんね。

合唱は、思った以上にスゴイできばえ。

1年生からスタートしたのですが、
3年生ともなると、すべてにおいてハイレベル。

始まる前には円陣を組んでクラスで気勢を上げています。

まじすか?

中学生と言えば、思春期まっただなか。
人前で大きな口を開けて、真剣に歌うなど、気恥ずかしさもあって、斜に構えててもおかしくない。

でもみんな真剣で、きれいなハーモニーを奏でています。

逆に恥ずかしいのは、親のほう。
真剣にやってるそばで、私語などが止まらない方々も。


「近頃の若いもんは・・・。」
というより、
「近頃の大人ときたら・・・。」
のほうがよっぽど当てはまります。

これ以上言うと変な感じになりますのでやめときますが、とにかく子どもたちの歌声とやる気はすごく心に響きました。


seagull408 at 12:52コメント(0)│ 

2017年11月02日

文化祭@前夜

もう11月。
いよいよ今日から、休館してたエイムが再開します。
またカラダを再構築していきたいと思っています。

昨日は中学校PTA役員会でした。
そして今日は文化祭
すでに展示物は掲示されていたので、校長先生にもすすめられ、役員会前後に見て歩く。

夜の間接照明と十三夜に照らされた展示物は、安藤忠雄建築のデザインもあいまって、なんだか一流美術館みたい

しかし、ワタシ、ロボレーブ国際大会の委員で、その会議に出席しなくてはいけない。
文化祭見れるかな〜


ちなみにPTA役員会時、来期のPTA役員人事についても、議題にあがる。
「我こそは」という、対象者の方はぜひワタシにご一報くださいませww



seagull408 at 08:17コメント(0)│ 

2017年10月31日

生涯スポーツ

金沢マラソンから帰宅して、TVや新聞を見ると、地方ニュースは金沢マラソン一色
さすが金沢

参加できてないと、正直くやしい思いも半分(以上?)ですが、
参加できてるので、心穏やかに見れます

なかには80才のおじいさんが完走しているトピックも
先日のオリンピアン@浅田さんの、マラソンを「生涯スポーツ」にしているという言葉がよみがえります。

やってみると感じるのは、速い人も遅い人も関係ない、ということです。
速い人は、もちろんすごいです
ですが、遅い人がすごくないことは決してありません。
それだけ長時間戦っているわけですし、
なにより42km走ったという事実は、全く変わりません。

果たしてワタシはいつまでフルマラソンに出場できるのか?

「心技体」とはよくいったものです。
まさに体力だけでも、技術だけでもなく、気力の勝負です。

ワタシもマラソンが生涯スポーツといえるように、精進しますw


seagull408 at 08:18コメント(0)│ 

2017年10月30日

金沢マラソン 結果報告

IMG_0114

昨日いってまいりました初@金沢マラソン
あらためて日記を記したいと思います
(あらかじめいいますが、長いです)

前日、ジュニアをつき合わせ2人で受付してくる。
駅地下ではさまざまなイベントをしており、まずます楽しくすごせました

そして当日朝、同級生@たつみくんが運転してくれるというので、乗り合わせ
同級生@ひろしちゃんと3人で車を置くため、まずはテルメ駐車場へ
(終了後、同級生でテルメ打ち上げを企画していたので)
そこから、金沢在住の女子同級生が3人を香林坊まで送迎してくれる
ありがたやー。朝早いのに、お礼の申し上げようもありません

会場はランナーしか入れないゲートチェック。
まずは雨に備えて、カッパを着たり、トイレに行ったり。
その後、荷物を預け、スタートまでの時間を過ごす。

スタート前、横澤夏子らよしもと芸人のテレビ中継をやってるのをにやけながら見る。
そしてワタシのスタートグリッド(ちょうど中ほどのEグリッド)につく。
号砲から6minほどでスタートラインを通過しました。

最初5kmは金沢中心部を周回
景色は石川門、応援は加賀鳶やあでやかな着物女性と、とても金沢らしくてすばらしいww

雨は降ったりやんだり
やんでるときは蒸せるので、カッパを脱いだり着たりでした。

その後泉丘高校を通って、山環へ。
ここはややアップダウンのあるところ
天気が良ければ陸橋の景色もよいでしょうが、今日はちょっと残念

さらに杜の里から狭い旧市街地通りを抜け、東金沢方面へ。
ここまでくると、道路の水溜りが気になりだす状況になってきました。

水溜りはとてもいやです。
よけるのに無用な体力が消耗しますし、それでもやっぱり避けきれません。
シューズはときどき浸水し、その都度、足先に気持ち悪い感触が走ります

そして25kmくらいをすぎたところで、尻にはさんでいたカッパを落とす
戻れば、拾えたのですが、めんどくさいのでそのまま走ることにしました。

しかし、この判断はちょっと間違えたかもしれません
その後は、雨が降ろうがカッパがないので、雨に打たれ続けるしかなくなりました。

雨に打たれたのに加え、もともとの練習不足もあり、体力が奪われていく
もうこの頃には、4h30minのペースランナーに抜かれる

冷えてきて、足もカチカチ、腕までもカチカチです

30km地点では金沢カレーの給食が
疲労で胃が動いていない感じだったのですが、これは無理してでも食べようと思い、カレーをいただく

もう味は正直わかりません
その後、やっぱりカレーがこみ上げる感じですが、吐くまでには至りません。
あやしくなったときは、休憩もかねて、止まって足を延ばし、息を整えました。


そして駅西50m道路の長いこと
既に歩幅はかなり狭くなってる。
一直線に続く道路は、疲労困憊の身には地獄に映る

そしてようやく競技場へ。
TVカメラにむかってラストスパートするランナーに抜かれつつなんとかゴール

ネットタイムは4h35min

感想は
やっと終わった
のひとことです。

屋根のあるところで、先着・後続のお友達と待ち合わせ、お互いの健闘をたたえ合い、帰路につきました。
みんな疲労困憊なので、当初予定の打ち上げは延期となりました


【総括】
ランナーは好きで走ってるのだから、雨でも関係ない。
しかし、スタッフや応援してくれる人は、雨でかわいそう。
それでも雨のなか笑顔で声をはり続ける応援の方々や、野ざらしでそれぞれの役割をこなすスタッフの方々。
そんな愛に支えられた大会を実感しました

寒い雨のなか、応援にきてくれたお知り合いの皆さんには、とても心が温まりました
おかげで、無事完走できました
ありがとう
以上、お礼に代えて報告とさせていただきます。

合掌


seagull408 at 08:38コメント(0)│ 
livedoor 天気
月間かもめ新聞