2019年03月23日

閉校式@準備

今年度はほぼ除雪も出たか、出んかくらいで、冬を終えようとしています。
楽な反面、さまざまな事前準備や投資が回収できぬまま、赤字になってしまいました
まぁ、そんなこともあるよね。

さて、明日はいよいよ小学校@閉校式。
今日は仕事はお休みにしたのですが、閉校式の準備で結局忙しそうです。

ワタシ、そして子2人もお世話になった小学校ですから、できうる限りのことはしなくては、と思っています。
そしてまたご挨拶もあります。
何度やっても人前でしゃべるのは、緊張しますです

緑丘小学校も、そこまで人でごったがえすのは、明日がいよいよ最後です。

「平成」も終わる。
「イチロー」も終わる。
「緑丘小学校」も終わる。


せめて終り際は、美しく華やかにありたいものです。

seagull408 at 09:29コメント(0) 

2019年03月21日

商工会議所 青年部

昨夜は久しぶりに、加賀商工会議所青年部の定例会に出席しました。
ふだん作業服のワタシは、もうスーツを着ることすら億劫になってしまっているおじさんです(汗)

本来、卒業式だったようですが、
卒業生の4名はいずれも欠席。
プロジェクターによるご本人たちのご紹介にとどまりました。
いずれの方も、この会では一度もお見かけしませんでしたが・・・。
それでも会費を長きにわたり払っておられたことは、逆にすごいな、と思ったりして。

「来年はぜひちゃんとした卒業式をしたい」
と担当委員長がおっしゃっておられました。

??
来年、ワタシたちの年代ですがな・・・。
今年50才を迎える年が卒業年度のようです。

アラフィフなのに「青年部」を名乗ることに、とても違和感があったので、よい頃合いかもしれません。

しかしこの会では、ワタシ、何も貢献してないなぁ。
卒業式をしてもらうのも、申し訳ないくらい(; ̄ー ̄A



seagull408 at 07:53コメント(0) 

2019年03月18日

閉校記念碑

完全に手前味噌になっちゃってるのですが、小学校の閉校記念碑を建てる。

あまり早くから建ててもなんなので、今週末に迫ったタイミングで建てました。
除幕式もあるということで、現在はシートをかぶせてあります。

建てつつも、まじでカウントダウンやなー、と思っています。



seagull408 at 17:55コメント(0) 

2019年03月16日

縁の下の先生

ジュニアの担任の先生。

男の先生です。
緑丘小学校は、今年なぜか女の先生がとても多い。
担任の先生以外は、校長先生だけが男の先生というすごく偏った構成です。

担任の先生は、昨年もロボレーブを担当してくれたので、存じ上げておりました。
とても雰囲気のやわらかい先生だな〜、と思っていました。

今年に入って担任になってからも、そのやわらかさは変わらず。
ワタシと会っても、ジュニアをべた褒め。
通知表もかなりの高得点。
ワタシとすれば、最高学年ゆえもう少し厳しくしてもらったほうがいいかなー、とは思うのですが。


そして迎えた卒業式。

小さな卒業アルバムがもらえました。
いつもは無かったと思われますが、小学校最後だから作ってくれたのかな?と感じていました。

そしたら、写真屋さんからもたらされた情報によると、
少人数の卒業アルバムは業者から断られることが多いそう。
そこで先生が休日に写真屋さんのアルバム作成マシンに向かい、2日かけて作成していた、と。

昼ごはんも食べず、
閉店までかかっていた、
と。

しかも自腹も切っているようだ、と。



なんということでしょう。
そんなこととは知らず、いいアルバムもらえたなー、とただ喜んでいました。

卒業式当日は、保護者の方のはからいで、児童全員から先生に花を渡す、ということはしました。

しかし、このアルバムの事実は、みなさんに伝えないわけにはいきません。
なにかの機会を必ずつくり、6年生の保護者全員に伝えなければ!と思っています。


西田先生、やさしすぎます。

縁の下の西田先生。

ワタシは貴方を忘れません。

20190315_111422


seagull408 at 14:11コメント(0) 

2019年03月15日

緑丘小学校@卒業式

20190315_111422


本日は、母校@緑丘小学校の卒業式。

ジュニアの卒業式なので、じっくり味わいたいところですが、ワタシも祝辞の出番があるので、そわそわします。

現地に少し早めにいくと、普段はいないTVや新聞のメディアの方々。
閉校最後の卒業式。
わかってはいましたが、メディアの方をみると余計な緊張が・・・(; ̄ー ̄A

ふだんは分かれて各校の祝辞にまわる市長、教育長も、今年ばかりは小さな我が母校にそろい踏みです。


卒業証書授与。

50音順で最後のジュニアが、文字どおり最後の卒業生となり立ち回る。

その後、式辞、告示、祝辞と続き、さいごにワタシ。

そして、お別れの言葉につづき、卒業生によるコーラス「旅立ちのとき」?


これにはエピソードがあります。
ふだんは、先生の伴奏か、CDを流すそうですが、2学期終りに事前に伴奏希望を募ったそう。
そしたら、なんと!ジュニアが伴奏@立候補したらしい。
弾ける腕はその時点では当然ないのに・・・です。

それからというものの、猛特訓。

しかし、自ら言い出したことですから、やらされている感はなく、本人、真剣に取り組んでいました。


そして迎えた当日。
つつながく、そして流暢に弾いていました。

わが子ながら、「すげーなー!」と思ってしまいました。


40名弱の小学校から11名の卒業生。
終りを迎えるには、ちょうどよい潮時だったのだ、と思います。

いつも以上に感動し、卒業生の家族たちと写真を撮りあいながら、お開き、となりました。


いよいよ緑丘小学校も、閉校式を残すのみとなりました。
最後まで、お役目果たすべく、気を引き締めてまいります。

seagull408 at 14:34コメント(0) 

2019年03月14日

オルゴール

小学校をもうすぐ終えるジュニア。
いよいよ明日が卒業式です。

育友会@会長のワタシも出番があるので、そわそわしますね。
歴史の幕を閉じる小学校ゆえ、市長もご臨席。
例年より祝辞人数が増えそうなので、ワタシは簡潔にしたいと思います。

さて
卒業記念のオルゴール製作。
昔もあったような気がします。
確かワタシは「白鳥の湖」だったような。

現代は違います。
こんなに選べるんです。

20190314_073006


すごいっすねー。
選ぶのを迷います。

「栄光の架け橋」
まずまずいいチョイスではないでしょうか。


ワタシだったら・・・・
「ドラゴンクエスト」
かなー?


seagull408 at 07:57コメント(0) 

2019年03月13日

マラソンのルーティーン

未だに何が正解か、不正解か。
よくわからないのが、マラソン当日までの過ごし方、と当日の戦略です。
セオリーはあるはずですが、それが個人にフィットするかというと、また別問題な気がします。


今日は、ワタシのマラソンのルーティーンも記したいと思います。
ただし完全なる自己流なので、他の人にあうかどうか?も分かりませんし、自分自身にもこれが正しいのか分かりませんので、あしからず。

まずはよく言われる「カーボローディング
事前に炭水化物を多く摂りこみ、当日のパワーにする、っていうやつです。

ワタシはそもそも炭水化物大好きなので、やってるといえばやってる。やってないといえばやってません。
いつもの食生活を変えてまで・・・ということはありません。
食べ物を変えて、いつもの調子やバランスを崩すほうがデメリットは大きいと考えています。

あと「お酒
これも長時間走るため、カラダが脱水するので、1週間前くらいからは飲まないようにしています。
嫌いではないですが、やっぱりカラダのキレは悪くなりますよね

そして当日いつも心がけること。

1) なるべくおなかいっぱいにしてスタート

ワタシはおなかが減った状態で走るのがきらいです。
エネルギーが枯渇しそうな気がすることと、エイドステーションで食べるのが得意ではないからです。
エイドステーションの食べ物を楽しみにして走る人も多いですが、ワタシは走るとどんどん食べ物を受け付けなくなっていくので、チョコレート・フルーツ・あめ・ドリンク以外はあまりとりません。

2) 事前の水分は極力少なめ

起きてからスタートまで水分をあまり摂らないようにしています。
これは分かりやすい。
ずばり「トイレ対策」です。
その分、走り出してからドリンクを摂ります。
走り出してから飲めば、トイレにいきたくなるまでの時間が稼げるので、たいていこれでトイレなしの完走が可能です

3) エイドでもなるべく歩かない・止まらない

これが正解かは分かりません。
エイド前くらいは、歩いてリフレッシュしたほうが、後のスタミナにつながるかもしれません。
が、やはりワタシはやっぱり先を急ぎたい!
ただ、たいていの人はエイド前で歩くので、ぶつからないためにも、それに多少合わせる必要がありますね。

4) 坂も基本歩かない

これも3)と同様で、正解かは分かりません。
ただ長く歩くと筋肉が硬直しだすことと、歩きグセがついてしまいそうな自分が怖いことがあります。
ただし反面、筋肉へのダメージ蓄積はあるのは、いたし方ないところです。


5) いつも同じ勝負服

これは半そでのウェアです。
20190308_221225

寒い場合はこの下に長袖を着込みます。
雨の場合はこの上に合羽を着込みます。

こいつにしてから、わりと縁起がいいことと、もうひとつはゼッケンをつけるときどうしても痕がついてしまうので、痕がつくウェアはひとつにしときたい、ということです。
応援してくれる人がいた場合は、このほうが見つけてもらいやすいかもしれませんしw



マラソン未経験者には、参考になったでしょうか
マラソン経験者には、「そりゃ、違うぜよ」となったでしょうか

しかし、こういうのって変えられないんですよねー、なかなかww

seagull408 at 17:32コメント(0) 

2019年03月12日

体脂肪率

42km+和倉までの往復運転。
消耗しましたねー。
日曜日はやっとの思いで、加賀までたどり着きました

話はまったく変わりますが、
ワタシの体脂肪率。

実は8%前後です。
一般的にはとても低い数字と思われます。

以前は11〜13%くらいで、マラソン前に絞り込むと9%くらいになるといった感じでした。
ですが最近では、つねに一ケタ。
自分でも思わぬところまできてるなぁー、という印象です。


その割にマラソンタイムに反映されてない気もします。
ここまで軽かったら、サブ4くらい余裕で達成してそうな気もするんですけど・・・。
そうなっていない現実・・・

ただダイエットと言う意味では
食事制限一切なしの、炭水化物&甘いもの上等のワタシでも、
その分消費してやる!と思えば、ぜんぜん大丈夫と言うことです

まぁ故障したら、激太りかもしれませんが・・・

seagull408 at 08:41コメント(0) 

2019年03月11日

和倉万葉の里マラソン 結果報告

一日遅れですが、体調回復させて、改めてご報告いたします。
facebookでは書いたのですが、ブログはワタシの日記みたいなものですので、こちらに長文で保存しておきたい。
のちのマラソン前に発奮材料として読み返したり、自分でしています

和倉の地は遠いのですが、ぼっちで向かうことにする
マラソンは後でどうなるか、自分でもわかんないので、人に迷惑をかけないためにもそのほうが気が楽です。

暗いうちから家を離れる
道中、チョコレートを食べながら運転。
チョコレートが好きなことと、エネルギー充填の一石二鳥です

指定駐車場に車を停め、シャトルバスで会場入り。
男子更衣室の大テントに向かい、うえきもりおう氏(先輩)と合流。
まだ時間が早いこともあり、テント内は空いている。
そこでうえき氏やさらにそのラン友の方と、雑談をしたり、栄養補給したり、フットケアをしたりしながら、時間を過ごす。

そしてその後、スタート位置へ移動。
指定のEブロック@最後尾に位置取る。
すると昨年もこの大会で一緒になった県土木の方と遭遇。
ここでもスタートまで雑談する。

天候はちょい寒。でも路面はドライで、雨も大丈夫そう
ほぼランニングには、100%の状況と言っていいでしょう
予報では温度が上がるというので、思い切って半そでで行くことにする。
暑さでリタイアした経験がトラウマで、寒いより暑いが怖いです。


そして号砲
3月という寒い時期だからか、交通規制があまり必要ないからか、スタートは10時と他のマラソンよりだいぶ遅いです。
その分、遅くまで走らないといけないんですけどね

去年と違い、景色は澄みわたる。
能登島大橋からの景色もすごくいいです
しかし、工事の影響もあり、車線が規制されており、いつもよりがぜん狭い走路。
スタートすぐであるので、もう大混雑です

それをすぎると少し渋滞は緩みます。
が、能登島はアップダウンのすごく多い土地柄。
アップでは心拍が上がり、ダウンではひざにダメージがきます
とても難儀ですが、これも万葉マラソンの醍醐味ともいえます。

そして能登島を駆け抜け、もうひとつの橋ツインブリッジへ。
景色は最高
去年は吹きさらしで、鉛色のもやのなかをひたすら進んだだけでした

このあともアップダウンの波状攻撃。
ここらへんから、特に坂では歩いている人も多くなってきます。

それと去年は思わなかったことですが、今年感じたこと。
港のある地区は、とてもくさいということです。
原因は、なんだかわかりませんが、海産物の生臭さをさらに発酵熟成?させたような・・・。

30kmくらいになると左手には遠く海の向こうに和倉温泉が見えます。
しかし、まだまだ遠い。
つらいのに加え、「ゴールはまだ遠い」と思うと、余計気持ちが萎えます
なるべく左を見ないように、確実に一歩を前に出すよう、気持ちを強く持ちなおします

そしていよいよ35kmすぎ。
事前の25km走で培ったスタミナでここまできましたが、さすがに35kmをすぎるとそれも尽きる
やっぱり30km走が必要だった、と後悔しますが、どうしようもありません。

まわりを見ても、歩いたり止まったりしている人、多数。
ワタシの見解なのですが、万葉マラソンはとても終盤失速している人が目立つような気がします。
おそらく原因として、
PBはそこそこみんな持ってるのですが、冬場の練習不足がある。
前半快調に飛ばすも、後半練習不足が露見、歩く&止まるの構図ではないかと思います。

ワタシもぎりぎりの状態で走っている中で、これらの人が大勢いると、ワタシも止まりたくなってしまいます。
みんながんばってると、がんばれるんですけど、みんなへたれていると、こっちまでへたれたくなるのは、ほんと不思議です。

その止まりたい強烈な誘惑を、どうにか振り払いつつ、必死の形相で走り続けます。

そして戻ってきた和倉温泉。
そこまでランナーズウオッチはほとんど見ていません。
見るとどうしても意識してしまうからです。
ただあとでPCにデータをダウンロードして、自己分析するためにやっぱり装備はしていきます。

4h30minのペースランナーには抜かされていないので、大丈夫とは思っていますが、もう足や尻はカチカチ。
和倉温泉に入る頃には、痙攣の前兆も感じます。

そしてゴールが見える。
その時計を見ると、これまでのPBよりも早い数字が表示されている
安堵とともにゴール

20190310_200510


NET4h19minでPBを4min縮めました

天気がいい分、坂が良く見えて、なおつらかったです(笑)

20190310_145828



次の加賀温泉郷では、これを超える走りをしたいですね
長文、読んでくださり、ありがとうございました


seagull408 at 08:37コメント(0) 

2019年03月08日

マラソン2019シーズン始動

東京マラソン2019は外しましたが、和倉万葉マラソン2019でワタシの今シーズンがスタートします。

いよいよ日曜日に迫っております。

結果がどうでるか?は、いつもそうですが、やってみないとわかりません。
ワタシの調子もあるでしょうし、当日の天気も大きくその難易度に影響を与えます。

願わくば、過去最高の自分でありたいと思いますが、最低でも4月の加賀温泉郷も走りたいので、ぶっ壊れるわけにはいきません。

昨年、4h30min(歩きませんでしたw)
今年はコース内容も把握できており、事前シュミレーションができる分、上積みが可能。
あとは体力がどの程度仕上がっているか?ですね。


決して楽なコースではありませんが、がんばってきます!
20190308_221225
20190308_215319
お時間のWi-Fi環境が許しましたら、応援お願いいたします。

seagull408 at 18:22コメント(2) 

2019年03月07日

カウントダウン

昨日は、緑丘小学校育友会の臨時総会を開催しました。
今年は総会、かなりの数開催しましたが、それもこれで最後です。

・ 閉校式の段取りについて周知すべきこと
・ 錦城小学校の次期PTA評議員の選出について

の2点です。
いよいよ閉校までカウントダウン。
さまざまな思いが去来しますが、感傷的になっては時間のロス。
皆さまの時間を預かるので、なるべく簡潔に周知をすすめます。

そして来期の評議員を選出してー!という錦城小学校PTAからの依頼を受け、全員で協議。
最悪くじ引きかなー、と思い、司会をしながら、くじをつくろかな、と思っていると・・・。
女性がふたり立候補してくださいました
それで枠は無事埋まり、ハッピーに選出は終結しました

彼女ら2人となぜかワタシも先方の依頼で評議員に。
ワタシ、子ども錦城小学校にいないんですけど・・・・。
ワタシに限っては、よっぽどのことがない限り呼ばないでね、とお伝えしてあります



そして加賀市PTA連合会の会報も手元に届く。
緑丘小学校も最期ということで、ワタシの手記も掲載していただきました。

20190307_071356


いよいよ大詰め。
締めていきます。


seagull408 at 17:59コメント(0) 

2019年03月04日

東京マラソン

今年の東京マラソンは、もちろん落選。
なので、あまり見ていないのですが、寒そうでしたね。

寒いだけなら耐えられるのですが、冷たい雨となるとイッキに話は変わります。
完走率も低かったようですし、完走者にとってもとてもツライ大会であったでしょう。

日本のエース・大迫すらリタイアするのですから、
我々素人はリタイアするのは、当たり前ですよね


さて、ワタシは来週、和倉万葉の里マラソン。
いい天気になることを祈っております。

seagull408 at 09:44コメント(0) 

2019年03月03日

越前大野

20190303_151343
以前ジュニアが小学校のバス遠足で行ったという越前大野にいってきました。
とても観光に力をいれているよう。

醤油カツ丼が名物らしいので、地元のお店に入ってみる。
狭いお店に結構お客様多数。
オペレーションが追いついておらず、オーダーから50分待たされたのは辟易としましたが。

その後、天空の城大野城に登る。
なかなかの急登。

20190303_153541

その麓にあった平屋の建物。
ガラスばりのこの建物、なんと小学校❗
これだけでも見学の余地ありです。

そして時はちょうどひな祭り。
20190303_142908
イベントもやっていて圧巻でした。

それにしても大野。
観光では初めておとずれましたが、
駐車場も停めやすい
無料貸し傘がある
無料Wi-Fiもある
そして無料の休憩ポイントも多数
20190303_154437
すごくない?




seagull408 at 20:41コメント(0) 

2019年02月28日

会費6,000円

先日ある会に出席する。
かなりの人数の会でしたが、受付側以外ではワタシが先着する。
6,000円というビミョーな数字だったので、あいにく持ち合わせがなく、1万円札をだす。

すると受付側の人は、明らかにえー❗みたいな空気。
お釣りがなく、受付の人が別の人から借りて、ようやく事なきをえる。

ちょうどの金額を用意しなかったワタシも悪いのは承知しております。
が、数人の会ならいざ知らず、たくさんの人数を捌く受付が最初から釣り銭を一切考慮していないことに、こちらもえー❗となってしまいました。

ちなみに領収書はちゃんと用意されている会でした。

仕事において先見性はすごく大事です。
ワタシも今後、その会に出るときは、ちょうどのお金を持っていかなくちゃ、と感じました。


seagull408 at 09:14コメント(0) 

2019年02月26日

カエルの楽園

カエルの楽園 (新潮文庫)
百田 尚樹
新潮社
2017-08-27



先日の読書。

風の中のマリア (講談社文庫)
百田 尚樹
講談社
2011-07-15



ずいぶん前に読んだ蜂が主人公の「風の中のマリア」
これに近い内容か?と思い、読みだす。


アマガエルのソクラテスが、楽園を求め、旅に出る。
死にそうになりながら、たどり着いたのはナパージュの国。

そこは礼儀正しいカエルたちが住む平和な楽園。
ちゃんとした法が確立されていて、とても快適な生活ができ、喜ぶソクラテス。

しかし・・・・

という内容。


一見動物の物語と見せといて、
現代社会を風刺しているのが、アリアリです。

「なにかある・・・」
と思い、ナパージュをアルファベットにして逆から読んでみると・・・。


とても百田氏っぽい内容ですね。


ナパージュは、カエルの楽園たりえるのか???
それは読んでのお楽しみです。


seagull408 at 06:00コメント(0) 
livedoor 天気
月間かもめ新聞