2017年05月18日

確定型拠出年金セミナー

金沢マラソン、倍率決定。
2.45倍と去年より微増。
果たして初出場できるでしょうか?

さて昨日PTA関連の会議が2件あり、さらに同会場開催のBKセミナーにも支店長直々に「きて!」といわれたので、出向くついでに参加しました。

セミナーは確定型拠出年金に関するものでした。
以前も勉強し、敬遠すると決めたものの、やはり税制上の優遇はかなり大きい。
加えて運用方法も細かく設定できるとあって、また悩んでしまうのでした。

自分だけならどうでもいいんですが、ワタシがいきなり死ぬことも考慮する必要があります。

しかし、セミナーを見渡して思ったのは、
若い参加者が多い!
ということでした。
彼らはきっと要請があってきてるのではなく、自らの意思で参加していると推察されます。

社会保障の特性から、若ければ若いほど、公的年金給付は少なくなるのは自明の理。
聡明な若者は、不平不満をいってるだけではなく、現状をしっかり認識し、将来に向けてできる対策を講じているのだな〜、と思わされました。

この制度、若ければ若いほど税制メリットを享受する期間が延びるわけで、より優位に働きます。
支店長に誘われて来ましたが、ワタシのようなおっさんが来るべきとこだったのかはちょっと恥ずかしくなりました




seagull408 at 08:10コメント(0)トラックバック(0) |  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor 天気
月間かもめ新聞