2024年06月11日

佐藤一磨

今日は一人の男について語りたい。

さとう




お分かりのとおりオリックス所属のプロ野球選手です。
まぁオリックスはマニアックなので、ほとんどニュースにもならないのですが、聞いてください。


<佐藤投手>
このたび、6/9 日曜日、満員の東京ドームで行われたジャイアンツ戦にプロ初登板
5回を無失点に抑え、みごとプロ初勝利をあげました。



過去をさかのぼります。

2019 高校卒業とともにオリックスから育成ドラフト1位で指名され入団。
2019と言えば、奥川・佐々木・及川・西・宮城など高卒ピッチャー豊作の年。
その陰で、ひっそり育成契約からのスタートでした。

しかし2020-2021は、腰痛発症。
ほぼ何もできず。

2022は、一時自由契約となるも、再度育成契約をどうにか結ぶ。

がけっぷちの2023、二軍の先発投手にようやく定着


そして2024
6/8 支配下選手登録。

そう。
背番号が3ケタから2ケタになった次の日に
日曜満員&アウェー&東京ドーム&巨人戦&先発登板


対戦相手が巨人なのでTV中継あったので、見てました。


もう初回から、汗だくの佐藤投手
そりゃそうですよね
きのうまで閑散とした2軍球場で投げてたのが、一転、敵ファンで満員の東京ドームですからね。

そのなかで一生懸命投げる姿はとても胸を打ちました

両親も見守るなか、勝利投手となり、ヒーローインタビュー。
両親へのメッセージを問われ
「少し時間がかかってしまいましたが、いいところ見せられてよかったと思います
とさわやかな笑顔で答える。


お父さんも直立で帽子をとり、深々と一礼。

長く先の見えない育成時代を耐えて、念願の勝利を手にした本人。
そしてそれをそっと見守った両親。



胸アツすぎる・・・
めっちゃ感動しました




【演出家】
こんな大胆でドラマチックで度量のある采配をする中嶋監督
ワタシは大好きです

seagull408 at 06:00│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月間かもめ新聞
記事検索