2005年07月26日

【扶桑武侠傳】問題点とその対策

fusoubukyouden扶桑武侠傳を取り扱っているブログ様
3番デッキから さま
机城空龍機構航開日誌 さま
RPG自慢 TRPGカスタム さま


発売から1週間近く経ち、発売記念セッションも行なわれ、意見も色々出てきたようですね。
(発売記念セッション行けませんでしたがね!(泣

まあそんなわけで、システム解析も色々されてきました。
ぶっちゃけ問題点とかもたくさん出てきています。
とりあえず今日はそれをまとめてみようかと。
(今日の記事はある程度ルールを読んだ方推奨ですね)



とりあえず2ちゃんとかでよく言われていることとその改善案。

>見たところ計算上、命力系のキャラがかなり有利なように見えるのだが…
はい、ぶっちゃけそうです(ぁ
これは、命力(体の力)が高いキャラは内力(気の力)が低いはずなのに、
「想いを溜める」のルールのせいで大して変わらなくなっているというのが原因でしょう。
また、「功夫を燃やす」で追加で手札からカードを出すよりも、
「陰陽を貫く(カードの山札引き)」の大失敗を消す方が効率がいいのも原因のひとつ。

改善案としては、ルールを大幅に変えない範囲だと場にカードを置ける回数を1場面に1回とか
制限を加えることですかね。これだけで多少マシになるかと。


>本文に書いていないルールがサマリにあるんだけど?
ありますね。ボクも騙されましたからね(ぁ
P122の〔対抗活劇〕のところのサマリには「行動前にダメージを受けたら活劇は無効」と
あるのに本ルールにはどこにも書いてありません。
かなり重要なんですがね…。

対策といっても無いんですけどね…。ぶっちゃけエラッタ待ちです。
一応処理としてはサマリに従うのがいいのかなと思うのですけどね。
(サマリのコピーはプレイヤーに見せるものなので)


>達成値100って案外あっさり超えるのに、100以上は全て超神話活劇ってどういうこと?
仕様です(ぁ
その辺は割り切りましょう。
もしどうしても不満であれば、ハウスルールでそれ以上の成功度を作るのがいいでしょうね。
ちなみに…
>引き分け時の活劇段階上昇功夫(凶門影走など)を使って「超神話活劇」で引き分けになった場合、相手が同じ効果の功夫を使わなければちゃんと勝てる
らしいですよ。
あ、情報元は2ちゃんですよ。小林せんせが言ってたらしいですが。


>正直、あのサンプルシナリオはどうかと思うのだが…
シナリオ自体はそこまで悪くないかと思います(最後投げっぱなしなのは初心者にはきついですが
一番まずいのはサンプルシナリオが1つしかないことかと。
そしてその1つが分かりやすくない、よほど上手く回さないと情報を伝えきれずに、
PC置いてけぼりのシナリオになってしまう、ということですね。
(上手く、というのはPCを何とか当事者にする、という話)
あのシナリオは言わば「2本目のシナリオ」ですからね。
ゲーム自体の目的が分かりやすい「1本目のシナリオ」は必要でした。
(GMセクションで多少説明していますが、やはり完成例が欲しかったですね)

これはまあ、対策としてはGMセクションに書いてあるようなものを自作するのが一番ですが、
それはあんまりですね。
このゲームは生き様を指定し、ハンドアウトっぽいものを簡単に作り、それを消せない記憶に当てはめる、
というのが一番いいと思うので、あのサンプルシナリオに当事者性をつけさせるような
設定を考えるのがいいでしょうね。
例えば…
・勿忘草と因縁がある(復讐系)
・白一刀と知り合い(巻き込まれ系)
・なんとなく護衛の依頼を受ける(巻き込まれ系)

こんな感じですか。
(あとは、あのシナリオの問題点として、絶無縁が何も言わずに死んでしまうのがあるので
そこの補完が出来る立場かな…)
とりあえず何もかもをNPCから語る事態だけを避ければ何とかなるかな、と。


問題点及び対策としては今のところこんなところですかね。
まあ、ぶっちゃけた話。
数々のフレーバー道具とか功夫とか花鳥風月ルールとか、
これらの意味するところは、このゲームがキャラクターゲームであること。
プレイした感じとしては「天羅万象」が近いです。
あれを演出に特化したら扶桑になるでしょうね。



というわけで。
あまり深く考えずに雰囲気を楽しむのがこのシステムの遊び方として一番いいのかなと。
(と言ってもそれはそれでコンベンションで楽しむ際のことを考えないといけない。大変だ)


さて、後は今週に出るR&Rに期待か…。

seagull54 at 02:53│Comments(2)TrackBack(0)扶桑武侠傳 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by muratti   2005年07月26日 22:32
トラバありがとうございます。なるほどいろいろ問題があるものなんですね。サマリなんて気にもしてませんでした。
2. Posted by 海鴎@DD   2005年07月26日 22:42
murattiさん、コメントありがとうございます。
サマリのほうはさっさとエラッタを出してくれると今は信じるしかありません。
公式サイト、早く立ち上がらないかなぁ、と待つ次第でして。
とりあえず明日にでもR&Rの早売り見てくるつもりですが。
何かあったらまた記事にしますので、これからもよろしくお願いします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔