海釣りは 手弁当持参で ファミリーフィシング・・!!

     
      by シーガル 田中 


 釣りと言えば先ず「海釣り」がメインとなりますネ。   


「渓流釣り」「川釣り」「池釣り」など「釣り」にはいろいろありますが私は断然「海釣り」を推奨します。                   

 

家族連れで出かける海釣りフィシング・・!!   


休日に手弁当持参での「海釣り」ほど楽しい行楽はなかなか他に見当たりません。


 海釣りをしている時も楽しいし、獲物を我が家に持ち帰り、自らの手料理で「刺身」にしたり「焼いたり」「煮たり」とバラエティに富んだ料理も楽しめます。


 
なーに、少々形の悪い刺身でも、少々焦げた焼き魚でも又煮すぎて少し焦げ臭くても・・それで良いのです。   



自らが釣り上げた魚なのです。   それで結構美味しいものなのです。


 
健康的で・明るくて・家族団らん的で・楽しくて・美味しくて・・・こんな幸せ満載の「海釣り」を皆でワイワイと楽しみましょう。



       

★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆
        
               ★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆







そして、私も「下手の横好き」と言うことで徐々に「海釣り」にハマッて行ったのです。

 私が海釣りに興味を持ち始めたのは、神戸の須磨に転居してからのことでした。

 
 その頃の懐かしい想い出話があります。

 
 もう彼是、40数年前・・・!!のことになるのですが、転居して間もなく義母が名古屋から我が家に遊びに来てくれました。


 せっかく遠いところから来て頂いたのだ・・何かご馳走でも・・と思ったのですが事業を始めて間もなくの頃で思うように接待も出来ない時期でした。


 そこで考えました。  そうだ・・・!!  海まで歩いて6,7分だ。


 海で何かご馳走を釣ってきて食べて貰おう・・・!!


 と誠に得手勝手な発想のもと、颯爽と海に出かけたのであります。 (あまり颯爽・・と言えなかったかも・・)



当時、海釣り専門の投げ竿とか、リールも持っていませんでした。   何処かに売っていたのでしょうが・・。 

 
 海釣りの竿もリールもなしで、最低限度、海釣りに必要な有り合わせの「テグス」と「錘」と「針」、それに「えさ」を少々持って海に行きました。


 海岸に到着した私はテグスに錘と針をセットし「えさ」を針に差込み、地上にもつれないように静かに巻いて「糸」を置き、投げ入れる方を手に持ち(当たりまえ・・ですが)グルグルと廻し適当なタイミングを見計らって手から「糸」を離した。


 程よい遠さの沖に「ポツン」と着水しました。   錘が底に着いたのを確かめてから、ゆっくりと手繰りよせながら魚信をを待った。  

 
 でも、なかなか音沙汰がない。   何度か引き上げては投げ入れることを繰り返して、何度目かの時ゆっくりと引張ってくる途中、明らかに魚信が感じられた。

 
 私は俄然嬉しくなり、それはそれは慎重に そろりそろりと神経を集中し糸を手繰り寄せてきました。
 
 
 そしてついにヤッタ・・中型のよく太ったカレイが釣れていました。



 私はワクワクとした気持ちで、たった一匹であったが急いで我が家に戻り自分自身で料理し甘辛く煮詰めて義母に差し出しました。


 新鮮すぎて身がハジケテいました。


 一口、口に入れた義母は 「ヤッパ 須磨の魚はウミャーなも」 と名古屋弁で言ってくれました。


この言葉を耳にした時、必死に釣っただけに、すごく嬉しかったです。    感激しました・・・。
 

 家内は言いようのない「嬉しさ」を感じていてくれたようで、私にとってたった一匹のカレイであったが大満足の釣りでありました。


生涯忘れることが出来ない「海釣り」でした。    以来、海釣りにハマリぱなっし・・・!!


あまり費用もかけずに、手弁当持参で家族ぐるみの楽しい「海釣り」は、たくさんある娯楽のうちでも「釣る」楽しみと「食べる」楽しみを与えてくれる唯一の「実益娯楽」であると思っています。


 あなたも手弁当持参で海釣り ファミリーフィシングを大いに楽しんで下さい。


そして 晩酌のアテと家族の夕飯のオカズをゲットして下さい。

 
 期待していますよ・・!!    頑張りましょう・・!!











たこ釣り・・!!

たこは美味しい・・!!

私は(茹蛸)ゆでだこが大好きです。  赤く茹で上がったタコを想像するだけで つい一杯

と・・に思いを走らせる・・ 食いしんぼう・・・



さて 釣り方ですが・・・小船での流しつり・・・

小船にアンカー(舟用のおもり)を引きずりながら海上を流していると・・・グーッとひかれる

ようなアタリが出る。   イッチョ上がりなんです・・・

釣り上げたタコをテンヤからはずそうとしても手に吸い付き、テンヤに吸い付きと・・・なかなか

やっかいである。

時々 真っ黒い墨を吹っかけてくる奴もいる・・・



氷の入ったクーラに入れておくと 帰宅した頃には おとなしくなっているので処理がしやすい。

小舟なのでサオを使わないで道糸を手で持って釣ります。

アワセは特に必要としませんが グーッと来た時、はずれないように 一度しゃくっておくほうが

よいかもしれません。


持ち帰ったならば 塩で良くもんで表皮のヌルをとり茹でます。

軟体なので 扱いが やや うっとうしいですが 酒のアテが出来るので 少しは辛抱です・・・  

アユ・・天然ものと養殖もの・・!!

川魚 鮎の旬は今・・・!!


しなだれる長い竿を持って胸まである長靴(底に滑り止めがある)等を履いて川の中まで入って鮎釣りをする人の姿が見られるシーズンとなりました。


いろいろな魚は天然ものと養殖ものとがあります。  アユもしかり・・・!!


養殖ものは良いエサで育てられるので体に脂肪がついて、やや太り気味で食しても美味しい。


天然ものは川の急流にもまれてスマートである。 こちらは養殖ものと比べると味がやや淡白とか・・・。


しかし、天然もののアユは川底の石についている藻をたべるので香りが良いようです。


中国では「香魚」と呼ぶとものの本には書いています。


又、アユを焼いて骨を抜く時、天然ものと養殖ものとの区別がつくと言われています。
           

天然もののアユを焼いて骨を抜く時、尻尾の近くの骨を折り、箸で身の裏表を軽く押さえ手で頭を持ち頭方向へ引っ張るとスーッと骨が抜き取れる。  


この時、骨が途中で折れたり,ひっかっかる時は、そのアユは養殖ものである可能性が強いかも・・・。


まあ、骨の抜け方がどうであろうと、天然ものでも養殖ものでも、どちらにしても美味しいものです。


途端に、食欲が湧いてきました・・ネ・・!!   グーッ・・(笑い)

鱧(はも)と京都祇園祭り・大阪の天神まつり・・!!

京都の祇園祭り大阪の天神祭りには「鱧」(はも)は絶対必要な魚なんです。。
夏場は魚が少ないので重宝がられます。


7月になると脂が乗り始め7月、8月が旬となります。  ただ今、旬の真っ最中・・・


料理法はいろいろ・・・
焼き物、しゃぶしゃぶ、お造り、酢の物又揚げてもよしと何でもござれです。


ただ小骨の多い鱧(はも)は取り扱いが難しいのです。
小骨の切り方で鱧(はも)の味(口あたり)が違ってくると言われます。


骨切りの技法が板前さん達の間で、2〜3センチの間に、どれだけ多くの包丁の切れ目を入れることが出来るかで、その人の腕前の見せ所・・・だとか・・・
2〜3センチの間からに25切れとか26切れをいれば板前として一人前と言われておるようです。
      

ところで京都の日本海側・または兵庫の淡路・明石から京都・大阪などの消費地に運ばれる訳ですが鱧(はも)は他の魚と違って獰猛な魚なので遠距離運転で運ばれても元気なのです。



そんな元気な鱧(はも)を食して暑い夏を乗り切りましょう・・!!


焼き魚を上手に焼いて食べましょう・・・

 たかが 魚一匹 焼くのに そんなに 気遣い など必要ない などと言って はいけません・・・

 
 チョッとした気づかいで魚は上手にやけます。

 
 先ず生魚を焼くときには 殆んどの場合 焼き網で焼きますね。
 フライパンで ジャーと焼いて 食べるんだと言う独身者の人が居るかもしれ ませんが・・・!!


 
 まあ しかし 普通ですと 焼き網で焼きますね。

 
 そんな時 焼く前に 焼き網を 充分に熱しておくと 魚の皮などが 焼き網 にくっつかないのです。



 そして、次に重要なのが 焼いていく 手順なんですね?


 盛り付ける時に 表にする方を先に焼きます。  その次に裏側を焼きます。
 

 チョッと焼きが足りないから・・・と何度もひっくり返して焼いてはダメなん です。   皮がめくれたりでさんざんな 焼き魚が出来上がります。



 なので 表にする方を焼くとき 焼き直すことの無いように 充分に焼くこと です。  これが コツなんですね。



 何回も 焼き直すと 形がくずれて 皮もめくれたり と散々な 形になりま す。


 表にする方を 先に じっくりと 焼くことが 大切な 意味を 今一度良く 考えて慎重に焼きましょうネ・・・。



 上手に 焼いて 美味しく食べましょう・・・。


 

 

 

サバ  イワシ  サンマ・・・を食べよう・・!!

サバ  イワシ  サンマ・・を食べよう・・!!

DHA・EPAをたくさん含んでいる

サバとかイワシ、サンマなど 一般大衆魚と言われる魚たちはスゴイのですよ・・!!??


ドンドン食べましょう・・!!

血液をサラサラにし、脳を活性化させる・・・魚のDHA・EPAとは??


DHAは ドコサヘキサエン酸  と言います・・・
EPAは エイコサペンタエン酸 と言います・・・


なんと 難しい 舌を噛みそうです・・


で・・一体 DHA とか EPA って何のこと・・?
そう、 サバやイワシ、サンマ等に含まれている スゴイ奴なんです・・・


なんでスゴイかと言うと・・人間の血液をサラサラにし、脳も活性化させると言う偉い奴なんです。


サバはDHA・EPAが特に豊富です。  そのために動脈硬化・血栓予防、血圧を正常に保つ働きが期待できます・・


又ビタミンAやB2も含まれています。


黒目に勢いがあり 皮の模様が鮮明なものを選びましょう・・・ 新鮮なうちに早めに食べましょう・・・


イワシにも同じように DHAやEPAがふくまれております・・イワシには他にイワシペプチドが含まれていて血圧を下げる作用があります。


このイワシペプチドの利用効率は加熱処理をすることによって増加しますので煮て食べるのが良いようです。


お腹にハリ(張り)がある新鮮なものを選びましょう。

イカのビタミンE・・・!!

●イカのビタミンE


イカを食べて「若さと活力」を得て老化を抑えよう・・!!


お年寄りが好んでお茶を飲むのは、お茶に含まれるビタミンEが老化を抑える作用があるから先人の知恵として受け継がれてきたのである・・・


そして 魚介類の中で このビタミンEを多く含むのが他ならぬイカなのである(65mg/100g)


このビタミンE は体内で合成されることは無く 外部から食事の形で体内に取り入れるのみである・・・(おおいに食せねば・・・)


そして体内で体脂肪の過酸化等を抑え、老化を遅延させ「若さと活力」を得るのである・・・


又、年齢を重ねると増加する「黄褐色色素」の増加を抑えます・・・(色白を保つ・・)


ビタミンEが不足すると不妊を招きやすいので 子供を欲しい人は 欠かさずに摂取しよう・・


イカがこのように良いことずくめとは・・・あまり気づかないことである・・



参考までですが 天然のものより養殖方がビタミンEの含量が高いと言われていて、それは与える飼料によるものと言われています・・・


若さを保って老い知らず、色白でいつまでも美しく・・・こんな良いことずくめのイカを大いに食し 元気に毎日を過ごしたいですね・・・


まさかイカサマじゃないですよね・・!!      正真正銘のことですよ・・・!!






魚の食あたりに桃・・??!!


魚の食あたりに桃・・??!!


 魚の食中毒に桃が良く効くとか・・・ことにマグロにあたった時に、速やかに中毒症状の緩和に効力を発揮するのが桃であるとか・・・。    


 じつは桃の果肉には、鎮痛剤や鎮静剤の働きがあり、また微量ながら葉や花には青酸化合物が含まれていると言われている。



 又、桃は酔いをさましたり、空腹感を補うとも言われている。     桃の果肉は血の流れを良くするとか・・


 これらの作用は普通の桃より山桃のほうが勝ると言う・・・。


 変わった効用では 桃にはペクチンが多く含まれていて常食すれば便秘の解消にも役立つ・・・と云うこと・・・
朝夕1個宛食べるか、ジュースにして飲むとよいとか・・・



 古来中国でも、桃は不老長寿の薬効を備えていると言われて 実際に、葉はあせもに効くと言われ、花のつぼみや種は漢方薬の原料となります。


 現在栽培されている品種は明治以降に品種改良が行われたものですが、果実は食物繊維、ビタミンE を多く含み、生活習慣病予防に有効な成分も各種含まれているようです・・・。


 ももは、冷やし過ぎると甘さを感じられなくなってしまいます。食べる1〜2時間ほど前に冷蔵庫で冷やすぐらいがよいでしょう。


 甘さは、果頂部(枝付きの反対側)が一番甘く、次いで側面、その後種に近づくに従い甘みが落ちてゆきます。切り分けるときは縦に切ると甘さが均等になります。


 桃は神仏が人間世界に与えた贈り物なのだ・・・。  感謝 !  感謝 !


 魚の話から脱線  桃談義に移ってしまったようだ・・・




まあじ ・ しまあじ ・ むろあじ


まあじ・しまあじ・むろあじ


いわし と同じく大衆魚の一端を担う魚・・・それはアジです。

今は無くなってしまったが 須磨のベルトコンベア(高倉山を削ってポーアイなどを作った時に大いに活躍した)の足元に群れるようについていたのが 小アジでした。


モーターボートで須磨のヨットハーバーから ほんの3、4分で行ける位置にあった。


疑似餌の下にカゴをつけてアミエビを詰め込み 放り込むと 入れ食いで釣れてくる。


ほどなく バケツに半分くらいが釣れる。    それを家に持ち帰りハラワタを取り除き水でサッと洗い流し・・・頭は好みでそのままにでも良いし、はずして胴の処だけにしても良い。


大きなボウルなどに塩水を作り そこにハラワタを取ったアジを放り込んでおく・・・2,3時間漬けたものを取り出し・・・板などに貼り付けて外で干す・・・


酒の肴にチョッと火であぶって食べる・・・おかずの無い時にも重宝する・・・


又ゼイゴを取り除き3枚におろして刺身にしても美味しい・・・


そんな重宝なアジもベルトコンベアが無くなった今は 釣り場所を考えて釣らなければならない・・


又、長らく世話になった愛艇シーガル号(知人に譲渡し、今は淡路の福良湾に係留しているそうな)も手放し 今は思い出ばかり・・・脚をバネにしながら高速で走るモーターボートは77歳になった身には しこたま こたえるようになった・・・残念 残念!!

洲本のサントピアマリーナーさんにも良くお世話になった。  懐かしい思い出・・


話が アジから船に流れてしまったようだ・・・!!

魚の生臭さをとり 美味しく食べよう!!



魚の生臭さをとり 美味しく食べよう!!

近所の赤提灯の一杯飲み屋のママさんが いつも美味しく煮込んだ いわしやサバなどを酒のアテにだしてくれます。


煮込みの秘伝を語ってくれました。   


曰く 背の青い魚である いわし や サバを煮る時 梅干しを一緒に煮るとのこと・・
魚は生臭さがとれて美味しくたべられます。


また 一緒に煮た 梅干し ・・これが又 本当に美味しいのです・・・
常連さんの中でも 特にママさんに気にいられると ひそかにアテの煮魚の横に その梅干が添えられています。    


私も そんなオコボレを 時々頂く・・・
そんなママ大好き・・・ (家内に内緒・・)(笑い)


冗談はさておき 煮魚の生臭さはとれるし 一緒に煮込んだ梅干しは絶品・・

一挙両得・・・言うことなし・・・ デス・・・