帰ってきた大将の独り言〜遥かなる戯言集<半年>

大将です





あっという間に半年以上過ぎてしまって( ̄▽ ̄;)
前回更新時にも題名がお久し振りって



どんだけやる気ねえんだよwww


こんだけ間が開くと書きづらいって言うかどーやって書き続けてたのか?判らなくなりますね

あと
キャラ設定?

大将っていうのがどんな言語を使いどんなキャラだったのか?判らなくなります(^-^;

元々
僕の本質に近いキャラではありますがやっぱり言葉とか言い回しとかは大将独特の言語があったわけで、そーいった辺りがチグハグになっちゃうね


ま、そのうちなんとかなるでしょ?


さて
あれから大将こと私はどーしてたか?と言いますとね
相変わらず仕事柄球屋への出入りも週末のネプチューンウィークリー辺りが関の山
最近ではそれもままならず
月2プレイヤーレベルになってます
勿論、その2は試合であって練習では無いのでガッカリな状態です


腕って言うのはちゃんと落ちていくものでウィークリー辺りならまだしも
公式戦や月例会とかじゃ誤魔化しきれませんな
最近はホント
ウィークリー、ハウスプレイヤーとなってます(T_T)
でも試合が好きなんでまだ月2でも出られるだけマシかな?


先日都市対抗の予選がありましたが見事?に二次予選で消えました(T_T)
頑張った!とは言い切れない状況下での予想通り敗退で結構落ち込みました

最近のモチベーション低下を止める為に参加したGPも
そこそこ入れたにも関わらず
スクラッチの連続等でキレちゃって自分で泥仕合に持ち込んじゃった
一方的な試合に出来る形だったのにな
途中までは楽しめてたのに残念な事をしたな〜
ま、甘さだな
絶対に勝ちたい!って気持ちも足りないんだな〜


ま、球はそのうちまた撞けるよーになるでしょ
まだまだ頑張りますよ


今年に入っていきなり不幸があったせいで東日本ローテーションも出られなかったのもモチベーション低下を引き起こす要因になったかな?


とまあ
現状はこんな感じ
あとは
4月からあの
まりあが小学生に上がるので
おとうさんとしては健康にしっかりと仕事しなきゃな
あと
まもなく引っ越しも予定してる
引っ越しっていっても隣町w


そんなこんなでまだちょっと球ー! とはいかないけど
ちょいちょい頑張っていきます

今回の更新を見てくれてる方は何人かな?
だいぶ減っただろうな〜
でも細々と書いて行くつもりですので
また覗いてやってね

帰ってきた大将の独り言・遥かなる戯言集~お久し振り

大将です






えーっと
最後のグランプリイースト参戦からは早くも2年半が過ぎてしまいました
2009年に初出場して今回で多分11回目の参戦
初年度の成績が余りにも良すぎて後は(T-T)
シーホース閉店後
全く撞けない日々が続きましたが
それから約1年後
今の仕事に移って少しは球も撞けるかな?と思ってたけど
そんなに新人社員に甘い筈もなく
エントリーをキャンセルする事もあり
結局2年半も経ってしまいました

元々
この試合、1回戦でアマチュアは必ずプロに当たれるという
僕にとってとても嬉しいフォーマットなので
他のどの試合よりも楽しみにしていた試合だったので
正直、参戦出来ない日々とても辛く寂しい日々でした

現在もまだまだ週1〜2週1プレイヤーですけど
今回はちょっと訳が違ってました

今回のグランプリイーストの決勝会場は
ビックサイト
国際展示市等に利用される都内、いや日本屈指の多目的ホール
そしてこの試合の運営、プロデュースは
オレンジライン

ビリヤードではリンクというお店を展開する
新興勢力の特にダーツ部門で年々力を上げているという会社

所属に井上浩平プロ
あの抱腹絶倒解説で有名な浩平プロが所属しています

今回はダーツの
スパークというイベントとビリヤードのゼウスカップというイベントに合わせて
オレンジラインがグランプリイースト1戦を完全にプロデュースした形になるのかな?
今回は
グランプリイースト第5戦オレンジラインカップと題されてるしね


とにかく
今までの特設とは訳が違うモンスタースペースでのグランプリイースト


こりゃ出ない訳にはいかない!

という超ミーハーな気持ちでエントリーしました(笑)

今回のグランプリイースト参戦に当り
練習量は増えるどころか忙しくて殆ど出来ず
慌てて水曜深夜に荻窪で先輩方に7時間もお付き合い頂いたけど
これが大きな誤算
翌日の木曜日は体が全く動かないっていうね┐('〜`;)┌
結局
予定外のスクランブル発進
昨日の夜にネプチューンへ練習&ウィークリー参加

結果は決勝戦で負け(T-T)
結構頑張っていたんだけどな〜(@_@)
で、速攻でネプチューンを脱出するも夜中の3時に帰宅f(^_^;


4時間寝て今電車内( ̄▽ ̄;)




最悪〜〜〜〜



前は最悪〜〜〜だったけど
今は全然(笑)
寝ても寝不足でも体勢に大きな変化は無いもんね♪


昨日は某スヌーカー選手と試合で当たれてちょっとワクワク出来たし
実り多い1日だったし満足\(^_^)/


さて
ちょっと早めに会場に着くように家を出たんでそろそろ着きます

会場のバグース六本木はもうすぐそこ
頑張って来ます♪
いや
やっぱ
試合を楽しんで噛み締めて来ます♪

帰ってきた大将の独り言・遥かなる戯言集~引退はしません

大将です




2ヶ月以上ぶりになります
このblogを始めて6年
こんなに更新が滞ったことは初めてです
このblogを欠かさず見てくれていたたくさんの方々や友人達にも心配はされましたが
健康面や生活面では充分有意義、健康、優良な日々を過ごしています
勿論
blogを更新しなかった事には理由もあるんですが
それについてはここでは言及しません
ただ
あの1年で連盟員にとって一番熱い日と言えるであろうあの日
僕のビリヤード人生に大きな一石が投じられたのは事実
そして
それによって大きく自信を亡くした事は間違いありません

都市対抗

悪魔の潜む大イベントでした


東京B代表で1番手での参戦
成績は2勝9敗
東京代表で断トツの悪成績
1番手って
切り込み隊長、特攻隊長的な役割、かつ勝って後手に勢いをつけさせると言う重要な役割があるわけです(←これ100%僕の妄想かもwww)

なのに
2勝2敗からの7連敗( ̄▽ ̄;)
0-120負けが4試合
ホント
チームメイトが可哀想
呆れてものが言えないでしょう
いや、言えなかったでしょうね
でもね
球も上手く捌けなかったんだけどとにかく勝てなかった
段々落ち込んで来るのね、ホントにガックンって(T-T)
そんな内心を隠さなきゃいけなかったんで会場では馬鹿みたいに明るくしてた



↑↑↑
・・・・が、某長身フリーライター&カメラマンのかたのblogに隠し撮りされるって言うねf(^_^;
すみません、本当は自分から撮られに行ってました┐('〜`;)┌
とにかく
会場では普段では見られないほどの高テンションだったわけです

この試合に出るにあたっては
友人から色々聞かされてはいました
この試合で自信を無くしたり引退してしまったり
逆に自信を付けてその後の試合で活躍したり・・・・・
まさにビリヤード人生の岐路になりかねないと

本当にそうでした
元々
自信を付けて帰ってくるなんて微塵にも思っていなかったんですけど
まさかこんなに自信を喪失するとは
ビックリでした
もうね、廃人(笑)
本当に引退を考えました
もう、生活に影響を出してまで
家族の時間を割いてまでビリヤードする意味があるのだろうか?



こうしてこのイベントで大きな失意、落胆を感じた僕は
この2ヶ月色んな角度から自分、連盟、ビリヤード界について
今までと違う眼をもって考えてみました

で、結論として
まだやりたい、やり残した事があると感じたんです
なので
この若輩な老兵
わたくし大将はまだ引退はしません

なのでこのblogも名前がマイナーチェンジしまして続きます
悪しからず(笑)

新.大将の独り言・まだまだ続く戯言集~入れないけど

大将です






今日は名人戦C級戦です
この試合に出るのは今回で3回目
過去2度の出場はどちらもB級戦敗退
僕の体感で言えば
B級戦を勝ち上がるのは普通の公式戦で勝つのと遜色ない難題だと思う
ただ
名人位挑戦権を得る為には関東選手は基本3試合に勝ち上がる事が条件
関西選手はそれ以上
なので
参加者も決して多いわけではない
更には
この3試合に対してのスケジュール調整が困難
名人戦とは名ばかりで本当に上手い選手が出てこないなんて囁かれる事も少なくない
でも
僕はやっぱりこの試合がアマチュアの最高峰の試合だと思う
このローテーションというゲームに含まれる様々なビリヤードにおける技術介入は少なくともナインボールやテンボールよりは多い
勿論
理不尽なゲーム性は秘めているため勝つ者=巧者とは言い難いが
それは現代ビリヤードでは仕方ない性格みたいなもの
それよりも
このゲームを勉強し日頃より研究をしている選手達がたった1つの名人位というホットシートを目指すというこの試合に憧憬にも近い想いがある

そんな名人戦2013関東予選が今日開幕
去年は日程に都合が付かず出られなかった悔しさを存分ぶつけて頑張ろうと思います


そして
いよいよ来週は都市対抗戦本番
初出場の立場から言えば
恐怖7嬉しさ3
球は正直納得は全くいかない位に入らない
最近の月例会やハウスやその他での内容で一目瞭然
あまりに入らないのでちょっとポジションの組み立てを変えてみた
ちょっとだけ出しに力を入れてもっと簡単な球を撞こうと。。
簡単にすればもうちょっと続くかな?
と、やってみたら少しだけ球が続くよーになった

が、しかし更に入れの自信が落ちるって言う(T-T)
ヘタレ過ぎて自分が許せない
こんなSA他には存在しねーよ!
位ムカつくな(怒)

でもね
代表なんで
代表にして頂いたんで
一緒に予選をしのぎあった選手達の想いを担いで頑張らなきゃいけないんだ!って思う
これだけは自信がある
TPA会員の都市対抗戦への
都市対抗戦優勝への熱意は必ず胸に秘めて頑張ってくる
応援してくれる友人たちの応援にも応えるように頑張ってくる


というわけで
気が向いたら応援してくださいね

新.大将の独り言・まだまだ続く戯言集~プラマイで言えばプラス

大将です






お久しぶりです
少しセンチメンタルな期間を過ごしてました 

友人の急死など精神的にも自分を見つめるべき時期として
少々憂鬱な期間を経て今日に至ります
ビリヤードは相変わらずってよりも更に練習時間が減って
最近は月2(月例会、ハウス含む(T-T))プレイヤーにまで落ち込んでました

勿論
会社員であり3人の子供の養育義務のある大人としては
仕事が忙しい事はありがたい事なんだけどね
それでも
仕事で傷んだ体にムチを入れて一時間でも良いから練習する!
みたいな情熱は・・・・


先日
都市対抗戦の東京チームのメンバーが確定しました
あくまでAチームでの出場を目指して頑張ってみたんだけど
やっぱポテンシャル下がったな〜(T-T)
球も入らなかったけど
何とか出来るって気持ちも湧かなかった
全部攻めるっていう目標を上げて挑んだ部分は良かったし全部攻める事も出来た
それではずして負けたんだからいまの自分の実力はこの程度ってガッカリ



・・・・・となるはずだったんだけど
結果は違った

元々練習不足が始まったのは今ではなく
遡ること4年
シーホースの閉店によって生活形態が一変
に、伴って練習というよりビリヤードから遠ざかってしまった
それでも
こうやって連盟に所属し戦えてる


こういうスタンスでもある程度の入れと集中力と、戦術さえしっかり繰り返せればそこそこのゲームは出来るって感じ始めた
何より最近は試合で負けた悔しさが減ったという大きなマイナスもあるけど、それよりも楽しいし楽しめるようになった
こっちのプラスの方が圧倒的に大きい

頭のなかだけがプロ思考だった
体はもう練習量からいっても引退選手なのに(笑)
はっきりいって辛く厳しかった
でも
今は球撞けることが楽しくて幸せ
ダンボのミミ並みに技術よりも不格好に大きくなってしまった頭の中身の使い道や抑制に苦労してたけど
今は役に立つしね


都市対抗戦まで少しでも撞いて少なくともopenラック位は確実に取りきれる様にしておきたいとは思うけど
とにかく出たかった都市対抗戦
自分に負けないように自分のために頑張る
逃げないように頑張るよ



少々サボってたけど気持ちも大分落ち着いて来たんでまた更新していきます
行く先々で心配や声を掛けてくれた皆さんありがとうございます
またボチボチ戯言を書き散らかして行きます


あ、大事なことを書くの忘れたf(^_^;
慎太郎、優勝おめでとう♪
勝って当然って言われた時期も勝って凄いって言われる時期も両方経験できる人なんてそういないよ〜
本心で言えば
ちょっと憎たらしい(笑)
慎太郎は勝つ人間の要素を持ってるよね〜
でもそれこそがトッププロの必須要素
また一線で活躍してくれることを楽しみに少しだけ期待してるよw

新.大将の独り言・まだまだ続く戯言集~同級生

大将です




今週末はTPA月例会です
今回の月例会にはゲストとして赤狩山プロが参加してくれます
はい、言わずと知れた元世界チャンピオンです
先々週のローテーション練習会では
もう一人の元世界チャンピオン高橋邦彦プロと2011.2012年のGPイーストデキシークラブ戦連覇の鈴木清司プロ、若手の秋山圭プロがゲストとして参加してくれましたが
最近のTPAイベントは内容が充実してます

今回の月例会も通常通りに一般参加は大歓迎です
定員も特にありませんので是非御参加下さい
赤狩山プロとローテーションで対戦できるチャンスなんてそうないですよ



TPAはその翌週
3月31日に都市対抗の最終選考会があります
昨年、SPAからTPAに移籍して
1年目は満足できる内容、結果は出せませんでしたが
初めての東京代表目指してしっかり頑張りたいと思ってます
残念ながら練習時間はたくさん確保出来ませんが
先週も千葉の女流SAの一人と合い撞きしてもらって
ちょっとヒントを貰えました
今の僕の練習量では完璧なコンディションで撞くのは困難なんで焦ってましたがイメージも上がりましたしドン底は抜けられたと思います
あくまで本番は31日なのであまりオーバーワークせずに
今の自分に出来るベストを考えて球を選択していけばなんとか最終予選も戦えると思います
応援してくれる友人達もいるので頑張って東京代表目指したいです



先週の日曜日はエキサイトナインボールでしたが
僕は今年の1月に急逝してしまった大学の同級生の追悼会に練馬区の江古田まで行ってきました
去年20年以上ぶりにFacebookで再会した彼は大学の専攻はトロンボーン
あ、トロンボーンとはビヨーンって伸びる楽器です
彼はとても上手なプレイヤーでしたが音楽の道を断念し経営者として家族と自分の夢、未来の為に頑張ってました
学生の頃はひょろっとして背が高く、大人しくて頼りない感じの彼でしたが、久しぶりにみた彼は恰幅もよく明るくしっかりとした中年になってました
そんな彼が突然で倒れそのまま帰らぬ人になったのが1月

参加者は懐かしい顔もそうでない顔も
でも
大学4年時に中退してしまったのではっきりいって僕なんかをみんな覚えていないんじゃないかと思ってましたし
正直、こういう会にも参加したく無かったんです
だって悲しいから
彼とは大学時代は専攻も違うし彼が大人しかったんであまり絡みもありませんでした
強いて言えばオケで一緒だった位ですかね?
でもそんな彼からFacebookで声を掛けられて再会しやり取りするようになって時の流れを感じつつも彼の歩んだ僕なんかとは違った堅実ではあるけれどチャレンジし続けた道に羨望と自分の薄っぺらい人生を後悔したものでした
一家の大黒柱を突然失った彼の家族の絶望や彼の大切な友人達の深い悲しみには遠く及ばないながらも僕なりに悲しくて

でも
今回の追悼会は参加して本当に良かった
彼がたくさんの友人に愛され幸せだったことがわかったのもそうだけど
あの若い頃は大嫌いだったあの大学にいたことが
少なくとも彼と彼の友人達と一緒に学び過ごした自分に誇りを持てた
みんなそれぞれの道をあるものは堅実に
あるものは野望にみちあふれ
あるものは波瀾万丈な人生を歩んでいた
そんな彼らと同級生であることがとても誇らしかった

最近数人同級生や後輩を亡くしたがもう誰も倒れないで欲しい
今後悔しても遅いけど
過ぎた時間は取り戻せないから
やり残したこともたくさんあるから
これからは自分の歴史を少しなぞって行きたいなと思った
だから
僕の友人達には健康でいて欲しいと痛感した
勿論ビリヤードの友人達も同様である



今年は暖かくうちのそばなんかはもう桜はほぼ満開
近所の桜通りには桜の木で出来たトンネルが続いている
子供の頃から変わらない景色
どこまでも続く桜の回廊
こんな素敵な景色が毎年見られる日本人に生まれて本当に良かった
そして
今まで僕が出会った全ての人に、友人に、家族に会えて良かった
あっという間に去っていってしまったけど
彼に再会出来て本当に良かった


 

新.大将の独り言・まだまだ続く戯言集~新年早々part7最終回

大将です





てかもう3月中旬(笑)
更新しないで何してたか?
戦ってました




一昨年辺りから怪しいな〜と思ってたんだよね
完全になっちゃいました( ̄▽ ̄;)


花粉症(T^T)


今まで花粉症の事をバカにしててすみませんf(^_^;

鼻はずるずる、喉はいがいが、くしゃみも止まらず、鼻の中はいつも痒い
さらに一番辛いのは喉の上顎の部分の痒み( ̄▽ ̄;)

夜も眠れん(@_@)


思考能力は下がりイライラも
集中していれば少しは忘れられるけど


本当に今まで花粉症の人達を笑い飛ばしててごめんなさい(笑)
笑われる側になっちまったい



さて
新年明けてから言いたいこと書き綴った今回のネタなんですが今回で最終回
いつもみたいにまとまらず終わらなくても最終回です



ストイックという言葉はもっと厳しく自分を追い込んでる人に使う言葉であって
僕も含めてまだまだビリヤード選手が使う言葉では無いとおもうと言うのが僕の勝手な妄想なんだけど
でも
試合会場で寡黙に集中し誰として寄せ付けないオーラを発している人はたまに見掛けるよね
これは1つの集中の高め方だと思う
これについては肯定はしないけど否定もしない

でも
例えば試合中に起きる事象
例えば構えた前に人がいて体が動いてるとか
物音がしたとか
相手の貧乏ゆすりが気になったとか


これは立派な神経質
これは僕は否定する
確かにこれらの行為を作戦だみたいな事を言う輩もいる
例えば極度のスロープレイ
でも
貧乏ゆすりが癖で年中無休的にやっちゃってる人なら仕方ない
わざとはダメだけどね
この辺はモラルの問題なんでこれ以上は述べないけど
とにかく
自分の神経質な性格ゆえ他人やシチュエーションを罵倒したり怒るのは筋違い
プロにもいるんですよね、まだまだ

試合終わって握手を求めると
途中で集中力がきれちゃったとか
タップを替えたばかりで今日は球が入らなかったとか
最近撞いてないからとか┐('〜`;)┌

こんな風に言われてもさ〜
集中力だけで球入ったら苦労せんわいとか
タップを替える前に腕替えなさい(笑)とか
球入れてんの見たこと無いけど?なんて思っちゃってるよ、僕は(笑)
最近撞いてないからに至っては
アマチュアならともかくプロの台詞にしちゃ寂し過ぎるね(T^T)


ちょっと興奮して脱線しちゃったf(^_^;

集中と神経質は似てるようで違うね


厄介なのは勘違い
これ本当に厄介

自分は上手い、凄い、強い



こう思うのは勝手ですが
実際はどーなんでしょ?
確かに勘違い出来る事が強さの秘訣の一つではあるとは思う
やっぱさ
苦しい顔をしながら自分の思い通りにならない内容に首を振りながら撞いてる人よりも
どー考えてもたまたまなショットをどやさ!?みたいなどや顔で撞いてる人の方が強いと思う
前から僕はよく言うんだけど
上手い人は弱く強い人が上手いとは限らない

語弊あるけど
本当に上手い人はやっぱ強い
でも
普通に上手いって位の人は弱い場合が多い
何故なら怖さや間違いを知ってるから
上手くない人はその難しさや怖さを知らないから強い

でも
勘違いってのは驚異的な武器になる
怖さも知らないし自分を信じれたりもする
成功だけが正解でミスはすべてが事故、不幸
勝負事には決してプラスにはならないマイナス思考にならないという利点があるね
こういう人をやっつけるのって大変なんだ〜┐('〜`;)┌
だってもうね、自信満々なんだもの
ひく位自信満々(笑)

でも
多少は勘違いでもしなきゃやっぱり勝てない
勝つことは本当に難しいもん
本来は自信というものは練習などで培われて身に付くもので勘違いによる自信満々なんてのは何の役にもたたない
こんなのは何年もやってれば差が出てくるしね
本当は自分の練習や経験で身に付いた技術で証明された根拠ある自信を身につけるべきなんだけどな

僕なんかは本当に自信が無いのでかなり脆い選手であります
と言っても
出来ないんじゃ無くて確率の低さに怯えてるわけです
勿論多少はキャリアが長いので人の球を見て理解出来ないってことは少なくなりましたが
それでもやっぱりいつも自分の腕に聞きながら撞いてますね



いつも通りまとまりがなくなってきたんでソロソロ終わりますね

これからもビリヤードを生涯競技として愛し続けるであろうと思うので
もっとビリヤードがたくさんの人々に愛されるようになって欲しいです
アマチュアの僕には限界がありますが
プロの中にも色んな活動で啓蒙活動をしてる方々も多いので頑張って欲しいし
まだプロとして普及活動をしていない選手にはこれからはもっと頑張って欲しいです


球を撞いてるだけでは食えないです


こんな簡単な事はみんな知ってますけど
この文章に隠された本質に気付いて手を打ってる選手は





何人いるんでしょうね





と長々続けましたがこのネタは終わります
そーそー
3月24日の日曜日に
あのプロがTPA月例会に参戦してくれます
一般参加も随時募集してます
是非参戦してくださいね




ちなみにあのプロとは










しっとり的なあの方です

さー
今月末はいよいよ都市対抗最終予選
TPAの代表になれたら自分を誉められるんだけどな〜
精一杯ガンバりたいな〜

あ、ちなみに今現在は絶望的に不調です
なので月末あたりに好調がくるハズだとたかをくくってます(笑)

新.大将の独り言・まだまだ続く戯言集~新年早々part6

大将です





もう2月も中旬ですね
そろそろこの理屈っぽい偏った僕の世界観シリーズも今回辺りで終わらせたいと思ってるんですけどね
ただ
書いてるうちに盛り上がってくるタイプなんでひょっとしたら次回もまだって事も(笑)
さてどうなりますか



今回は前回の最後に予告したように
ストイックと神経質と勘違い
について書きたいと思います


まあ
僕もこう見えて音大生でしたから人との競争やしのぎ合い
プロという職業の苦しさや難しさなどを
過去のデータに沿ってカリキュラムという道標によって大学で叩き込まれたので多少は理解しています
反面
筋トレ好きという一面により
体のイジメ方やそれによる体の変化、影響もそれなりに認識しているつもりです
ただ
ストイックという言葉に合うような追い詰め方や節制はしていませんね
心技体
精神力も技術力も身体能力も全て高い次元まで押し上げてこそ
勝負に勝てる
こういう言葉が古くから島国日本が世界と対等に張り合って来られた原動力になってると思いますね


若い頃の僕なんか
練習もそこそこだったし彼女とのデート≧球だったし
ヘビースモーカーだったし
暴飲暴食だったし

それでいて
試合では負けたくないし負けたら機嫌悪いし自分で外すから負けるのに試合終わったら台がおかしいとか相手があーだのこーだの




あ、今でもだ(笑)

まあ練習もしないで自分の身を削れる筈もないから
負けた方がまだましだったなんて事も最近知った
そんな自分を見つめ直すとハズカシい過去の連続で( ̄▽ ̄;)

でも今はそういうことひっくるめて
勝ち目がないって理解出来てるからまあそこそこ頑張れてる
試合なんかでも
言い方が悪くて申し訳ないけど
プロ、アマ問わず
次元の差がはっきりと分かる

この人って身を、生活を、自分を掛けて撞いてるかな?
最高の次元で戦えるかな?

見えちゃいますね
これって語弊があるから補足するけど
前回もいった通り最高の次元で活躍出来るから偉いって言ってる訳じゃ無いんです
そして
最高の次元で戦える人っていうのは決して球が上手いとかよく入れるって事でも無いんです


最高の次元で戦える人の球には重みがあるんです
説得力もあるし見ていて考えさせられもする
そして自分をしっかり見つめて撞いてる

そんな人は本当に一握りですがいるんです
こういう次元の人に表面で勝っても嬉しくない
実力の差を見せつけられただけになっちゃう
むしろ負けた方が良かったって試合もある
最近
良い巡り合わせでこういう人に試合で当たったり出来たので週1プレイヤーの割りに調子も良かったのかな?

あーまた大幅に脱線しちゃってる〜(@_@)




で、ストイックの話なんだけど
最近ビリヤードプレイヤーにランニングや筋トレ、ストレッチやジョギングを取り入れてる人が多いですね
素晴らしい事ですね
やはり試合というのは最後には体力戦
基礎体力の低さは思考能力にも悪影響が出ます
勿論
睡眠不足なんかもおんなじですね
あ、そうそう
以前テレビで眼科医が言ってましたが
視力っていうのは起床から3時間程度は経過しないとその能力は機能しないそうですね
だから
朝10時の試合なら最低7時
7時ならみんな起きてる?
そーでしょうそーでしょう(笑)
でも
試合会場までの道のりでうとうとなんて無い?
会場近くのマックとかでうとうととか?
あと
待ち時間にもうとうとしてる人もいるよね
特にcueでの試合なんかではよく見る風景(笑)

そんなことも自分の能力を下げてしまう要因になってる
勿体無い


こういうことも少しの研究と努力で自分にプラスに出来るようになる
足腰を鍛えるのも勿論だけどフィジカル全般的にケア、研究をすることが大事

こんなことは今じゃわかってるひとが一杯いる
プロはおろかアマでもね

こういう事をコツコツと続けることがストイックであると言うことの1つだね

でも
ここまで分かってる人が何故?みたいなことをしてる時もある

これはまったく批判とかじゃなくて僕がちょっと残念だなと思った話なんだけどね

去年の全日本の直前
Facebookには自分の考えや気持ち、試合に向けての意気込みや前もって乗り込んでの練習プランや日程
色んなプロが各々の想いをコメントしていた
やっぱり全日本とジャパンオープンって特別なもの
みんな熱く想いを書いていて僕にもその気持ち、意気込みは伝わってきた

これまでの総決算!

そんな想いに感じた
少なくとも僕の心にはみなさんの想いはガツンって飛び込んで来てた

でもこのあとが残念


Facebookなどに並ぶ

練習終了からの焼肉なう
とか
寿司なう

みたいなコメント

食べ物の好きずきとかの問題でなく
次の日に自分の1年の計的な試合の負けられない戦いが控えてるのに
胃に大きな負担のある焼肉や
当たったら間違いなく1日や2日じゃ立ち直れないよなダメージを食らう生ものなんか食べちゃダメでしょ〜
ビリヤードの試合が体調不良による試合中断が出来るというルールがあるなら良いけど
呼び出しから5分が経過しても現れなかったら失格、不戦敗っていうシビアなゲーム
試合中でのタイムも1度しかとれない
試合中に強烈な腹痛が襲って来てタイムも取ったけど治らない
結局試合は何とか続けられたけど頑張れる筈もなく敗戦


試合中に腹痛が酷くて耐えられなかったから集中出来なかったよ


かなり前にあるプロがこんな事を言ってた
残念だな〜

風邪を引かないようにとか怪我をしないようにとかは気を付けるのに
結構大きな落とし穴に気付かない
スポーツとしてのコーチングが確立されてないからこそだと思うね
こういう事をみると
ビリヤードってやっぱスポーツじゃなくてエンターテイメントなのかな?って思う


また話が膨らんでしまって今回で完結しそうも無いのでまた次回に
遠足やピクニックなら肉でも寿司でも貝でも何でも食べりゃいい
でも
本当に自分の生活を掛けてます!
って言うならこういうことも気を付けるストイックさが必要だと思う
ま、ストイックってもっと深い言葉だけどね
ちょっとした一例って事で

ではまた

新.大将の独り言・まだまだ続く戯言集~新年早々part5

大将です




もう2月ですね
新年早々なんて題名も合わなくなってきましたんで
このネタについては次回辺りに完結しようかな? と思います

今回は流布宣伝について少し

昨今のビリヤード業界はアングラ感満載だった大昔とは大違いで
例えばビリヤード教室や大型商業施設でのイベントなど
オープンで明るい業界になりつつあります
しかし
まだまだ業界は冬模様
オープンよりも閉店が多いのが現状です

それでも
ビリヤード教室を主催し後進の指導を兼ねて、流布活動を地道に進めているプロや
メディアを通じてビリヤードの流布宣伝を努めているプロ
他業種への協賛を求めることでビリヤード業界のスタミナを更に上げようと努めるプロ
ジュニアや学生、チャイルドへ向けて市場を解放することで広く流布宣伝をしビリヤード人口の増加を根底から押し上げようと努める業者
長年ビリヤード業界の基盤を支えてきたアマ連

たくさんの人々がビリヤード業界の為に尽力しています

以前書いたんだけどね
ビリヤードのプロで試合に勝ったり活躍してる人は一握り
更にそれのみで食べていける人なんて・・・・数人だけでしょう
言い方は悪いんだけど
その一握りのプロの活躍でビリヤード業界が維持されてるんじゃなくて
むしろその逆
ビリヤード業界に従事するプロや業者やアマ全ての人の努力で
その一握りの人達が活躍出来ているんだと僕は思う

例えば野球
ファンや多くの野球選手を目指す少年たち
それを応援する家族など
その人口が多いからプロ野球選手の年俸が3億とかになってる
まえにも書いたけどプロはやっぱり夢を見せるのが仕事
憧れであるべきだし期待に応えるべきではある
ただ
活躍してるからといって偉いわけでも凄い訳でもない
世の中の摂理的な話になるけど
例えばホームランを打つ選手がいる以上
ホームランを打たれるピッチャーがいる
負ける選手がいるから勝つ選手がいる
貧乏人がいるから金持ちがいる
平凡があるから非凡がある

ビリヤードのプロにも百戦錬磨な選手がいる
そのぶん負けてしまう選手もいる
どっちが凄いって?
勝つ選手は応援されたりファンが出来たりするね
でもね
僕はどっちも凄いって思う
とくにプロは

トッププロとして先端を世界ランカーたちと凌ぎを削っている選手も確かに凄いって思うけど
所詮ビリヤード人気があってのもの
もし
誰もが興味を抱かなくなったら結局は自己満足に過ぎない
それよりも
ビリヤード人口を増やそうと必死で店番をするばっかりに
試合に出ることもままならない人気店舗所属のプロや
自分の後進の指導を生業として試合でなく流布で業界に貢献しているプロ
サラリーマンの傍らで愛するビリヤードを広めようとイベントなどに積極的に参加するプロ
その他様々なスタイルはあるけれどプロはアマとは違って責任と自分の夢を持って活動をしてる
だから優劣はつけられないと思う
勿論
練習量の多いプロは試合でも結果を出すでしょうね
でも
自分の練習量を削って宣伝やレッスンをしてるプロは勝つ事よりももっと尊いことをしているように思います
だってファンの増加がプロの生活を底上げできる唯一の経済効果なんですからね

だから
試合で活躍しているからといって横柄でファンを大切に出来ないプロなんていて欲しくはないし
逆に仕事が忙しく試合で活躍はおろか試合に参戦も出来ないからといって後ろめたく思う必要なんて全くないと思います


最近はFacebookでたくさんのプロと交流できる様になりましたから
立派な、人として立派なプロがたくさんいるって知り嬉しく思います
反面
人気商売であるプロとして少し?が付く選手もいますね
決して悪い意味だけじゃないんです
ただ
プロはもっと自分をアピールし人気を上げるべきものなんです
試合で勝つだけじゃ人気は上がりませんしね
もっと人間的なものなんです



まあいろんな人はいますがビリヤードを愛する一人として
プロ、アマ関係なく今後も頑張って行きましょう

今回はここまで
次回は完結予定です
内容はストイックと神経質と勘違いについてです
かなり毒舌な更新になる予定です

新.大将の独り言・まだまだ続く戯言集~新年早々part4

大将です




この間の日曜日は今年の初公式戦の東日本神奈川10ボールでした
最近ちょっと球が荒れてきたけど
精神的には我慢も出来るいい状態で結構自分てきには期待してたんだけど
結果は真逆
何をしに行ったんだ?みたいな事に
ここで反省点を上げたらキリがないから止めるけど
自分に呆れたね(--;)
反省の一貫として球聖戦には出ません(理由はほかにもあるけどね)


前回の続き
ビリヤードの試合ってシーンとした中でやるもんだって誰が決めたんだろう?
ハスラー2のなかのナインボールクラシックって試合では結構ギャラリーも選手もざわざわしてるし、正直相手も立ってみてる。
今の試合では相手着席は当然で立ってるのが逆にマナー違反とか言われる
確かにメンタルスポーツだとは思うけど細かいこと言い過ぎちゃう?みたいに思うな
メンタルについてはまた書くとして
集中を続けるに当たって喧騒やざわざわ感、席の立着が本当に影響するのかな?

で、朝の情報番組でやってたんだけど
立食パーティー効果?リビング学習効果とかいうもの
知ってます?

簡単に言えば
立食パーティーとかのざわついた中でも会話が出来る
リビングルームでの勉強の方が静かな個室で勉強するより効果が高いって話

そもそも人間の耳にはフィルタリング能力が有るらしく
自分に必要な情報を得るために自動的に不要なデータをフィルタリングしてるらしい
これは集中が増せば増すほど強くなる
また
周囲に人がいることで自分が見られてるという自戒的な意識が働いて集中出来るらしい

ってことは
シーンとした中でのゲームってメンタル的に良い環境じゃ無いんでは?
確かにシーンとした中でのシャッター音とか気になるけど
ざわついた中での声や物音なんて気にならない
更には
シーンとした中だからこそプレイヤーが周囲に聞き耳を立てちゃったり


どーなんでしょ?


最近は特設会場とかでの試合だけじゃなくて
商業施設やデパート等での試合やイベントも増えてきた
いわゆる一般向けのイベント
ビリヤードの常識やしきたりなんか全く知らない人達向けのイベント
こういう場所でシーンとした空気を求めるなんてしないと思うし、もしそんなこと望んだら愚の骨頂だよね
一般客の連れた子供が球を撞く瞬間に泣いて外すなんてあるでしょうね
でも
それに対して眉間にシワなんて寄せてたらファンなんて増えません
プロ野球なんてヤジのなかでプレーしてるんですからね(笑)
ストイックと神経質を混同しちゃだめでしょ
ま、この辺りは慣れなんでしょうね
プロ野球に憧れる野球少年達はヤジが飛び交うスタジアムで
これがプロの舞台なんだ!って育つんだから
あれだけざわついてりゃヤジも気にならんよね(笑)

もっとビリヤードとは何か?を考えると
メンタルスポーツである前に娯楽である
これは他のスポーツも一緒だと思うけどプレイヤーの押し付けを通す時代は終わったような気がするな

逆にエンターテイメントだし娯楽って括りに出来れば
観戦者は飲酒しながらでも声だして贔屓の選手を応援したりでも今のショットはあーでもこーでもと論戦しながらでも楽しめる
極端に言えば
1球1球で大歓声なんてことも

そういう試合になったらもっともっと多くの人が

自分もあの舞台に立って試合をしたい!

って思ってくれるんじゃないかな?

僕らが若い頃はサッカーなんて観客もパラパラTV放映もなかったから正直
サッカー選手になりたいって友人はほとんどいなかった
でも今じゃ一番人気でしょ?

ビリヤードも観客を集めて大いに盛り上がれる様な魅力的なパフォーマンスをアピールしていけば人口も増えるんじゃないかな?と思うな


今のビリヤード界の状況は改善の兆し、努力はあるものの実際には自己満足の範囲でしかないと思う


今日はここまでにします
また次回に
Blog Ranking
Photo Gallery
  • 新.大将の独り言・まだまだ続く戯言集~ユルい1日
  • 新.大将の独り言・まだまだ続く戯言集~ユルい1日
  • 新.大将の独り言・まだまだ続く戯言集~ユルい1日
  • 新.大将の独り言・まだまだ続く戯言集~ユルい1日
  • 新.大将の独り言・まだまだ続く戯言集~ユルい1日
  • 新.大将の独り言・まだまだ続く戯言集~またもや
  • 新・大将の超独り言〜名人戦→月例会
  • 新・大将の超独り言〜【超嬉!】二年振りの名人戦
  • 新・大将の超独り言〜穏やかな日々
  • 新・大将の超独り言〜いよいよデビュー【目指せ!世界一(笑)】
  • 大将の超・独り言〜癒し
  • 大将の超・独り言〜晴々(はればれ)
  • 大将の超・独り言〜呆れた
  • 大将の超・独り言〜ひとときの憩い
  • 大将の超・独り言〜ハードスケジュール
  • 大将の超・独り言〜覚醒
  • 大将の超・独り言〜覚醒
  • 大将の超・独り言〜貢がれ上手
  • 大将の超・独り言〜大誤算
  • 大将の超・独り言〜大誤算
  • 大将の超・独り言〜徐々に
  • 大将の超・独り言〜人は見かけによらない
  • 大将の超・独り言〜人は見かけによらない
  • 大将の超・独り言〜2011撞き初めin98
  • 大将の超・独り言【めでたい】98・祝10周年記念試合【めでたい】
  • 大将の超・独り言【めでたい】98・祝10周年記念試合【めでたい】
  • 大将の超・独り言【穴があったら・・・・】失礼千万な僕【入りたい(照)】
  • 大将の超・独り言【松戸】再会【ライジングサン】
  • 大将の超・独り言【不参戦】アマローテシリーズ4・井崎以下(涙)【超残念】
  • 大将の超・独り言【不参戦】アマローテシリーズ3・意外【超残念】
  • 大将の超・独り言【千葉県】オータムクイーンズ観戦記2【デキシークラブ】
  • 新・大将の独り言【超縮小版】98での最後の朝
  • 大将の独り言番外編〜【暴かれた】大将会inハイランド【大将の秘密】
  • 大将の独り言番外編〜【オフ会?】大将会inハイランド→シビレー【美味】
  • 新・大将の独り言【超縮小版】エフワンと海とビックバン
  • 新・大将の独り言【超縮小版】アレナ杯…そのあとで
  • 新・大将の独り言【超縮小版】アレナ杯…そのあとで
  • 大将の独り言番外編〜【神奈川チームの】都道府県対抗戦完結編【快挙はいかに生まれたのか?】
  • 大将の独り言番外編〜【超場外からの】都道府県対抗戦【観戦記】その2
  • 大将の独り言番外編〜【超場外からの】都道府県対抗戦【観戦記】その2
  • 大将の独り言番外編〜【超場外からの】都道府県対抗戦【観戦記】パート1かも……
  • 新・大将の独り言【超縮小版】豪華なメンバーと……完全にミーハーな大将
  • 新・大将の独り言【超縮小版】豪華なメンバーと……完全にミーハーな大将
  • 新・大将の独り言【超縮小版】豪華なメンバーと……完全にミーハーな大将
  • 新・大将の独り言【超縮小版】ROULE TA BOULE〜原口プロのお店オープン
  • 新・大将の独り言【超縮小版】ROULE TA BOULE〜原口プロのお店オープン
  • 大将の独り言350 【球好調】アマローテ参戦記・中【体調不良】
  • 新・大将の独り言【超縮小版】名古屋珍道中12
  • 新・大将の独り言【超縮小版】名古屋珍道中10
  • 新・大将の独り言【超縮小版】名古屋珍道中2〜諏訪湖SA
  • 新・大将の独り言【超縮小版】名古屋珍道中1
  • 大将の独り言番外編〜【運営】オータムカップその1【ロケ弁】
  • 大将の独り言325 〜【奇跡?】神が舞い降りた瞬間【必然?】
  • 大将の独り言321 〜【殿堂入り】最高に不幸な結末【確定!】
  • 大将の独り言319 〜【だけど】懲りない奴【ハンデ渋っ!】
  • 大将の巡礼歌1番『コモルーム』
  • 大将の独り言番外編〜さあ!幕は降りた。みんな笑おう!!
  • 大将の独り言番外編〜さあ!幕は降りた。みんな笑おう!!
  • 大将の独り言《超》番外編〜シーホース最後の日に【記憶に残れたかな?】
  • 大将の独り言《超》番外編〜シーホース最後の日に【記憶に残れたかな?】
  • 大将の独り言《超》番外編〜シーホース最後の日に【記憶に残れたかな?】
  • 大将の独り言310 〜【超満員】ファイナルトーナメント【御礼】
  • 大将の独り言番外編〜ファイナルイベント1【ペアマッチ】
  • 大将の独り言番外編〜またまた深夜に……しかも!
  • 大将の独り言番外編〜ライバル
  • 大将の独り言304 〜マリアにフルーツ盛り合わせ!
  • 大将の独り言304 〜マリアにフルーツ盛り合わせ!
  • 大将の独り言303-2 〜小山先生&チャリチャン登場
  • 大将の独り言303-2 〜小山先生&チャリチャン登場
  • 大将の独り言303-2 〜小山先生&チャリチャン登場
  • 大将の独り言番外編〜ペアマッチ第二弾結果
  • 大将の独り言番外編〜シュートまん&天童リックランド来店!!(まだ言うか!?)
  • 大将の独り言番外編〜シュートまん&天童リックランド来店!!(まだ言うか!?)
  • 大将の独り言番外編〜ペアマッチ大会。そして……
  • 大将の独り言297 〜海水浴パートその2
  • 大将の独り言292 〜先週末の試合後記
  • 大会後記&10人の勇者たち
  • シーホース納涼ナインボール大会結果速報
  • 大将の独り言〜超御礼!!!
  • 大将の独り言〜JPBA松村プロチャレンジ
Back Number
Monthly Archives
Kensaku-Box
     気になる人名・用語を入れて下さい     
(BLOG内でHITがあれば一覧で表示します)

アクセスカウンター

    QR-Code
    QRコード
    • ライブドアブログ

    トップに戻る