鶴竜、ここで連敗するか。

確かに今場所は大関陣が好調だ。
だが、そんな鶴竜、高安相手に巻き替えに行こうとしたところを、高安に強引ともいえる投げを食らった。確かに高安は良かった。強引ではあったが、タイミングよく投げを決めた。その場面で巻き替えを許してしまったら、鶴竜の形にはなっていった可能性は十分にある。

とはいえ、内容うんぬんではないだろう。
白鵬が全勝で、唯一の1敗の横綱。ここはいくら相手が大関だろうと負けてはいけない場面だった。
ここで2差がついた。

白鵬は栃ノ心に何もさせず、土俵中央でいとも簡単に栃ノ心をすくい投げた。
白鵬らしい取り口だろう。

逃げ切りの体制になった時の白鵬は簡単には負けない。

13日目は2敗同士の鶴竜-豪栄道が組まれているため、13日目の優勝決定はないが、白鵬、いわゆるマジック2だ。1つ敗れたことで集中力を切らしたか、鶴竜。それにしても、もったいないというよりも残念だ。

そしてもう1人の横綱稀勢の里。
今場所を象徴するかのような相撲だった。御嶽海に勝機があったかと問われるとなかなか難しい。
よく言えば、稀勢の里は落ち着いていた。慌てず勝機を待った、探った、ということにはなるのだろうか。

鶴竜は2敗。稀勢の里は勝ったとはいえ、すでに3敗。優勝争いからは数字の上では可能性は残されているが、実質、白鵬で決まり。わずかに2敗にも可能性はないとは言えない、という程度の優勝争いになった。

優勝争いはもうほぼほぼ決着がついたような状況だろう。
こうなると、上位陣は、優勝争い関係なく、どうやって自分の立場に見合った相撲を取れるか。単純に「目の前の一番でどう魅せるか」ということになってくる。白鵬は高安との対戦は終えているが、2敗力士を蹴散らしていけばいい。自分が勝てばいいだけだ。

だとしたら、その他横綱、大関の役割は何か。
それはもう、大関なら横綱相手、横綱なら横綱同士の対戦をいかに盛り上げさせられるか、熱戦を繰り出せるかだ。

そんな中組まれた、白鵬-稀勢の里。
稀勢の里には「弟弟子の高安の援護射撃」という役割もあるのかもしれないが、白鵬相手にどういう相撲を取るか。今場所の稀勢の里は粘って勝つかあっさり負けるか。大雑把に分ければこの二択だ。そんな中、白鵬相手にどういう相撲をとっていくのか。楽しみでもあり、不安でもある。

稀勢の里に敗れた御嶽海はこれで6勝6敗。大関取りはほぼ振り出しに戻ったといってよかろう。
残り3番すべて勝てば、かろうじて来場所の好成績で大関昇進の可能性もないとは言い切れないが、8勝に終われば、来場所は14勝以上での優勝レベルの成績が求められよう。過去を振り返れば、曙が13(優勝)-8-13(優勝)で大関に昇進しており、いわゆる33勝というのはクリアしている34勝にはなるが、横綱不在で大関2名しかいない中での昇進だ。今のような3横綱3大関の番付では同列に語れないだろう。過去3場所の成績を鑑みて大関に昇進できるというのであれば、来場所後の大関昇進がなければ、その成績判断は、今場所、来場所、来年1月場所ということになる。13勝の優勝は大関昇進の判断材料にはならない。そういう意味では、厳しい結果となったと言えよう。

御嶽海の優勝は優勝で良かったが、これが先場所も含め、今の御嶽海の力量なのかもしれない。
横綱、大関が勢ぞろいして、しかも結果を残す。こういう場所になれば、そこに加われるだけの力はない。そういうことだ。だとしたら、厳しくも残念な話にはなるが、まだまだ御嶽海には大関の力量はないということだ。

比較対象として出した曙の昇進は、確かに、2大関しかいない中での13勝での昇進。番付通りに勝敗が決まれば、そもそも13勝できるではないか、というのが当時の曙だったわけだが、番付は相対評価でもある。今の御嶽海より強い力士が4人も5人もいるような状況では、やはり星を上げるのが難しい状況下でも、それは大関にふさわしいとは言えないということだろう。

もう1人の関脇、逸ノ城は7敗で踏みとどまっている。
逸ノ城は横綱・大関戦をすでに終えた。残るのは平幕戦のみだ。まだ十分に勝ち越しにはこぎつけるチャンスがある。果たしてどうなるか。先場所、今場所と決して良い逸ノ城には見えず、悪い時の逸ノ城の相撲を取っている印象はあるのだが、体重を武器にして勝つ相撲は取っているとはいえる。

玉鷲はすでに負け越し、三役の座を手放すことが決定的になっているが、貴景勝は6勝6敗と星を五分に戻した。こちらも残された相手は、同じ小結の玉鷲と平幕2人だ。来場所も三役を維持するために、残り3番、結果を残せるか。

来場所の三役争いは、関脇、小結が勝ち越せるか否かで決まってくるところはあるが、それでも対戦相手は平幕上位の三役を賭ける力士になってくるのだろう。

その結果いかんでは、妙義龍の久々の三役だったり、朝乃山や阿炎の三役昇進という芽も出てくる。
貴景勝は自力で勝ち越すことは出来ても、関脇に上がれるかどうかは、両関脇の今後次第だが、やはり勝ち越せば新関脇のチャンスだって出てくる。

妙義龍というベテランを含め、新鋭がどういう星を残し、来場所の三役の面子がどうなるか。こんなところも終盤3日間の見どころかもしれない。

13日目にもなれば、段の「入れ替え」というところも気になるところだ。
ざっと星を見た限り、幕内と十両、十両と幕下、ともに入れ替え人数は少なそうな気配ではある。
そんな中、幕尻の2力士。石浦はすでに9敗で来場所の十両陥落は必至だが、琴勇輝は7敗で後がない状況。こちらもあと1つ負ければ、来場所は十両に逆戻りだが、それでも、今のところ十両陥落が避けられそうにないのは石浦と旭大星くらいだ。あとは千代丸に「2勝1敗」が求められるか、と言ったところ。最大でも4人だろう。だが、十両上位は熾烈だ。2枚目の明生と矢後がすでに勝ち越し、東筆頭の荒鷲も7勝までこぎつけてきた。西筆頭は安美錦で6勝6敗だが、安美錦の40歳再入幕。勝ち越しだけではこれが成らないかもしれない。十両は優勝争いも混沌としているが、十両上位陣にとっては幕内争いもまた熾烈だろう。4枚目ですでに勝ち越した大奄美。5枚目で7勝の貴源治。貴源治だって、残り3つすべて勝てば「候補」になれる。

十両と幕下の入れ替えは、青狼と天空海の陥落は避けられないが、こちらは十両下位の力士も、まだ「陥落の恐れあり」の成績になっている力士はいるものの、陥落はそう多くはならないだろう。
そして幕下上位では西筆頭の豊ノ島がすでに5勝を挙げ復帰は決定的だし、極芯道は今日勝てば、十両昇進が約束される。敗れても東5枚目の6勝なら、十分候補だ。豊響は12日目にすでに7番相撲を取り終えたが、東2枚目大成道が4勝2敗、西3枚目彩3勝3敗、東4枚目玉木3勝3敗、西4枚目友風4勝2敗。今場所後の昇進が成らなくても、星は積み上げたいところだし、ここらの力士は周りの結果いかんで可能性がみられるところだ。

幕内最高優勝争いはかなり興ざめの状況にはなってしまったが、単純に一番一番の見どころはあるだろうし、昇段はいつもの場所通り興味深いところだ。

そして今場所の三賞。ここも気になってくるところだが、上位陣がしっかりとしていただけに、候補者が見つけづらい。北勝富士も7連勝スタートだが中盤からは冴えない。竜電も勝ち越してから、その次が出てこない。現時点での平幕の最高成績者は9勝3敗の貴ノ岩で、さすがに地力が違うところを見せているが、三賞ともなれば、やはり11勝まではこぎつけたいところ。新入幕の隆の勝だって、残り3つ勝てば、候補になってくるだろう。今日、明日と勝てば、「千秋楽勝って2桁に載せたら」という条件付き敢闘賞候補にはなりうるかもしれない。今場所は三賞に値しそうな力士がまるで見られない状況ではあるからこそ、三賞にふさわしい力士を探してみるのもまた面白そうだ。

そんなところで12日目終了。残り3日間、どういう形に展開していくのか。
まずは13日目、注目は白鵬-稀勢の里か。



youtubeチャンネル
是非、チャンネル登録をお願いいたします。
次回は9月26日(水)を予定しております!


【日程決定!】
★10月6日(土) 18:00~20:00 
 ・第9回トークライブ(於:すみだ産業会館)
 ・無料開催!
 ・テーマ:「史上初」
★9月26日(水)21:00~
 ・youtubeライブ配信
 ・テーマ:9月場所振り返りと11月場所の番付予想
 ・恒例の延長戦!? 西尾・横尾の言いたい放題

トークライブ「首投げブラザーズ」 facebookページはじめました。
トークライブやネット配信の案内をこちらで行ってまいります。
https://www.facebook.com/groups/385107591944157/

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へにほんブログ村
相撲ランキング

12日目更新です。

勝利した力士もいれば、敗れた力士もおりますが、1位から12位までは変動なし。
この日より、旭大星休場で旭大星が割から消えておりますので、ランキング最下位は69位ということになります。

本日より、力士個人の最高値と現在の最高値との差を表に組み入れました。
今日の時点での数値が最高値でなければ、マイナスになるため、当然、大部分の力士がマイナスなわけですが、このマイナスが小さければ小さいほど、今が最も強い時、と言えるではないかと思います。

そういう意味では、このマイナス値が大きい、稀勢の里はまだまだ全盛には遠いということもわかろうかと思いますし、番付を下げている過去の実力者もマイナス値が大きくなっているといえると思います。

そんな12日目終了時の数値は以下のようになります。
20180912-1
20180912-2
場所が終わりましたら、個人別などもご提示できればとも思っております。



youtubeチャンネル
是非、チャンネル登録をお願いいたします。
次回は9月26日(水)を予定しております!


【日程決定!】
★10月6日(土) 18:00~20:00 
 ・第9回トークライブ(於:すみだ産業会館)
 ・無料開催!
 ・テーマ:「史上初」
★9月26日(水)21:00~
 ・youtubeライブ配信
 ・テーマ:9月場所振り返りと11月場所の番付予想
 ・恒例の延長戦!? 西尾・横尾の言いたい放題

トークライブ「首投げブラザーズ」 facebookページはじめました。
トークライブやネット配信の案内をこちらで行ってまいります。
https://www.facebook.com/groups/385107591944157/

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へにほんブログ村
相撲ランキング

さて、11日目終了。
ここでついに全勝が白鵬1人になった。もうこうなってしまうと、白鵬の場所になるのだろうか。

全勝の鶴竜に土がついたわけだが、横綱を力相撲で吊り出した栃ノ心。
栃ノ心が技術ではどう考えたって鶴竜にはかなわない。とはいえ、力勝負になれば栃ノ心のほうが強いといえば強い。そんな「テクニックで勝てないのならパワーで仕留めてやろう」思いが見えた栃ノ心の相撲だったが、それはまた見事だった。きれいなこれぞ吊り出しという相撲だっただろう。

鶴竜に土がついた後、結びで1敗高安と対戦した白鵬だったが、高安を「一発押し倒し」。タイミングがあったのか、立ち合いでうまく高安の当たりを受けづらいタイミングで立てたのか、見事にツボに入ったという感じか。横綱と大関、それも全勝と1敗の対戦としてはちょっと残念な取組ではあったと思う。だが、いずれにせよこれで白鵬のみが全勝ということになった。

稀勢の里は3敗。久々に出てしまった、稀勢の里の「蛙飛び立ち合い」。これじゃ、相手にまったく圧力は伝わらない。逸ノ城が力強さを出した相撲にはなったが、逸ノ城に力強さを出させてしまった一番にもなってしまったのだろう。大関時代の悪い稀勢の里を見せられてしまった印象だ。それでも、ここまで8勝を挙げており、超最低限の目標はクリアした。栃ノ心相手に強い相撲も見せられた。そんな中で、稀勢の里に対する期待値も一気に上がっていっていたのだろう。だからこそ、この相撲にがっかりを覚えるし、またがっかりを感じさせてくれるだけの力を戻していたともいえるのかもしれない。

豪栄道は10日目は敗れ2敗を喫していたが、正代相手とはいえ、良い時の豪栄道の相撲がまだ取れている。高安が白鵬に一発で押し倒される相撲をとってしまい、がっかりさせてしまったが故、昨日の負けが本当に悔しい、残念な1敗にだった。

さて、この日は上位の振り返りばかりになってしまいましたが、優勝争いはもう白鵬1強状態になっていくのか。稀勢の里、豪栄道あたりが一矢報いるのか。白鵬が15勝つのか、誰かに負けるのか。そんな注目に変わってきたような11日目になったのではないかと思います。



youtubeチャンネル
是非、チャンネル登録をお願いいたします。
次回は9月26日(水)を予定しております!


【日程決定!】
★10月6日(土) 18:00~20:00 
 ・第9回トークライブ(於:すみだ産業会館)
 ・無料開催!
 ・テーマ:「史上初」
★9月26日(水)21:00~
 ・youtubeライブ配信
 ・テーマ:9月場所振り返りと11月場所の番付予想
 ・恒例の延長戦!? 西尾・横尾の言いたい放題

トークライブ「首投げブラザーズ」 facebookページはじめました。
トークライブやネット配信の案内をこちらで行ってまいります。
https://www.facebook.com/groups/385107591944157/

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へにほんブログ村
相撲ランキング

早速ですが、11日目終了時の関取レーティングです。

20180911-1
20180911-2

御嶽海は魁聖に敗れ、マイナス21.27ポイント。大きくポイントを落としたことになるが、それでも6位キープは変わらず。この上位6名と、7位にいる貴景勝の実力差はまだまだあるということか。

幕内定員は42名。要するに42位以内に入っている十両力士は「幕内の力ある」とは言えそうだし、逆に43位以下の幕内力士は「幕内の力がない」とも言えそうだ。そういう観点で見れば、荒鷲・明生は幕内でもやっていける。矢後はもう一歩といえそうだし、逆に旭大星と石浦は幕内を維持できない成績ということなのだろう。実際に、旭大星は今日から再休場で今場所はもう出場しないことが明言されたことで、幕内維持は困難だし、石浦も幕尻で負け越し。来場所は十両陥落だろう。

さて、この数字は場所が終わった時にどうなっているのでしょうか。



youtubeチャンネル
是非、チャンネル登録をお願いいたします。
次回は9月26日(水)を予定しております!


【日程決定!】
★10月6日(土) 18:00~20:00 
 ・第9回トークライブ(於:すみだ産業会館)
 ・無料開催!
 ・テーマ:「史上初」
★9月26日(水)21:00~
 ・youtubeライブ配信
 ・テーマ:9月場所振り返りと11月場所の番付予想
 ・恒例の延長戦!? 西尾・横尾の言いたい放題

トークライブ「首投げブラザーズ」 facebookページはじめました。
トークライブやネット配信の案内をこちらで行ってまいります。
https://www.facebook.com/groups/385107591944157/

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へにほんブログ村
相撲ランキング

10日目終了時の関取レーティングです。

20180910-1
20180910-2

まったく同レベルの力士。要するに同じレーティングの力士同士の対戦だと、勝者は16ポイントプラスになり、敗者は16ポイントマイナスになります。

つまり、獲得ポイントが16より大きければ「自身より強い力士に勝った」ということになり、損失ポイントが16ポイントより小さければ「自身より弱い力士に負けた」ということになります。

この観点からいくと、この日一番健闘したといえるのは、24.35ポイントを獲得した竜電に勝った石浦ということになる。8勝1敗の竜電に勝った2勝7敗の石浦。もともとの力量もあるうえ、今場所数値を上げていっていた竜電と、下げていった石浦だからゆえ、こういう結果になったといえるのかもしれないですね。



youtubeチャンネル
是非、チャンネル登録をお願いいたします。
次回は9月19日(水)を予定しております!


【日程決定!】
★10月6日(土) 18:00~20:00 
 ・第9回トークライブ(於:すみだ産業会館)
 ・無料開催!
 ・テーマ:「史上初」
★9月19日(水) 21:00~22:00 本日開催!
 ・youtubeライブ配信
 ・テーマ:9月場所のベテラン力士の成績を中心に振り返ります
 ・今回も延長戦やります!

トークライブ「首投げブラザーズ」 facebookページはじめました。
トークライブやネット配信の案内をこちらで行ってまいります。
https://www.facebook.com/groups/385107591944157/

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へにほんブログ村
相撲ランキング

↑このページのトップヘ