2006年06月

2006年06月29日

重点8分野の特許出願状況

特許庁から標記のデータが6/12に公表されていました

特許庁では、重点8分野に関し特許情報を利用したタイムリーな情報提供を行うため、国際特許分類(IPC)や特許庁独自のキーワード等を用いて検索・抽出した日本、米国、欧州を中心とした特許の公開/公表件数及び登録件数を定期的に公表しています。

8分野とは:
ライフサイエンス、
情報通信、
環境、
ナノテクノロジー・材料、
エネルギー、
ものづくり技術(製造技術)、

社会基盤、
フロンティア

[Blackbird]



searcherclub at 09:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)特許 

テキストマイニングを活用したFAQ管理ソフト

野村総研が、コールセンターFAQ用のソフトを作ったそうです。
「TRUE TELLER FAQナレッジ Ver3.0」
http://www.atmarkit.co.jp/news/200606/28/nri.html
検索自動学習機能がFAQが利用されるたびに
学習し、検索精度が向上するということ。

データマイニングとは
http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/datamining.html

マイニング(採掘)といえば、
週末佐渡の金山に行ってきました



searcherclub at 08:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ビジネス | General

2006年06月28日

SPARC Japan 連続セミナー 2006

「より良い学術誌のあり方を目指して−品質のさらなる向上と情報の拡大」

標記の連続セミナーの第1回
「海外商業出版社から見た日本の学術コミュニティ」
講師:深田良治氏(Springer-Verlag Tokyo 代表取締役)
日時:2006年6月30日(金)15:00-16:30
場所:国立情報学研究所 12階会議室

申込:定員に達したため締切

[Blackbird]




searcherclub at 10:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)講習会 

2006年06月25日

光と影

日経産業新聞最終ページに眼光/紙背というコラムがありますが、その23日の記事からの引用。
早大理工の三輪教授の研究によると、人間の影がコミュニケーションに重要な役割を占める。影があることで人間同士にある種の場が形成され、これを共有することで一体感が生まれるとのこと。

書き手の匿名性の高い、ブログでも影の画像を取り込むと、信憑性がまして、一層情報が伝わりやすくなるかも?

[Blackbird]



searcherclub at 21:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2006年06月24日

IMT: Information and Media Technologies

英文論文合同アーカイブズが
J-Stageで公開されるようです。
IMT: Information and Media Technologies
http://www.ipsj.or.jp/08editt/imt/index-j.htm
参加学会は
・言語処理学会
・ヒューマンインタフェース学会
・情報処理学会
・映像情報メディア学会
・人工知能学会
・日本ソフトウェア科学会


searcherclub at 08:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)General 

2006年06月23日

宅ファイル便

大きなデータを送りたくなったら使ってみましょう。
無料サービスです。

宅ファイル便(50MB)
http://www.filesend.to/

データ便・セキュリティ便(100MB)
https://www.datadeliver.net/

YouSendIt(1GB・英語)
https://s11.yousendit.com/

オンラインストレージ[FILEBANK](1〜100GB)
http://www.filebank.co.jp/

WebFile(100MB)
http://www.webfile.jp/

SendThisFile(無制限・英語)
http://www.sendthisfile.com/index.jsp

BBファイル便(50MB)
http://www.bbfile.jp/

大容量ファイル送信 - 日本橋印刷工業組合日本橋支部(200MB)
http://ddd.nihonbashi.gr.jp/

@nifty会員ならマイキャビも使えます。(20MB)
http://www.nifty.com/cabinet/?top1



searcherclub at 12:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)General | 日記

PubMedの新しい表示形式

PubMedの検索結果の表示形式に新しくAbstractPlus形式が追加されました。従来のAbstract形式の表示項目にRelated Articles 5件が追加されただけなのですが、表示形式が大幅に変更になりました。一方、”send to File”で保存すると、Related Articlesは保存されず、従来のAbstract形式と同じ内容になります。Technical Bulletinによると、Entrez DBの豊富な情報をPubMedユーザーに提供することを検討していて、Abstract形式で表示した場合にリンクで案内していくようです。今後どのような情報が追加されるのか楽しみですね。
なお、Related Articlesの計算方法は下記を参照してください。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query/static/computation.html

[ももんが]


searcherclub at 00:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ライフサイエンス 

2006年06月22日

公開研究会「博物館情報学の構築」

東京国立博物館では2004年度に「博物館情報処理に関する調査研究プロジェクトチーム」が設置され、
本年度からは、「博物館情報学の構築」を重点的な研究課題として掲おり、
この研究会は、これまでの研究成果を公開するものとのことです。

開催日:2006年7月19日(水) 事前申込制

申込方法など、詳しくはこちら

[Blackbird]



searcherclub at 21:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)イベント 

Current Awareness Portal

国立国会図書館のCurrent Awarenessが引越しして、
Current Awareness Portalとなりました。

RSS配信が2種類にわかれました。
http://www.dap.ndl.go.jp/ca/



searcherclub at 08:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月21日

シェイクスピアの戯曲

Google Book Search でシェイクスピアの全戯曲が
検索できます。
http://books.google.com/googlebooks/shakespeare/
全文閲覧にはGoogle IDが必要です。
詳細は日系ITPro
***コメント嵐がきたらコメント不可設定にします。***




searcherclub at 06:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)DB一般 | サーチエンジン

2006年06月20日

Google サジェスト

Google サジェスト、皆さん、ご存知でしたか?
もう1年ほど前から公開されていたらしいのですが、ちょこっと便利で面白いです。このページの説明を引用します。
---------
検索窓に入力するにしたがって、Google サジェストがあなたの入力を予想し、リアルタイムで候補になり得る言葉を表示します。 例えば、"科学" と入力すると、Google サジェストは "科学博物館" や "科学技術庁" を候補としてあげるかもしれません。 同様に、"おんせ" のように言葉の一部分を入力すると Google サジェストは "温泉"、 "温泉旅行"、 "音声" や "音声認識" のような候補を表示するかもしれません。入力途中で目的の言葉が候補から見つかった場合、上下の矢印キーかマウスで選択し、さらに右矢印キーで絞込み検索もできます。
----------
候補の順番は、ヒット件数ではなく、キーワードとして入力された頻度の高い順らしいです。

[Blackbird]



searcherclub at 19:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)サーチエンジン 

古書店DB

先日医学書古書店を書きましたが、
一般古書DBをご紹介。

スーパー源氏
http://sgenji.jp/

日本の古書店
http://www.kosho.or.jp/



searcherclub at 08:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)DB一般 

2006年06月19日

2006/6/6の科学分科会の会合の記録2

■ 情報の電子化について
(複合機によるpdf化、Adobe Acrobatの新機能など)
■JMED Plusファイルのサブヘディング
■ JDreamの変更点
次回会合の予定:7月の終り頃

search_friend at 16:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)分科会・委員会 | 分科会・委員会

闘病記ライブラリ

健康情報棚プロジェクトの闘病記ライブラリ
http://toubyoki.info/

治療の体験を病名から探せます。

searcherclub at 08:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月16日

JSTねた(2)

JST(科学技術振興機構)で、国内の科学技術文献情報の英文による提供サービス(J-EAST; JST English Articles of Science and Technology)を行っていると、教えてもらいました。

最近新聞などで報道されたと聞いたのですが、いつごろのニュースなのか、詳しいことをご存知の方がいたら教えてください。

サービスの趣旨は、「科学技術活動の国際化を推進する上で重要な研究成果の積極的発信のために、わが国で生み出された先導的分野の研究情報を英文化し、インターネット経由で海外に発信」とのことです。

STNやDIALOGなどでサービスしているJICST-Eplusと同じ内容と思われます。と言うことは、日本発のPub-Medを狙っているのかしら?

JICSTはJSTに変わったのに、JICST-Eplusと、名前がまだ残っていたのですね。

[Blackbird]




searcherclub at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)DB一般 

2006年06月15日

レファレンス情報システム

国立国会図書館のサービス
http://refsys.ndl.go.jp/pamphlet/refsys_pamphlet_mokuji.html
現在限定公開ですが、早く公開してほしいですね。


searcherclub at 08:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月14日

国際化時代のデータベースとコンプライアンス

漢字文献情報処理研究会
2006年度夏期公開講座

日時:7月22日(土)14:00〜17:00
場所:慶應義塾大学・日吉キャンパス・来往舎中会議室
講師:石岡克俊(慶應義塾大学・産業研究所)

石岡先生を講師にお招きして、著作権に関する問題について検討します。今回は、海外の著作物やデータ製品をデータベース化したり使ったりする場合にどのような問題が発生するか、例えば、日本と中国で法規が異なる場合にどう処理すればいいのか、というような問題についてお話頂く予定です。

 つきましては、会員各位で同種のお悩みをお持ちの方から、質問を募集したいと思いますので、著作権問題[特設]会議室にお書き込みください。非会員の方は、本講座申し込みフォームの「ご意見・ご感想」の欄にご入力ください。また、この問題に限らず、著作権・知的財産権がらみの懸案につきましても歓迎いたします。


入場無料(ただし非会員は会場費・資料代として500円を申し受けます)
要申し込み
 ※詳細・申し込みフォーム

講座終了後、懇親会を開催します。(要申し込み)
 時間 18:00〜
 会費 5,000円(学生4,000円)

[Blackbird]



searcherclub at 10:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)著作権 | 講習会

Dnavi

国立国会図書館データベース・ナビゲーション・サービス
Dnavi
http://dnavi.ndl.go.jp/bnnv/servlet/bnnv_user_top.jsp
ウェブ上の各種データベースへのリンクを提供する
ゲートウェイ・サービスです。
そういえば、データベースの調査が来たことがありました。

searcherclub at 08:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)DB一般 

2006年06月13日

ポータルいくつか

サイエンスポータル
http://scienceportal.jp/portal/

日本語バイオポータルサイト
http://www.bioportal.jp/
生物学や生命科学のポータルサイトです。
日本語で遺伝子や文献情報などの検索ができます。
英語原文に対する日本語訳付けには、
ライフサイエンス辞書を使っているそうです。


searcherclub at 14:52|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2006年06月06日

情報メディア学会第5回研究大会「デジタルコンテンツの最新動向」

情報メディア学会第5回研究大会のお知らせ
[Blackbird]

情報メディア学会では「デジタルコンテンツの最新動向」を基調テーマにして下記の要項で第5回研究大会を開催します。参加希望者は、下記によりお申し込み下さい。非会員の参加も歓迎いたします。
 ●日時:第1日 2006年6月10日(土)10:00〜17:30
     第2日 2006年6月11日(日)10:00〜12:30
 ●会場:鶴見大学会館
〒230-8501 横浜市鶴見区鶴見2-1-3


searcherclub at 08:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

MediaNet

慶應義塾大学メディアセンターの機関誌
http://www.lib.keio.ac.jp/publication/medianet/index.html
年1回発行で、2003,2004,2005年分の収録ですが、
外部の人間も気軽に読めるように下さるのがありがたい。

searcherclub at 06:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0)General | 図書館

2006年06月05日

JDreamIIの機能改善

InfostaのOUGライフサイエンス分科会のサイトに、JDreamIIの機能改善についてJSTと意見交換を行った勉強会の議事録が公開されました。
http://www.infosta.or.jp/ls/start.html
ノイズ除去専用の近接演算子NOTA、や近接演算子でのOR演算の利用、シソーラスブラウザからの検索式への反映の際にフィールドコードを外すこと等が実現されるようです。今後も積極的にユーザーと意見交換を行い、本邦を代表する文献DBとして、ユーザビリティを向上させてもらいたいですね。
また、5月からデータが更新され始めたJMEDplusのサブヘディングについても簡単な紹介があります。5年先を見据えて、索引側、検索側の両者が理解しやすいサブヘディングにしてもらいたいものです。(ももんが)

searcherclub at 15:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)DB一般 | ライフサイエンス

2006年06月03日

学術雑誌バックナンバー専門業者

医学書ではないのですが、関連ということで情報アップします。
医学を含む学術雑誌のバックナンバーを専門に買い取ってくれる業者があるのをご存知ですか?
(株)東亜ブック http://www.toabook.com/

職場で保管できなくなったバックナンバーや広告掲載で余った医学雑誌など、ある程度巻号そろったものを何度か買い取っていただいたことがあります。(ほら、最近は雑誌も一度に大量に棄てるとお金がかかりますし・・・)

また逆に、「どうしてもこの1冊だけバックナンバーがほしい」という時も、お世話になったことがありました。


*orange*


searcherclub at 00:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ライフサイエンス 

病院図書室研究会の名称変更

5月から病院図書室研究会の名称が、日本病院ライブラリー協会に変更になったようです。


*orange*


searcherclub at 00:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ライフサイエンス 

2006年06月02日

医学書専門古書

先日、1881年「解剖攬要 / 田口和美編」を探してといわれて発見。
神田神保町の古書を一括検索できる
古書データベース
http://jimbou.info/
神田では
明倫館
いざわ書林

本郷周辺では
木村書店・柴善書店・書肆文献堂・鳳文社
などが有名だそうです。
この辺に詳しい方コメントお願いいたします。

searcherclub at 08:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ライフサイエンス | DB一般

2006年06月01日

Google Page Rank ただいま3です(^^。

Google Page Rankとは、
ウェブサイトの人気度を1から10の数字で表します。
現在Yahoo が9、2ちゃんねるが6です。

Googleツールバーをインストールすると見ることができますが、
Page Rank Onは、Google Toolbar無しに
Google Page Rankを知ることができます。
http://www.pagerankon.com/

ちなみに家元サーチャーの会ホームページは4。

searcherclub at 13:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
サーチャーの会HP
訪問者数

@ITのRSS