2006年07月

2006年07月31日

パソコン便利ワザ公開プロジェクト(3)

しばらく間が開きましたが、お元気ですか。
次は、エクセルのセル内改行についてですが、これはたいていの方はご存知と思います。改行したい箇所で、ALT+エンター、ですね。

では、2つのセルの値をまとめて、一つのセルで表示したいときはどうしますか?
例えば、下のAとB列を併せてC列のように表すことができれば、コンパクトになって便利です。

EXCEL




答えは、
セルC1に次の式を入れます。
=A1&CHAR(10)&B1
後はこれをC列の下の方にコピーします。次に数式から値へ変換すれば出来上がり。

数式から値へ変換は、コピーしてから形式を選択して貼り付け、簡単には該当範囲を右クリックし、好きなところへドラッグ(同じ場所でも構いません)して、右クリックを離して、値のみをコピーを選択します。

なお、ワードに貼り付ける場合は、数式のままコピーで大丈夫です。

ちなみに、CHAR(10)はアスキーコードを文字に直す関数で、10は改行(正確にはラインフィード、LF)です。

[Blackbird]




searcherclub at 13:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)General 

書籍・事典同時検索 「想-IMAGINE」

サーチャーの会のみなさま
墨田川の花火は屋上からみえましたか?

「想-IMAGINE」
神保町の検索システムで活躍の国立情報学研究所高野明彦氏。
http://imagine.bookmap.info/
新書・Webcat・Wikipediaを同時検索できます。



searcherclub at 08:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年07月26日

電子透かしを使った危険・巧妙なスパムメール

画像付きの迷惑メールの最近のテクニックについて、日経bpに記事が載っていました。
詳しくはこちら

[Blackbird]




searcherclub at 12:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2006年07月25日

各国特許法の日本語および英語訳

特許庁から、各国特許法の日本語および英語訳が提供されるようになりました。
40ヶ国以上の世界の特許法が日本語で掲載されています。

[Blackbird]




searcherclub at 15:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)特許 

2006年07月24日

IFPMAで本邦の治験情報が検索可能

IFPMA(国際製薬団体連合会)の臨床試験のポータルサイトでJAPICが運営している日本の臨床試験情報が日本語で検索できるようになりました。
http://clinicaltrials-dev.ifpma.org/
たとえば、「肺癌 JAPIC」と入力するとJAPICの臨床試験情報に登録された治験情報がヒットします(URLはwww.clinicaltrials.jpです)。情報自体は英語ですが、疾患名や薬剤名で検索すると日本の治験もヒットするようになりました。武田さんのように自社のHPで治験情報を公開し、JAPICには登録しない会社の情報は含まれませんが、一回の検索で全世界の治験情報が検索できるようになったのは便利なことです。今後治験情報が充実するのが楽しみです。一方で、UMIN(大学医療情報ネットワーク)の臨床試験登録サイト(CTR)の情報はIFPMAではヒットしません。UMINには大学や国公立の研究所の臨床試験が中心に登録されているので、製薬メーカーの国際サイトでヒットしないのも、理解できないでもありません。しかし、米国のclinicaltrials.govがIFPMAでヒットする現状を考えると(ここには、国公立の臨床試験もメーカーの臨床試験も登録されています)、無駄な臨床試験を実施しないためにも国際的なポータルサイトへの登録を考えてほしいものです。もっとも、同じ日本人を対象とした臨床試験を行っているのですから、2つの登録サイトがあるのもおかしな話です。早くサイトを統一してもらいたいものです。
*ももんが*


searcherclub at 23:15|PermalinkComments(1)TrackBack(0)ライフサイエンス 

2006年07月21日

Windows Liveで医学文献の全文検索

Windows LiveでCrossRef Search参加雑誌の医学文献が検索できることに気づきました(もう遅いかもしれませんが・・・・)。本年の4月からCrossRefとMicrosoftが組んで、情報、電気、物理関係の文献の検索サイトとしてサービスを開始したのですが、医学文献も全文検索ができています。CrossRef Search参加誌全てが対象かどうかは検討していませんが、BlackwellやWilyはヒットしました。CrossRef Search自体はGoogleを使用しているため、検索は早いのだけれども、結果の表示順が良くわからずPubMedに比べて使い難いと思っていました。これは、Google Scholarでも同じです。Windows Liveでは、検索結果を新しい順に並び替えることもでき、検索結果をEndoNoteに移行することもできます。普段、PubMedのような文献検索DBで検索をしている者にとっては、使いやすいサイトといえます。CrossRef Search参加誌が増えてくると、全文検索のための有望なサイトになりますね。学術文献の検索では、Microsoftのほうが賢明かもしれません。
http://www.live.com/
*ももんが*


searcherclub at 23:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ライフサイエンス 

2006年07月20日

「フォーラム@nifty」を終了

パソコン通信「NIFTY SERVE」のフォーラムは
フォーラム@niftyに変わりましたが、これが
2007年3月末をもってサービスを終了するそうです。

NIFTY SERVE時代にわくわくしながら
サーチャーの世界を覗いていた方も多いのでは?
詳しくは
フォーラム@niftyからのお知らせ



searcherclub at 01:11|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2006年07月19日

MLA2006

NLMのTechnical Bulletinに5月に開催されたMLA2006の発表PPTが登載されました。
http://www.nlm.nih.gov/pubs/techbull/ja06/ja06_mla_dg.html

今年はNMLの記念すべき年のようです。NLM法の50周年、MEDLINEの35周年、PubMedの10周年(無料公開は1997年なので身近なPubMedの10周年は来年ですね)。PubMedのレビューもありますので、現状の整理にもなります。1999年以降のレコードの80%以上がフルテキストとリンクされ、16%は無料のテキストと言う紹介もあります。情報のFlat化がここでも進展しています。
*ももんが*


searcherclub at 00:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ライフサイエンス 

2006年07月18日

川口市の新公共図書館:メディアセブン

三菱総合研究所、2006-06-22
に、「年二千円はお得!公共図書館の会員制オプション」として川口市の新公共図書館:メディアセブンが紹介されています。
以下、抜粋:
年会費2,000円を払うと、上質なワークスペース(座席)、PCや無線LAN、カラープリンタ(枚数課金)などが利用できる。座席のインターネット予約、レクチャーやワークショップなどのイベントの先行予約もできる。リアルな空間と会員専用Webサイト「メディアセブンコミュニティ」が人と人とをつなぐサポートをする。

[Blackbird]



searcherclub at 05:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)図書館 

2006年07月17日

新刊紹介:インターネットの法と慣習 かなり奇妙な法学入門

『インターネットの法と慣習 かなり奇妙な法学入門』
        (白田秀彰、ソフトバンク新書、735円)
以下はamazonの紹介記事の引用です。

出版社/著者からの内容紹介
ネット社会を読み解くために必読の書!
『Hotwired Japan』の人気連載が書き下ろしなどを加えて待望の書籍化!
インターネットにおける「法」と「慣習」を考察して、今後のネット社会のあり方を軽妙に論じた一冊。

内容(「MARC」データベースより)
そろそろ真面目に「法」について考えよう! 情報法のエキスパートが、軽妙かつ明快に法とネットについて徹底解説。インターネット社会に関わる人にとって必携の一冊。『Hotwired Japan』連載を単行本化。

出版社からのコメント
変化するネット社会を歴史的な観点で捉え、リアル社会との関わりや今後の展望までもを論じた一冊である。
日常的に接するネットを通した、法学の入門書としても最適だ。
『Hotwired Japan』の人気連載に大幅な加筆、書き下ろしを加えて刊行。

[Blackbird]




searcherclub at 09:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)参考書 | 著作権

2006年07月14日

WHAT検索エンジンCTX

ジャパンナレッジ(http://www.japanknowledge.com/) にJK実験工房として新しい検索エンジン「WHAT検索エンジンCTX」を使ったサイトが登場しました。(http://www.contextsearch.jp/)
あるキーワードの近くに記載されているヒトやモノ、事柄についてジャンルを指定して検索できるようです。実際に利用できるかについては、これから検討する必要があります。検索エンジンの詳細については、下記を参照してください。

http://www.cac.co.jp/softechs/images/st2701_04.pdf

*ももんが*



searcherclub at 23:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)サーチエンジン | General

2006年07月13日

パソコン便利ワザ公開プロジェクト(2)

第2弾はコピペ関連のワザの紹介と行きましょうか。
そんなの知ってるよ、という方は、まあ黙って聞いててね。そしてあなたの知っているワザを公開してくださいね。
まず、お断りですが以下はすべてワードに限った話です。

(A) まず、飛び飛びの文字列の選択。
これは、CTRLキーを押した状態で選択したい箇所をマウスでなめていく感じです。なめるときは、もちろん、左クリックを押したままで、なめ終わったらクリックを離して次の場所をなめる、この繰り返しですね。
選択が終わったら、コピーして目的の場所でペーストすると、飛び飛びに選んだ文字列が纏まってペーストされます。
なお、この飛び飛び選択ワザはエクセルや、エクスプローラでのファイル選択でも使います。
コピペだけではなく、書式変更(フォント、文字の色、上付・下付、など)にも使えます。1っ箇所ずつ変更するより、まとめてできるので便利ですよ。

ところで、[コピーして]と言うのはどういう動作ですか?ツールバーの編集メニューからでOKですが、この他に右クリックしてコピーを選ぶ、ショートカットキー(CTRL+C)を使うなどいろいろの方法を使えるようにしておくと良いですね。左手がふさがっていたらマウスで操作、右手がふさがっていたらショートカットキーなどと使い分けられれば、あなたは相当の使い手!
「編集メニューから」と言うのも、マウスでやるほかに(ALT+E)からCを押すとコピーと言う手もあります。

(B) 次は矩形選択。
これは、ALTキーを押してからマウスで希望の箇所を矩形になめるだけです。後は普通にコピペすれば出来上がり。
箇条書きの縦の列、(A)(B)(C)、、、などを別の場所で再利用するときなど結構使えます。

(C) 文字列の移動
目的の文字列を切り取ってからペースト、、、そんな話じゃないですよ。
目的の文字列をマウスでなめる、ここまでは一緒。次に移動先にマウスを合わせて、(CTRL+右クリック)です。
このワザを知っていたら、師範代かな。文章を推敲するときなど、とても便利。

(A)(B)(C)全部知っていたら師範級、な〜んてね

[Blackbird]



searcherclub at 21:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)General 

2006年07月11日

パソコン便利ワザ公開プロジェクト

パソコンと向き合う時間が長くなると、指や腕が痛くなったり、眼が疲れたり、いろいろストレスも溜まりますよね。

そんな時、ちょっとした便利ワザ・裏ワザを知っているとかなり能率が変わりますね。
そんなワザを、皆で公開しあいませんか。

言いだしっぺで、まずは私から、究極のIME単語登録ワザ。

◇メルアドの登録
例えば
@ささ→abcd@vwxyz.com
次に品詞を顔文字で登録。
固有名詞などで登録すると、半角と全角の両方が候補になり煩わしいが、顔文字だと半角のみになる。

◇丸付き数字などの記号も@マークが便利
@1→
@10→
@や→”→”
数字を入れて何回も変換キーやスペースキーを押したり、次に普通の数字を入れるときに初めに丸付き数字が出てしまう、2重の煩わしさが除かれる。

◇先頭の1〜2文字と、最後尾の1字で単語登録。
こんす→今後ともよろしくお願い申しあげます。
ありす→有難うございます。
ひごす→日頃お世話様になっております。
など。
ただし、電話に出たときに「どうも、ひごす」などと言わないように(^_^)。

[Blackbird]



searcherclub at 09:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)General 

2006年07月10日

Mindsにcochrane追加

診療ガイドラインを提供しているMindsにCochrane Libraryのシステマティックレビューの和文抄録が追加されました。
http://minds.jcqhc.or.jp/to/index.aspx
ガイドラインの対象となる疾患についての抄録のみですが、ガイドラインを補完するエビデンスとして参考になります。日本語で読めるのはやはり理解が早く、正確ですね。このサービスを利用するためには、無料の会員登録が必要です。
Cochrane Libraryのシステマティックレビューの抄録は英語ですが、Cochrane Collaborationのサイトで無料で検索・参照することができます。http://www.cochrane.org/
もともとは厚生労働省の班研究のガイドラインを提供するサイトとしてスタートしたと理解していたのですが、情報の充実を考え出したようですね。ここまでやるなら、Cochrane Libraryの無料提供やシステマティックレビューの抄録すべての和訳を提供してほしいものです。
*ももんが*


searcherclub at 23:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ライフサイエンス 

2006年07月07日

esp@cenetに日本語インターフェース登場

ヨーロッパ特許庁の検索ページesp@cenetに日本語インターフェース登場しました。
ヘルプの説明や、入力ボックスのところが日本語になっているので、慣れていない人には便利になったと言えそうです。
ただし、キーワードの入力は英語です。

[Blackbird]



searcherclub at 21:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)特許 

2006年07月06日

知的財産活動調査結果

特許庁の資料室に統計データ「平成17年度知的財産活動調査結果」が載っています。
アクセスは、
特許庁HOME ->資料室(各種統計) ->知的財産活動調査結果
または、直接こちらから

[Blackbird]








searcherclub at 09:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)特許 

2006年07月05日

Weblio

http://www.weblio.jp/

Weblioは、Weblioに登録してある辞書・百科事典・データベースの内容を一度に検索することのできる、統合型の辞書です。

searcherclub at 20:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)DB一般 | General

2006年07月04日

「情報管理」6月号 高野教授の執筆

「情報管理」6月号に国立情報学研究所の高野教授の執筆が掲載されています。の執筆が掲載されています。
視点=インターネットと情報の信頼性 (「情報管理」 Vol.49No.3 p.142-144, 2006)

高野教授といえば、今年2月のサーチャーの会定例会で「連想計算による情報アクセス」というテーマの講演を聴きに行ったことがあります。
会場は満席に近い状態でしたし、参加に見合う内容でした。
上記執筆もそのときの講演内容とダブる部分がありますので、参加できなかった方は目を通してみてはいかがでしょうか。

*orange*


searcherclub at 20:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

■無料学術文献検索サービス/JSTOREは2つある!?


遅ればせながら・・・
ユサコのNewMediaNews 5月号(第163号)に無料の学術文献検索サービス(GoogleとMicrosoft
)の動向について、情報が掲載されています。
すでにその存在自体は知っているものの、「それぞれの細かい機能などについて説明して」と言われたら、なかなかできませ
ん。その点、ここにはわかりやすくコンパクトに解説しているのでおすすめです。


ところで。。。
同じ号にJSTOREの情報も載っており、てっきりJSTのJ-STOREだと思ったら、違いました。

■JSTORE■ 
 ・洋雑誌(バックナンバーのみ)の電子アーカイブサービス・全タイトルを初号から収録
 ・米国の非営利団体が提供(日本で利用する場合はユサコが代理店)
 ・有料(サイトライセンス契約)

知らなかった私はモグリでしょうか。
JSTOREに収録されている雑誌は古いもので1600年代に遡るそうです。

そうそう、古い文献の入手ってほんとに面倒で時間がかかるもの。
書誌データ自体がデータベースに載っていなかったり、孫引きの孫引きをしたり。書誌情報があったとしても何ページに記載
されているのかわからない状態で、複写拒否されることもありました。そんな時はまず目次を入手したり・・・。
そんな時、このアーカイブサービスが利用できればありがたい。

ただ、有料である点が引っ掛かります。
古い文献を利用するケースって、私の経験上では年1、2回だったでしょうか。めったにありません。
JSTOREの利用料と頻度を天秤にかけると、このサービスを利用できる企業や団体は自然と限られてしまいますね。



searcherclub at 20:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年07月03日

USBメモリ簡単取り外し

USBメモリを使用する機会が増えました。
USBメモリの取り外しには最低2回クリックが必要ですよね。
他のUSBデバイスがついてたりすると
どれだかわからなくなってしまう今日この頃。

そこで、登場したのは
UnplugDrive Portable (FREE)
インストール不要で解凍・USBメモリにコピペするだけで
簡単にUSBメモリを取り外せるようになりました。



searcherclub at 08:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 | General
サーチャーの会HP
訪問者数

@ITのRSS