図書館

2010年08月24日

U40 - Future Librarian 2010 プレミアセッションのご案内

下記のご案内を頂きましたので転載します。
<幹事>

U40 - Future Librarian 2010 プレミアセッションの参加申し込みの受付を開始しました。

次代を担う40代以下の若い図書館関係者の集いとして、今年、U40事務局は、全国図書館大会と図書館総合展の2つの舞台を用意しました。
そのうちの1つ、図書館大会後夜祭(9月17日・金)開催の、U40 - Future Librarian 2010 プレミアセッションの参加申込を受付中です。
現在、全国9会場での開催を予定しています。各会場とも、19時開始の想定です。

・奈良会場
・東北会場(仙台)
・東北会場(山形)
・北関東会場(宇都宮)
・東京会場
・東海会場(名古屋)
・岡山会場
・四国会場(愛媛)
・甲信越会場(山梨)

ご参加いただける方は、下記のフォームよりお申し込みください。

なお、参加可能な会場が見当たらない方は、ご自分で会場を立ち上げることができます。
u40_office at yahoogroups.jp(at は @ に置き換えてください)までご連絡いただければ、事務局員が会場立ち上げを全面的にサポートいたします!

9/17(金)のU40 - Future Librarian 2010 プレミアセッションでは、

◆U40 - Future Librarian宣言(案)
1. 図書館をもっと元気で、すばらしい未来を生み出す場にするために汗をかき、智恵を絞る。
2. 図書館に対して関心を持つすべての人々に対して、常にオープン。
3. 上の世代のこれまでの尽力に思いを馳せつつ、下の世代を育て、図書館コミュニティーの持続的な発展のためにふるまう。

の正式な発効をゴールに見据えて開催します。

11月の図書館総合展では、9月に発効した宣言を実現するためのストラテジーをまとめることをゴールとします。

その他、昨年の様子や現在の事務局メンバー等の詳細は、下記ページからご確認いただけます。
U40 - Future Librarian 2010

昨年の全国12会場330名を上回る盛況と出会いを期待しています。

searcherclub at 14:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月09日

第1回産業日本語研究会・シンポジウム

以前講演していただいた、藤井先生から以下の連絡を頂きました。

○第1回産業日本語研究会・シンポジウム
■日時:2010年2月24日(水) 13:00-17:30
■場所:東京大学 情報学環・福武ホール ラーニングシアター(東京大学 本郷キャンパス)
■参加費(事前登録制): シンポジウム本体:無料 (懇親会:1,000円)
■主催:高度言語情報融合フォーラム(ALAGIN)、言語処理学会、日本特許情報機構(Japio)
■プログラム:13:00-17:30
(1) 開会あいさつ
    橋田 浩一 言語処理学会副会長/産業技術総合研究所社会知能技術研究ラボ長
(2) 基調講演 産業日本語を育てよう
    長尾  眞  国立国会図書館館長
(3) 招待講演 
    影山 太郎  国立国語研究所所長
(4) 招待講演 法廷用語を市民の手に
    …日弁連における日常語化プロジェクトの経験から
    酒井  幸   弁護士
(5) 取組・研究事例の紹介・総合討論
   コーディネータ   井佐原 均 豊橋技術科学大学教授
? 日本語処理技術の研究開発における特許情報の可能性
        藤井 敦  東京工業大学准教授 
? 病院の言葉を分かりやすくする提案    
        田中 牧郎 国立国語研究所准教授
? 特許版・産業日本語と機械翻訳向け特許明細書ライティングマニュアル
        渡邊豊英 Japio特許情報研究所調査研究部長
? 産業情報としての特許情報と産業日本語
        横井俊夫 東京工科大学名誉教授/Japio特許情報研究所顧問       
? 総合討論  参加者全員(会場含む)による総合討論    

■Webページ
    http://www.alagin.jp/symposium/


searcherclub at 09:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年09月16日

国立国会図書館(NDL)データベースフォーラム

国立国会図書館(NDL)データベースフォーラム−確かな情報へのナビゲーター−
インターネット上で利用できる国立国会図書館の便利なデータベースやコンテンツを、デモンストレーションを交えながらご紹介します。また、希望者には館内見学を実施します。
日時:平成21年10月29日(木) 13:00〜16:30
会場:国立国会図書館 東京本館 新館 講堂

東京本館で開催するデータベースフォーラムは、第95回全国図書館大会東京大会国立国会図書館関連行事です。
入場無料で、どなたでも参加できます。みなさまの参加をお待ちしています。
詳細はこちら

searcherclub at 09:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月10日

第1回ARGフォーラム「この先にある本のかたち」

ARG(ACADEMIC RESOURCE GUIDE) 岡本真様よりご案内頂きましたので転載します。
                           <サーチャーの会>

◆8月17日(月)第1回ARGフォーラム「この先にある本のかたち」

 「8月17日(月)第1回ARGフォーラム「この先にある本のかたち」
    (長尾真 国会図書館長×金正勲・津田大介・橋本大也)への招待」

来る8月17日(月)に国立国会図書館長の長尾真さん、慶應義塾大学の金正勲
さん、ジャーナリストの津田大介さん、起業家・ブロガーとして名高い橋本大
也さんをお招きして、第1回ARGフォーラム「この先にある本のかたち−我々が
描く本の未来のビジョンとスキーム」を開催します。

詳細は「続きを読む」をご覧ください。続きを読む

searcherclub at 08:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年06月29日

情報活動研究会(INFOMATES) 第9回研究会のご案内




表記のお知らせを頂きましたので、以下に転載します。
同一テーマでの2回開催されるそうです。[Blackbird]

〜◇〜◇〜◇〜◇〜◇〜◇〜◇〜◇〜◇〜◇〜◇〜◇〜

 情報活動研究会(INFOMATES)の第9回研究会について、以下の通りお知らせします。

今回のテーマは、「困ったさん、大集合。お悩み解決、図書館員の底力!」です。
利用者対応業務上の悩みを持ちより、参加者間で助言等行う会となります。図書館員以外の方の参加
も可能です。
少人数の研究会で幅広く意見交換を行い、充実した議論と人脈交流を図りたいと考えています。
 皆様のお申込お待ちしております(定員がございますので、お申込はお早めにお願いします)。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■日時:2009年7月29日(水) 18:30〜20:30
■座長:稲葉 洋子 氏 (大阪大学付属図書館)
■会場:(独)科学技術振興機構 西日本支所 研修・会議室
    http://pr.jst.go.jp/osaka.html
   〒550−0004 大阪市西区靱本町1−8−4 大阪科学技術センタービル 3階
         地下鉄四ツ橋線/本町駅(28番口)より徒歩約3分
■定員:先着10名
■参加費:無料

■申込方法(メール)
 ・宛先:infomates@mail.goo.ne.jp
 ・件名:情報活動研究会参加申込
 ・本文記載内容:
   ※1. 申込者名
   ※2. 連絡先メールアドレス
   ※3. 今後の研究会連絡希望の有無
    4. 会社名または団体名
    5. 所属部署
    6. 電話番号
    7. 年代(例:40代等)
    8. 情報科学技術協会の会員か非会員か(この項目により参加が優先されることはありません


  ※1−3は必須項目、4-8は参考までにさしつかえない範囲でご連絡ください。
  参加者名簿には1、4、5を掲載予定とします。
  4、5が掲載不可の方はその旨お知らせください。

 **申込みに際してのご注意**
 以前の研究会で、連絡がないままの欠席が多く発生しました。
 参加を希望されるキャンセル待ちの方にご迷惑がかかり、研究会の運営にも影響
 が及びます。申込みに際しては、十分ご留意下さい。

■受領連絡:参加申込者の方にはメールで受領のご連絡をいたします。数日以内
に受領メールが到着しない場合は再度ご連絡をお願いいたします。また、お申込
者には最終確認メール(7月22日前後)を致しますので、再度出席の可否をご返信
下さい。その際、当日の電話連絡先を連絡いたします。

■個人情報の扱い:ご連絡の個人情報は当研究会の連絡と参加者分析にのみ
使用させていただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

情報活動研究会(INFOMATES)
infomates@mail.goo.ne.jp

searcherclub at 11:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月09日

NACSIS-CAT登録一億件突破記念講演会

NACSIS-CAT(目録所在情報サービス)登録一億件突破記念講演会の開催の案内を見つけました。
日時:平成21年2月6日(金)15:00〜17:30
場所:一橋記念講堂(東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内)
詳細はこちら



searcherclub at 20:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月30日

Free Medical Journals.com

Free Medical Journals.com
http://www.freemedicaljournals.com/
オープンアクセスの医学雑誌を集めたWebサイト



searcherclub at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月29日

HighWire Press

HighWire Press
http://highwire.stanford.edu/

スタンフォード大学図書館

無料OJを提供




searcherclub at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月26日

Scirus

Scirus
http://www.scirus.com/srsapp/

エルゼビア社の提供する科学技術関係のWeb検索エンジン



searcherclub at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月25日

SISTでできること

科学技術情報流通技術基準
(SIST:Standards for Information of Science and Technology)
SISTのチラシが公開されていました。

各SISTの全文(PDFファイル)は
以下のページからダウンロードできるそうです。
http://sist-jst.jp/
SIST 01 抄録作成
SIST 02 参照文献の書き方
SIST 03 書誌的情報交換用レコードフォーマット(外形式)
SIST 04 書誌的情報交換用レコードフォーマット(内形式)
SIST 05 雑誌名の表記
SIST 06 機関名の表記
SIST 07 学術雑誌の構成とその要素
SIST 08 学術論文の構成とその要素
SIST 09 科学技術レポートの様式
SIST 10 書誌データの記述
SIST 11 数値情報交換用レコード構成
SIST 12 会議予稿集の様式
SIST 13 索引作成
SIST 14 電子投稿規程作成のためのガイドライン

ちなみに
欧文誌名の省略・略記法については,
--------------------
国際規格のISO 4,及びそれに準拠してISSN国際センターが作成する目録マニュアル「ISSN Manual. Cataloguing Part」と略語表「List of Title Word Abbreviations」に従う。
-------------------

下記に解説がありました。
菅野 育子. “書誌記述における雑誌名と機関名の扱い: : SIST 05,SIST 06の改訂による完全表記”. 情報管理. Vol. 50, No. 3, (2007), 162-166 .




searcherclub at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月10日

カナダ国立科学技術情報機関CISTI

カナダ国立科学技術情報機関CISTI
http://cisti-icist.nrc-cnrc.gc.ca/cisti_e.html

科学、技術、工学、薬学の領域の文献情報を検索できるポータルサイト

トップページの
Catalogue (books, conference proceedings, etc.)で
Search type: "keyword anywhere"を選ぶとキーワード検索ができる。

Discoverで論文検索ができる。

資料の入手はサンメディア経由で可能

参照
クリム ナオミ:著, 鈴木 英明:訳, 松下 茂:訳. “カナダ国立科学技術情報機関CISTI : 情報格差を埋めるために”. 情報管理. Vol. 50, No. 1, (2007), 11-19 .
http://www.jstage.jst.go.jp/article/johokanri/50/1/50_11/_article/-char/ja

searcherclub at 10:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年09月06日

Directory of Open Access Journals

Directory of Open Access Journals
http://www.doaj.org/doaj?func=home

スウェーデンのルンド大学の提供するオープンアクセスジャーナルサイト
(以下サイトから引用)
This service covers free, full text, quality controlled scientific and scholarly journals. We aim to cover all subjects and languages. There are now 3612 journals in the directory. Currently 1249 journals are searchable at article level. As of today 208718 articles are included in the DOAJ service.

searcherclub at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月18日

British Library Direct − 英国図書館の雑誌記事索引

British Library Direct − 英国図書館の雑誌記事索引
国立国会図書館からリンクと説明があります。
http://www.ndl.go.jp/jp/data/theme/theme_honbun_400159.html

(以下抜粋引用)
英国の国立図書館英国図書館(British Library)が無料提供している雑誌記事・論文検索システム。
・過去5年分のみを提供している
・原文献電子ファイルのダウンロードサービス

収録対象:英国図書館のDSSで需要の多い雑誌約2万タイトルの最近5年分
対象主題分野:全分野
収録レコード数:約900万件
英国図書館が有料で提供しているBritish Library Inside(1993年以降の雑誌記事・論文、会議録ペーパーを収録)から、会議録を除く雑誌記事・論文の最近5年分を抽出しています。

searcherclub at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月15日

LISNews Librarian And Information Science News

LISNews : Librarian And Information Science News
http://lisnews.org/

昨日の追記:
そういえば日本のブログについて2007年にまとめていたのを
思い出しました。
Libworld - Japan
http://infobib.de/blog/2008/01/28/libworld-japan/
かたつむりは電子図書館の夢をみるか:
http://d.hatena.ne.jp/min2-fly/


searcherclub at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月14日

LISWiki :Library and Information Science Wiki

LISWiki :Library and Information Science Wiki
http://liswiki.org/wiki/Main_Page

--Weblogs - Medical Librarianship
http://liswiki.org/wiki/Weblogs_-_Medical_Librarianship
--2006 Best Blogs(LisWiki)
http://liswiki.org/wiki/2006_Best_Blogs

参照:2007年図書館員のためのウェブログベスト10を選ぼう
カレントアウェアネス ― 2007年1月11日 (木)
http://current.ndl.go.jp/node/5214 
2007年版はその後どうなったのでしょう?







searcherclub at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月13日

本の検索便利メモ

アマゾン探検隊
http://a-tanken.com/
サイトから引用:オンライン書店の一括在庫検索と古本の価格統計


本・書籍横断検索
http://google-mania.net/book-search
サイトから引用:Amazon、紀伊國屋、ジュンク堂など30以上の国内の主要書籍販売サイトから横断検索します。在庫が少ない、ニッチな本を検索する時に便利です


searcherclub at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月08日

Cinii meets 機関リポジトリ

http://ci.nii.ac.jp/cinii/pages/index.html#20080807
>CiNiiから機関リポジトリの論文にリンクする実験を行っています>(2008/08/07)

>8月4日より、CiNiiから機関リポジトリの論文にリンクする実験を行っています。検索結果画面や詳細表示画面にが表示されていれば、そこをクリックすることにより、機関リポジトリの論文を見ることができます。
                  鷹

searcherclub at 11:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年07月31日

平成19年度 図書館とNIIの集い (NII Library Forum 2007)の開催

国立情報学研究所のイベント案内より転載しました[Blackbird]

日頃ご協力いただいている図書館のみなさまにお集まりいただき、NIIの様々な学術コンテンツ事業について最新の状況をご報告するとともに、みなさまからご意見をいただくイベントです。
ぜひご参加ください。


日   時: 平成19年 9月12日(水)〜10月 5日(金) 13:15 - 17:00(予定)
会   場: 全国 6会場

参加申込: 8月7日(火)開始を予定(参加費無料)

日   程:
東北・関東:学術総合センター内 一橋記念講堂  9月12日(水)
九州   :九州大学 附属図書館 中央図書館 視聴覚ホール 9月14日(金)
近畿   :キャンパスプラザ京都 第1講義室   9月25日(火)
北海道  :北海道大学 学術交流会館 第一会議室   9月27日(木)
中部   :名古屋大学 野依記念学術交流館 カンファレンスホール 10月 3日(水)
中国・四国:岡山大学 創立五十周年記念館 会議室 10月 5日(金)

内   容:プログラム詳細については追って公開いたします。

 お問い合わせ先:国立情報学研究所 学術基盤推進部 学術コンテンツ課

searcherclub at 08:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年05月08日

千代田図書館がリニューアル・オープン

千代田区立千代田図書館が、5月7日にリニューアルオープンしました。
かなり画期的な図書館のようですね。
コンシェルジュが館内の総合的なご案内を行うとか、本を置くだけで情報検索する独自の全文検索エンジン「想」など。この検索エンジンは昨年サーチャーの会でも後援していただいた、国立情報学研究所高野教授の成果です。

場所は、千代田区九段南の区役所の9・10Fです。[Blackbird]



searcherclub at 09:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年10月30日

じょいんと懇話会

(社)情報科学技術協会(INFOSTA)とインフォ・スペシャリスト交流会の共催で毎年開催している、標記「じょいんと懇話会」についてのご案内を頂きましたので転載します。
■ テ ー マ
ポジティブに働くライブラリアンになるために
 〜ライブラリーマネジメント・ゼミナールの試み〜
■ 日 時  2006年12月8日(金)
      18:30〜19:30 講演  
      19:40〜21:00 懇親会 (立食パーティ)
■ 場 所 『凌霜クラブ』 大阪駅前第1ビル11階

どなたでも参加することができますので、人脈を増やしたい方には最適です。
初めて参加する方、大歓迎です。

<詳細は下記をご覧ください>続きを読む

searcherclub at 17:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年10月27日

第8回全国図書館総合展

第8回全国図書館総合展
○期間:11月20日(月)〜22日(水)
○場所:パシフィコ横浜 展示ホール
入場無料

searcherclub at 22:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年10月25日

専図協HPリニューアル

専図協HPリニューアル

10/24、専門図書館協議会のホームページがリニューアルしていました。
以前に比べると少しだけ情報量が増えたように見えるのは目の錯覚?いや、歳のせいか?
サーチャーに関連するセミナーが時々開催されますので、要チェック!

*orange*


searcherclub at 22:01|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2006年08月26日

国立情報学研究所「想−IMAGINE Book Search」を公開

国立情報学研究所が、横断検索サービス「想−IMAGINE Book Search」を7/28(金)より公開しています。サイトの運営は「NPO法人連想出版」が担当。

[Blackbird]




searcherclub at 10:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年07月18日

川口市の新公共図書館:メディアセブン

三菱総合研究所、2006-06-22
に、「年二千円はお得!公共図書館の会員制オプション」として川口市の新公共図書館:メディアセブンが紹介されています。
以下、抜粋:
年会費2,000円を払うと、上質なワークスペース(座席)、PCや無線LAN、カラープリンタ(枚数課金)などが利用できる。座席のインターネット予約、レクチャーやワークショップなどのイベントの先行予約もできる。リアルな空間と会員専用Webサイト「メディアセブンコミュニティ」が人と人とをつなぐサポートをする。

[Blackbird]



searcherclub at 05:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2006年06月06日

MediaNet

慶應義塾大学メディアセンターの機関誌
http://www.lib.keio.ac.jp/publication/medianet/index.html
年1回発行で、2003,2004,2005年分の収録ですが、
外部の人間も気軽に読めるように下さるのがありがたい。

searcherclub at 06:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年05月23日

Free Author Manuscript

米国内分泌学会(The Endocrine Society)が発行する学術誌4誌について、オープンアクセスの枠が広がりました。これまで4誌の掲載論文は、雑誌発行の12ヵ月後に無料で出版された形式で公開されていました。この形式は他のThe Washington DC Principles for Free Access to Science に参加している雑誌と同じです。先週から、無料で公開する前の論文について、著者が投稿した形式(いわゆる投稿原稿:Author Manuscript)で公開を始めました。これにはRapid Electronic Publicationsも含まれますので、4誌にacceptされた論文全てがオープンアクセスになったことになります。電子ジャーナルの論文そのものを公開するのではなく、投稿原稿を公開するところに学会の苦悩が読み取れますが、オープンアクセスにとって前進といえます。他の雑誌も追従してくれるといいですね。残念なのは、PubMedで検索した場合、Rapid Electronic Access(いわゆるaheadofprint)のときはauther manuscriptにリンクしているのですが、雑誌発行後は有料のPDFにリンクしてしまうことです。
内分泌学会の4誌は下記を参照してください。
http://www.endojournals.org/

searcherclub at 00:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年04月26日

ウェル.com 美術館

国立西洋美術館が
イヤホンガイドみたいに映像ガイドを始めました。
気に入った作品をプリントアウトして持ち帰るとか、
動画で解説をみる、とかいろいろできるということ。
GW中はロダンの「考える人」などで体験できます。

国立西洋美術館
http://www.nmwa.go.jp/index-j.html
記者発表内容

http://www.nmwa.go.jp/jp/files/wel.pdf
(PDFファイル)

国立西洋美術館がIT化構想“ウェル.com 美術館”を発表
(4月11日:ASCII24)
http://ascii24.com/news/i/topi/article/2006/04/11/661655-000.html

searcherclub at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年04月01日

カレントアウェアネスの専用ポータルサイト

国立国会図書館のカレントアウェアネスの専用ポータルサイトがリリースされました。(2006.3.27)


掲載内容は、これまでのカレントアウェアネスと同じ。
まだこのサイトを隅々まで見たわけではありませんが、サイト内検索が秀逸!
検索結果がカレントアウェアネス-R、E、(季刊)、図書館調査研究リポート・・・とカテゴリごとに検索結果が表示される点は大変わかりやすく感心しました。
(普通、サイト内検索というと、雑多に結果表示される場合が多いですよね)

勉強不足ですが、XOOPSを利用するとこうなるのでしょうか。


orange


searcherclub at 09:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年03月31日

JSTねた

年度末ですね。
JST関連ねたです。

・Web版情報管理
2006年4月1日から無料一般公開となります。
http://www.jstage.jst.go.jp/browse/johokanri/-char/ja/

・ 4月1日に新設のWebサイト「情報管理Web」
http://johokanri.jp>(アクセスも明日から?)
対象者は
●企業・大学・図書館などで、情報を扱う業務に日ごろ従事している方々
●研究・企画や営業などの専門業務にあたって情報を利用している方々
●オピニオンリーダー、組織の意思決定に携わる方々
●情報に関心を持つ一般の方々

上記の雑誌と紛らわしい名前ですね・・・

・Journal@rchive
http://www.journalarchive.jst.go.jp/japanese/top_ja.php
J-STAGEのアーカイブサイトで、
電子化した学術雑誌を公開しています。
一番古いのは「東京化學會誌」第1巻(1880年)とのこと。

サイエンスカフェ
http://www.scj.go.jp/cafe/web-content/index.html
科学者と一般の人とが同じ目線に立って
コミュニケーションをする場とのこと。
科学技術週間(4月17日〜23日)中全国のカフェで行われるそうです。


searcherclub at 10:47|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2006年02月02日

横浜市中央図書館情報検索講座

横浜市中央図書館情報検索講座のレジュメが公開されています。
第1回 情報検索の基礎知識 平成17年11月12日(土)
第2回 起業を考えはじめた人の図書館入門 平成17年11月13日(日)
第3回 地図をさがす 平成17年11月13日(日)
第4回 パパとママのための情報検索 平成17年11月14日(月)

リンク集としても使えそうです。

searcherclub at 15:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
サーチャーの会HP
訪問者数

@ITのRSS