DB一般

2008年09月29日

HighWire Press

HighWire Press
http://highwire.stanford.edu/

スタンフォード大学図書館

無料OJを提供




searcherclub at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月25日

SISTでできること

科学技術情報流通技術基準
(SIST:Standards for Information of Science and Technology)
SISTのチラシが公開されていました。

各SISTの全文(PDFファイル)は
以下のページからダウンロードできるそうです。
http://sist-jst.jp/
SIST 01 抄録作成
SIST 02 参照文献の書き方
SIST 03 書誌的情報交換用レコードフォーマット(外形式)
SIST 04 書誌的情報交換用レコードフォーマット(内形式)
SIST 05 雑誌名の表記
SIST 06 機関名の表記
SIST 07 学術雑誌の構成とその要素
SIST 08 学術論文の構成とその要素
SIST 09 科学技術レポートの様式
SIST 10 書誌データの記述
SIST 11 数値情報交換用レコード構成
SIST 12 会議予稿集の様式
SIST 13 索引作成
SIST 14 電子投稿規程作成のためのガイドライン

ちなみに
欧文誌名の省略・略記法については,
--------------------
国際規格のISO 4,及びそれに準拠してISSN国際センターが作成する目録マニュアル「ISSN Manual. Cataloguing Part」と略語表「List of Title Word Abbreviations」に従う。
-------------------

下記に解説がありました。
菅野 育子. “書誌記述における雑誌名と機関名の扱い: : SIST 05,SIST 06の改訂による完全表記”. 情報管理. Vol. 50, No. 3, (2007), 162-166 .




searcherclub at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月10日

カナダ国立科学技術情報機関CISTI

カナダ国立科学技術情報機関CISTI
http://cisti-icist.nrc-cnrc.gc.ca/cisti_e.html

科学、技術、工学、薬学の領域の文献情報を検索できるポータルサイト

トップページの
Catalogue (books, conference proceedings, etc.)で
Search type: "keyword anywhere"を選ぶとキーワード検索ができる。

Discoverで論文検索ができる。

資料の入手はサンメディア経由で可能

参照
クリム ナオミ:著, 鈴木 英明:訳, 松下 茂:訳. “カナダ国立科学技術情報機関CISTI : 情報格差を埋めるために”. 情報管理. Vol. 50, No. 1, (2007), 11-19 .
http://www.jstage.jst.go.jp/article/johokanri/50/1/50_11/_article/-char/ja

searcherclub at 10:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年09月06日

Directory of Open Access Journals

Directory of Open Access Journals
http://www.doaj.org/doaj?func=home

スウェーデンのルンド大学の提供するオープンアクセスジャーナルサイト
(以下サイトから引用)
This service covers free, full text, quality controlled scientific and scholarly journals. We aim to cover all subjects and languages. There are now 3612 journals in the directory. Currently 1249 journals are searchable at article level. As of today 208718 articles are included in the DOAJ service.

searcherclub at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月18日

British Library Direct − 英国図書館の雑誌記事索引

British Library Direct − 英国図書館の雑誌記事索引
国立国会図書館からリンクと説明があります。
http://www.ndl.go.jp/jp/data/theme/theme_honbun_400159.html

(以下抜粋引用)
英国の国立図書館英国図書館(British Library)が無料提供している雑誌記事・論文検索システム。
・過去5年分のみを提供している
・原文献電子ファイルのダウンロードサービス

収録対象:英国図書館のDSSで需要の多い雑誌約2万タイトルの最近5年分
対象主題分野:全分野
収録レコード数:約900万件
英国図書館が有料で提供しているBritish Library Inside(1993年以降の雑誌記事・論文、会議録ペーパーを収録)から、会議録を除く雑誌記事・論文の最近5年分を抽出しています。

searcherclub at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月08日

Cinii meets 機関リポジトリ

http://ci.nii.ac.jp/cinii/pages/index.html#20080807
>CiNiiから機関リポジトリの論文にリンクする実験を行っています>(2008/08/07)

>8月4日より、CiNiiから機関リポジトリの論文にリンクする実験を行っています。検索結果画面や詳細表示画面にが表示されていれば、そこをクリックすることにより、機関リポジトリの論文を見ることができます。
                  鷹

searcherclub at 11:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ulrichsweb.com

ulrichsweb.com
http://www.ulrichsweb.com/ulrichsweb/

Bowker社が提供する各国逐次刊行物の書誌情報の有料DB

Ulrich's periodicals directory のアドバンスサーチでは
全分野で継続刊行中は22万タイトル、
オンラインでは5万6000件だということです。

出展:NDL 遠隔研修資料            鷹









searcherclub at 11:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月27日

「電気のデジタル博物館」を本格公開

国立情報学研究所(NII)のHPに表記のアナウンスがありました。[Blackbird]

以下は、プレスリリースの抜粋です。
電気電子・情報関連の 5 学会とNIIは、中学生から専門家に向けて、日本の電気電子・情報分野で日本が誇る卓越した技術をデータベース化し、日本の電気電子・情報関連卓越技術データベース(DB-JET)−愛称「電気のデジタル博物館」として、3 月 26 日に本格公開しました。


searcherclub at 08:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年03月14日

国立情報学研究所、Yahoo!と連携して情報検索技術の研究を開始

国立情報学研究所でyahooと連携して情報検索技術の研究を開始したとのプレスリリースが載っていました。興味深い企画と思います。
ところで、プレスリリースの中の、ヤフー株式会社からのコメントの署名が岡本真さんとなっていましたが、ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)の編集や『これからホームページをつくる研究者のために』の著者の岡本さんと同一人物??
[Blackbird]

searcherclub at 09:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年02月05日

JDreamで中国文献データベースのサービス開始

JDream Newsから引用します。

★中国文献データベースのサービス開始★
 2月5日(月)より中国文献データベース(JSTChinaファイル)のサービスを開始いたします。
詳しくはニュース本文をご覧ください。

しかし、今現在(2/5 9:10)まだサービスされていない模様です。[Blackbird]


searcherclub at 09:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年10月31日

大宅壮一文庫雑索2006上半期ランキング2

ちょっと前ですが
大宅壮一文庫雑索で2006年上半期のランキングを出しています。
http://www.oya-bunko.or.jp/
メニュー「雑誌記事索引」>左メニュー「索引ランキング」
>2006年上半期人名ランキング

おじ様たち、「KAT−TUN」わかります




searcherclub at 17:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年10月30日

戦前の雑誌記事索引データベース

岡本真さんのメルマガ"ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)"からの情報です。

皓星社が戦前(明治・大正・昭和前期)の雑誌記事索引データベースを試験公開しています。[Blackbird]

searcherclub at 09:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年10月27日

アンケート:JDreamIIの収録情報のあり方について

JDreamニュースのMLでアンケートのお知らせがありました。ML受信者以外にも転送を希望しているようなので、ここに抜粋転載します。
---------------------------------------
この度、JSTでは「JDreamIIの収録情報のあり方」について、文献データベース整備検討委員会(末松安晴委員長:国立情報学研究所顧問)を設置し、検討することといたしました。
検討を進める上で、お客様が日頃、論文等の文献調査をどのようにされているかなど、現状を把握させていただくことが重要となります。そこでお客様にアンケート調査にご協力いただきたく、お願い申し上げる次第でございます。
本メールは、JSTにJDreamニュース用のメールアドレスを登録されている方のみにお送りしています。差し支えなければ、JDreamIIをご利用いただいている情報担当者、研究開発者の方々、大学等の先生・学生の方々にも本メールを転送していただき、幅広く貴機関内の方々にご案内いただければ幸いです。
なお、ご回答いただいた内容につきましては、全て匿名扱いとし、アンケート
結果については上記目的にのみ利用させていただきます。

<アンケート画面>
<アンケート期間>
平成18年10月27日(金)〜11月15日(水)

<アンケートに関するお問い合わせ先>
上記アンケート画面に記載


searcherclub at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

JST情報事業部のホームページがリニューアル

JST情報事業部のホームページがリニューアルしたようですね。

と思ったらJST自体のサイトもかなり変わっています。

なれないせいか、使いにくくなった感じがします。
まだ以前のサイトも残っていますが、これは消える運命かしら。[Blackbird]

searcherclub at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年09月07日

J-STAGEにソート機能がほしい!1

J-STAGEにソート機能がほしいと思いませんか?(現状、ソートに関する機能がない)
説明を読むと、内容の重み付けで表示順をきめているらしいですが、あるテーマの最近の動向を知りたい場合、そんな機能はいいから・・・とボヤきたくなる。

ほかの方はいかがですか?




searcherclub at 21:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

JDream狂〆の裏技:複合語検索には近接演算子を

パソコンの便利ワザからはなれて、Jdream狂〆の裏技を紹介しましょう。
Jdream兇任蓮異表記辞書を使って標記の揺らぎに対応させています。このため、「蛋白質」、「タンパク質」、「たん白質」、「たんぱく質」のどれを用いても同じ結果が得られるようになっています。
キーワードが複合語の場合もこの辞書を使っているので、例えば「大豆蛋白質」であれば、「大豆蛋白質」、「ダイズ蛋白質」、「大豆タンパク質」、などなどが収録されて、異表記検索に備えています。
しかし、複合語の種類は殆ど無限大になるので、全てに対応させることは不可能と言っても良いと思います。
それに、いちいち異表記辞書を調べてから検索するのも面倒な話ですね。

例えば「atp結合蛋白質」は現時点で異表記辞書に未収録なので、このキーワードでは「atp結合タンパク質」はヒットしません。そこで登場するのが近接演算子です。

「atp結合(W)蛋白質」で検索すると蛋白質を異表記展開します。
---------------------
異表記とは異なりますが、「形状記憶合金」を検索する際に経験したことですが、人によっては「記憶形状合金」と書く場合があります。また「形状を記憶する合金」等の表現も出てきます。
したがって、「形状(2A)記憶」のような検索がお勧めです。

なお、近接演算子はシンプルモードでは使えないので、コマンドモードで検索してください。

[Blackbird]



searcherclub at 10:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月26日

国立情報学研究所「想−IMAGINE Book Search」を公開

国立情報学研究所が、横断検索サービス「想−IMAGINE Book Search」を7/28(金)より公開しています。サイトの運営は「NPO法人連想出版」が担当。

[Blackbird]




searcherclub at 10:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

■JSTがSTNのサービスから撤退

今年2006年の年末をもって、
科学技術振興事業団(JST)
がSTNのサービスをやめるそうです。
ということは、STNの代理店は化学情報協会だけになるのですね。


*orange*


searcherclub at 01:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月09日

マルチメディア・コミュニケーション&データベース

<SiliconLIVE!フォーラム2006>での増永良文教授、お茶の水女子大学 理学部 情報科学科(日本データベース学会会長)の基調講演の報告が掲載されていました。

●データベースの研究・開発は、従来のリレーショナルデータベースの世界からコ
ンテンツ中心の「半構造」データベースの世界へと重心が移行してきた。Webに代
表される半構造データベースをマイニングすることによって、例えば社会科学の分
野では、これまでの社会調査の手法に代わる新しい調査手法が実現できる。

●莫大な量の天文データを統一された操作性で研究者が利用できるようにする「仮
想天文台」、街角風景の映像を3次元地図と結びつけて自動索引付けしてシーンを
検索可能にする技術の研究など、データベースの先端研究領域では、コンテンツ中
心のデータベースを利用した高度なアプリケーションが実現している。

■データベースはコンテンツ系の研究・開発に重心が移る

 セッション冒頭の基調講演に立った増永氏は、「データベースとは、私たちの住
んでいる実世界をある記号系で写しとったものです」と、データベースのあり方の
説明から始めた。記事の全文はこちら

[Blackbird]



searcherclub at 06:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年07月05日

Weblio

http://www.weblio.jp/

Weblioは、Weblioに登録してある辞書・百科事典・データベースの内容を一度に検索することのできる、統合型の辞書です。

searcherclub at 20:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月21日

シェイクスピアの戯曲

Google Book Search でシェイクスピアの全戯曲が
検索できます。
http://books.google.com/googlebooks/shakespeare/
全文閲覧にはGoogle IDが必要です。
詳細は日系ITPro
***コメント嵐がきたらコメント不可設定にします。***




searcherclub at 06:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月20日

古書店DB

先日医学書古書店を書きましたが、
一般古書DBをご紹介。

スーパー源氏
http://sgenji.jp/

日本の古書店
http://www.kosho.or.jp/



searcherclub at 08:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月16日

JSTねた(2)

JST(科学技術振興機構)で、国内の科学技術文献情報の英文による提供サービス(J-EAST; JST English Articles of Science and Technology)を行っていると、教えてもらいました。

最近新聞などで報道されたと聞いたのですが、いつごろのニュースなのか、詳しいことをご存知の方がいたら教えてください。

サービスの趣旨は、「科学技術活動の国際化を推進する上で重要な研究成果の積極的発信のために、わが国で生み出された先導的分野の研究情報を英文化し、インターネット経由で海外に発信」とのことです。

STNやDIALOGなどでサービスしているJICST-Eplusと同じ内容と思われます。と言うことは、日本発のPub-Medを狙っているのかしら?

JICSTはJSTに変わったのに、JICST-Eplusと、名前がまだ残っていたのですね。

[Blackbird]




searcherclub at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月14日

Dnavi

国立国会図書館データベース・ナビゲーション・サービス
Dnavi
http://dnavi.ndl.go.jp/bnnv/servlet/bnnv_user_top.jsp
ウェブ上の各種データベースへのリンクを提供する
ゲートウェイ・サービスです。
そういえば、データベースの調査が来たことがありました。

searcherclub at 08:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2006年06月05日

JDreamIIの機能改善

InfostaのOUGライフサイエンス分科会のサイトに、JDreamIIの機能改善についてJSTと意見交換を行った勉強会の議事録が公開されました。
http://www.infosta.or.jp/ls/start.html
ノイズ除去専用の近接演算子NOTA、や近接演算子でのOR演算の利用、シソーラスブラウザからの検索式への反映の際にフィールドコードを外すこと等が実現されるようです。今後も積極的にユーザーと意見交換を行い、本邦を代表する文献DBとして、ユーザビリティを向上させてもらいたいですね。
また、5月からデータが更新され始めたJMEDplusのサブヘディングについても簡単な紹介があります。5年先を見据えて、索引側、検索側の両者が理解しやすいサブヘディングにしてもらいたいものです。(ももんが)

searcherclub at 15:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月02日

医学書専門古書

先日、1881年「解剖攬要 / 田口和美編」を探してといわれて発見。
神田神保町の古書を一括検索できる
古書データベース
http://jimbou.info/
神田では
明倫館
いざわ書林

本郷周辺では
木村書店・柴善書店・書肆文献堂・鳳文社
などが有名だそうです。
この辺に詳しい方コメントお願いいたします。

searcherclub at 08:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年05月25日

この果物輸出できるかな?

農林水産省のデータベースのご紹介。

■各国の輸入関連制度等に関するデータベース
http://www.maff.go.jp/yusyutsu/database.html
農林水産物の主要輸出先国・地域の輸出を行う際に
関連すると思われる制度等についての情報を提供するPDF集

■輸出入条件に関するデータベース
http://carrot.pps.go.jp/inss/pps/srchinfo/srch_top.jsp?jpn_eng=ja
輸入条件・輸出条件について、検索します。
次々条件を入れていくと、可否がわかります。
たとえば、
イチジクはスイスから輸入禁止とか。

searcherclub at 18:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年05月17日

全国ロケーションデータベース

文化庁芸術文化課のDBです。
https://www.jldb.bunka.go.jp/
(IE推奨)
地域・カテゴリー・時代(!)で検索できます。
明治前-明治-大正-昭和戦前-昭和戦後-平成
と区分されていて、
ロケ候補地の詳細には連絡先などがわかります。
検索キーワードにはまりにくいので、
カテゴリーか時代で見たほうがいいかもしれませんね。

searcherclub at 12:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年05月08日

アメリカに住んでる人の住所を調べるには?

ZABASEARCHは、インターネット上の検索。
http://www.zabasearch.com/
フルネームをキーワードにして
住所・生まれ月がわかってしまいます。

さらにお金を払うと、
--------------------------------------------
$29.95で、20年間の住所歴・親類・ルームメート
    別名・隣人・旧姓など
$49.95で、犯罪・性犯罪・倒産など
--------------------------------------------
までわかってしまう。
個人情報保護法もびっくりですね。

searcherclub at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年04月27日

日経テレコンがRSS配信サービスを開始

日経テレコンの記事クリッピングでRSSが利用可能になりました。
さすが日経だけあって、いろいろ新機能を打ち出してきますね。
で、さっそく試してみました。
RSSで見出しをクリックした時点で料金が発生するので要注意!
必要な記事見出しを“ブラウザで見るか”“メールで見るか”の好みの違いで、今のところ通常のメール配信サービスとデータ入手速度や手間はそれほど変わらない気がします。
どっちにしろ、見出し受信までは無料なのでしばらく並行利用しようと思います。

注意!)MyYahoo!では利用できないようになっていますのでご注意ください。


【orange】



searcherclub at 22:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
サーチャーの会HP
訪問者数

@ITのRSS