著作権

2006年07月17日

新刊紹介:インターネットの法と慣習 かなり奇妙な法学入門

『インターネットの法と慣習 かなり奇妙な法学入門』
        (白田秀彰、ソフトバンク新書、735円)
以下はamazonの紹介記事の引用です。

出版社/著者からの内容紹介
ネット社会を読み解くために必読の書!
『Hotwired Japan』の人気連載が書き下ろしなどを加えて待望の書籍化!
インターネットにおける「法」と「慣習」を考察して、今後のネット社会のあり方を軽妙に論じた一冊。

内容(「MARC」データベースより)
そろそろ真面目に「法」について考えよう! 情報法のエキスパートが、軽妙かつ明快に法とネットについて徹底解説。インターネット社会に関わる人にとって必携の一冊。『Hotwired Japan』連載を単行本化。

出版社からのコメント
変化するネット社会を歴史的な観点で捉え、リアル社会との関わりや今後の展望までもを論じた一冊である。
日常的に接するネットを通した、法学の入門書としても最適だ。
『Hotwired Japan』の人気連載に大幅な加筆、書き下ろしを加えて刊行。

[Blackbird]




searcherclub at 09:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月14日

国際化時代のデータベースとコンプライアンス

漢字文献情報処理研究会
2006年度夏期公開講座

日時:7月22日(土)14:00〜17:00
場所:慶應義塾大学・日吉キャンパス・来往舎中会議室
講師:石岡克俊(慶應義塾大学・産業研究所)

石岡先生を講師にお招きして、著作権に関する問題について検討します。今回は、海外の著作物やデータ製品をデータベース化したり使ったりする場合にどのような問題が発生するか、例えば、日本と中国で法規が異なる場合にどう処理すればいいのか、というような問題についてお話頂く予定です。

 つきましては、会員各位で同種のお悩みをお持ちの方から、質問を募集したいと思いますので、著作権問題[特設]会議室にお書き込みください。非会員の方は、本講座申し込みフォームの「ご意見・ご感想」の欄にご入力ください。また、この問題に限らず、著作権・知的財産権がらみの懸案につきましても歓迎いたします。


入場無料(ただし非会員は会場費・資料代として500円を申し受けます)
要申し込み
 ※詳細・申し込みフォーム

講座終了後、懇親会を開催します。(要申し込み)
 時間 18:00〜
 会費 5,000円(学生4,000円)

[Blackbird]



searcherclub at 10:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
サーチャーの会HP
訪問者数

@ITのRSS