2008年01月28日

2008.3.07Searchin'@中野HeavySickZERO





 2007年暮れ、12月13日の記憶も新しい、サイケアブストラクトオルタナティブダンスミュージックイベントSearchin’が2008年初春に再び中野HeavySickZEROにて開催!鎮座Dopenessによる限界スレスレドープポップジャム、Orga&Funnellによる超高音質独創キーンも戦慄をよんだが、2008年の幕開けは中目黒薬局より、DJ QuietStormによって開放される!森羅万象、唯我独尊、格物致知にフロアを飲み込む嵐の前の静けさ、いやハリケーンの真っ只の静寂を体現し、全てのドープダンスミュージックファンの心をバール状の鈍器でこじ開けるDJプレイ。それはSearchin’の新たな可能性と、足を運ぶものののデジャヴを呼びさます。さらにはSoup-DiskよりフルアルバムConfirmation+Departureを発表、同レーベルより発売の12incによって、ヒップホップ、エレクトロニカ、ブレイクビーツに新たな軌跡を描き、ニューフォームサウンドスケープを生み出すConflict。DJとしては勿論、トラックメイカーとしてもPC、頭脳、知識、意地、肉体、血潮の全てを使い、ジャンルと呼ばれる旧式の壁に向かって真正面からぶち当たり、その爆発現象から次世代を宣言するDJ Skyfish。レペゼン東京チャンピオンサウンド、2台のトリガーフィンガーとケイオスパット、ラップトップを駆使し、デジタルとアナログの超高層次元での融合を見せつけ、オーディエンスを独り占めにするTeezva。忘れちゃいけない繋いで擦って喋れる深層海面現象、この文章の筆、Searchin’オーガナイザ、DJ Koji。我らがSearchin’を地面を這い蹲りながらもそれでもやめない、諦めない、いやまだ何も始まっていない、今こそオリジナルスタンダードコンプレックスの登場を待たんが如く、冷徹の大地を流血の豊穣へと導くサーチンクルー。
 最下層、モーストドーペストフロアには、江古田基地より発信、案外ゆるいがその心意気潔し、仲間とヤーマン集まったロイヤルルームスタジオにて日々破廉恥赤裸々摩訶不思議暗中模索支離滅裂満身創痍に琥珀サウンドを作り続けるSenkawosが登場。まだまだ言い尽くせない、書きつくせない、表現しようもない登場人物によって、フロアは狂喜乱舞へと導かれる。それを創り上げるのは我らSearchin’クルー・中野HeavySickZERO・そして何よりここへ足を運ぶ一人一人であることは間違いない。


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

searchin

Recent Comments
  • ライブドアブログ