その82:アントニオ・アッレグリ・ダ・コレッジョ「レダと白鳥」
裸婦画を斜めからみるの一覧

コレッジョ「レダと白鳥」c. 1630

アントニオ・アッレグリ・ダ・コレッジョ「レダと白鳥」

 ルネッサンス期のイタリア、特にパルマで活躍した画家コレッジョの一枚。前に紹介した「イオ」と同様に、マントヴァ公フェデリーコ2世・ゴンザーガの注文による連作「神々の愛」に含まれる作品でもある。

 描かれているのは、ギリシア神話の最高神ゼウスが白鳥に姿を変え、スパルタ王の妃レダと交わるシーンである。16世紀、ルネッサンスの時代この主題は官能を表現するものとして非常に好まれた。クピドたちが音楽を奏でる中、ゼウスとレダは愛を交換し、さらに小さな白鳥たちがレダの付き人と思わしき少女たちと戯れている。
 
 「イオ」もそうだったが、コレッジョの描くゼウスと女神のセックスシーンは直接的であり、そして優美である。むしろ白鳥と戯れる少女たちの方がより性的である。白鳥とレダのセックスの横で裸の少女と白鳥が追いかけ、追いかけられている様は背徳的とすら言えるかもしれない。