October 17, 2017

2017年GW3泊4日クルーズ旅日記 ニ日目

2017年5月1日、月曜日。
一夜明け、クルーズ旅二日目を迎えました。

船内に宿泊したのは学生時代の北海道旅行以来、二十数年ぶり。
新潟から苫小牧までのフェリー旅で、枕と毛布だけの雑魚寝でした。

それに比べて今回は寝心地のよいシモンズのベッドをひとり占め。
海の揺れで夜中に起こされることもなくしっかり寝れました。

ちなみに今回のクルーズ旅は、日中は停泊、夕方から翌朝にかけて航海する行程で
停泊中や速度を上げない湾内の航海中には揺れをほとんど感じませんでしたが、
夕食後のショータイム中など夜更けの時間帯には
時々空間全体がぐわんと揺れることもありました。
就寝時にベッドに横たわったときも結構な揺れを感じ、少し不安になりましたが、
疲れと酔いが勝り、気が付けば眠りに落ちてました。
ただ、子供や船酔いしやすい人は、気になってなかなか寝付けないかも。

そういえば船内には無料の酔い止めが用意されてました。

また、今回の旅は全体的に天気や波が穏やかで、その点はとてもラッキーでした。
続きを読む

seariver050510 at 18:21|PermalinkComments(0)本日のおでかけ 

October 05, 2017

2017年GW3泊4日クルーズ旅日記 一日目

2017年4月30日、日曜日。
私たちの二人旅にしては珍しく晴天に恵まれたこの日、
人生初のクルーズ旅がスタートしました。

あ、いや東京湾と横浜での数時間のクルーズは経験してました。
あと、屋形船とフェリーにも何度か。いやフェリーは違うか。

出発地は東京港 晴海客船ターミナル。
東京駅丸の内口から路線バスで30分くらいかかりました。

乗船受付はお高い客室に泊まる方から。飛行機と一緒ですね。

飛鳥一日目21⃣




出港する前に船の全体像を撮影したかったのですが、
あまりに近すぎるのと大きすぎるのとで船首のほうしか撮れませんでした。

あとで船の全体写真を載せますが、とにかくでかい。

石油タンカーの上に横長のリゾートマンションを丸ごと乗せたような感じ。
うーん、早くもライター失格のアバウト表現が出ました。

飛鳥一日目20




うちの部屋番号は8102で、つまり8階の102号室。
客室タイプのKは下から数えて1番目のグレードです。
初めてですから。いいじゃないですか別に。

飛鳥一日目01

いざ乗船。


乗船口は5階にあたるメインデッキの脇から。
不惑の歳をとうに過ぎていながらワクワクしてしまいました。
続きを読む

seariver050510 at 11:36|PermalinkComments(0)本日のおでかけ 

September 30, 2017

2017年3泊4日クルーズ旅日記 1日目、の前の口上

皆さんお久しぶりです。

2年10か月ぶりのブログ更新でございます。

前回は正月の長崎旅行記でしたね。

ざっと振り返ってみたら、やっぱりやたら長いですね。
普段、ライターとして文字数を決められて文章を書いている反動で、
ついつい長くなっちゃうんですよ。
まあ読みごたえがあるということで、と今さら言い訳してみたり。

でもって今回の旅のお話です。

我が家では、結婚した2000年を皮切りに、
2005年、2010年、2015年とイタリア旅行をしてきました。
新婚旅行でいったイタリアを二人ともいたく気に入り、
「5年おきにイタリア旅行しよう!」とノリで決めたのですが、
ここまでなんとかかんとか4回実施しました。
その模様については、お暇なときに過去記事をご覧ください。
意外と面白いですよ。長いけど。

で、次は2020年の予定ですが、前回2015年との中間にあたる今年、
久々に2泊以上の旅行に出かけることにしました。

2010年から二人でカフェを営むようになり、お陰様でずっと忙しく、
5年ごとのイタリア旅行以外で、店を何日か休まなければならないような
長い旅行にはそうそう行けなくなりました。ありがたいことですが。

2013年の長崎旅行は、年始の松の内の時期でそんなに店を休まずに済んだのですが、
何せいろいろ詰め込みすぎたのと、真冬の時期に屋外での徒歩観光をしすぎたことで、
十分楽しかったものの、くたくたになってしまい、
店の再開後、かなりつらかった記憶が強く残っています。

でもって、それから4年。
イタリア旅行の「中間YEAR」の今年、
3月にカフェ開業7周年を無事迎えた自分たちへのご褒美として、
(何か中途半端な気がしますが気にしないでください)
ゴールデンウィークの期間を利用した3泊4日の旅行に出かけることにしたのです。

うーん、前置きが長い。
ライター仕事では、こんなふうに書いているとあっという間に文字数制限の終わりが近づき、
ここまでの内容をざっくりカットして書き直し、数行にまとめ直さねばならないのですが、
それをしなくてもよい嬉しさったらもう。
調子よく書き続けていきたいと思いますのでお付き合いください。



続きを読む

seariver050510 at 11:57|PermalinkComments(0)本日のおでかけ 

November 16, 2014

2013Jun.長崎ぶらぶらぶ記〜最終夜

大人の修学旅行兼年始慰安旅行で訪れた長崎。

横殴りの降雪から始まり、曇りや晴れとくるくる変わるお天気。

最終日のこの日はどうだったか。
前回の執筆から約1年ぶりに当時の写真を見ながら思い出していきますよ。
頑張れマイ記憶力。

まずは宿の送迎バスで長崎駅前へ。
ターミナルビル内のお土産コーナーでみつけたのがこれ。
散策のお供に買いました。

長崎052カステラアイス
黄色いバニラアイスを2枚のカステラでサンド。
うーん、違和感なくておいしいけど、相乗効果もないなぁ。





そしてこの日最初の目的地に到着。
長崎駅から徒歩圏でした。

長崎053二十六聖人碑





うろ覚えで書いて名前を間違えるわけにはいかないので
ここだけ確認しました。「日本二十六聖人記念碑」。
記念聖堂と記念館が隣接してます。

クリスチャンであり日本人であるUMIとしては
訪れないわけにはいかない場所でした。

と、しれっと書いてますが
正直、直前まで存在すら知りませんでした…不敬虔も甚だしい。海より深く反省。

遅まきながら知ったからには行こうじゃないかと訪れたわけです。

そして、ここまで3回にかけてだらだらと書き続けてきて初めて明かしますが、
今回の長崎旅行の実現は、実は数年前のある出来事が発端でした。

続きを読む

seariver050510 at 10:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0)本日のおでかけ 

June 10, 2014

2013Jun.長崎ぶらぶらぶ記〜第2夜

あれから1年。早いものです、時が経つのは。
ほぼ1年ぶりに第1夜を読み返して感慨深かったですね。
その前の「序」とやらでいろいろ能書きを垂れていたようなのですが
そちらは怖くて読めませんでした。

この際いろんなことを水に流し、
気を取り直して第2夜スタートです。

この日も路面電車フル活用で長崎市街行脚です。
まず向かったのは浦上天主堂。

長崎027浦上天主堂
四半世紀前の修学旅行で訪れたような気もしますが
はたしてどうだったか。思ったよりも大きく、新しいのが印象的でした。





そこから歩いてすぐの長崎原爆資料館へ。

修学旅行で広島の平和記念資料館を訪れたことがありましたが、こちらは初めて。
不勉強な自分を恥じつつ、真面目な気持ちで見学させてもらいました。
静謐な空間に張りつめた濃密な雰囲気。
究極の戦禍を教訓として生きなくては、と思わずにはいられませんでした。

長崎026資料館
館内には自分たちオリジナルの「平和へのメッセージ」を
テレビモニターに直接ペン入力し、長期保存できるコーナーもあり、
二人で相談しながら書き込んでみました。いつか確認しにきます。




続いて、お隣の平和記念公園へ。

長崎028平和祈念像
有名な平和記念像。
修学旅行で来たっけかな〜
迫力ありました。
続きを読む

seariver050510 at 15:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)本日のおでかけ 

May 04, 2013

2013Jun.長崎ぶらぶらぶ記〜第1夜


長崎01雪…のっけから旅情をまるで感じさせない写真ですみません。
2012年1月4日午前、ライター夫婦UMI&SHIBAは長崎空港に到着。
羽田に向かうモノレールの車内では爽やかな朝陽を浴びていましたが
目的地で待っていたのは横殴りの雪でした。


♪長崎は今日は雪だった〜のです。
…すみません、くだらないとはわかっていますが書きたかったので、つい。

せっかくのロンバケ、寒い東京を離れて暖かな南へ、のはずが見事に期待外れ。
この約1年前のイタリア・ローマ旅行での散々な思い出が蘇りました。
私達の詳しい「ついてなさっぷり」については、ROMA伝をご参照ください。やたら長いですが。

長崎02かすてらベンチ空港の到着ロビーにはこんなオブジェがあって、ガッカリ度やや回復。
そうさ、カステラとちゃんぽんを食べに来たんだぜ俺たちは。
わざわざ飛行機に乗って。皿うどんも卓袱料理も食らうんだぜ。


雪の舞う長崎なんて、それはそれで風情があっていいんじゃないかな、
うん、きっと、そうだ、相談しよう、そうしよう。


長崎03路面電車長崎駅バスで長崎駅へ移動。
長崎名物?の路面電車の一日乗車券を購入。
気がつけば雪もやんで薄日がさしてイイ感じ。



今、思い出しましたが、この旅行にはテーマがありました。
それは「オトナの修学旅行」。
風光明媚なとこを巡って旨いもん食ってのんびり湯につかって癒されて…
というゆるゆるだるだるな旅行には終わらせず(それぞれ実行しましたが)
見識を広げ教養を高める「学び」という目的も盛り込んじゃおうと目論んだのです。

ライター妻(以下SHIBA)は長崎初訪問でしたが、ライター夫(以下UMI)は2度目。
高校のまさに修学旅行で長崎を訪れていました。
でも、正直言って「学び」なんて当時はほとんど考えてませんでした。
あれから二十余年。ひげづらぼうずあたまのフリーランスな四十男になるなんて。
で、だいぶ間を空けた「学び直し」をやろうと思いついたのです。

閑話休題。
路面電車で最初に向かった先は、長崎新地中華街。
…いきなり「学び」じゃないじゃん。まあいいじゃないですか。おいおいですよ。

長崎05ちゃんぽん江山楼長崎06皿うどん江山楼長崎04角煮






Cafe Respiroの長崎出身のご常連様にご紹介していただいた候補の中から
入りやすそうだった「江山楼」をチョイス。
地元の人だけが通う知る人ぞ知る名店というわけではありませんが
角煮まんもちゃんぽんも皿うどんも皆おいしかったですよ。
長崎に来た!という実感がわきました。
今回の旅行では、ちゃんぽんの食べ比べもテーマにしてました。「学び」との2本柱です。

続きを読む

seariver050510 at 15:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)本日のおでかけ 

2012Jun.長崎ぶらぶらぶ記〜序

ライター夫(UMI)です。
本日は2013年5月4日、GW後半2日目です。
生業であるライター業もカフェ業も今日はオフ。
何となくではありますが、ふと思い立ったので
昨年1月4日から6日にかけて夫婦で出かけた
長崎旅行(長崎市)の思い出話をしたいと思います。

思い起こせばあれは今から1年5ヵ月前の出来事。古っ
書くのはよいけど記憶がちゃんと残っているかどうか。
過去にイタリア旅行記を1年もかかって書き上げた苦労が蘇ります。
…単に筆不精で、しかも細部にこだわりすぎ、寄り道しすぎたせいですが。

その反省を踏まえ、今回はできるだけ迅速に、
簡にして要を得た旅行記にしたいなと思います。

で、その策として思いついたのが、
旅行中に撮りためた写真だけを参考にして
そこから思い出せたエピソードだけを書き進めること、です。
訪れた場所の詳細や細かな足取りはあえて無視して
1年半近くを経てもなお、記憶の引き出しに残っていたことだけを
羅列していくという画期的な紀行文であります。

…ちゃんとできるかなぁ。

…さっき写真を確認したら298枚もあるし。

そうならないように善処します。
皆さんもどうか祈ってください。

ちなみにタイトルは『長崎ぶらぶら節』を勝手にもじりました。
もとネタが何かについては…ご興味がある方は各自調べてみてください。
実はかくいう私も、観た、読んだ、聴いたことがありません。すみません。

兎にも角にも始めようと思います。
いざ。


seariver050510 at 15:40|PermalinkComments(0)本日のおでかけ 

May 21, 2012

旭天鵬と金環日食

ふと気づき、誰も書いていないようなので。

昨日、大相撲幕内初優勝を飾った旭天鵬。
そして今朝、金環日食。

よくみると、旭天鵬の3文字の中には、
「日」「天」「月」が入っていて
金環日食の到来にこの上なくふさわしい四股名。
「旭」は朝日だし、ますますぴったり。

奇妙な符合の発見にちょっと興奮。



seariver050510 at 09:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)本日のよもやま 

December 23, 2011

2010ローマ旅行記〜ROMA伝 EPISODE后 Far away Far East”

皆さんご無沙汰しております。
ライター夫のUMIです。
2010年の旅行記が2011年の末まで続いてしまいました。
2012年までずれこまなくて本当によかったですね。

あんまりにも間があきすぎて話を忘れちゃったよ、という方
ぜひもう一度エピソードゼロからご再読ください。
一度に全部読み通すと物凄く時間がかかるので
休前日の夜などがお勧めです。
もしくは今年急激に普及が進んだ
スマホなんかでちょいちょい読み進むというのもいいですね。

…え?
さっさと本編に入れ?
…そうですね。
変にもったいつけるな?
…おっしゃるとおり。
この遅筆野郎!?
…返す言葉がございません。

それでは、本編へGO。
また長く…なると思いますが
気にせず思うがままに書いてゆきます。
よろしくお付き合いのほどを。

前回お話ししましたが
旅行中にその日の行動を記録したメモがないので
完全に記憶頼り。1年前の。かなり曖昧な記述ですが
何卒ご了承くださいませ。



ローマ滞在最終日の5日目。
ローマ発の航空便の出発時刻がえらく早いため
まだ夜が明けないうちにホテルをチェックアウトしました。

ちなみに、日本で預けた赤いスーツケースは結局届かず、
昨夜デパートで買った黒いスーツケースに荷物をつめました。
急いで買った割には気に入ってます。負け惜しみじゃなく。

始発列車でも全然間に合わないため、
フロントで頼んでおいたタクシーを利用。
なんとベンツでした。個人タクシーのようです。
浜田省吾言うところの「純白のメルセデス」であります。
♪ベッドでドンペリニヨオ〜ン…って知らない人すみません。

ドライバーは黒人の方でかなりの大柄。
二人で挑んでも1分ももたないうちにKOされること間違いなし。
でも愛想がよくて気のよさそうな人でした。グラッチェ。
まだ暗いローマ市内を滑るように走り抜けるベンツ。
旅の終わりの名残惜しさよりも、ようやく帰れるという気分でした。

タクシーは渋滞もなくスムーズに、数十分でローマ・フミウチーノ空港に到着。
料金をぼったくられることもなく、笑顔でドライバーさんと別れました。
チップ替わりでプレゼントした、穴のあいた五円玉、喜んでくれたかなあ。
御縁がありますように。

始発便のだいぶ前で搭乗口へ向かう手荷物&身体のX線ゲートがまだ稼働しておらず
近くの小さなカフェテリアの席で簡単な朝食をとりました。
テルミニ駅地下のスーパー、コナードで買った夕食用の
パンやチーズの残りでつくったライター妻製のサンドイッチ。
ローマ滞在最後の、とてもローマらしい味がしました。

その後、ほどなくゲートが稼働し始めて搭乗ロへ。

その途中、5日前、ローマ到着時に訪れた預け荷物受取所の横を通ったことろ、
ガラスドア越しの彼方にたくさんのスーツケースがあることを発見。
…もしかして今になってうちの赤いヤツが到着してそこに放置されているのかも…
と気がかりになり、近づいてみるとガラスドアにカギがかかっていないじゃあありませんか。
近くに係員もいないので、勝手にそのエリアに入り、勝手にあちこち探してみるも…発見できず。

じゃあ戻ろうかと思いきや、ガラスドアは一方通行でしか開かず、
二人で困っているところに警備員らしき人が登場。
「何勝手に入り込んでいるんだ、ここから早く出ろ」的なイタリア語をまくしたててきました。
「そんならこのドアを開けてくれ」と身振り手振りで伝えたところ、
「ダメだこっちの出口から出ろ」と言われ、出てみると、その近くからは再入場できず、
結局振り出しの場所まで戻ることに。
時間に余裕があったからよかったものの早朝からムダな労力使いまくりです。
まあ自分達が悪いんですが、
もとはと言えばロストバゲージした空港や航空会社が悪いわけで…

再びX線ゲートを抜けて、今度こそようやく搭乗口の待合ロビーへ。
やれやれ…とホッと一息したのもつかの間、ライター夫、忘れ物をしたことに気づきました。
たしか腕時計だったか、おそらくゲートでキンコン鳴らないように外した際に
そのままカゴの中に置き忘れたのでしょう。馬鹿ですねえ。
ライター妻をロビーに残し、小走りで来た道を戻って探しに行きました。
クロックスでマラソンを走ったら意外といい記録が出るんじゃないかってくらいの
短期間集中トレーニング&馴染みようです。
で、無事に忘れ物を取り戻し、二人で安堵したところでいよいよ搭乗。

続きを読む

seariver050510 at 22:22|PermalinkComments(3)TrackBack(0)本日のおでかけ 

August 28, 2011

2010ローマ旅行記〜ROMA伝 EPISODE検 Merry Christmas in Summer”

いやあ夏です。それも後半の。
前回、記事の最後で「季節が変わらないうちに」なんて〆ましたが
その後梅雨入りして梅雨明けして猛暑日の時期に突入。

真夏に去年のクリスマスシーズンの記事を書くなんて…
と反省していたときに、ふと思い浮かんだのが、今回のタイトルです。

懐かしきKUWATA BAND。持っていたのはEP盤レコードでした。

って反省してねえなあオイ。

という声が聞こえてきますが、

でもなんだかいろいろ忙しくって今になっちゃったんだからしょんないでしょう!

と開き直ってみたり。

今回も含め、後2回のお付き合い。どぞよろしく。

で、本編ですが、
この日はローマ滞在4日目。
5日目の早朝暗いうちに出発するので実質最終日です。

成田で生き別れたスーツケースとは未だ再会できないし、
いろんな不運&判断ミスが重なっちゃって、
旅行なんだか苦行なんだか分からなくなっていましたが、
「カラ元気も元気」というのがUMIの座右の銘。
「人生はあざなえる縄のごとし」もそうです。

前向きにくよくよせずに元気出して行きましょう。

手元の雑記によるとこの日は6時45分に起床。
着替えて食事して地下鉄に乗って
LEPANTO駅へ。
2011イタリア054レパント

この日最初の目的は、10年前のローマ初訪問時に足を運び、
再度行くことを決めていた「メルカート(=市場)」での買い物です。

写真画像のデータによると8時47分に地上に出て、市場に到着したのが9時55分。
1時間以上も何をしていたかと言うと、道に迷っていたんです。

たしかだいたいこのへん、という記憶で歩きだしたものの
ちっとも見つからない。馬鹿ですねえ。

で道行く人に教えてもらおうとて話しかけてみたら、最初のご夫婦はツーリストで、
ローマっ子でもイタリア人でもありませんでした。苦笑いされ恥ずかしい。

二人目は個人店主らしきおばあさん。
つたない質問にも気さくに教えてくれました。グラッチェ!ありがとう!

で、ようやくたどりついたメルカート。
10時ですからすでにクローズしてるところが結構ありました。
記憶していたよりもかなりこじんまりしてました。
どうやら5年前のイタリア旅行で訪れた他の都市のメルカートと混同しちゃってたかも。
2011イタリア055メルカート

それでもお目当てのドライトマトとドライポルチーニ茸が買えて満足。

その後歩いて「カストローニ」へ。
おとといは閉まっていましたが今日はやってました。
ここも10年前に訪れた店。3代続く老舗の雑貨店。
お土産に適した雑貨や食材が豊富に揃っていますが、
今回は奥のカフェカウンターで、カフェ・マキアートをいただきました。美味。

で、ここからはローマ中心部のあちこちに点在している、
これまでに行くことができなかった雑貨店や食材店をいくつかハシゴしながら
ランチとディナーを楽しもう…というのが二人の方針でしたが、
現在立っている場所はつい先日訪れたバチカン市国から目と鼻の先。
バチカンと言えば、サンピエトロ大聖堂&広場と並んで有名なのが「バチカン博物館」。
キリスト教系の彫刻や絵画、工芸品などがどっちゃりの世界最大規模ミュージアムです。

10年前に初訪問、いたく感動しました。
5年前は再訪しようとするものの入場の大行列に断念。
ツアー旅行で自由時間も短かったし。
代わりにサンピエトロ大聖堂内の宝物館を見学しました。
あんまり印象に残っていないのですが。

で、今回。この日の朝までは全く行くつもりがなかったものの、
このとき急きょ考え直して行列に並ぶことにしました。

この決断が良くも悪くもこの後の予定を大きく変えてしまいました…
続きを読む

seariver050510 at 21:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0)本日のおでかけ 

May 08, 2011

2011ローマ旅行記〜ROMA伝 EPISODE掘 Roma wasn't walked in a day”

毎度のことながらほんとうにすみません。
格好つけて「近日中…どうぞお楽しみに」なんて書いたのが
3月14日のホワイトデー。
で今日は母の日。
海よりも深く反省。であります。

つい先日、といっても先月ですが、
この旅行で利用したエールフランスとアリタリア航空から文書が届きました。

ロストバゲージ処理のやりとり(詳しくは後日)も済んでいたし
なんだろなと不思議に思いながら開封してみると、

「このたびはご迷惑をおかけしました」

フムフムその通り。

「つきましては補償についてのご説明を…」

…ってもう手続きはとっくに終わってるだろうが!!

どういう経緯かは分かりませんが、
いやはや何ともとんちんかんな対応です。
帰国後3カ月以上経ってから「このたびは」はないだろう。
いっそもう一度補償請求をしてやろうかと思いましたが
手続きに必要なレシートがないのでやめました。

さて本編へ。
だいぶ間が開いたので
筆者もここまでの流れをおさらいしておこうと、
前回記事を読みなおしてみましたが、長い。
ほんとに長い、長すぎるよ。このブログ。
読み疲れちゃうよ、まったく。
というわけで途中で断念しました。


気を取り直していきましょう。


ローマ滞在3日目。
この日はようやく晴れました。
スーツケースは未だ届かないし、
行きたい店はたいてい閉まってるし、
ローマ教皇の日本語メッセージは聞き逃すし、
と、不運満載の旅行気分に拍車をかけていた
冬の雨がようやく止んでくれました。

朝ホテルを出て、頭上に広がる青空を見ただけで
それまでの焦燥感や疲労感がスーッと抜けていく気が。
足取りも軽くいざローマの街へ。

2011イタリア20共和国広場
テルミニ駅を通って共和国広場へ。

そうそうこの日の散策のテーマを発表するのを忘れていました。
「『天使と悪魔』の舞台を訪ねて」です。

『ダ・ヴィンチ・コード』の作者でもあるダン・ブラウンのベストセラー小説で
主人公も同じくロバート・ラングドン。
2作品ともトム・ハンクスが演じて映画化されました。

2作品ともキリスト教が大きく関係している内容で、
『ダ・ヴィンチ』のほうは信徒にとってはかなり過激なストーリー。
しかも冒頭に「これはすべて真実である」なんて前置きがあるもんだから、
その筋からそうとうな批判&非難を受けました。
私が通う教会の売店にも、小説の内容をいちいち否定する反論本が売られていました。

で、この『天使と悪魔』。『ダ・ヴィンチ』とはまた違った過激さですが、
そこまでの批判の嵐は起きなかったようです。
詳しい内容や、その是非、信憑性はあえて論じませんが、
小説としては、面白いです。特にこの『天使と悪魔』は。

で、ここからが肝心ですが、この作品の舞台になっているのが
12月26日現在の私達がいた街、ローマなんですよ。

ごく大雑把に言って、主人公がローマの街を駆け巡りながら
数百年前に街のあちこちに秘められた謎を解いていくお話。

で、その足取り、というか謎解きの舞台を実体験してみようというのが
この日の散策の趣旨なわけです。

5年前、10年前にもローマを旅している私たち。
すでに訪れたことのある場所もそうでない場所もありましたが、
あらためて、一つひとつに足を運んでみようと思ったわけです。

当初は小説の流れどおりに回ってみようかとも思いましたが、
それだとかなり余分な時間がかかってしまうので断念。
他にもショッピングやらグルメやらクリスマスミサやら
やりたいことがしこたまあったので、効率最優先のルートを設定しました。

ああ、またなんだかもうすでに長くなってしまった…

というわけで本編の続きを。

続きを読む

seariver050510 at 08:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)本日のおでかけ 

May 03, 2011

2011そらむぎ援農日記

ゴールデンウィークの2日間を利用して、山梨へ行ってきましたよ。
そう、CafeRespiroでもたびたび登場している
そらむぎ農園への援農、約2年ぶりです。

今回は道路渋滞を避けて、特急あずさ号に乗っての来訪。
震災の影響でしょう…例年よりも混雑しておりませんでした、というか空いてました。
お昼過ぎに到着して、さていよいよお手伝いスタート。
カフェライフを始めてからこちら、
すっかりカラダがなまっている我々、さてツカイモノになりますか…
たねいも

今日はじゃがいも植えです。
種芋を…



縦割にして…並べて…堆肥をまいて…
この後、
上に土をかえして終了。
芽が出てくれるといいなぁ。




…と、あっという間に夕刻。
飼い犬のお散歩をぐるり一周。コチラでは桜がまだ咲いていました。
山桜清楚な水面に






この後、地元の温泉につかってすっかりイイ気分に。

夕食はそらむぎ農園ゲストハウスにて。
お好みパーリー
お好み焼き&農園で獲れた野菜料理。
お酒をくみかわしつつ、旧交を温めました。





2日目は、雨模様。
実は我々がそらむぎ農園に行くと雨が降る、というジンクスがありますが、
今回も見事的中☆ むー。
どんよりした天候のなか、穴掘りの作業です。
いざ掘らん穴と子やればやっただけ形として見えるので
穴掘りは結構好きなのですが、
雨にも降られなかなかどうして進まず…
志半ばでタイムアップ。
お役に立てずスミマセヌ。



急ぎ足での援農旅行になりましたが、友人家族に会えて
とても充実した2日間でした。また時間を見つけていきます。
そらむぎ農園さんありがとうございました!

駅弁中身はこんな
駅弁で旅をしめくくり。
なかなかおいしゅうございました。





おまけ☆そらむぎネコレクション
まうおくろまう?たま






夕食まだ食べてる




seariver050510 at 11:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0)本日のおでかけ 

April 10, 2011

2011お花見散歩・東京篇

東京はこの週末、桜が満開のトコロが多く…
昨年はカフェをOPENしたばかりで、ほとんど桜の記憶がない我々でしたので、
今年はぜひ散策をしようと画策しておりました。
あちらこちら候補にはあがったのですが、ご常連のI様に教えていただいたスポットへ。

五重の塔
こちら、東京・浅草寺の五重の塔。





浅草寺では現在『大絵馬至宝展と庭園拝観』を開催中。
拝観料は東日本大震災の被災地へ義援金としておくられるとのことでした。
国宝の写経、勝海舟筆の絵馬、徳川綱吉筆の掛け軸etc…
ここには歴史上の人物がいるわいるわ。さすがの奥深さ。
普段みることのできない至宝、心に刻みました。


そして、庭園をお散歩。一番人気はやはり…
枝垂れ桜


まさに本日満開、の枝垂れ桜。


はなびらひらひら 

花曇り、風にひらひら。





桜が見られて嬉しい…と思っていましたが、なかなかどうしてほかの花々が美しい。
木瓜楠馬酔木雪柳







紫木蓮乙女椿梶苺





射干水盤にゆらり椿漢字テストさながらの難読です。
美しいモノは難しい、のかも。




春爛漫、とても優美な庭園でした。I様、ありがとうございました。

この後、お参りをして(…順序が逆じゃん!)
このコに会いました。
ややぽちゃ
ぽってり。




そして、我々もぽってりとしたモノを…
揚げまんじゅう
サクッともちっと美味しかったです。




そのあと、東武線に乗車…
隅田川
東京では上野公園と人気を二分するかも、の
隅田川公園。桜並木が見事です。



おまけ。
青木
亀戸にて。ホルモン焼きを堪能。じゅぅぅ〜。






花も団子もよくばりな休日でした。


seariver050510 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)本日のおでかけ 

March 14, 2011

お知らせ

当ブログをご覧いただいている皆様へ

Cafeブログではすでにお伝えしていますが、
ライター夫(UMI)&カフェオーナー妻(SHIBA)ともに無事です。
幸いにして大地震での当家の物質的被害は軽微で済みました。

3月11日以降のことについては、本当に言葉もありません。
ただただ驚き、悲しみ、切なくなるばかりです。
大きな被害に見舞われた方々には心から哀悼の意を捧げます。

偶然にして、都心に住み、働いている私達は、
当日夜の帰宅難民にもならず、通勤での不便もなく、
図らずも、とても恵まれています。

ただ、それでも、昼夜を隔てず断続的に続く余震には、
その瞬間、ピタッと手が止まり、思考停止に陥ります。
また、多くの方々と同じように、
先の見えない不安感が頭や体にこびりついて離れません。

それでも。
私達は、今、やれること&やるべきことをやろうと考えています。

すべてが手探りだったとしても、
ただ縮こまっているよりも
とにかくこれまでどおりに、前に進むことが、今は正しいと思えるからです。

何だかお知らせと言うより、決意表明のようになってしまいましたが、
これが私達の今の素直な気持ちです。そしてそれを伝えたかったのです。

というわけで、当ブログの未完の旅行記についても、
近日中に続きを公開しようと思います。

えっ、“やれること&やるべきこと”ってそれかい!!…というツッコミは承知の上で。

……とにもかくにも、どうぞお楽しみに、であります。

2011年3月14日 ホワイトデーの夜に

ライター夫UMI



seariver050510 at 18:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0)フリーライター 

February 21, 2011

2010イタリア旅行記〜ROMA伝 EPISODE 供 Roman Holiday”

皆様ご無沙汰しております。
本ブログ記事をご覧いただき感謝感激雨霰です。
しかもRespiro店頭にて「続きをたのしみにしてます」
などどいうお声をかけていただきまして恐悦至極。
ちょっと照れちゃう四十目前男でございます。
…ゴタクはいいからさっさと本編を始めろ、
…旅行からどんだけ時間が経ってると思ってるんだ、
…このうすのろ、とんちき、すっとこどっこい…
という脳内のもう一人の私の声が聴こえてきます。
というわけで、今回も宜しくお付き合いのほどを。

で、前回、ロストバゲージについてお話ししましたが、
その後いったいどうなったのか。
もったいぶるつもりは毛頭ありませんので、今お伝えします。

成田空港の出発ロビーを最後に離れ離れになった赤いスーツケース。
その後、フランスは花の都パリの空港の倉庫に長期滞在したらしく、
手元に戻ってきたのは、2011年1月4日のお昼前。
日本の、神田の自宅に配送されてきました。
そうなんです。私達のローマ滞在中は結局届かず、
帰国して、旅行気分がきれいさっぱり抜けきったところで
新年もすっかり明けちゃったところで、
ようやく戻ってきたんですよ、どうですか皆さん。

いろいろ考え抜いてパッキングして、
ローマでいろいろ使おうと思っていたのに、まるで意味なし。
しかも帰国後も、果たして戻ってくるかどうかやきもきし通し。
二人ともいろいろ思い悩み、釈然としないまま過ごした年末年始。
あけましておめでとうではまるでなかったのですよ。ほんとにもう。

スーツケースの中身は無事でした。…何事も無かったの無事。
まあ百歩譲って、ちゃんと戻ってきたことはありがたいことです。
でも、被害は滞在中だけではなく帰国後も発生し続けました。
航空会社と何度かやりとりして補償はしてもらいましたが、
それはそれでいやもうほんとに参っちゃう話でした。
そのへんは、いずれあらためて…。

…なんだか記事が終わるような雰囲気ですが、
さあここから!いよいよ!本編スタートでございますよ。
あきれずあきらめずついてきてください。お願いします。続きを読む

seariver050510 at 17:37|PermalinkComments(3)TrackBack(0)本日のおでかけ 

January 17, 2011

2010イタリア旅行記〜ROMA伝 EPISODE Ⅰ “Roma is Far”

皆様ご無沙汰でした。

いよいよ旅が始まります。

文章長いです。すごく。

体力気力にあまり自信がない方は、数回に分けてお読みください。

くれぐれも、長い!!と突っ込まないでくださいね。

静岡弁でいうところの「しょんないこと(仕方がない)」ですから。

私たちが日本を出たのはクリスマス・イブイブの1223日。

前日にカフェを終業し、この日は午前中から自宅の掃除・片づけと旅行のパッキング。

ライター夫は執筆仕事もしました。

搭乗予定のエールフランス航空277便の出発時間が

2155分と遅かったことが幸いし、時間に追われることもなく、

割と落ち着いて準備が進められました。

成田空港へは、京成電鉄の「成田スカイアクセス線・スカイライナー51号」を利用。

洗練されたデザインと“JAPAN SPEED”のコピーで話題になった、あの電車です。

日暮里から成田空港まで、最速36分で到着。

私たちの場合は、たしか40分ほどでしたが、たしかに速い。

片道一人1200円の料金加算ですが、

車内はきれいだし、座席は広いし、ゆれないし、おまけに空いてたし、文句なしです。

時間にかなり余裕を持って家を出たため、日暮里駅で20分ほど待ちましたが、

ジャストタイムなら神田の家から1時間ほどで成田空港への移動が可能。

浜松町経由の羽田空港までと大して変わりません。すごい。
2010イタリア01京成

シャッターきるの早すぎた…





成田空港到着後は、チェックイン&スーツケース1個の預け入れを済ませ、

レストランで天ざるうどんと鯛茶漬けでゆったりと夕食。

出国手続きを済ませて、免税タバコを買って、搭乗口に着いてからもかなり余裕があり、

カフェオーナー妻はコイン式のマッサージチェアで癒されちゃったりして。

ライター夫は、たまりにたまった12月の未読新聞を読み進めておりました。

いやあ過去に記憶がないほどののんびりペース。

たしか10年前は、出発時間の5分前に空港内を二人で全力疾走しながら、

キレ気味の職員から「もっと早く搭乗口に来んかい!」的な叱責を受けてましたから。

大人になったもんです。えへへ。

続きを読む

seariver050510 at 21:51|PermalinkComments(3)TrackBack(0)本日のおでかけ 

December 30, 2010

2010イタリア旅行記〜ROMA伝 episode 0

当ブログをご覧の皆様

2010年の年末をいかがお過ごしでしょうか?

もしかして2011年の年始でしょうか?

私たちが営むCafe Respiroのブログでは既にお伝えしていますが、

ライター夫ことUMIとカフェオーナー妻ことSHIBAの二人は

1223日より冬休みに突入しております。

しばらくぶりにブログを確認したところ、

お休み中にも閲覧してくださる方が多く、

光栄の至り、感謝に堪えません。

さて世間の通例よりもだいぶ早めに冬休みをとった理由ですが、

実は、1週間ほどかけて海外旅行に出かけておりました。

年末年始の旅行のトップシーズンをわずかながら避ける形で

Let’s Vacationしたわけです。イタリアのローマに。

まあこの記事のタイトルを見れば分かりますよね。

ちなみに、タイトルの「ROMA伝」は、

2010年の大河ドラマをもじっているわけですよ。

…ここ笑うとこです。

このご時世に夫婦で海外旅行なんぞに出かけるなんて

カフェやライターの稼業がよほど儲かったのか…といえば

そんなことはありません。きっぱり。

ではなぜかと言うと、

私たち夫婦は10年前に結婚した時、ある誓いを立てておりました。

5年に1度は二人でイタリアへ行く」と。


2000
10月に出かけた新婚旅行先に選んだのがイタリアでした。

ローマからカプリ島、アマルフィと滞在先を変え、最後に再びローマへ。

それは素晴らしい体験でした。当時はブログなるものが存在せず、

皆様に詳しく自慢、もとい、報告する機会がなかったことが悔しいほどです。

そのときの感動から、すっかりイタリアという国に心酔し、

5年に1度は、無理をおしてでも再訪しよう!」と決めたのでした。

そして2005年。誓いは守られました。

二人ともフリーランスの仕事をしていたおかげで割高な旅行繁忙期を避けることができ、

「イタリア主要都市周遊9日間@10万円」という破格のプランで

2度目の渡伊を果たせたのです。

ちなみに最初のイタリア訪問は、往復の航空便と滞在ホテルだけを確保し、

あとは添乗員なし、食事なし、オプションツアーなしの自由旅行。

移動の列車やバス、フェリーの手配も含め、全てを二人で現地でこなしたわけです。

楽しさいっぱいでしたが、苦労もさんざんしました。

その内容を書き始めると、いつまで経っても今回の話に行きつかないので割愛します。

お土産用にしこたま買い込んだワインが帰国時のスーツケースの中で破裂して

チャゲ&飛鳥が唄うところの♪洋服はワイン色〜♪になったとか、

面白い話がたくさんあるんですが割愛します。

…というか2度目の渡伊の話でしたね。

このときは、完全なパック旅行で、昼夜の食事こそついていませんでしたが、

ホテルも移動もすべてお任せプラン。各都市到着時には半日観光がついて

その最後に代理店御用達の土産物店に案内されるという親切ぶり。

団体ツアー旅行なるものは、前世紀に参加した社員旅行以来のことで、

格安料金のからくりを身を持って知ることとなりました。

それでも十分楽しかったですよ。負け惜しみじゃなく。


このときは、ローマ→アッシジ→フィレンツェ→ヴェネツィア→ミラノと

イタリアの中部から北上するゴールデンコース。

この頃には既に当ブログをスタートしていたので、

詳しい内容は現在も公開中であります。

当時からUMIのレポートはやたら長く、

読み疲れ、じゃなかった、読み応えがありますのでご覚悟ください。

また、不定期で公開しているので続けて読むことがかなり困難です。

自分たちの再検索のためにもリンクを張っておきますので

御用とお急ぎでない方は、ぜひ。

出国〜ローマ1日目

http://blog.livedoor.jp/seariver050510/archives/2005-12.html?p=3#20051207

ローマ2日目

http://blog.livedoor.jp/seariver050510/archives/2005-12.html?p=2#20051208

アッシジ〜モンティカーニ・テルメ

http://blog.livedoor.jp/seariver050510/archives/2005-12.html?p=2#20051214

フィレンツェ初日

http://blog.livedoor.jp/seariver050510/archives/2006-01.html?p=2#20060122

フィレンツェ2日目

http://blog.livedoor.jp/seariver050510/archives/2006-02.html#20060228

ヴェネツィア

http://blog.livedoor.jp/seariver050510/archives/2006-03.html?p=2#20060315

ミラノ〜帰国

http://blog.livedoor.jp/seariver050510/archives/2006-03.html#20060320

で、いよいよ2010年。

2000年から数えてオリンピック2回、サッカーW3回、大相撲本場所61回の開催を経て

3度目のイタリア訪問と相成ったわけでございますよ。


私たち夫婦も10年分歳を重ね、気がつけばUMIは不惑の四十が目前です。

今年はカフェを開業し、私たちの人生において大きな節目となりました。

人生で最も忙しい1年であったことは間違いなく、

正直、経済的な余裕なんてまったくございません。

でも、新婚時に立てた誓いは二人にとって何よりも重く尊いもの。

いろいろ考え、知恵を絞り尽くし、万難を排した結果、

いわゆる見切り発車で、年の瀬に敢行したわけです。

誓いは守られた、のであります。

で、これから当ブログでその詳しい行状を

ご覧の皆様にたっぷりとお見舞いしていくわけです。

…前置きにしては長すぎますね。確かに。

書いてる私もさすがに疲れてきました。

本編は近日公開!

どれくらいの長文になるか、わかりません!

ただ、ひとつ言えるのは、

今回は、グルメや観光のレポートだけでなく、

“旅行そのもの”について語る部分がかなり増えるということです。

というのも、結婚以来、二人で7回ほど海外旅行を経験したのですが、

(したがって貯金がちっともたまらないわけですが)

今回ほど数多のトラブルや思惑外れに見舞われた旅はありませんでした。

(盗難とか詐欺といった事件や負傷事故に巻き込まれたわけではありません)

年末の忙しいときに呑気にイタリア観光かよ!とお思いだった貴方、

ご安心ください。本編を辛抱強くお読みいただければ、

必ずや留飲は下がり、憐れみと慈悲の心で私たちに接したくなるはずです。

…いやぁ期待を煽り過ぎですね。反省。

そんなに期待しないでください。

…何を言いたいのか分からなくなってきました。

だからもうそろそろ筆を置きます。

最後に、今回の旅を象徴する二つの出来事を紹介しておきましょう。

なんかミステリーみたいです。

 

・出国の際には「赤」だったスーツケースの色が、帰国時には「黒」に変わっていた。


・現ローマ法王ベネディクト16世だけでなく、ミッキーマウスにも会えた。

 

May The Force Be With You

 



seariver050510 at 22:34|PermalinkComments(4)TrackBack(0)本日のおでかけ 

November 16, 2010

BUSY HOLIDAY 2010.11

晴天に恵まれた穏やかな土曜日。
Cafe Respiroはお休みでした。
ライター稼業もお休み…にしました。
こんな日は自宅でのんびりリフレッシュ〜
とはいかないのがTeam Respiroであります。

というわけで、タイトルどおりの忙しい一日を振り返ってみます。
前頭葉の最前列に「サラッと短めの記事で」の言葉を置きつつ。

この日のミッションは四つ。
ひとつは明治公園でのフリーマーケット出店。
二つめ三つめは、Respiroの備品調達のためのお店巡り。
四つめは、のちほどお知らせしましょう。

朝5時55分起床。ゴーゴーゴーなわけです。何か?
身支度を済ませ、歩いて15分の秋葉原のレンタカー屋へ。
実は徒歩5分のところにも同じレンタカー屋があるのですが、
こちらは8時開店&閉店のため予定と合わないのです。

6時40分。秋葉原を出発。
本日のパートナーはスズキさんのワゴンR号であります。
パーフェクトペーパーゴールドドライバー(PPGD)なライター夫。
「安全運転で!」と互いに声を掛け合いいざ明治公園へ。

さすがに早朝、道空いてます。
7時ちょい過ぎには現地到着、出店者搬入口の列に並びながら、
車内で手早く朝食をとりました。

フリーマーケットの出店はこの日で多分20回目くらい。
結婚前から二人で出店してましたからかれこれ10年以上続けてます。
「何をそんなに売るものがあるの?」とよく聞かれますが、
「なんかあるんです、いつも」としか答えようがありません。
まあ買い物好きなのと、ライター夫の収集癖と、
実家の親兄弟からの寄付&販売委託など理由が重なり合って、
半年に1回のペースで出店できるほどの不用品がたまるんですね。

出店の最大の目的は、自宅のスペースの拡大です。
今年3月のCafe創業&引越しにあたり、
相当な量を整理処分しましたが、それでも手狭で。
そのへんについては、Respiroのブログでもご紹介しています。
お時間ある方はそちらの「開業への道」もご覧ください。

なので、価格設定は基本控えめ、値引きありありの
即日完売を目指したフリマ出店なのであります。

そうそう、今回は初めて「クルマ出店」を体験しました。
これまではすべて「手持ち出店」。
昔は二人して両肩両手に目いっぱい荷物を抱えて
徒歩と電車乗り継ぎで現地に乗り込んでいました。
バスとかタクシーの時もあったなあ。

最近はレンタカーを借りて近くの駐車場に停め、
そこから手持ちで搬入してました。
もちろんレンタカー代や駐車場代がかかるのですが、
フリマ終了後に、普段なかなか足を運べない遠方、
もしくは重い物・大量の物のショッピングを兼ねることや
非日常のドライブ気分を楽しめることを考慮して
まあいいかと。何がまあいいのかよくわかりませんが。

クルマ出店は手持ち出店よりも出店料千円アップですが、
今回は、同じ運営者での3回めの出店で500円引き。ラッキー。

…しかし、よくよく考えてみれば、前回や前々回のフリマは、
売りたい物があまりにも多くて手持ちで運べず、
レンタカーを利用したのですが、会場近くの駐車場代が
一日千円ってことは、手持ち+千円でクルマ出店と金額同じ。
ってことは駐車場との行き来の苦労を考えたら、
手持ち出店にこだわる必要ないじゃん。クルマ出店でいいじゃん。
…ということに、この日のフリマ閉店後に考えつきました。むぅ。

で、初体験だったクルマ出店ですが、いい!すごくいい!
搬入搬出の手間が省けるだけでなく、手持ち出店よりも
スペースにかなり余裕があって、商品が陳列しやすいし、
お隣さんともほどよい距離があるので、気が楽です。
しかもこの日は暑くもなく寒くもなくナイスな天候。
これまでで体力的にも精神的にも最も快適なフリマでした。

午前8時半から午後3時過ぎまでの7時間ほどで
出品物の9割が売れました。上出来です。
値段設定もかなり抑えめで値切りにもバンバン応じたので
他の出店者よりも売れ行きがいいのは当たり前ですが、
それでもうれしいもんです。出店料や駐車場代、昼食代、
ついでにレンタカー代もペイできました。
お買い上げいただいたお客様に心より感謝。
不用のものが有用になることに喜びを感じます。

ふう。サラッと書きましたが、短めにとは行きませんなあ今回も。

ということでまだまだ続きます。続きを読む

seariver050510 at 11:43|PermalinkComments(5)TrackBack(0)本日のおでかけ 

October 31, 2010

秋の楽しいお散歩・東京篇

当Blogをご覧の皆様、こんばんは。またもやご無沙汰してしまいました。
「楽しく読んでいます〜」と直接お声掛けいただくこともあり、
…うわ、最近アップしてない☆…と、反省しきりでございます。
ということで。
今日は久々に外出をしたこともあり、秋らしい日記を公開です。

10月最後の日曜日、まずはご近所の東京・神保町へ。
ブックフェス
神保町ブックフェスティバルが開催中。町は大賑わい。
S学館とS英社の前の歩道を利用して、絵本のバーゲン。
親御さんが可愛いお子さんのために絵本を物色するなか、
チームRespiro、腕を懸命に伸ばしつつ、ページめくりつつ…
カフェに置くかわいい絵本を1冊ゲットだぜぃ。
ほんのくるまほんにむちゅうのこどもたち。よいことよいこと。

本日のメインイベントは芸術鑑賞。
イタリア・ウフィツィ美術館自画像コレクションを鑑賞するため新宿へ。

まず、美術館に入る前に、来館者がつい立ち止まってしまうスポット。

2大タワーここは42階なので見晴らしが良いのです。
まぁ今日は曇天ですが…
新宿の街、御苑、神宮球場、東京ドーム…
右手に東京タワー、左手には新東京タワー、目を凝らしてどうぞ。


使徒?
モード学園、何だか恐ろしげなフォルム。







美術館内はもちろん撮影禁止なので写真はありません。ので、印象をば。

感想…巨匠と呼ばれる画家もそうでもない画家もとにかく「自己愛が強い」。
いや〜強い強い。びっしびし伝わってきました。ある意味すごいね、画家。
ついでに常設展の『ひまわり』も鑑賞。そうです、あのゴッホ様ですよ。
感想…大迫力。存在感。圧倒的。恐るべし。ひー。

さて。おなかもすいたぞ、本日の夕食。
東京・大久保の韓国タウンまで歩いて歩いて歩いて到着。
韓国本格屋台・チングです。
サムギョプサルサムギョプサルのセット。
豚肉満載、野菜満載、ナムルも満載。
うー、どれも美味しい!
「今わたし韓国料理食べてる!」って実感できます。





あぶらが…斜めになる設計が特徴の鉄板。
おかげで余分なアブラが落ちるのですよ。
ヘルシー。一家に一台欲しい。



トッポギトッポギ。甘くてもっちりしておいしー。

…と、ここまででかなり食べているかと思うのですが、
一週間の英気を養うため、ご飯モノをオーダー。


ビビン麺&ソロンタン
ビビン麺とソロンタン。これまた美味♪
ちなみにチームRespiroはヤセタンとコロンタン。


腹八分目、を軽く過ぎ、十二分に堪能。あぁ幸せな日曜日でした。

というわけで、本日は読書の秋→芸術の秋→食欲の秋とフルコース祭り。
ココロに栄養、おなかに脂肪、冬支度が着々進行中です…


seariver050510 at 22:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0)本日のおでかけ 

August 17, 2010

2010夏のお休み

夏!ですね。皆様いかがお過ごしですか。
今日はわれわれのつれづれをチラリご紹介。
カフェが3連休だったので、またもやToDoリストを作成→実行しましたよ。

14日(土)
身支度をササッと済ませて、いざTokyo下町散歩。
神田から秋葉原を抜け、上野へ。テクテクテクテク…意外と歩けます。
カフェ発祥の地
カフェ発祥の地!







このあたりは結構通っていたのですが、初めてその存在に気づきました。
思わず拝みそうになりました。

ランチタイム。前からちょっと気になっていたお店へ。
ビュッフェ







これだけ多くの種類を食べられるのは嬉しい限り。パクパクパクパク…
感想…コンセプトから想定される味付けよりも濃く、
ちょっと普通感漂ってたかな〜。

さらに散歩は続きます。本日のメイン会場へとテクテクテクテク…
夏限定!移動販売のかき氷屋さん『空海』が出店しているCaikot*へ。
念願かなっての実食です!
メニュー&かき氷機










空海さんがその細い腕でハンドルを軽快にまわすと…氷が削られていきます。
シャリシャリシャリシャリ…シャリシャリ…途中お喋りもはさみつつ、シャリシャリシャリ…

白桃&いちご


オーダーは白桃(左)&いちご(右)!






まず、
てっぺんの氷だけ食してみたら…んまい!氷ってこんなに優しいんだ。
口の中でささったりせず、ふうわりしている。
そして果物ゾーンへ。
シロップはもちろん無添加で手作り。果物そのものの味わいがするっ。
…めちゃうま。いやー、美味しい。あぁ…また食べたい。
4種類のうち2種類を食したのち、もう2種類食べたい!!!と懇願したものの、
「次の機会にとっておこうね」と諭されました。ライター夫、オトナです。

その後、買い出しを済ませて帰宅。

15日(日)
午前中、自転車Tokyo散歩、本日は日本の中心地(?!)東京駅界隈へ。
エシレ・メゾンデュブールのクロワッサンを買いに。
自宅から10分程度で到着。近いな。
エシレ長蛇




…が、長蛇の列!









近いんだから何も並ぶことはないな〜しかもお盆にな〜、と思い直し、諦めました。
いつかまたチャレンジするぞい。

そのまま買い出しを済ませ、本日のランチボックスを大丸にて購入。

帰宅後、3日間のオフで一番やりたかったこと、『カフェの大掃除』に着手。
日々掃除はしてはいるものの、やはり時折こうしてチェックしないとね。
終了後のランチボックスはまさしく『馬に人参』でした。
作業ススムススム。ピカピカになりましたよっ

シャワーを浴びてこざっぱりしたら、お待ちかねのランチだ!
ライター夫が「カフェ妻に食べさせたい」とずーっと思っていたお弁当です。
すきやき弁当ビフテキ弁当








日山すきやき弁当(1050円)、大盤振る舞いでビフテキ弁当も購入(1890円)。
すきやき、美味しいっ!お店のキャッチコピーにもあるのですが、
「冷めても美味しい」すきやきってすごいよね。
文字通りでした。味付けもばっちり!
ビフテキ…より、断然すきやき弁当をオススメしますよ。

夕方、パソコン作業。
カフェメニューブックを作り直したり、
ToDoを着々とクリア。キモチイイぞ。

16日(月)
ライター夫のたっての希望で、レンタカーにてドライブ。
といってもカフェで使うモノたちの買い出しツアーです。
こうしてオンとオフが入り混じることが日常となってきましたね、我々。
まずは腹ごしらえ。
ビィオットご近所の喫茶店ビィオットさん。
念願叶っての初来店。
人様が作ってくれた朝ごはん、久しぶり!






レンタカー内ではコイキなミュージック(ライター夫編集)を聴きつつ歌いつつ…
あっという間に目的地へ到着しましたよ。
千葉・幕張アウトレットにて、サクサクサクサクッと買い物。
次、コストコにてサクサクサクサクサクサクサクッと買い物。
コストコ 

ランチ休憩。飲食スペース激混みでした。
みんな、買い物スキね〜ウチもか。




その後もホームセンターなどでサクサクサクサクサクサクサクと用事を済ませ、
次の日のための体力を残しつつ帰宅。
何とも充実のSUMMER HOLIDAYでした。
…と、ここまで書いて校正すると
『HOLIDAY』ってより、食べて買い物して、の“欲望満たし”の休日ですねぇ。
嗚呼、次の3連休が待ち遠しい。



seariver050510 at 20:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)本日のおでかけ