October 18, 2005

10.17マリーンズ優勝!

マリーンズがついに勝った!
その昔、お荷物球団と言われた「あの」マリーンズが!
千葉出身のライター妻をヤクルトファンにしてしまうほど
魅力の薄かったマリーンズが!

短期決戦ゆえの緊張感がスタジアムを包む。
ここまで、勢いでトントンと勝ちあがってきた感もあったマリーンズだが
3、4戦を落としたあとの最終戦での勝利は
彼らが確かな地力をつけてきたことの証明だ。

鈍足の初芝が駆け抜けた!ベテランの気迫。
早坂の横っ飛びスーパープレーは芸術の域。
小林雅は第3戦の悪夢が脳裏をよぎったことだろう。
里崎!オトコをあげたよ!
井上がウイニングボールを監督に手渡す。
そして、ボビーが宙を舞った・・・

2年連続でプレーオフに泣いたホークスは
本当につらかったろうし、やり切れないと思う。
でも素晴らしい戦いをしていた。
松中、一本出てよかった。
松葉杖をつく痛々しい姿の城島が
的場にそっと近寄って何事かをささやいていた。
「しっかり見ておけ、この悔しさを忘れるな」
そう言っていたのではないだろうか・・・
男泣きする的場も立派に役目を果たした。

プレーオフは、1位抜けしたチームとファンには申し訳ないが
とても魅力ある制度に映る。
パ・リーグがこんなにクローズアップされることが
かつてあっただろうか?

これからももっとファンに熱いゲームを見せてほしい☆



seariver050510 at 00:24│Comments(0)TrackBack(1)スポーツ観戦 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. パ・リーグ/プレーオフの功罪  [ トラックバックの犬 ]   October 18, 2005 00:45
プロ野球パ・リーグのプレーオフを千葉ロッテマリーンズが制し、 31年ぶりのリーグ優勝を決めた。千葉、福岡で多くの観客を集め、 地元局のテレビ中継も高視聴率を記録。大いに盛り上がった一週間だった。 二位のチームが短期決戦でチャンスを得て、王手をかけながら

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔