空を見上げて

我が家では新築工事の真っ只中

今、我が家では新築工事の真っ只中です。
今まですんでいた住宅は築70年位は十分経っていたので、これからの老後のためにバリアフリー住宅をと
昨年から計画しておりました。
地震にも耐えられる住宅も考えていたのでとにかく基礎と構造材、とくに筋交いやボルト関係はとくに
これでもかというくらいに使って丈夫にしています。

まぁ、私も一応2級建築士の端くれです。今は転職していますが、昔取った杵柄、じつに久しぶりに
設計をしてみました。
基本コンセプトとしては外観はアーリーアメリカン風住宅のイメージですね。
ブルー系が好きなのと愛車ドグマチームスカイがブルーなので正面のテラス柱は
ドグマチームスカイ・ブルーにする予定です。

室内はいろんなアーティストのオブジェや作品を飾る予定です。玄関ポストとフックオブジェは
役目を終えて捨てられる廃材を素材として作品にするジャンクアーティスト「ジャンク郎」さんの作品を。

玄関と廊下の証明は日本の伝統工芸の技法を用いた作品など、コンセプトは遊光。
影の存在を知る事で、光を演出するアーティスト「谷俊行」さんの照明器具を。

さらにカメラマンDavid Spindelの直筆サイン付、以前ニューヨークのギャラリーショップで買ったジョン・レノンの生写真。(ジョンレノン最後のアルバム「ダブル・ファンタジー」をレコーデングしている時の写真で、亡くなる2週間前に最後に撮った生現像写真。)を廊下に飾り、

あとは、やはり以前イタリアで買った、手を口に入れると「嘘つきは手を噛まれる」との伝説がある「真実の口」。オードリー・ヘップバーン主演の代表作「ローマの休日」で世界的に有名になりました。実際の「真実の口」を直径60cmのサイズに小さく再現したリアリティあるレプリカです。                     
外壁に貼り付ける予定です。

あと、いろんなユニークな小物やオブジェも取り入れた建物にしたいと思っています。



8マンseaside991  at 13:48  | コメント(1)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

ブロクの引越し

昨年ブログを引越ししました。

http://blog.livedoor.jp/seaside991-sky/

8マンseaside991  at 12:57  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

2010佐渡ヒルクライム完走できました。

おかげさまで何とか佐渡ヒルクライムのゴールにたどり着けることができました。
2週間前からドクターストップがかかっていてぶっつけ本番でのぞんだ大会。

当日にはガマンして休養してたおかげか、膝の具合もよく痛みもあまり無い。
今年は最低限の目標を2週間前に体調不良で試走した記録1時間20分30秒という数字はクリアーしたいと思って大会にのぞみました。
しかし、ひそかに自分の中では15分以内でのゴールを目指していたが、結果的には公式記録は1時間17分14秒であった。
自分の今現在の実力を考えると納得のいく数字であったとも思う。
完全燃焼した大会で自分なりに満足しています。

今回も愛車ドグマ・ボーラコンビに助けてもらい完走できバイクに感謝です。
帰宅後しっかりと愛車のケア! ピカピカにバイクを磨き、チェーンの汚れと油の注入もすませました。おつかれさん♪

チームのメンバーもほぼ自己記録を更新したみたいで、自分のことのように嬉しいです。
皆の日頃のお互い切磋琢磨しながらの実のある練習をみてきているので、結果が表れてとても良かったです。以前にもこのブログで書いたのですが「練習はうそはつかない。努力すれば結果はついてくる」まさにメンバーは実践したことになります。
メンバーみんな尊敬します♪  良かったですね。
結果がでると益々練習にもやる気がおきるものです。

さて大会の様子について、出発前から心配してたことが後半起きてしまいました。
展望台までは調子よく、だいぶ速いペースで登っていたのですが、展望台からの最初の登り坂でふくらはぎがつってしまった。
トライアスロンのときは内腿が痙攣して動けずバイクを降りてしばらく休まないと回復できなかったが、ふくらはぎは過去の経験から走りながら回復できていたので、そのままガマンして走り続けていたら少し収まってきたので少しばかり脚に力を入れながら最後の下りにさしかかった。
脚を止めながら下っていたら、また急に同じところがつってしまった。
脚を動かさない時でもつることはあるんですね。
ゴール前の最後の登りではまったく脚が回らず必死になってゴール!!!!

ゴールしてペダルから足を離したとたんにまた激痛がはしりこけてしまった。
仲間に助けていただきとてもありがたかったです。
ホントに感謝してます。
おかげで今回も愛車のバイクは無傷で無事でした。

私がオーナーになったおかげでドグマも苦労するね。。。
その分大事に手入れしますから(苦笑"")

いろいろとあったけど、この大会にでてよかったです。
いろんな大会に出ているけど、大会の雰囲気が大好きです。
たまりませんねぇ〜〜。特にスタート前の高揚感は最高です。
記録はたいしたことはないけど、またいろんな大会にチャレンジしてみよう!
そのためにも1年を通しての練習。そして身体のケア、日頃のストレッチを日課として
オフシーズンを充実したものとして過ごそう。


8マンseaside991  at 09:36  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

腸脛(ちょうけい)じん帯炎

春のロングライド以降、調子が出ず、次月のMt富士ヒルクライム、猛暑の夏で身体を酷使。そして9月に入ってすぐのトライアスロン突入、といった具合で身体というより脚・筋肉がパンク寸前だったのだろう。。

先日、小倉峠の練習をし2日後の日曜日には久しぶりの佐渡ヒルクラコースの試走では、腰は痛いし脚にも力が入らず登りきるのがやっと、途中リタイヤを何回か考えたが完走しただけでも大収穫という有り様。

腰と脚の痛みがガマンできないというわけでもないが昨日は正座すると膝が痛くて座りにくい状態。少しヤバイかなと考えるようになる。

そこで今日の午前中、畑野にあるK接骨院がいいという話を人づてに聞いたので
見てもらうことにした。

さて、接骨院で先生にひと通りロードバイクをやっている旨の経緯を説明しながら
脚の具合を診察してもらったら、開口一番「ちょうけいじん帯炎」ですね! 
とのこと。

ちょうけいじん帯炎ってなに?? どういう字なのだろう・・どういう病状なのだろう?

さっぱりわからず先生に聞くと「膝の外側に痛みの出る、まぁランニング障害ですね。」とのお話。
「筋肉の使いすぎですね!」「筋肉を壊すとあとが大変なことになりますよ!」
「要するにオーバートレーニング、休養と安静が一番」 ...だそうです。

さらに「日頃しっかりとした筋肉のケアを怠っていた結果」も最大の要因だそうで・・。

今後は「走る前・練習の前とか日頃ストレッチは欠かさず行うこと」
「練習や大会後には必ずアフーケアを行うこと」
「ハードな大会や練習後はアイスマッサージで10分位でいいから膝の外側を冷やすこと、そして冷湿布するといい」などなど・・・・

なるほど今までほとんど走るだけでなにもしてこなかったなぁ〜〜
筋肉をいたわることをしていなかった。

「まぁ今後2週間は筋肉を休めるため絶対安静してください」

あちぁぁぁぁ〜「5日後には八ヶ岳グランフォンドがあるのですが」・・・と話を
向けると簡単に却下されてしまった。
「筋肉を休ませること!」と先生の一言。
今年の八ヶ岳グランフォンド参加は断念せざるをえません。 大いに残念!
本来なら接骨院の治療のあとに午後から交通旅費等を清算しにいき、明日バイクを
梱包して発送する予定でしたが、まぁその前に断念することになったので、ランドリ的にはよかったとは思いますが・・・それにしても参加したかったなぁぁぁぁ

では「2週間後の佐渡ヒルクライムの参加はどうですか??」
「その後は大会も無いしオフシーズンに入るしこの2週間は安静していますから」と
恐る恐る先生に尋ねてみると。。。

「登りは脚の筋肉にいちばん悪いのだが、大会前後のケアを、これからしっかりとやること。接骨院にもその間通ってくれればいいでしょう!」 やったぁ〜
「2週間の間、バイクに乗らず「筋肉を安静」にしストレッチとマッサージをしっかりとやります。そして接骨院にも通います」と即答。

痛みがある程度取れれば佐渡ヒルクラには何とか間に合うぞぉぉぉぉ!
とにかく今年の佐渡ヒルクラは無理せず完走だけを目指してガンバロウ!!!
これからも長くバイクに乗ろうと思えばこういう年だってあるさ!

昨年、急にロードバイクを始め、筋力アップとかなんとか言って今まで酷使してきた筋肉だ! 筋肉が知らず知らずに悲鳴をあげていたんだなぁ〜〜 と反省!
ここは筋肉を休め、疲れをとるためにも、ガマンも大事。
これからは筋力アップとともに筋肉のケアも念頭において練習しなくては!


さて、家に帰ってネットで「ちょうけいじん帯炎」を検索してみる。
漢字では腸脛じん帯炎と書くそうだ。
症状
・膝の外側に緊張、違和感を感じ、その症状が徐々に灼熱感に変ってくる。
・痛みで走れない状態になるが、休むと楽になる。
 しかし再び練習を再開すると痛みがでてくる。
・リスクの高い運動
 ランナー、自転車競技、スキーヤー

原因
□ 一番の原因は、しっかとウオーミングアップをしないこと。
□ ランニングシューズの型を変えたり傾斜のある場所を走りすぎたりする。
□ 急な練習メニューの増加。

予防法を考える
1、練習活動を一時中止し、トレーニング量を痛みのでない範囲までおとす
2、膝を1日3回ほどアイスマッサージを行う。(15分〜20分)
3、腸脛靭帯のストレッチを中心に伸展性を確保する。
4、ランニングコースの検討(傾斜)

治療について
1、初期の段階では、安静・アイシングストレッチで効果があります。(3日前後)


8マンseaside991  at 16:37  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

八ヶ岳グランフォンド参加通知書とサイクルモード見学ツアー

八ヶ岳グランフォンドの参加通知書とナンバーカードが届いた。
いよいよ今中大介さんがコースを監修、本場イタリアさながらの標高1,600m以上、標高差1,000mを誇る、日本屈指の山岳コースを120km走るグランフォンドが26日に迫ってきました。(funride主催でピナレロが共催しています。)
ナンバーカード2056です。アップダウンありの山岳ステージです。おおいに楽しんできたいと思います。

それともう一つご案内です。
毎年大人気のサイクルモード2010見学ツアーを島民向けに新潟交通佐渡さんが企画して募集を開始しました。
11月6日7日1泊2日、旅行代金1人は30,000円。宿泊先はお台場のホテルグランパシフィック。
詳細・お申し込みは川上自転車または新潟交通佐渡くれよんまで。
先日川上自転車に遊びに行ったときにばったり新潟交通佐渡さんとお会いしてブログにも載せてね!という話になって、しっかりと紹介させていただきました。
バイク好きなみんな! 一度は行ってみてはいかがでしょうか。
楽しいと思います。こぞって参加しましょう! なお募集定員は25名。

8マンseaside991  at 12:49  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

接触事故 ! 

トライアスロンから何日か過ぎてもいっこうに腰と脚の具合がなかなか治らないので
(接骨院なども行ってはいるのですが・・)結局今日までほとんど走らずじまい。。。

19日の日曜日にはどうしてもチームの大佐渡スカイラインの試走に参加しないと
26日は八ヶ岳グランフォンド10月3日は佐渡ヒルクライムと日程が続いている。

その前に、どうしても19日の佐渡ヒルクラコースを走る前に
ある程度の坂を練習したくて今日の午前中、多田から小倉の峠越えコースを
選んで一人で登りに行く。
多田から右手側の急坂のほうを登っていくがやはり足の調子はいまいち・・・。
ぜえぜえハアハアいいながらも何とか登っていったが
何と登りつく手前で交通止めにあった!!!!! えぇうそだろうへへへへへ""""

2日前に降った大雨で路肩が崩れたのだろう・・・
登っていくも途中にもカーブに来るとまだ道に水が流れている箇所がいくつかあった。。。ふぅぅぅぅぅぅ・・・
まぁ仕方が無いのであきらめて下まで下ることにしたが、
何となく気持ちが消化不良気味!

いったん下ってから意地で今度は左側の広い坂から登っていくことにした。
こちらは坂の勾配が緩やかなせいか最初の坂と違ってスイスイ登っていく感じである。

そして、いつもチーム連のときに登りきったところで休憩する場所でUターンし
下り始める。

。。。そして。。。

下り始めてまもない急カーブで下から登ってくる軽トラックと 
 正 面 衝 突 ! ! ! ! ! !


・・・・のところであったが危機一髪!
とっさに左にハンドルを曲げ難は逃れたがバイクごと倒れてしまったぁぁぁぁぁぁ。
左足に打撲とキズは少し負ったが大事には至らなかった。 よ か っ た !

どうやらバイクも無事らしい。ボーラをはかずにきてよかった!

あとは、いつものように、いやもっとゆっくり下りながら多田まで到着。

しかし19日は皆に迷惑をかけない程度に練習に参加したいのだ!
19日の試走では残念だがタイムは度外視して
何とか完走だけを目指した走りを心掛け試走してみようと思う。


人生には体調が悪い時や調子が悪い時だっていっぱいあるのだ。。。。
それでもやってみなければならない時やせめて挑戦だけでもしなくてはならないときだってあるのだ。

10月の大会が終われば仕事もバイクも長いオフシーズンに入るのだ。

「今、頑張らなくていつガンバルのだぁ」
・・・これは佐渡ヴィラで夏、超忙しいときにいつも言っている言葉。
10月過ぎれば3月まで悲しいことに超ヒマな状態が続くのです。


でも・・・明日、、また接骨院に行ってみようかな??・・・・




8マンseaside991  at 22:06  | コメント(3)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

2010佐渡トライアスロン無事完走できました

前日の夜の見回りにはほぼ無風状態だったのに台風の影響のせいか深夜急に風が出てきたので3時に起きて家内とともにそれぞれのコテージのテラスやプールサイドにあるテーブル・イス等をかたずけ、祖業を終えたのがすでに4時頃。
台風は直撃するのだろうか
それにしても深夜の3時過ぎにも関わらず宿泊している大学生グループのコテージだけは電気がついていて話し声も聞こえていた。
朝まで寝なかったのかな? 若者はやはり元気いっぱいである。

ところでトライアスロンから2日経っても相変わらず腰や両脚の痛みが引いてくれない・・・・
完全に復調するにはだいぶ時間がかかりそうかな?
まぁ、夏たまっていた疲れも重なっていたから、少し休んだほうがいいのかな?

さて、ボチボチ当日のトライアスロン大会の話をします。

まずは今回もこんなコンディションの状態にも関わらずメカトラブルなく完走できたのは、愛車ドグマとボーラコンビのおかげです。感謝・感謝!!!です。
いつか(生涯無理かも)ドグマとボーラの性能に少しでも追いつける走りをしたいものです。

昨年に続き佐渡ヴィラに宿泊していたAタイプ参加のSさんはZ坂を登り切って最初の
下りでの急坂で曲がりきれずに転倒。タイヤが走行不能状態でリタイアされました。
とても残念がっていましたが来年はリベンジだと燃えて帰っていきました。
来年こそは事故なく思い通りの走りをして完走してもらいたいものです。
自分は完走できて改めて幸せモノだと思いました。

今回のトライアスロンは後半トラブルがあったが、今年の佐渡ロングライド大会以降の体調不良を考えると、まずは自分自身の中では完全燃焼した大会だったとおもいます。
記録的には目標だった3時間40分。ひそかに狙っていた3時間30分にはほど遠い
3時間48分台で昨年より10分しか短縮できませんでしたが結果は納得しています。
還暦までには必ず3時間30分切りを達成したいと思います。
それまでは毎年記録を伸ばしていけるように目標に向かってトレーニングあるのみ。


昨年はバイクでの個人成績順位は45位。チームでは62位でしたが、今年はバイクの個人成績では30位。地元小木でメンバーを固めた今年は何とチーム成績では14位と大健闘!スイムのHさん、ランのkさんご苦労様。お二人さん大健闘!


今回のトライアスロンでの走りで問題点・課題もはっきりとわかりました。
しっかりと走りきれば今回はほど遠かったですが3時間30切りも決して夢ではありません。

さて、どうしてタイムが伸びなかったといいますと、今年も前半結構調子よくて
小木までの75キロを2時間30分前後で到着。あと残り30キロを1時間このままの勢いで走り切ると3時間30分でゴールとなる。この時点で3時間30分ペースである。

小木に着いた時点で半分目標達成できると楽観視していたが、レースとなるとやはりそんなに甘いものではなかった。
小木の坂でまさかの大失速! いつも練習している坂で脚が動かない。。。。。
なぜだ!! 夏バテ・練習不足がここで現れたか? いや、今の自分の実力の結果だろう!
ついに坂の途中で太ももの内側がつってしまった!!!!! しかも両脚同時に!!!

激痛で脚が動かない・・・ダンシングを試みるも脚に力がまったく入らず倒れそうになる。ここは脚をダマカシだまかしゆっくり走行し、なんとか登りきったところで
ガマンできず足をつき5分近くストレッチ等をしながら少しでも回復を促すために
休むことにする。無念だが脚のことを思うとしかたがない。
その後は西三川の坂を登りきるまで時速20キロ前後での走行。
その間、K自転車のKさんが車で通り過ぎるがガス欠状態だったため返事も返すことが出来ない状態でした・・・。

脚も動かないし気力も薄れている、そんな状態がしばらくつづいている。
今リタイアして完走できないとメンバーに迷惑をかけることになる。
何としてもランのKさんに引継ぎをしなくては!
頭の中でいろいろと考えが交差する・・・・・

小木から西三川の坂を上りきったところまでトータル目標タイムより実に15分以上タイムロスとなってしまった。
このままでは昨年と同じ位のタイムかそれ以上のタイムでゴールか?
このまま時速20キロ前後で走行して無理せずゴールしていいのか? 
自分自身それで納得できるのか?
自答しながらの走行がしばらく続く。

そんなとき「あと15キロ」の表示が目に飛び込む。
そうだ! やっぱり最後の15キロを悔いのないように頑張って脚を動かしてみよう!
完全燃焼だ!! 今までに自分は一度だって完全燃焼したことってなかった!

「気持ち」「気力」がそうさせたのか、幸いその頃になると同時に不思議と脚も動き出し調子も戻ってき始めたではないか。。。
最後の15キロは必死で脚を動かし続けた。。。。もがき続けた。。。

こんなに必死になったことなんかなかったよなぁと思いながら懸命に漕ぐ。
懸命に漕いでいくとこれまた不思議!
体力・気力・脚力が戻ってきた。
走りにスピード感がでてきた!
そして終盤の長浜の直線からは時速35キロ以上の走行ができた・・・・・

ここまでくると、もう記録より自分自身に納得できるかが大切だ。

速度の波はあったものの、とにかく全力で漕ぎまくり、
やっとこさ、ゴールにたどり着く。

ゴールに着いたとたんドタっと倒れこむ。脚が痛くて動かず立てない状態が続き、
しばらくゴール付近で休むことにする。


今まで、ロングライド210キロの大会や練習でもゴールしても全然疲れがなかったのに、こんなにヘトヘトになったのは初めて!
しかし同時に達成感というか完全燃焼したなという感覚も始めて味わった。
最後の最後、何とか、がんばってよかった!!! 頑張れて良かった!!!

このあと脚が動かなくなってしばらく自転車に乗れなくなってもいいや・・・
と思うくらいゴールしたときは充実した気分であった。
よくここまでタイムも持ち直したなぁぁぁと感無量であった。

でも、いつものことではあるが大会に参加し選手皆と一緒に走ることは凄く楽しい!
走り終わった時の達成感は最高!
今回は後半苦しかったが、でもとても今、気分がいい。
今回もこの大会に参加してよかった。

これからもいろんな大会にどんどんでてみよう。
次にエントリーしているのは山岳レースの120キロ八ヶ岳グランフォンド、そして佐渡ヒルクライムだぁ!


今回の大会で感じたことは小木までの75キロまでは平均時速は30キロ以上で何とか走り切れそうだということ。
あとは最後の30キロを1時間でどう走りきることができるかが課題である。

トライアスロンでは一度も休憩なしで走行することになる。
練習時では小佐渡一周や小木〜両津前浜コースなどでは必ず2〜3ヶ所休んでいたが
今後はその内何回かの練習には休みなしの練習もメニューに入れなくては。
特に疲れきったあとで小木の坂を休憩なしに一気に登りきる練習が不可欠。
今までの練習では小木でいったん休んでスタートし小木の坂を登るか、
または自分での1人練習では小木からスタート! がほとんどだったので
体力が消耗した状態で小木の坂を登りきる練習が自分には今後は絶対に必要だということがつくづく思った次第であります。

あとはロングライド以降体調不良時のときにも、練習会で、チームメンバー皆に迷惑をかけ心配をかけまくりながらも、襲いながらも何とか最後までくらいついて完走していたことが、こういう猛暑の中の過酷なレースで生きたのだと思う。

改めていつも練習に誘っていただいて、そして一緒に走ってもらっているメンバーにも感謝です。
皆の速い走りにはとてもついていけませんが、それが刺激になって少しずつだが
速くなるものだと思っています。

最後に今回トライアスロンに参加したチームメンバーのみんな、お疲れ様でした。
小木のOさんはみごとリレー個人バイク3位でしたね。さすがです。
そして金井のKさんもリレーで堂々の準優勝! すごいです。
新穂のTさんには、お決まり(笑)の下り(いつものことですが下りで抜かれます)
西三川の手前の長い下り坂で一気にスカッと抜かれました。
その後の西三川の登りで抜き返すことは、あの時点ではまだ脚がつった状態がつづき
追いかける気力も脚力もまだ回復できなかった時だったので、Tさんの後姿が遠くなるのをさみしく見ているだけでした(笑)
完敗でした。

しかし、バイクは楽しい!
来年もトロイアスロン参加するぞぉぉぉぉ

8マンseaside991  at 18:06  | コメント(2)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

佐渡トライアスロン大会まで、あと3日  弱気モード!

昨日マッサージやさんに行ってきました。。。

じつは夏の疲れと腰痛で体調がすぐれません。
8月22日のチームの小佐渡一周Bコース試走から調子が出ず、久々の長距離練習のためと、夏バテのせいで前半の走りは最悪! 後半は何とか調子が出てきてある程度イメージ通りの走りができ、最後の長浜の直線では時速40キロから45キロまで速度を上げることができ、その勢いで小木祭りの前日28日土曜日には小木のOさんと、前浜を通って小木から両津まで往復120キロを4時間で走りきり切ることができました。
しかし、次の日から2日間29.30日の小木祭りで2日間続けて5時間以上町内を練り歩き、歩き回ったせいか、31日には脚が重い、腰は痛い、身体はだるいと最悪の状態が続き昨日マッサージやに行って2時間マッサージをしてもらったが、今日になっても依然として身体に違和感が。。。。
結局、大会前の今週最後の練習はたぶんできずじまいかな?
バイクに乗りたいのはやまやまだが、ここは何とかガマンして大会までにまず体調を整えなくては・・・・

今年は昨年より20分近く時間を短縮し3時間40分位の完走を目標としていたが
この暑さと体調を考えるとまずは無理しないで完走を目指そうと思う。

家内からも周囲の人からも年が年だから決して無理しないよう言われ続けています。
わかってはいるのですが・・
何とか今の自分の限界にも挑戦してみたいし。。(苦笑)

まっ、とにかく日曜日まではおとなしく体調を整えるつもりでいます。

しかし、今年の夏の暑さは異常だぁぁぁぁぁぁ。
秋のあと2つの大会参加も不安になってきた。。。

8マンseaside991  at 12:24  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

35年ぶりにエアコン購入

今年の暑さは異常で、あまり夜エアコンをかけて寝ない我が家だが
さすがに今年はクーラーを回す機会が多い。
そこで今年はじつに35年前新婚の時に買った寝室のエアコンを買い換えることにした。
エアコンが故障したわけではないが室外機が塩害でサビがきているのとリモコンもタイマー装置もないエアコン。
そこでクーラー嫌いな私だが寝室のみエアコンを新規購入した。
寝る前にタイマーを1時間だけセットして寝ることにしている。
そうでもしないと今年の夏は乗り切れそうもない!

しかし、ここにきてやはり少々夏ばて気味・・・
7月後半からずっと忙しい毎日でおかげで仕事のほうは順調だが、反してまったくロードバイクには乗れずじまい。。。。
7・8月は走ることをすっかり忘れてしまった私です(涙)
練習もままならず今日からアースセレブレーションが開催。そして来週の週末は小木祭りと続くのでさすがに佐渡トライアスロン大会まで何回乗れるのか?
大いに不安である。

幸いチームの練習会が日曜日に朝6時スタートで小佐渡コースで行われるらしい。
日曜日の午前中はアースセレブレーションのお客は今日金曜日からの3連泊がほとんどでチェックインもチェックアウトもしなくていいので参加してみようと思う。

心配なのは4時間走るだけの体力と熱中症だ。
身体と相談しながら走るしかない・・・・。



8マンseaside991  at 20:57  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

佐渡ての合宿・練習会はいかが?

昨日、埼玉の某大学の自転車サークル部の御一行様男女14名様が佐渡シーサイドヴィラに宿泊していただいた。
1日目は真野に宿泊して佐渡をぐるりロングライドである。
何班に分かれたらしく数名は佐渡ヒルクライムコースの佐渡スカイラインを登ったらしい。
20代前後から自転車に乗ってこれからいろんな体験も出来るし、体力的にもどんどん強くなり速くなるだろうなと若者たちを見ながらアラ還世代の私としてはつくづく思ってしまった。

佐渡汽船の自転車代無料化に伴って今年はずいぶん佐渡にいろんな自転車乗りが今年はたくさん来島していただいてます。
佐渡市もレンタサイクルの普及のための電動自転車の充実化も誠にいいのですが
自転車好きな人達のための合宿プランやロングライド・ヒルクライムなどのコース設定をしたプランなどを提案してみたらいかがでしょうか。。

佐渡ヴィラも佐渡のコースの特徴を生かしたバライティに富んだいろんなプランを考えてみようかな?
佐渡のレーシングチームや自転車仲間との合同練習会や夜の交流会とかも(笑)

8マンseaside991  at 06:41  | コメント(2)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ!