「SEA'Sの助」の釣り日誌

伊豆を中心とした、陽気な釣りバカ達のソルトルアーフィッシングの 釣行記。

条件

トリトンです。

会社の駐車場に停め歩き出した時、車から「シュー」という音が。
え?!エアコンのガスでも漏れてる?と思いきや、音は後ろからだ。あ!リアタイヤからだ。
見事なパンク(T-T)
20200710_102136

仕事が終わり、タイヤ交換を始めたのですが、ローダウン+タイヤがつぶれているせいでジャッキが入らない(泣)。
あれこれ知恵を絞り交換できましたが、大変でした。

そのパンクしたタイヤをお店に置きに行った足で、いつもの寄り道ポイントへ。
この長雨の間、何度か寄り道やったんですけど、つれてません。
増水や濁りがあるから必ず釣れる訳じゃないんですよねぇ。増水、濁りでも、その中での条件がちゃんとあります。と、思います。
ポイントを覗くと、その条件がバッチリ!
その1投目、やっぱり釣れた。
20200711_105750

条件が揃っていれば、こんな感じなんですよね。
ちょっとでも条件が足りないと、その分厳しくなる。
まあ、当たり前ですね。
増水、濁りだけじゃ、絶対条件ではない。ね!

ターゲット

トリトンです。

雨が続きますね。
所々国道も崩れたりして、大変なことになってますが、幸い川はたいした増水になってません。
ちなみにシーバス好きな私ですが、実は増水シーバスは嫌い。
あ、言い方が違うか?
言い直すと「苦手」(笑)
だって、全体が流れるから、狙いどこが…ねえ。

仕事が終わって空を見上げてみると、雨は上がり、まだしばらくはもちそう。
じゃあ!って事でシーバス狙いで寄り道。
淡水は海水の上を流れる。
そんなことを意識するものの、全く当たらない。
最後、ワームに代えて足下に垂らすと一発!
20200705_183143

ムラソイ。
シーバスじゃないんかい!とつっこまれそうですが、良いんです、魚が釣れたんですからね!

ヒラメ

トリトンです。

このとこ、もうひとつの趣味に時間を割いたこともあって、釣りに行かなかった。
梅雨って事もあり、雨が増えました。
雨降れば、シーバス!って思うでしょ?
これが「雨降れば絶対」って訳じゃないのですよ。
下手くそなだけかもしれませんけどね。
そんな雨のせいで、港内も濁ってます。
ヒラメとシーバスの実績のあるポイントへ。
ルアーを何にしようか迷いましたが、何となくバイブレーションがなぁ。と。
3秒ほどカウントダウンして、時々アクション入れて。
その直後、コツ!
20200626_175331

丸飲みでした。
70くらい。
なかなか良いサイズです

ムラソイ

トリトンです。
いきなり宣伝ですが、77人のリアルな「コロナ」の生活が日記で書き残された本です。
77人の中の一人が私。
6月17日発売です。
気になった方は書店へお願いします!
20200610_153529


そのコロナ。後輩と、上司を誘って飲みに。
モロモロ考慮して、BBQ!
20200605_194832

やはり、膝を付き合わせて話をしなきゃダメだね!
やはり人は、会わなきゃダメだわ。
コミュニケーションの根本的だわ。

まあ、前置きは置いといて…。
仕事終わりに小磯に立ち寄ると、足元とで「パコン!」という補食音。
見ると磯カニが逃げ惑ってる。
こんな際のかにまでシーバスは狙うの?
と、探ったら…良型のムラソイが。
20200610_190054

正直ビックリ!
あんな補食音たててカニ食ってんだ!?

さぁて、梅雨です。
そろそろクロダイトップに行こうかな。
今シーズンは同級生からガイドをお願いされてる。
場所を細かく教えるのは好きじゃないけど、まあ、いろいろ若いときに世話になった相手だ。
仕方ない(笑)

奇跡の4種ターゲット

トリトンです。

子供の学校が再開したことで、家庭内自粛要請も解除。さてと、釣り再開です。
マル師なハズのわたくしも、このところは、すっかりヒラ師に?
なぜヒラに通うようになったのか?と、問われたならば、その答えは2つ。
1つは、磯ヒラについても、自身の経験を積んでみたくなったから。要は上手くなりたいと思った。
なので、ダメだろ?と思う日も磯に立つ。
2つ目は年齢。いよいよ40代が終わる。気持ちだけはずっと20代後半のままなんだけど、確実に年を感じる事があるんだなぁ。悲しいことに。
で、安全に磯に立てるだろう年数を考えると…。
余裕ぶっこくほどは無い(T-T)
ならば、行ける間に行っとこう!って、考え。

さて!自粛解除の土曜日なので、早めに入ろう。
車を停める空き地には車がない。
取り越し苦労?
磯を進み、到着して唖然。
明らかに前日から入りました!って感じの餌師、そして既にルアーマンが2人キャストを繰り返している。
場所、かえようかな?と、思ったけど、ルアーマンは青物のようだ。ヒラのポイントは空いている。
軽く挨拶をして、ポイントへ入らせてもらう。
そんなこんなしていると、今度は底物師が登場。
磯は満員状態なんだが、みんな狙いが違う。
なかなかのミラクルだな。
しかし、サラシが無いなぁ(T-T)
色々手を尽くしたが反応なし。
( ゚ε゚;)
20200530_052401

こうなると、できるだけ波表?と、移動した1投目。
磯際で食った!
あ!デカイ!しかも根の位置がきわどい。
エラあらい&ジャンプした姿、ナイスサイズだ!
隣の岬から青物師が一部始終を見ていて、「でかい!」と仲間と話してるのが聞こえる。
あ〜っ、バラすことは出来ないぞ!(笑)
上手いこと誘導も成功。
あとはランディングだけ、焦らす波を待って成功!
岬を見ると、青物師が祝福してくれてる。
素直に嬉しい。
ガッツポーズで答え、ピラを持ち上げて答えて見せました。
こういうやりとりって、いいね。
20200530_053100

70中くらいかな?
良い魚です!

自粛ねぇ。

トリトンです。
最盛期から比べ、放置ばかりとなったこのブログ。
それでも誰かが見てくれていることに、感謝します。
年末の時点で、この現在のコロナの状況を、確信を持って予想できた人はほとんどいないのではないでしょうか。世の中が、違う世界になってしまいましたね。
以前の世界が、平和な良い世界だったなと、毎日思います。元に戻れるよう、願うばかり。

緊急事態宣言が発出されてからは、なんか殺伐としていて、やな感じ。
市内では「私は移住者です」とか「私は在住者です」と張り付けた車も珍しくない。これマジで!
人間の嫌なところ。悲しい現実。

そんなんですが、地元の磯なんかに、明け方だけ釣りに行く…。つもりでした。
家庭内で自粛命令が出てしまった。
「子供達が学校行けずに我慢してるのに」と言うことです。
いやいや!子供達は「魚釣って来て!ヒラスズキ食べたい!」と言ってますけど?
と思いましたが、まあ、それもそうだな。と諦めて自粛してました。

ようやく学校が始まり、自粛解除!長かったぁ。

自粛は必要なんですが、常識のなかで。
って、よく耳にするけど、その常識が人それぞれでトラブルを呼ぶ。
まだまだ警戒は必要な状況は続きますが、しばらくはローカルな釣りをしないとですね。
トラブルとならないように、注意しながら。

オグルの力

トリトンです。
今回はノースクラフトのオグルの話し。

このルアーを初めて見た時、皆さんはどんなイメージを持ちました?
フローティングはまだしも、シンキングや、ましてやスラロームは使い方を聞いても、なんかいまいち使えている気がしなかったもんです。
フローティングは、特にヒラメで活躍して、水面直下をゆっくり引いて、良い思いをしました。
見た目の印象とは違い、厚みは案外無い。
シンキングやスラロームは、有名なカニパターンでめっぽう強いとされてますね。
確かに、下げがきいたなか、外灯下の明暗に流し入れると、シーバスが食いますが、個人的にはまだまだなぁ。って思う。
人間、想像力しすぎちゃうんだな(笑)。きっと。
で、改めて先入観なしで動きが見える場所で、カニのイメージで動かしてみた。
( ´・_ゝ・)アクション後のフォールは、確かにいい動きだ。魚か集まって来る。
20200414_181037

で、タカノハダイが釣れました(笑)
カニに見えた?

居場所

トリトンです。
某有名人が、DVDで「スズキって、居場所ょは決まっててますよね」と言ってますが、そう思います。
まあ、地形とか変わっちゃうとその限りではないですが、条件が一緒なら居場所ょは決まってる。
なので、あっちこっちと動き回らす、釣れた場所を軸に、ワンシーズン通うのが上達の近道だと思う。
魚は居るのが分かってるんだから、あとはなぜ食った?なぜ反応ない?を考えるだけ。
これでシーズンでのルアーローテーションもわかるはす。その経験を、別の場所に当てはめれば、居場所も絞れるしね。

そんな経験からシーバス獲ってまーす!
20200402_183438

70位まではぶっこ抜いてます😅
前まではタモ用意して、丁寧に獲ってたんですが、この数年は雑に(笑)
一番通った年は年300本位獲りましたが、昨年はほとんどシーバスやらなかった事もあって10本くらい。
とりあえず、今年は100本めざそうかな。

なんか良い感じ

トリトンです。
コロナの影響で、仕事も私生活も何かと影響をうけてます(T-T)。残業禁止令!
お陰で早く帰れる(帰される)。



で、寄り道一本勝負!




20200331_190007


1投で仕留めました!
ルアーはノースクラフトのDMC。
春は毎度活躍します!

朝練

トリトンです。
昨年はマルを封印してまで、ダメだろ?って日も時間も磯に入りヒラをやった。
なぜかと言うと、磯ヒラは納得行く感じが薄かったから。釣果が薄いって事ではなくて、マルの時のような納得感がなかったのだ。まあ、単純に磯は面白いってこともあったけどね。
で、今年も。変わらず地元だからと言って自由にはいけないけどね。主に早朝だけ(T-T)
でも、遠征しなきゃいけないアングラーからすれば羨ましいかな?
一日中やりたい(笑)
そんなこんなで、波の向きやサラシの具合なんかから「お!」っと感じるようになってきた。


かな?(笑)

で、この日はその「お!」と思った通り。
20200322_071957

結果がでました!
当面、朝練続けます。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
Archives
楽天市場
ギャラリー
  • 条件
  • 条件
  • ターゲット
  • ヒラメ
  • ムラソイ
  • ムラソイ
  • ムラソイ
  • 奇跡の4種ターゲット
  • 奇跡の4種ターゲット
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ