60歳からの沖縄生活 with N

60歳を契機に沖縄への移住を決意しました。 海のこと、暮らす上での出来事、食事にまつわること、日々の出来事を紹介していきたいと思います。そしてN(妻)のつぶやきもお届けします。

お酒

今日の那覇市23~28℃/湿度87%/南西の風7~10m
P5121247
時々明るくなったりするものの
P5121246
うつうつとした天気が続きます。ベタベタして不快だし、気圧のせいか体もダル重・・・


Yです。

沖縄のビール「ORION」から夏に向けての新しいビールが発売開始されます。

「ザ・ドラフト 夏いちばん氷温貯蔵」で、 氷温貯蔵・氷温ろ過製法を採用した夏季限定のビールです。

「氷温貯蔵・氷温ろ過製法」とは、ビールをクリアにし磨きをかけるビールろ過工程を通常の温度よりも更に低い「氷温(約-1.0℃)」で行うもので、ビールの香味を洗練させるための「熟成工程」と併せて、雑味の無い澄み切った味わいが特長となっているそうです。

飲む前に冷蔵庫でキンキンに冷やすのが、究極の味わい方だとか。

発売開始は5月31日(火)ですが、開始に先立ってフォロー&リツイートキャンペーンもやってます
5月6日(金)~5月13日(金)23:59までの間に、オリオンビール公式Twitterアカウント@orionbeer_infoのフォロー、リツイートで、「夏いちばん氷温貯蔵」6缶パック当選のチャンスがあります。
詳細はコチラをご覧ください。


海ブログ「水が苦手な50男の海日記」もご覧ください。

今日の那覇市21~25℃/湿度96%/南東の風7~10m
P3301014
P3301013
今日もしとしと雨。。。確かに梅雨っぽい


Yです。

先日(いつもように)酔っぱらった勢いで購入したのがコチラ。
P3270989
「Summer Snow(サマースノー)」というスパーリングワインなのですが、なんとパイナップル から出来ているんです。

パイナップルは発酵中の炭酸ガスを保持しやすく泡持ちが良いこと、パイナップルのクエン酸は炭酸ガスと相性が良いことからスパークリングワインに適しているのだそうです。

きりっとしたクエン酸の酸味ときめ細かい炭酸の泡立ちが自慢の一品

名前の「Summer Snow 」とは サンゴの産卵の様子を表す言葉、ラベルからも分かりますね
グラスの中で立ち昇るきめ細かい泡が、満月の夜に海の中でゆったりと浮かび上がるサンゴの産卵の様子を思い描かせてくれます。
P3270168
『うーん、この瞬間がたまりません』

最初に口を近づけると、ほのかにパイナップルの香り
飲み口はすっきり爽やか、辛口なのですがやや甘目な印象です。

コレ、めっちゃ美味しい甘口もあるので、お酒が苦手な方でも楽しめると思います。お手頃価格でお土産にもお勧め

海ブログ「水が苦手な50男の海ブログ」もご覧下さい。

今日の那覇市19~25℃/湿度80%/南東の風3~7m
P3140886
P3140884
今日もぽかぽかの陽気気持ちいい~♡


Yです。

よなビールの「軽井沢ビール クラフトザウルス ブラックIPA」を飲みました。

P3130873
缶の表示にあるように黒ビールなのですが、鮮やかなホップの香りとほろ苦い味わいで、単純に黒ビールの味わいだけではなく、従来のよなビールのうまみを活かしたビールです。

黒ビールのうまみとよなビールの苦みを味わいを楽しみたい方に最適です。
まだ試していない方、是非一度お試しください。


海ブログ「水が苦手な50男の海日記」もご覧下さい。

今日の那覇市16~20℃/湿度60%/北東の風7~10m
P3060780
P3060782
昨日より少し風があるけど、今日も安定の晴れ
P3050765
平和でいられることに感謝


Yです。

今盛んにテレビでコマーシャルが流れている『お疲れ生でした』、ご存知ですか。

ずっと気にはなっていたのですが、「みくり」ちゃんの可愛さに負けて、先日ついに購入しました
しかも『ハーフ&ハーフを作りましょう!』のPOPにつられて「生」と「黒生」の2本。
P2260696
実はこの「生」、1986年に誕生した伝説のビールとのこと。

我が家では週末にハーフ&ハーフを作って飲んでいるのですが、いつも「一番搾り」を愛飲していま
す。
P3050776
そして今回のアサヒ「生」で作ったハーフ&ハーフがコチラです
P2260705
第1印象は『色が薄い!』

飲んでみてもハーフ&ハーフのコクが感じられませんでした。
私たちには(飲み慣れているからかもしれないですが)一番搾りのほうが好みでした。
ミクリちゃん、すみません

皆様の感想はいかがですか。


海ブログ「水が苦手な50男の海日記」もご覧ください。

今日の那覇市16~21℃/湿度69%/北東の風3~7m
P1160354
P1160355
P1160360
久しぶりのお日様風もなく穏やかです。日曜日は向かいのマンション工事がお休みなので、騒音からも解放されてリフレッシュ~


Yです。

よなビールから今回戴いたのは「ハレの日仙人 2020」。
P1150349
このビールは、大麦のワイン「バーレイワイン」で、熟成期間が通常のビールでは2週間のところ、半年以上もの時間をかけて熟成させる「超々長期熟成」が最大の特徴とのこと

よなよなHPによると『口に含むとまず柔らかな甘味を感じ、最後に心地よいアルコール感と、シェリー酒のような熟成香が鼻から抜けていきます。バランスがよく軽やかで、ついグラスを進めたくなるバーレイワインに仕上がりました。』が謳い文句です。

早速試してみての感想。
・ほのかな香りが鼻をくすぐります
・口に含むと、甘い舌触りの中にほんのりとビール特有の苦みが味わえます

一言で表現すると赤ワインとウイスキーを1つのグラスで味わうような新しい感覚です
ビールと思って飲むと「あれっ?」という感触、このビールでしか味わえないですね。

過去記事
第1弾福ビール2022
第2弾軽井沢ビール クラフトザウルス「ペール・エール」
第3弾バレルフカミダス バーレイワイン B-52 



海ブログ「水が苦手な50男の海日記」もご覧下さい。

↑このページのトップヘ